2019年04月

THEOとWealthnavi
引き落とし銀行の設定の方法


FullSizeRender

楽天銀行デビットカードは便利だ

ポイントが貯まる!

口座引き落としもポイント貯まるのでは!?



3/12追記: 1件1ポイントしか貯まりませんでした。10,000円引き落とされても1ポイント貯まるだけでした…


<結論>
THEOとWealthnaviを
楽天銀行引き落としに変更。
ドコモは楽天銀行に対応していないので不可。

更新日: 2019年2月16日

楽天証券の口座開設のついでに開設した楽天銀行がお得すぎて使いまくっています。

具体的には、楽天銀行デビットカードを使って買い物をし、楽天スーパーポイントを貯め、そのポイントでまた買い物をしているのです。

楽天スーパーポイントはよく耳にされると思います。楽天会員になり買い物をすると貯まるポイントのことです。

楽天銀行には「ハッピープログラム」というキャンペーンがあります。楽天銀行を使うとポイントが貯まり、使用件数が30件を越えると「スーパーVIP」となります。

ハッピープログラムへのエントリーはこちらから(楽天銀行)
https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/happyprogram/

「スーパーVIP」になると、楽天スーパーポイントのつき方がいつもの3倍になるだけでなく、ATM利用手数料無料回数が月7回、他行振込手数料無料回数が月3回となります。

楽天スーパーポイント3倍を目指すなら、取引20件以上が必要です。

この件数をクリアするのは簡単でして、楽天証券で「つみたてNISA」を申請し、毎日100円積立投資を2種類設定するだけです。

積立投資なので、お金を捨ててる訳ではなく、むしろ増える可能性があるので設定しない理由は無いと考え、すぐに設定しました。

しかも積立投資100円でも1件あたり3ポイントつきますので、1日何もしなくても6ポイントが入って来ています。1ポイント=1円です。

つまり、利率3%です。

ゆうちょ銀行の年率0.001%を考えると3,000倍という異常な利率となります。やはり設定しない理由はありません。

楽天銀行デビットカードを作ったから自動的にハッピープログラムに参加できないので注意してください。エントリーか必要です。

楽天銀行口座開設はこちらから
楽天銀行 
*看板に偽り無し。私は毎月2,000ポイントは貯まっています。楽天スーパーポイントで夢の「不労収入」ゲット中〜


デビットカードでもポイントを貯める!

楽天銀行では、普通のクレジットカードとデビットカードを作ることができます。

デビットカードは、クレジットカードとほぼ同じように使えるのですが、支払いした瞬間に銀行口座から代金が引き落としされます。

クレジットカードは、いったん借金し、月一度まとめて支払いを請求されます。デビットカードは、借金せずに即時支払いということです。

私はクレジットカードはすでに持っていたので、当初は何も考えずにデビットカードを作ってみました。正直、楽天のカードを使うつもりが無かったのです。

ところが一度おサイフ代わりに楽天デビットカードを使い出してから止まらなくなりました。

小銭を出さなくても良いし、支払いしたら秒速で利用履歴がメール通知されます。

利用履歴メールで楽天スーパーポイントがどれだけ貯まったか毎回確認できます。身に覚えのない不正利用をチェックできるということです。

楽天市場で使い、楽天トラベルで使い、楽天証券で使い、日常の支払いで楽天デビットカードを使っていますと、どんどん楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

少なくとも月2,000円分は貯まっているのではないでしょうか?スーパーVIPは3倍のポイントがつくのが効いています。

月2,000円のお小遣い、うれしいですよね。


もっとポイントを貯めたい!

必要な支払いをするだけでポイントが貯まるということは、基本的に使った分の1%がキャッシュバックされるということです。

         100円で  1円。
     1,000円で10円。
10,000円で100円。


滅多にない万単位の支払いも出来るだけ楽天銀行支払いにすべきでしょう。

とそんな私の目に飛び込んできたのが、「THEO(テオ)」引き落としメールです。今月分を指定口座から引き落としましたよと。

「ちょっと待て、もしやこれ楽天銀行口座からも引き落としできるのでは?」

引き落とし設定時には、まだ楽天銀行の口座開設していなかったのです。

THEO(テオ)はAI(人工知能)による投資運用サービスです。私は、THEOがサービス開始したときから登録運用しています。

THEO(テオ)投資3年目になります。
https://theo.blue


投資運用をはじめた1年目はマイナスばかりでしたが、2年目から大幅にリターンを上げてくれています。あるときプラス11%越えのリターンの月があり驚愕したものです。

2018年12月末の大下落も乗り越え、2019年に入って順調に利率を上げてくれています。

思い立ったら即実行!

さっそくTHEOにログインし、積立設定画面を開きます。アプリがあるので事前にインストールしておくと楽です。
THEO[テオ] ロボアドバイザーでおまかせ資産運用
THEO[テオ] ロボアドバイザーでおまかせ資産運用
開発元:MONEY DESIGN Co., LTD.
無料
posted withアプリーチ

Webから積立設定」をタップします。
FullSizeRender

THEOの場合は、現在登録している口座を書き換えるだけです。書き換えた後、画面が楽天銀行へ移ります。

この時の注意は、支店名を入力するときに「ヤマダ」だけでなく「ヤマダ支店」と「支店」まで入力することです。

私は最初「支店」抜きで入力してしまい、受け付けてもらえませんでした。

なお、楽天銀行へ画面が移るのは、私が今回、楽天銀行口座から引き落とし設定しようとしているからです。

楽天銀行のIDとパスワードを入力し、秘密の質問の答えを入力します。これらは、楽天銀行の口座を開設するときに設定したものです。

次の画面で、4桁の暗証番号を入力します。

銀行ATMで入力する暗証番号のことです。
これで引き落とし口座の書き換え設定が終わりました。

あっけないものです。THEOからは、引き落とし口座の登録を受け付けた旨のメールがすぐに届きます。安心です。


ついでにWealthnaviの引き落とし口座も変更

実は、AIによるロボアドバイザー積立投資は「Wealthnavi(ウェルスナビ)」でも設定しています。毎月同じ金額でどれだけ差が出るのか試しています。
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted withアプリーチ

THEOもWealthnaviも最低投資金額1万円です。

これは楽天スーパーポイントを貯める良いチャンス。当然、Wealthnaviの引き落とし口座も楽天銀行口座に変更します。

Wealthnaviの引き落とし口座の設定は、THEOと少し違います。

Wealthnaviの引き落とし口座の設定は、複数できるのです。月数回、日付を変えて引き落としができるということです。

そのためWealthnaviの引き落とし口座の設定は、新しく引き落とし口座を追加してから、こらまでの引き落とし口座を削除するという手順でおこないます。

まず、今回新たに引き落とし口座に設定する「楽天銀行口座」を追加登録します。THEOと同じく楽天銀行のページへ移ります。

このとき、THEOで必要だった「支店」入力は不要でした。「ヤマダ支店」は「ヤマダ」だけ入力します。

画面が移り、楽天銀行のIDとパスワードを入力します。Wealthnaviは秘密の質問に答える必要はありませんでした。

4桁の暗証番号を入力すれば、新規引き落とし口座の設定が終わります。

当初の引き落とし画面には、これまで使っていた引き落とし口座と新たに設定した楽天銀行の口座が登録されています。

私は楽天銀行から引き落とししたいので、これまで使っていた銀行口座の登録を削除しました。

削除成功の表示↓
FullSizeRender

これでWealthnaviでも楽天銀行からの引き落としになりました。

問題は、1件の引き落としで何ポイントつくのかという話です。通常の100円で1ポイントなら1万円で100ポイントつきます。

これは引き落とされてからのお楽しみです。きちんと1万円で100ポイントつけばこの作戦は成功です!今までと同じことをしているだけなのに、お金が貯まるイメージ…!

3/12追記: 1件1ポイントしか貯まりませんでした。10,000円引き落とされても1ポイントだけでした…


理由は楽天銀行デビットカードで支払っていないからです(クレジットカード払いではないため)。残念〜


追記: 調子に乗ってドコモの支払いも楽天銀行口座から引き落としにしようとしたら、受け付けてくれませんでした。

楽天銀行は引き落とし対象口座ではないのでした。なぜ?

とりあえずお得な楽天銀行!使って実感中。
口座開設はこちら


<関連ページ>



このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天ウォレット、期待

FullSizeRender

ついに楽天でも暗号通貨が買える

当然、楽天ポイントつくよね?

楽天デビットカードでポイント貯めたい!



<結論>

私は、まだアカウント作成しなくて良い


更新日: 2019年4月21日

ついに楽天経済圏でも暗号通貨(仮想通貨)の取り扱いが始まったということでひとり興奮しています。待ちに待ったというところです。

楽天ウォレット、暗号資産取引サービス「楽天ウォレット」の新規口座開設の申込受付を本日より開始(2019年4月15日)

ブロックチェーンを具現化するために開発されたビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの3つの仮想通貨が取り扱われます。

「  え?  」

「少なくね?」というのが正直な感想でした。つまり、仮想通貨の種類が3つだけというところに驚きを隠せませんでした。

日本純正の仮想通貨「mona」、より一層盛り上がりを見せている「nem」、中国の鬼才が世界を動かす「BNB」はどうした?という話です。

まあバイナンス(BNB)は無いとしても、まだまだコミュニティが熱い「mona」と「nem」は対象としても良かったのではないかと思いました。


と言いますのも、コミュニティが仮想通貨初期からある場合、取り扱い仮想通貨の対象となることで取引所の話題が取り上げやすくなりますし、アカウント作成する人数も増えやすくなることが考えられるからです。

もちろん、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムは仮想通貨のトップスリーであることは間違い無いのですが、何か目玉になる仮想通貨があると良かったのではと思ったのでした。

つまり、他の取引所との差別化が難しいかも…ということです。

むしろ昔の「みんなのビットコイン」そのままの取引所名にして、ビットコインだけを取り扱うようにすれば、

「ビットコインといえば、Rakuten wallet」

となった可能性があります。

しかも、仮想通貨の購入にクレジットカードが使えません。つまり、楽天銀行デビットカードも当然使えません。仮想通貨の購入で楽天ポイントは貯まらないということです。
FullSizeRender
*楽天ウォレット Q&Aより
クレジットカードを使って暗号資産を購入することはできますか


私の取引所「zaif」

私がアカウント作成している仮想通貨取引所は、「zaif(ザイフ)」と「bitflyer(ビットフライヤー)」です。


zaifは残念ながら仮想通貨流出事件と三度の改善命令を受け、2018年10月にフィスコへ移譲されました。

<zaifの運営>2018年10月
テックビューロ株式会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所

私が最初に仮想通貨取引所のアカウント作成をしたのがzaifでした。というのも、zaifには画期的な取り組みがあっからです。

zaifコイン積立」です。

積み立て投資と同じくドルコスト平均法で、仮想通貨を買い増していこうという仕組みです。円ならまだしも「仮想通貨」で積み立て投資できるという点に大いに魅力を感じました。

zaifコイン積立(2019年4月現在、サービス停止中)

このzaifコイン積立の素晴らしいところは、各暗号通貨を1,000円単位から投資できる上、投資は毎日おこなわれるのです。

月一度、一度に買うのではなく、毎日です。

つまり、ビットコインを毎月3,000円コイン積立すると、1日100円ずつビットコインを自動的に購入してくれるのです。

ご存知のとおり、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は普通の通貨よりも乱高下しがちです。だからこそ、毎日「少額を積み立てる」ことに意味があるのです。

私は同じことを楽天証券のつみたてNISAで設定しています。

私の楽天証券のつみたてNISAの設定は、1日100円 x 2本です。この設定は、実は積立投資のためではなく、楽天銀行でのランクを上げて楽天ポイントを効率よく貯めるための仕組みです。

ちなみにこの設定ですと、楽天銀行のランクは確実に「スーパーVIP」になります。

<スーパーVIP特典>
他行振込手数料: 3回無料
ATM手数料: 7回無料
楽天スーパーポイント: 3倍
FullSizeRender
*私の楽天銀行におけるランク

積立投資の良さを実感できたのも「zaifコイン積立」のおかげです。2016年9月にzaifでアカウント作成した私は、すぐに「コイン積立」を始めました。

当時のビットコインは「10万円行くか?」で盛り上がっていた頃です。遊び半分の積立だったので、当然1,000円単位です。

それがあれよあれよと「230万円」のピークを迎えてからの大暴落。本当に良い経験でした。私はピークのときも売らずにそのままビットコインとして保管していました。

今思えば一回売って、底で買い戻せば良かったのですが、当時は「ビットコインとして使いたい」という思いが強く「円に戻す」意識がありませんでした。今もそうです。


私の取引所「bitflyer」

私がアカウント作成しているもうひとつの仮想通貨取引所が「bitflyer(ビットフライヤー)」です。

当時は加納さん(@YuzoKano)がビットフライヤーの顔としてグイグイ仮想通貨業界を引っ張って行く感じでした。今は昔の話になり、代表取締役は平子 惠生さんです。

平子さんは「THEO(テオ)」を運営する「株式会社お金のデザイン」代表取締役副社長を務められたことがあります。

THEO(テオ)

THEOは、積立投資の仕組みを活用しているのでbitflyerでもいずれはzaifにあった「コイン積立」のような仕組みができるかもしれません。かなり期待しています。

ところが、bitflyerも2018年6月に業務改善命令を受けました。そのため、新規のアカウント作成ができない状態です。2019年4月現在もアカウント作成できません。

日本の仮想通貨業界を切り開いた「zaif」と「bitflyer」の両方ともが業務改善命令を受け、新規のアカウント作成できないという悲しみ。

日本発スタートアップが世界に飛んでいけないのはこのあたりに原因があるように思えてなりません。

zaifコイン積立など、世界でも類を見ないサービスかつ利用者が求めるサービスでしたのに…

業務改善命令を出す前に「ここはヤバイからちょっと今のうちに見直しておいてね」というのはできないのでしょうか?

業務改善命令」という字面だけ見ると、その会社はとんでもない詐欺集団のような雰囲気を感じてしまいます。

ところが、少なくとも「zaif」と「bitflyer」は取引所を開設する前から少しずつ準備の様子や界隈の話をTwitterやYoubeを通して知ることができました。

むしろその話を知るのが楽しかったです。どんな人がどんな理想を持ってその仮想通貨取引所を開こうとしているのか、これをつぶさに知ることができたのです。

フィスコさんに譲渡されても「コイン積立」が再開されれば、即再開する気まんまんですし、bitflyerさんを通して買い物するとビットコインかもらえるキャンペーンも斬新でした。実際に私はそれでビットコインをいただきました。

そのときは、bitflyerさんを通して楽天で買い物してその数%がビットコインでもらえる仕組みでした。

楽天ウォレット(Rakuten Wallet)も、楽天経済圏で買い物すると楽天ポイントかビットコインをもらえる仕組みにすると独自性があり面白みを持った取引所になると40代は思いました。


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

スリッパはそろえる

IMG_3512


快適!カプセルホテル!

トイレ・お風呂の共同OK

気になるスリッパ問題


更新日: 2018年12月29日

昨日は大阪で「株トレマスタースクール」補講を受講しました。

補講内容は、事前にウルフ村田さんがTwitterでアナウンスされていたとおり、10万円以上の価値のあるものでした。

授業とまた違う中身の濃さに圧倒され続けた3時間。本来なら18:00-20:30までの予定でしたが、終わってみればすでに21時。本当にあっという間でした。

あとはウルフ村田さんの情熱にお応えしなければならないのですが、クリスマス損切りで当初の予定資金をほぼ使い切った私はバイトに精を出すことから始めなければなりません(笑)

大学生のときの夏休みは、9:00-22:00まで2つの掛け持ちバイトをやっていたことを思い出します。毎日元気だったのは若さですね。

とはいえ、株を始めた年が最悪な地合いに近いものだったことは良かったのではないかと思います。だからこそ、ウルフ村田さんの出会いに感謝しております。

せっかくの貴重な情報を活かせる自分になるためにも勉強(とバイト)は継続です。テレビを見るより、株探のサイトを見る方が断然楽しくなって来ています。

今回もお世話になった「Y’s CABIN 大阪難波」

大阪で開催された今回の補講、終了予定時間が20:30ということで、ホテルを予約しました。ホテルはもちろん「Y’s CABIN 大阪難波」です。

Y’s CABIN 大阪難波」は、地下鉄メトロ御堂筋線難波駅25番出口から徒歩2分という好立地にありながら、安い日は3,000円台から宿泊できます。

今回の補講は、年末押し迫った12月28日(金)でしたが、10日前の12月19日でも楽々予約できました。宿泊当日は女性階はまさかのガラ空きで、ザッと見て10部屋以上は空室でした。

補講のときに「ホテルが取れず日帰り」という方がおられました。遠方であればあるほどお金と身体の負担がかかります。

それらの負担を軽減するためにも是非、「Y’s CABIN 大阪難波」も選択肢に入れていただきたいものです。今回は1泊5,300円で宿泊できました。

1泊5,300円なら、もっと安く泊まれるホテルがあると思われる方もいらっしゃると思います。この「Y’s CABIN 大阪難波」を選んだ理由は「立地」が一番大きいです。

地方から大都会大阪に行く場合、ホテルまでたどり着くかどうかがまず不安です。外国に行くのと同じ気持ちです。

私にはカンタン道案内アプリ「Waaaaay!」がついているということもあり、比較的安心して「Y’s CABIN 大阪難波」を探すことができました。

Waaaaay!(うぇーい!)
Waaaaay!(うぇーい!)
開発元:Houchimin LLC.
無料
posted withアプリーチ

逆に言えば、このアプリが無いと事前にGoogleマップで周辺地域の写真を見ていたところで「Y’s CABIN 大阪難波」にたどり着くまで相当時間がかかったことでしょう。

知らない地域でホテルを探す時間を短縮することは、安全にもつながります。知らず知らずその地域の危険地帯に入り込んでは大ごとです。

Moly -お守り防犯アプリ
Moly -お守り防犯アプリ
開発元:Moly.INC
無料
posted withアプリーチ

予約するときココに注意!性別専用ルーム!

Y’s CABIN 大阪難波」はカプセルホテルです。男性階と女性階に分かれていますので、女性ひとりでも気軽に泊まれます。

Y’s CABIN 大阪難波」を予約するときに一番気をつけないといけないことは、「女性専用」の部屋を予約することです。

例えば楽天トラベルで「Y’s CABIN 大阪難波」を検索すると、部屋を選ぶことができますが、急いで予約しようとすると「男性専用」を選んでしまいます。

実際、私がそれをしてしまい、危うく宿泊できなくなるところでした。「男性専用」を選んだことに気づいたのは予約確定直前の「ホテルからの連絡欄」でした。

「女性なのに男性専用ルームを予約すると宿泊できません」とあります。ふむ「念のため確認しておくか」と見てみたらバッチリ「男性専用」の文字が…危ない危ない。

「女性専用」ルームを予約し直そうと予約カレンダーを見ると、当初間違って予約しようとした男性専用ルームよりも空き部屋がたくさんありました。

補講の日は金曜日で、しかも仕事納めの日でしたので、男性客の需要が多かったのでしょう。

しかし、危なかった〜個人で予約するときにはホテルごとの注意書きや通信欄、確認事項をしっかり読みましょう。おばさんからのお願いです。

気になるトイレのスリッパ

ここからおばさんのお節介話になります。
最初に「Y’s CABIN 大阪難波Y’s CABIN 大阪難波」宿泊したときから気になっていたことです。それは「トイレスリッパがいつもバラバラ」なことです。

この「バラバラ」の意味は、トイレを使い終えた後に次の人が履きやすく揃えていないということです。進行方向に脱ぎながらそのままスリッパを放置しているのです。

おばさんはこういうのが気になるタイプなのです。なので、毎回すべて揃えて戻るようにしています。7足くらいありますが、トイレに入るたびにスリッパの先端がすべて入口方向かつ、ぐちゃぐちゃになっているのが悲しい。

トイレ自体は大変清潔で大きくて手洗い場も広い上、使いやすくて感謝しかありません。そのお礼のつもりでやってます。

私の実感ですが、おばさんになると「自分のやることすべてが正しいと思い、他人に押し付けそうになる自分」がいることに気づいてしまいます。

そのため、実際に押し付ける行為に至らないようにするため「自分がしたいからする」スタンスで物事を進めるよう心がけている40代です。


<関連ページ>





All the illustration are copyright to StockUnlimited.

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資羅針盤 2019年2月版
いま買っておきたい特選株
オンリーワン&ダントツ企業株の
継続投資(1,200円)
amzn.to/2I5w4Sz

Kindle Unlimited(月980円)に加入したので、その元を取ろうと必死なマサキです。読む本を探すのは意外と難しいので、良い本があるとTwitterで共有するようにしています。

私のTwitter(@masakisuge)
といいますのも、Kindleアプリを開いて「株」と入力して検索してみます。ずらりと本が出てくるのですが、これらは有料の本も含まれています。
Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

せっかくKindle Unlimitedに加入しているのに購入してはもったいないです。

そこでまず、右上に小さく表示されている「フィルタ」を開きます。「Kindle Unlimited対象」にチェックを入れます。

次に、これがポイントなのですが、「価格が高い順」に並べ直します。「価格が高い順」に並べ直すことで、市販の本が出やすくなります。

「市販の本」と特別な書き方をしたのですが、Kindle本にはいわゆる「自費出版」本もたくさん含まれています。

たいてい表紙が文字だけでデザイン性にあまり重きを置いていない雰囲気のものが多いです。とはいえデザイン性に重きを置いていないのも頷ける話です。

なぜなら、通常、本屋で販売されている本の場合、売れる為に「キャッチーなタイトル」「有名人推薦」が目に飛び込み、それがキッカケで購入に至ることも狙っています。

そのデザイン料が含まれているお値段が通常の本です。自費出版の場合、ご自分で文章を書き、本のデザインもされますので、自然と経費が抑えられるわけです。

それを逆手に取りまして「値段の高い順」に並べることで、出版社で取り扱われている本を探しやすくします。当然、Kindle Unlimited(月980円)の元を取るためですね。

最初は興味がないと思って読み始めた本に自分が知りたかったことが書いてあったりするものです。出版される本は、企画があり「売れる」と判断された本です。ハズレはそうそうありません。

「自費出版」にダイヤモンド発見

今週末もKindle Unlimited(月980円)の元を取り、かつ株の勉強をするためにKindleストアで文献検索していました。もちろんキーワード「株」、Kindle Unlimited対象本です。

ところが「株」で検索した結果ですと、たいていのめぼしい本は読み尽くしていました。そこで、次に「株投資」で検索してみました。
「価格の高い順」で並べ直します。

すると、自費出版のような本で価格600円のものがありました。通常のAmazon検索してみると、価格 1,200円と表示されています。

それが「株式投資羅針盤 2019年2月版 いま買っておきたい特選株 オンリーワン&ダントツ企業株の継続投資」でした。

Kindle Unlimited加入者が購入するときは600円で、未加入者は1,200円で販売されているのかと驚いたのですが、そうではありませんでした。
発売時期によるようです。

つまり、この記事を書いているのは2月11日ですので、2月号が最新版です。最新版は、一番新鮮な情報です。だからこその1,200円。

1月号は、すでに古くなった情報ですので、半額の600円という訳ですね。かなり良心的な価格設定だと思いました。普通は、料金を変えることはしないですよね。手間ですので…

この段階で著者の方に好感を持ちました。Kindleストアに残っている一番古い号は、2014年7月号でした。はや5年も毎月発行されている訳です。すごいことです。

「株式投資羅針盤」の著者 甲斐 武さんは、宮崎県ご出身、1956年生まれ。大学をご卒業後、山一證券にお勤めになり、地銀やその他の証券会社にも転職されたこともあるベテランです。

著者紹介ーAmazon
https://amzn.to/2MZjdQB 

研修講師プロフィール(研修堂ネット)写真あり
http://www.kenshudo.net/sp_detail/id1202304952-306900.html

これまでの経験を生かして「株式投資羅針盤」をご出版されているということです。

プロの証券アナリストのレポートがKindle Unlimitedに加入するだけで、ほぼ無料で読めてしまう…素晴らしい時代になったものです。

発売月の実際のKindle価格 1,200円
Kindle Unlimited 月980円
*その他の本も読み放題

肝心の中身は?

気になるのが紹介されている銘柄が儲かるのかどうかという話です。

結論から言うと「儲かってます」。

紹介された銘柄を購入しているわけではありませんが(なんせ今日発見した本ですので)、紹介されている2019年1月号に掲載の30銘柄について調べたところ、24銘柄が値上り、6銘柄が値下がりしていました。

1月号30銘柄
オンリーワン&ダントツ企業株の拾い場
*1/1発行 2/8終値でチェック
値上り 24銘柄
値下り   6銘柄
*このうち1銘柄は売りどきあり

1/4大発会の終値と2/8の終値を比較してみましたところ、1番値上りした銘柄はなんと1,000円近くも値上がりしています。

しかも、この銘柄、途中の盛り上がったときは2,100円も値上りしていました。驚異の的中率!2/8まで保有せず、このとき売れば良かっただけの話です。

逆に値下がりしている銘柄もあり、こちらも最大で1,000円近く値下がりしています。ただし、値下がりしたのは30銘柄中の6銘柄です。

損切りラインを決めておけば逃げることができそうです。

2019年1月は、2018年12月25日の大暴落からの戻りだから値上りしている事実もありますが、約4,000銘柄ある中から30銘柄まで絞っていること自体が私から見れば奇跡な訳です。

表紙のタイトルも見逃せない

見逃せないのが、表紙のひとことです。

2019年2月号
オンリーワン&ダントツ企業への継続投資
2019年1月号
オンリーワン&ダントツ企業株の拾い場
2018年12月号
小型成長株復活へ向けて

2019年1月号は「大暴落は買い」を「拾い場」と表現されています。2月はまだ暴落からの戻りが期待できるとして「継続投資」です。

本の内容

そんなベテランの歴史が詰まった「株式投資羅針盤」。どんな内容になっているのでしょうか?

当然、銘柄の解説なのですが、2019年1月号最初にコラム「特別寄稿」がありました。投資歴30年の経験を基にした提言に近いものです。

そして、個別株では、その銘柄の特徴とその分野での位置付け、業績の推移にチャート解説です。チャートは週足チャートです。

「そのくらい自分でも調べられる?」

確かに銘柄さえ分かれば自分で調べられる内容です。しかし、「株式投資羅針盤」にあるように簡潔にまとめられるかというと話は別でしょう。

私はこの内容を講演をこなされ、人に説明できるからこその「まとめ」と見ています。にわかの私にはとてもできません。

「どこに注目すべきか」
「ここから何が読み取れるか」
「今はどうすべきなのか」

が買いてあります。

またひとつKindle Unlimited(月980円)を継続すべき理由ができました。Googleカレンダーには、毎月5日に「株式投資羅針盤」をチェックするタスクを追加しました!


<関連リンク>

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ請求が月5,000円以下で

FullSizeRender

ドコモ支払いのハガキ来た

月5,000円以下で偶数月へ

意味なくね?



<結論>

「翌月合算請求」を拒否する


<方法>
My docomoにログインした後、以下クリック↓
翌日合算請求(ドコモ)
https://www.nttdocomo.co.jp/support/bill_schedule/yokugetsu/index.html
*先にMy docomoでログインしてから上のリンクをクリックです!

ドコモさんから突然の葉書。2019年7月から「翌日合算請求」なるものをはじめるという。対象は、支払いが月5,000円以下の方。

「翌日合算請求」対象にならないのは、
1. 「翌日合算請求」を拒否した場合
2. 複数回線をまとめて請求されている場合
3. 支払い方法がクレジットカード
4. 機器の代金を分割支払い中
5. 通話明細サービス利用中

に当たる方々です。

私は、ドコモさんではガラケー通話、しかもiモードも使っていません。しかも、保険も止めました。そのため、月々の支払いは「990円」で「翌日合算請求」に該当することになります。

「通話だけ?」と疑問に思われた方もおられると思います。

私は、通話とネット通信の端末を分けています。ガラケーでの通話は「自分が使いたいとき」だけ電源を入れています。

というのも電話は苦手でして、私への連絡は極力メールかSMSでお願いしているからです。こちらから電話するときは、山での調査における連絡と企業への問い合わせくらいです。

着信があっても、電源を入れたときに確認するので、すでに何週間も前の話。メールでのやりとりで要件は済んでいます。

当初は大いにクレームがありましたが、「あの人の携帯はつながらない」という認識が浸透してからはメール連絡が主となりました。感謝です。

そんな私の通信体制は至って単純です。

<私の通信体制>
1. ドコモのガラケー(月990円)税込
2. SAKURAWiFi (月4,514円)税・保険料込
3. Freetel ポケットWifi(月325円)税込
合計 月 5,829円

月6,000円近くも通信に使っています。

私は適切な金額だと思っています。毎月膨大なパケット量を使っているのに、この金額で済んでいることに驚きです。

といいますのも、ネット用の「 SAKURAWiFi 」が良い仕事をしてくれているのです。聞いたことのない名前だと思いますが、通信網はソフトバンクのLTEです。

SAKURAWiFi
*SNSはTwitterとFacebookを開設されていますが、更新はにぶいです。


しかも>>容量無制限<<
3日縛りもありません。使い放題です。さらに、2年縛りもないので翌月に契約解除しても違約金はありません。

私は2018年2月から利用しています。類似の格安ポケットWiFiを比較した結果です。とても満足しています。

その後に出てきたサービスも引き続きチェックしていますが、今のところSAKURAWiFiが一番です。

SAKURAWiFi ホームページには「3,680円」、Facebookには「100Gで3,400円」とあり、不信感が出てしまうと思います。

実際のところ、使用してから1年経ちましたが、サポートさんの返信は早いですし、通信は問題なくできていますし、そもそもどう頑張っても1人で月100GBも使えないので本当に満足しています。

大学構内でお昼休みにぶつかると通信が相当遅くなるのが残念ですが、数千人が一度に同じ回線に集中するのですから仕方ないと諦めて移動しています。

ちなみにFreetelポケットWifiはメインのSAKURAWiFi が壊れたときの予備です。ネットがないと身動きできない現在、通信機器が使えなくなることはあってはいけません。

スマホ本体についても、私はiPhoneをメインに使っていますが、NEXUS5を予備に持っています。どちらに転んでもいつも通り使えるように設定してあります。

「翌日合算請求」の問題点はないか?

今回届いたドコモさんからの「翌日合算請求」。私の場合、何もしなければ「翌日合算請求」が自動的に適応されることになります。

月990円だからです(たまに989円になる笑)。

クレジットカード支払いですと、毎月請求のままです。クレジットカード支払いで気をつけないといけないのが、クレジットカード年会費です。

岡山県民がたいてい持っている「中国銀行」口座。クレジットカード機能をつけると、2年目から年会費1,350円(税込)がかかります。

ドリーミーカード(中国銀行)
http://www.chugin.co.jp/inbanhelp/navi/sp/1/28/27/

2年目からのクレジットカード維持費は、月112.5円となります。

月100円程度なので大した金額でないと思われるかもしれませんが、通常貯金の利子が年0.001%であることを考えると恐ろしいほどの暴利です。

円預金金利(中国銀行)
https://www.chugin.co.jp/rate_fee/rate/yen_yokin/

普通預金もスーパー貯蓄預金も年利0.001%。
スーパー定期でやっと0.01%…

 年利0.001%は年1万円預けて0.1円の利子です。10万円預けてやっと年1円の利子が入ってくることになります。

これを考えると、クレジットカード年会費が月100円程度などと言っていられなくなります。

つまり、年1,350円(税込)の年会費をチャラにするための普通預金は1億3千500万円が必要です。宝くじレベルです。

このクレジットカード年会費は、大手電話会社、電気料金の引き落とし設定、または年間利用10万円以上のいずれかを満たすと請求されなくなります。

ドリーミーカード(中国銀行)
http://www.chugin.co.jp/inbanhelp/navi/sp/1/28/27/

<大手電話会社>
1. ドコモ
2. au
3. ソフトバンク
4. ワイモバイル


そのため、現段階でドコモの支払いをクレジットカード設定にされている場合は、今回の「翌月合算請求」は関係ありません。

「翌月合算請求」を拒否した理由

私は「翌月合算請求」を拒否しました。

その理由は、私にとっては合算する意味がないからです。

銀行口座から直接引き落としされている場合、毎月の利用料金を確実に把握できます。何かトラブルが起きて利用料金が増えた場合、5,000円以下なら次の月まで気づきません。

月990円の私なので、ひと月あたりの請求が2倍になっても次の月まで気づかない可能性があります。恐ろしいことです。

そして、何と言っても発信元のドコモさんが、なぜ「翌月合算請求」をするに至ったのか理由が分かりません。

実は、少額の毎月請求は、ドコモさんに多大な手数料がかかってしまうという理由なら「お世話になっているし…」と「翌月合算請求」にも同意したからもしれません。

今回送られてきた葉書は「翌月合算請求」するのが前提で、そうすることが契約者にとってとんなメリットがあるのか分かりません。

しかもドコモさん側の突然の宣言で「翌月合算請求」を設定されるのため、毎月引き落としを希望する方は事前に手続きが必要なのです。

面倒くさい人はそのままにしますよね。

こうなると俄然ドコモさん側にどんなメリットがあるのかと気になってしまいます。

通話明細サービス(郵送)をやめたときは、利用料金から100円安くしてくれました。

これは郵送料と紙代が浮くので、明らかに利用者にもメリットがありましたし、ドコモさん側にも送る手間が省けるメリットがありました。

今回の「翌月合算請求」のメリットは何だろう?

請求額を毎月確認したいのと、「翌月合算請求」のメリットが分からないので、拒否することにしました。

「翌月合算請求」拒否する方法(ネットから)

「翌月合算請求」を拒否する方法は、ネット経由と電話があります。私は電話は苦手なのでネット経由で拒否することにしました。

ネット経由ですと、まず「My docomo」にログインします。IDとパスワードが必要になります。ネット経由での変更が良いところは24時間いつでもできるところです。

朝9時過ぎるとアクセスが混み合っていましたので、早朝に設定するのが吉です。おそらくdocomoショップ各店からのアクセスが増えるためと思われます。

私は朝7時に設定しました。サクサクでした。

My docomo【契約内容・手続き】ログインページ
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/procedures/

ところが、ログインした【契約内容・手続き】ページから「翌月合算請求」の項目を探し出すことができません。

拒否設定した後になって項目を見つけたのですが、これは探し出すのは難しいです。

そもそも葉書にあったQRコードを読み込んだので、リンク先でログインしたらすぐに拒否できると思い込んでいた40代です。

思い込みの罠、歳をとった証拠です。

ここは焦らず、ネットで「ドコモ 翌月合算請求」で検索したところ、すでにMy docomoにログインしていることもあり、あっさり「翌月合算請求」のページにたどり着けました。

FullSizeRender


「翌月合算請求拒否を設定する」にチェックをいれます。
FullSizeRender

利用規約を開いて確認します。
FullSizeRender

やっと「翌月合算請求拒否の注意事項・利用規約に同意する」にチェックが入れられるようになりました。
FullSizeRender

受付確認メールは送信しませんでした。
FullSizeRender

手続き内容確認をして、
FullSizeRender


オンラインでの手続きに関する規定を確認。
FullSizeRender

やっと手続きが完了しました。
FullSizeRender

これドコモショップでやっていたら、半日仕事でした。大部分は待ちの時間で…
ネット設定のありがたみが身にしみます。

My docomo「料金関連サービス」にあった

受付確認メールを送信しなかったので、念のため「翌月合算請求」が拒否されているかMy docomoで確認することにしました。

すると、先ほど見つけられなかった「翌月合算請求拒否」項目を「料金関連サービス」で発見しました。一番最後にあります。
FullSizeRender

「New!」などとつけてあれば気づく可能性が高まるのですが、以前からある項目と同じ扱いで追加されているので分かりませんでした…

何事も落ち着いて対応しなければと改めて認識した次第です。

についても、先にMy docomoにログインしてからクリックしてほしい旨を2回書きました。

しかし、ログインせずに直接リンクをクリックし、設定できないと私のように悩まれる方がおられそうな気がしてなりません。


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ