PayPalの海外送金請求の簡単なこと、この上なし

FullSizeRender

海外から送金してもらいたい

銀行送金は高すぎる!

簡単なのないの?


<結論>
PayPalなら、こちらから請求できる
メールするだけ約1分…


更新日: 2018年7月11日

さて、銀行送金、PayPalRevoultTransferwiseから「PayPal」で海外送金を受け取ることにした私です。
→そこまでの経緯
PayPal
PayPal
開発元:PayPal, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Revolut - Beyond Banking
Revolut - Beyond Banking
開発元:Revolut Ltd
無料
posted withアプリーチ

TransferWise Money Transfer
TransferWise Money Transfer
開発元:TransferWise LTD
無料
posted withアプリーチ

実は今回、海外から送金を受け取るのは、これが初めてです。いつもは送金する方だったので、何も考えずに使っていました。

PayPalは、世界のお金の送受信がとても簡単にできるシステムで、本社はシンガポールにあります。シンガポールなのに、サポートのメールも電話も日本語でOK。素晴らしい!

アカウント登録はとっても簡単。
1. メールアドレス
2. 住所(日本語でOK←結構重要)
3. 電話番号(携帯でOK)
4. 銀行口座
5. クレジットカード

*仮想クレジットカードも登録できます
バンドルカードをPayPalに登録しました

私はPayPalバンドルカードを登録して支払いに使っています。バンドルカードは、仮想クレジットカードです。コンビニで現金をチャージします。
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ
つまり、PayPalにバンドルカードを登録すると、クレジットカード払いのものがほぼ現金払いできます。「うっかり使い過ぎ」はあり得ません。

相手にPayPalアカウントをつくってもらう

今回、送金元の方がPayPalアカウントをお持ちでなかったので、アカウントをつくってもらいました。

PayPalでお金を支払ってもらいたいから、アカウント作ってね!」とMessengerで送ったら、即アカウント作成。この速さである。

少なくともオランダでもPayPalが展開していることは分かりました。イギリスの方は、自分から「PayPalが良いよ〜」と来ました。

PayPalで海外に請求してみる

まずは、ご住所とメールアドレスが分かっているオランダの方に代金を請求してみることにしました。荷造りは済んでいます。

1. アプリを開く(指紋認証が楽ですね)
2. 「請求」
3. 請求先のメールアドレスを入力
4. 請求金額を日本円で入力
5. メッセージを入力
6. 請求メールを送信


終わり。

え?というほど、あっけなく請求が終わりました。請求メールを送ると、PayPalに登録してある自分のメールアドレスにも請求内容が送られます。
FullSizeRender

もちろん、アプリでも請求を確認できます。取引残高を見ると、「請求送信済みー未決済」と表示されています。
IMG_0735


何という楽さ!手軽さ!簡単さ!何事もこうでないと人々に広く広まりません。
PayPalにQRコード決済がついたら最強です。

世界203ヶ国、25通貨で使えるPayPal。使える通貨の数は、TransferwiseRevoultと同じです。

たったひとつ違うのは、
PayPalが日本展開して実際に決済できることです。

<関連ページ>
バンドルカード便利です(*招待コード【 dauy65 】)