福岡空港、屋久島便43番ゲートに行かずに充電

FullSizeRender

屋久島出発まで待ち時間あり

充電しながら作業したい

立ちっぱなしは無理ゲーだ



<結論>
「福岡空港、国内線、2階」で一番充電しやすく、長時間利用できるのは、搭乗口4番と5番の間のテレビ前にある机。

FullSizeRender
IMG_4784


更新日:2019年8月30日


屋久島行きの待合室の充電コーナーが立ちっぱなしで利用するタイプだったので、他を探したら座って充電できる机がありましたという話です。

しかも実質「無制限利用」できました。


久しぶりの福岡空港

4ヶ月ぶりに福岡空港へやって参りました。4ヶ月前は、韓国へ調査に行くために国際線を利用しました。

その際、地下鉄が工事中で「地下鉄の出口と福岡空港の入り口がつながる」という話でした。話を聞いたときは「なるほどね〜」程度でした。

ところが昨日、実際に地下鉄から福岡空港の国内線へ行こうとしたら動線がうまくつながっており、まるで海外でよく見るデパートのようになっていました。

地下鉄降りたら即、空港入り口
の意味がやっとわかったのです。

空港入り口に行きますと、右手に「保安検査場」、左手は「各空港会社カウンター」の案内があります。

荷物を預ける方は「左手」エスカレーターをご利用ください。機内持ち込み荷物だけの方は右手のエスカレーターを登るとすぐに検査場が見えます。

この左右のエレベーター、結局は、同じ2階につながっているのですが、より目的に近い方に到着するように工夫されています。

そのため、間違ってエスカレーターに乗り込んでしまっても大丈夫です。全く別の場所に到着することはありません。

前日の大雨で九州地方、特に佐賀県で土砂災害の被害が報告されていました。

私が屋久島に到着してからも、佐賀県佐賀市では、「大雨洪水警報」と「避難勧告」が出っ放しになっていました。

FullSizeRender
2019年8月30日11時確認
佐賀県の大雨警戒情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/41/

出発当日、新幹線の一部に遅延が発生しており、私は予定より2時間早めて福岡空港へ向かいました。屋久島便の欠航も可能性として考えてもいました。


福岡空港、スタバが無いと思っていたらあった

福岡空港の唯一の不満が「スターバックス」が無いことでした。

ネットで検索すると「食べログ」で以前は、店舗があったのが無くなったとあり、ガッカリしていました。

FullSizeRender
スターバックス・コーヒー 福岡空港店(食べログ)2019年8月30日検索
https://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400107/40018782/

ガッカリしていてもしょうがないので、いつも博多駅から地下鉄に乗り換える途中にあるスタバをりようしていました。

ここのスタバは、駅から徒歩1分で到着できる上、地下鉄への入り口とつながっているので大変利便性が良い立地条件にあります。

オリエンタルホテル福岡博多ステーション店
https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=211

ホテル通路から地下鉄につながっていることは、以前、間違ってホテルに迷い込んでしまったときに偶然見つけました。

「ホテルに入ってしまった!」
と思ったら、地下鉄マークがあり、それを頼りに進んでいったら無事地下鉄までたどり着けました。一時はどうなることかと思いました。

「福岡空港の国内線にスタバは無い」
と思い込んでしまった私は、わざわざオリエンタルホテル店ですぐに飲まないラテを購入していました。

ところが、今回、福岡空港のスタバは本当に無いのかどうかを本家スタバのホームページで調べたところ「ある」ではないですか!

店舗検索:空港で検索した結果(19 件)スターバックス(2019年8月30日検索)
https://www.starbucks.co.jp/store/concept/airport/

本家スタバで空港検索したところ、
福岡空港国内線ターミナル3階店
福岡空港国際線ターミナル店
と国内線と国際線にそれぞれ店舗がありました。
FullSizeRender


ところが、本家スタバの地図では大雑把すぎて、国内線のどこにあるか分かりません。そこで、福岡空港ホームページを調べてみました。

すると、本家スタバで「3階」と書いてあるのに、福岡空港HPでは「2階」と表示されている珍現象を発見しました。

IMG_4777

スターバックス コーヒー福岡空港 国内線ターミナル南ゲートエリア店(福岡空港HP)
https://shop.fukuoka-airport.jp/store/shops/starbuckscoffeesouth.html

おそらく福岡空港HPは正確ですので、2階にあるものと思われます。しかも、私が待ち時間を過ごしたのも2階でした。

つまり、福岡空港の国内線にスタバがあるにも関わらず、わざわざ博多駅近くで購入し持ち運んでいたということになりました。意味なし。

ただし、保安検査場を挟んで全く逆方向にあるということが分かりました。

つまり、屋久島便に乗る前にスタバを楽しもうと思ったら、保安検査場を過ぎてすぐに搭乗口に向かってはいけないということになります。

いったん搭乗口とは逆方向に向かい、スタバへ行き、また保安検査場を越えて搭乗口に向かう必要があります。

「そこまでして飲まなくて良し」

と自分でも思うのですが「いつもの味」と「リワード」を求めるなら、やっぱり「スタバ」なのです。履歴を見ますと、3日に1度は通っている計算でした。
*「リワード(Reward)」はスタバポイントのことです。ポイントがたまるとスタバ1杯(700円分まで)無料になります。

FullSizeRender



充電できないか?

空港で困るのは「充電」ではないでしょうか?特に国際線ですと、出発の2時間前には空港に到着し、長い列に並んで荷物を預けます。

さらに、保安検査場で長い時間待ってやっと検査が済みます。これで1時間以上は待ち時間として消費されます。

そうなるとスマホでチェックインしたり、調べたりするとすぐに充電も消費されます。

ところが、国際線では「待ち時間が長い」が共通認識のためか、たいていどの空港でも座って充電することができます。

待合席に備え付けの場合が多いです。すべての席ではないですが、一番前か一番後ろの席はUSBで充電できる設備があります。

ところが、国内線ですと、最悪30分前に着けば何とかなりますので「スマホの充電を消費する時間がほとんど無い」という前提で設備が整えられている気がします。

今回も通路の途中にある充電コーナーを見ると「利用時間は15分以内」とあり、仰天しました。15分なんてほとんど充電できないではないですか…

結論から言いますと、
「福岡空港、国内線、2階」で一番充電しやすく、長時間利用できるのは、搭乗口4番と5番の間にある机です。

デカイテレビがあるところです。

その脇に、屋久島行き搭乗口45番への降り階段があります。

屋久島行き搭乗口で充電しようとすると、階段を下りきったところに「立ち充電コーナー」があるだけです。

「せめて椅子をおいてあげれば…」と思いますが、充電口が少ない分、独占できないようにしてあるのでしょう。

ところが、屋久島行き搭乗口のある階ではなく、その上の2階、目の前のテレビ横なら、座れるわ、充電口がたくさんあるわ、パソコン利用が充分可能な机が用意されています。

私がいたときは、利用者が思ったより少なかったです。平日だったからでしょうか?

最初は隣にビジネスマンが仕事をしていましたが、その後、家族連れが充電ではなく、お弁当を食べるのに利用していました。


まとめ

私は、大雨の影響を心配しましたが、予定よりスムーズに早めに空港に到着することができました。

屋久島行きの飛行機も無事、出発できそうということを確認してから問題になったのが「充電」でした。

確かに、新幹線でも充電できたのですが、常に100%近く、80%以上は充電できていないと不安になります。スマホは現在の命綱ですから!

ところが、今回、新しく充電基地が見つかり安心しました。しかも、まったく逆方向ですが「スタバ」があることも確認できて良かったです。

きちんと本家スタバや空港のホームページを自分で確認しないといけないという教訓も得ました。

また、空港で充電コーナーを探すなら「巨大なテレビ」の周りを探すのがポイントだと改めて認識しました。

この探し方は、海外でも有効です。

韓国仁川国際空港でも、関空行きの搭乗待合席よりも「巨大なテレビ」の前にある座席で充電できました。

電気系統を配置する上で、テレビの近くに充電コーナーを作る方が配電上、設計しやすい模様です。


屋久島行き注意

たまに43番乗り場からまったく逆方向の搭乗口へいきなり変更になることがあります。

私も一度、経験しましたが、あのときは本当に焦りました。飛行機に乗り込むまでは気を抜かないようにしましょう。


<関連ページ>