写真AI検索 JumpStory で法令遵守

FullSizeRender

次なる画像検索サイト登場

今なら1万円で一生使える

Stockilyのサブになるか?


<結論>
むしろメインで使う
Stockilyがサブ

<使い勝手>
Stockily >> JumpStory
画像の一覧性に圧倒的な差

<お値段>
Stockily  >> JumpStory
3,000円               1万円

<法律的安心感>メインで使う1番の理由

Stockily <<<<< JumpStory


<サイト>

<JumpStory情報源>

更新日:2020年6月28日

フリー画像検索エンジン「Stociky」のサブとして購入した「JumpStory」をメインとして使う理由とは?


フリー画像検索エンジン「Stockily」

アフィリエイト収入が目的で開設したライブドアブログ。

ブログの文章を読んでもらうためには、ブログトップに「アイキャッチ画像」を有効利用することが大切であることを学んだ私。

「アイキャッチ」つまり「目を引く」画像とはどんなものかと考えた結果、私の結論は「美人」でした。

女でも男でも「美男美女」は、どうしても見てしまいます。それがブログの最初にあれば、とりあえず3行くらいは読んでいただけると思いました。

次の問題は、その美男美女、特に私好みの「美女」を探すにはどうしたら良いのか?でした。

ちまたには「無料画像サイト」があふれ、有名どころの「いらすと屋」さんは海外でも使われているのを見るようになりました。

無料画像サイトがあるのは分かるのですが、それらのなかから私好みの美女を探すのは非常に手間がかかります。

FullSizeRender

Google画像検索が手っ取り早いと思われるでしょうが、Google画像検索は「無料」だけでなく「有料」の画像が含まれている可能性があります。

有料画像を下手に使ってしまうと、相手側の法律で訴えられる恐れがあります。相手は日本とは限りません。

「一個人のブログにそこまでやるか?」と思いますし,訴える前に「それは使うなよ」という警告が届くと思います。

警告が届いてから「すんませんでした」と画像を外せば、まだ傷は浅くて済みます。

とはいえそういう最悪な事態を避けるためには、やはり、はじめから「無料」な画像の中から使う画像を選ぶ方が安心です。

そこで私が発見したのが「Stockily」でした。

Dragify.comさんのメーリングリストから送られて来た「Stockily」の宣伝文句が、まさに私が探し求めていたものでした。

つまり無料画像だけを検索できる画像検索ブラウザな上、画像だけでなく、イラストやビデオ、音楽まで検索することができるという…。

さらに気になる「商業利用OK」という文字。
→ includes a Commercial License

Plus it  includes a Commercial License so you can use it for yourself or for your client work.
(2019年3月26日 Dragify.comさんのメールより抜粋)

そしてお値段まさかの「27.11ドル」。さらにすごいのが一括払いで一生使えるという私の大好きな「Lifetime plan」でした。

さっそくStockilyを使い始め、その使いやすさと検索結果の表示の分かりやすさに感動した私は、さらに「47ドル」課金し、上位バージョンも購入。

上位バージョンになると、検索対象が広がる上、上位バージョン保持者だけの非公開Facebookグループに招待されます。

2020年6月28日現在、431名の参加者がおられますが、日本人は私だけです。ぎりぎり中国の方がおひとりおられました。

Stockilyを手に入れたことで、美人さがしが非常に効率良くなりました。検索項目に「woman」として検索するだけです。

検索結果もひとつずつではなく、適度に縮小された画像がガバッと表示されるので探すのがとても簡単です。

と言いますのも、Stocikyはスマホ対応していないので、わざわざパソコン表示に対応したアプリ「Puffin」を有料課金し、一覧性を確保しています。

Puffin Browser Pro
Puffin Browser Pro
開発元:CloudMosa, Inc.
¥610
posted withアプリーチ

ところが肝心の画像のダウンロードが非常に面倒くさい仕様になっていたので、Twitterで自分のアカウントでツイートしたものをダウンロードしています。

ツイートした段階でどちらの無料画像サイトからのダウンロードなのかも知ることができます。

購入当初は、Stockilyが「画像検索ブラウザ」だあることを認識しないまま利用していたのですが、

Stockilyからの大量の宣伝メールが送られて来たことで、Stociky自身が保有している画像ではないことを悟り、やっと理解した上で利用しています。

一応は「 商業利用OK:includes a Commercial License」として販売された無料画像検索ブラウザ「Stockily」、

無料アプリ「Skitch」で文字や記号をスマホ上で追加してアイキャッチ画像を作成し、ブログの更新をしています。

ブログの内容ですら、スマホをスクリーンとして外付けのAnkerキーボードで入力しています。スマホ中毒なので、すべてをスマホで済ませています。

このAnkerのキーボード、コロナ恐慌の影響でステイホームかつ在宅勤務が増えた結果、私が購入したAmazonで売り切れになっていました。

Anker ウルトラスリム Keyboard(Anker)
黒1,899円、白2,199円(税込)
https://www.ankerjapan.com/item/A7726.html

楽天市場には、アンカー公式店が出店しているのですが、キーボードは取り扱っていないという仕様になっています。

あまりに使いやすく気に入っている私は、Anker公式ページにかろうじて残っている在庫をすかさずゲットしました。

こんなときはポイントをあれこれ考えるよりも
、在庫がなくなることの方が怖いです。「買いたくても買えない状況」になる前にゲットです。

IMG_8127

しかも2個も一度に買うという暴挙にでました。これは以前からもう1個欲しかったのと、壊れたときの予備としてのもう1個です。

これで壊れても安心です。


ファッ!?JumpStory?

と気に入ったものは複数個を購入することで、メインとサブを準備するのが私の性格です。

気に入って使っているものが突然使えなくなったときの喪失感と不便さを考えると「現在の不納得で購入する」という長期投資の考え方にピッタリです。

まらまひまひまはらまらまらまり

「今いらね〜だろ」

と言われても、いざ使えなくなったときに誰も助けてくれませんからね。あらかじめ予備が準備してあれば憂いなし。

私の「メイン・サブ・予備」の考え方は、先日個人輸入した「CLEANKEY」、なんでも拭き取る「ふしぎクロス」、スマホなど形あるものにとどまらず、

鉄壁のVPN「Disconnect VPN」9台分、AdGuard Pro VPNプレミアム、MacとiPhone、iPadをつなぐ「imazing」をあえてファミリータイプを選びます。

つまり、愛用しているものすべてに「サブ」もしくは「予備」が必要であると考えているのです。

となりますと、アイキャッチ画像で愛用している「Stockily」のサブがあっても良い、と考えるのは不思議なことではありません。

もちろん、これまでも課金して画像を買うこともしてきました。でもキリがない。だからこそ、安心の無料画像を効率良く選べる手段が必要でした。

そんな私の目の前に突如として登場したのがデンマーク発祥の「JumpStory」でした。

当初は「Stockilyと同じようなサービスか」となめてかかっていましたが、むしろ同じようなサービスであるなら購入すべきでは?と思い始めました。

JumpStoryもStockily同様に、商業利用OKな無料画像を検索することができます。

さらにStockilyより先んじているのが、JumpStory固有の画像もあることと、無料画像の利用だとしても法律的に利用が認められるよう手続きを済ませていることです。

「え?商業利用OKな画像だったはずでは?」

私も同じ思いになりました。購入とアカウント開設の次の日、JumpStory創設者のJonathanさんからメールが届きます。

Here is one example from one of these free websites and their terms & conditions:

"Note that the Unsplash License does NOT include the right to use our photos, when there are trademarks, logos, brands or people in them."

無料画像サイトUnsplushのライセンスでは、私たちのサイトにある画像を商業利用することはできません(私翻訳)。

2020年6月28日に届いたJonathanさんからのメールより抜粋

なんと!無料画像サイトに掲載されている画像でも、画像の出元では商業利用ダメになっているものもあるということのようです。

On JumpStory it's different. We both have our own unique images and photos that you can also find on other websites, but with JumpStory you never have to worry about getting sued due to our open, global license and insurance.

JumpStoryなら私たちで撮影した写真もあるし、ほかのサイトで見られた同じ画像も利用許可を得ているので安心してご利用ください。

2020年6月28日に届いたJonathanさんからのメールより抜粋

無料画像だけが検索できるブラウザだけでは、ライセンスの条件まで感知していないので、JumpStoryの安心画像を使ってくださいということです。

良かった〜買って良かった〜
1万円で一生使える「Lifetime plan」万歳!

確かにStockilyでも見かけた画像をJumpStoryでアチコチ発見していたのです。オリジナル画像もあり、無料かつ商業利用を確認した画像だけが表示されるJumpStory。

この事実を知った今、いくら使い勝手が良くてもメインで「Stockily」を使うのは控えて、メインでJumpStoryを使っていく所存です。

JonathanさんはじめJumpStoryとの素晴らしい出会いに感謝です。


JumpStoryの情報源

TECH DEALS
https://deals.androidauthority.com
こちらで「Disconnect VPN」はじめ本の要約「12min」、アニメ製作「Animatron Studio Pro Plan」、クラウド保存「Degoo 10TB」などを購入してきました。

すべて形あるものでないので、お金を支払えばすぐに使うことができるサービスばかりです。興味のある方は、メールマガジンの登録をおすすめします。


<関連ページ>