楽天ポイントアップ作戦

FullSizeRender

楽天経済圏にどっぷり

9ヶ月で3万円分のポイントゲット

もっとポイントを貯める方法は?



<結論>
楽天証券でポイント投資を追加
(+1倍)現在3倍
楽天証券のポイント投資でポイント+1倍

楽天証券のポイント投資でポイント+1倍

更新日: 2019年6月1日

私は常に楽天スーパーポイントをもっと効率よく貯めたいと思っています。そのための苦労は惜しまないつもりなのです。

その理由は、すでに楽天スーパーポイントでかなり得しているからです。それまで、楽天会員なのに何もしていなかったことが悔やまれるほどです。むしろ、損していたと言っていい。

と言いますのも、私が本格的に楽天経済圏に参入して9ヶ月が経ちましたが、ここ1年で貯まった楽天ポイントは、23,894ポイントです。

FullSizeRender

通算ですと、なんと33,983ポイントなのです。

お金を使うだけでお金が返ってきているという話です。同じものを普通にお店で購入していたら入って来なかったお金です。

もちろん楽天ポイントを貯めるために出来る限りの工夫をしているのですが、とりあえず避けているのは「クレジットカードの発行」です。

年会費無料の「楽天クレジットカード」を作ればもっと効率良く楽天ポイントが貯まるのは目に見えているのです。

楽天プレミアムカードですと、年会費10,800円(税込)で国内外の空港ラウンジが使い放題の「プライオリティカード(年会費30,000円)に申し込めるというのが魅力的です。

年会費10,800円の投資で2万円のリターンがあるということです。普通ならあり得ない配当です。

しかも楽天プレミアムカードと年会費2,160円の楽天ゴールドカードは、楽天ポイントが普通の4倍貯まるという夢のような話です。

それでも私は、クレジットカードという「借金」を増やすをなるべく避けたいのです。


クレジットカードという借金

「クレジットカード」と言われれば、何となくおしゃれな雰囲気ですが、実際は「借金カード」です。

カードを発行するカード会社に自分の社会的な信用度を評価され、カード会社に一時的に借金して買い物の支払いをしているのです。

私はまず「借金」するのが嫌です。
同じ思いの方、いらっしゃると思います。

だからと言ってクレジットカードを持っていないわけではないのですが「これ以上、借金を増やしたくない」のです。

ところが、同じ楽天カードでも「楽天デビットカード」ならば話が違います。「楽天デビットカード」は、楽天銀行の口座から支払った瞬間に即引き落としがあります。

引き落とされたことは、その瞬間にメールでの利用明細が届くので分かります。これが気分も支払いも楽です。

まず、お金にさわらなくて良いので当然小銭がジャラジャラしません。しかもセブンイレブンですと、支払いでカードを使うときに自分でカードを出し入れするので更に安心です。

私は特に何も考えずに楽天デビットカードをJCBブランドで作りました。ところが、同じデビットカードでもJCBブランドで支払いできないことがあります。


そのため、楽天デビットカードで支払いできない場合の備えとして、VISAブランドのプリペイドカード「バンドルカード」も手離せない状態です。

もともと楽天デビットカードを手に入るまで、かなりの頻度で愛用していたのが「バンドルカード」です。
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

審査なしのプリペイドカードですが、クレジットカードと同じように利用できます。使うときにコンビニで1,000円単位のチャージができます。

チャージするのが簡単なコンビニは「デイリーヤマザキ」です。レジで自分で支払い番号を入力し、お金を支払うだけです。

バンドルカード入金のポイントは、1,000円単位の入金であること、支払いは現金のみ、そして、自分で番号を入力できることです。

私のバンドル招待コード(300円お得です)
dauy65

是非、お使いください(笑)!


カード作成以外に楽天ポイント増量できる!

楽天クレジットカードを作らない主義の私のポイント増量設定は、誰でも適用される「通常購入分(1倍)」と楽天市場アプリでの買い物(1倍)」の合計2倍です。

<私の利用サービス>ポイント倍増計画
1. 通常購入分(1倍)
2. 楽天市場アプリでの買い物(1倍)

楽天銀行で「スーパーVIP」な私が「これではいけない(笑)」と思い、今回新しく楽天ポイント増量計画として選んだのが、
「楽天証券ポイント投資(1倍)」
です。

楽天証券では、すでに「つみたてNISA」を毎日100円x2本を設定しています。この「つみたて ISA」設定をしているがために、楽天銀行で「スーパーVIP」のステイタスを得ている訳です。

今回この毎日している「つみたてNISA」に、毎月投資を追加し、楽天市場でのポイントを3倍にしようという計画です。

投資と言っても肩肘張らない料金設定で可能です。私の場合、ポイント込で月600円に設定しました。


楽天証券ポイント投資

「楽天証券ポイント投資」は、楽天スーパーポイントを投資に使うだけの話です。前提として「楽天証券に口座を開設している」ことが必要となります。

私が楽天経済圏にどっぷり浸かるようになったキッカケは「楽天証券への口座開設」でした。楽天証券の口座開設と同時に楽天銀行の口座を開設し、楽天デビットカードを作りました。

今となっては楽天銀行と楽天デビットカードが主役になっているのですから不思議なものです。何事もキッカケが大事ですね。

「楽天証券ポイント投資」も良いキッカケになることを望みます。そのためには、自分で行動しなければいけません。

「楽天証券ポイント投資」を設定するだけで、楽天市場での買い物に付与されるポイントが「3倍」になる…すぐやるべきでしょう。

やらないと損していることに気づいた今となっては、やらなかった期間での買い物を悔やんでいます。

ちなみに「楽天証券ポイント投資」の設定条件は、かなりゆるいです。投資の際、楽天スーパーポイントが「1ポイント以上」含まれていることと、「500円以上」の投資であることだけです。

<楽天証券ポイント投資の条件>
1. 月1回500円以上の投資
2. 楽天スーパーポイントを1ポイント以上含む
3. 1回の投資金額500円以上

これらの条件を鑑みて私が設定したのが、楽天スーパーポイントをそのときあるだけ使うことと、1回の投資金額600円です。

<私の設定>
1. 月1回の投資
2. 楽天スーパーポイントあるだけ使う
3. 1回の投資金額600円

「楽天スーパーポイントをあるだけ使う」に設定していますが、最大でも600ポイントを使うだけです。足りない部分は、楽天証券の口座から引き落とすことにしました。

FullSizeRender

ここでも楽天クレジットカードでの支払いだとポイントがもらえるようになっていましたが、無視しました。


楽天証券ポイント投資を設定する方法

1. 楽天証券ホームページを開く
2.「ポイント投資」タップ
3.「SPU設定」タップ
4.「楽天スーパーポイントコース設定へ」タップ
5.「同意する」タップ
6.「ポイント利用」の下の「設定変更する」タップ
7.「ポイントで投資信託を買ってみよう」タップ
8.「STEP01 ポイント投資する投資信託を選ぶ」タップ
9. 投資信託を選ぶ
10.「買い注文」タップ
11. 金額を入力
12.「ポイント利用」タップ
13. ポイント数を入力
14.「注文」タップ
15. 月1回注文する

1. 楽天証券ホームページを開く
楽天証券アプリから楽天証券ホームページに行くと、ログインしなくてすみます。楽!
iSPEED - 楽天証券の株アプリ
iSPEED - 楽天証券の株アプリ
開発元:Rakuten Securities, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2.「ポイント投資」タップ
FullSizeRender

3.「SPU設定」タップ
FullSizeRender
*画像では「未設定」の状態

4.「楽天スーパーポイントコース設定へ」タップ
FullSizeRender

5.「同意する」タップ
FullSizeRender


6.「ポイント利用」の下の「設定変更する」タップ
FullSizeRender


7.「ポイントで投資信託を買ってみよう」タップ
FullSizeRender

8.「STEP01 ポイント投資する投資信託を選ぶ」タップ
FullSizeRender

9. 投資信託を選ぶ
FullSizeRender

10.「買い注文」タップ
FullSizeRender 

引き落とし設定します。楽天カード(クレジットカード)が無いときは「証券口座」で良いと思います。

FullSizeRender

投資する投資信託の「目論見書」を確認します。
FullSizeRender

同意できたら、「同意して次へ」タップ。
FullSizeRender

11. 金額を入力
500円以上にしないとポイントアップの対象になりませんのでご注意ください。
FullSizeRender

12.「ポイント利用」タップ
FullSizeRender

13. ポイント数を入力
FullSizeRender

14.「注文」タップ
税金の支払い方を選びます。普通は「特定」を選べば問題ありません。
FullSizeRender

注文内容を確認して「注文」タップ。
FullSizeRender


15. 月1回注文する
Googleカレンダーで設定しておきましょう!
Google カレンダー
Google カレンダー
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

ここに注意!ポイント投資

すっかり勘違いしていたことがあります。

楽天スーパーポイントを1倍増やすための「ポイント投資」は、1回あたり500円以上の投資かつ、その500円に1ポイント以上含まれていることが条件です。

楽天証券でのポイントコースを「楽天証券コース」から「楽天スーパーポイントコース」に変更するところまでは良かったのです。

このとき、楽天スーパーポイントの利用は、月あたり「ポイントあるだけ利用」としました。そして、私は「つみたてNISA」で毎月積立を設定しました。

そこで間違いに気づきます。

私はすでに「毎日100円積立」を2本設定しています。楽天スーパーポイントを「あるだけ利用設定」にしてしまうと「毎日積立」に吸収されて、肝心の「毎月積立」のときにポイントが足りない可能性があるのです。

毎月1回以上、500円以上の投資に1ポイント含む投資がポイントアップの対象になるので「毎月積立」のときに楽天スーパーポイントが無かったら意味がないのです。

それに気づいた時点で私がやったことは以下の通りです。

<確実に500円以上のポイント積立にする方法>
1. 楽天スーパーポイント利用を「月1ポイント」までに設定
2. 毎月積立の解除
3. 毎月1回、手動での600円積立

1. 楽天スーパーポイント利用を「月1ポイント」までに設定
「毎日積立」に吸収される分をなるべく少なくしました。楽天ポイントを使いたいのは、月1回600円投資のときだけだからです。

2. 毎月積立の解除
「毎日積立」に吸収される可能性が高いからです。手動で積立する方が確実に月1回500円以上、1ポイント以上含む投資ができます。

3. 毎月1回、手動での600円積立
面倒くさいですが、これで買い物あたり3倍の楽天ポイントが付くと思えば簡単です。

しかも、投資ですからお金を捨てているわけではありません。スタバのグランデラテ(デカフェに変更)一杯のお値段です。

忘れないよう毎月手動積立をGoogleカレンダーに登録しました。


まとめ

月600円投資で、楽天スーパーポイント3倍。本当にお得なのでしょうか? 

投資した600円は捨てているわけではないのですが、投資した金額が目減りする恐れもあります。目論見書に書いてあるとおりです。

とりあえず試してみます。


<関連ページ>