U3保護ケース問題

IMG_4974

Mugen WiFi契約〜

新品の端末「U3」超かるうす

そのままじゃ不安だよ?


<結論>
U2 / U2S Wi-Fi ルーター用ケース
を代用

<購入商品>Amazon 2,040円
FullSizeRender

<大きさ比較>厚さが違う
U2s: 127mm × 65.7mm × 14.2mm
  U3: 126mm × 66   mm × 10    mm

<ケース購入条件>
・充電しやすい
・電源しやすい
・ケースから出さなくて良い

<U3端末料金>
17,000円
2年(24ヶ月)だと月708円支払い
FullSizeRender


<Mugen WiFi>月料金→実質3,117円
Mugen WiFi 4,378円(税込)
ーーーーーーーーーー
基本料金 3,380円←月100GB
保険フル     600円←バッテリ交換込
    消費税     398円
ーーーーーーーーーー
*1万円キャンペーン割引(月416円割引)
→差引後の料金: 3,962円(税込)
*契約手数料(3,300円)無料対象
→差引後の料金: 3,825円(税込)
*2年後に端末ゲット(端末代 月708円支払)
→差引後の料金: 3,117円(税込)


Mugen wifiが「2年縛り」のポケットwifiのため、ケースを購入した話です。


更新日: 2021年3月21日

ケースをつけるか問題

Mugen WiFiを契約し、これまでのSAKURAWiFiと違うのは「2年縛り」であることです。
Mugen WiFi
https://mugen-wifi.com/


いつでも解約できない「不自由さ」がどうしてもいつも心に引っかかっています。

その不安を和らげるために「補償+α(月660円)」に加入しているのですが、もし、故障したとして交換機が到着するまで少なくとも1日かかります。

その「1日」どうやって過ごすかという問題が出てきます。

サブ回線扱いで「楽天モバイル」も契約しているので、1GBまで無料で利用できる状態にしてはいますが、

そもそもMugen WiFIの端末「U3」が思ったよりも「薄くて軽い」ので毎日持ち歩く私としては落としてしまいそうで怖いのです。

SAKURA WiFiのときは、ある程度の重みがあるので手にしたとき「きちんと持たねば」と自覚する気持ちが自然と出てきていたのですが、

端末U3に関しては、薄くて軽い上にゴム部分がまったくないので手に引っかかることなく「ツルツル滑る」のです。

表面のさらさらなめらかさが本体をつかみにくくし、つかんだ後も滑りやすい印象を持たざるを得ない状況です。

自分の老化現象を次々と認識しつつある40代としては「転ばぬ先の杖」として、端末U3に対し何らかの「滑り落下防止対策」をしたい。

端末U3の大きさは、iPhone7よりも長さが1cmほど短いくらいで厚さ、表面のさらさらなめらかさはiPhoneと同じです。

つまり、目の前にあるのは「iPhone」と同じような端末をどうにかして保護したい。

最初は軽い気持ちでした。
「どうせiPhoneケースかカバーを代用すれば良いんでしょ」

ところが、長さが「1cmほど短い」という現実がケース・カバー探しの旅を無駄に長引かせてくれました。



端末U3専用ケース無し

たいていのポケットwifiには、専用ケースが販売されています。クレードルがある端末でしたら、それに追従して販売されていました。

ところが、端末U3に関しては、前世代の端末「U2」「U2s」の専用ケースが販売されているのですが、ズバリ「U3」専用ケースはありませんでした。

その理由は、U3本体の構造にあります。

U3本体は、表面右上に電波と電池残量が表示される小さなランプがあるだけで、裏面は必要事項がプリントされているだけの「真っ黒な板」です。

電源は、ランプ近くの側面にボタンが1つあるだけ。非常にシンプルな構造をしています。操作ボタンが1つしかない分、誤作動は少なくなります。

データ利用量は、本体に貼り付けられたQRコードにリンクされたホームページで常に確認できます。

FullSizeRender

そのため、机の上などの定位置において利用するには、保護カバーの必要性をまったく感じない端末となっております。

だからなのか、もしくは、まだ新しい端末だからなのか、U3端末専用ケースは販売されていない状態でした。

そこで考えたのが、iPhoneに似た形状であることを生かした「iPhoneケース漁り」でした。

実際の大きさは、iPhone7よりも「iPhone5, 5s, SE」に近いことが分かったので、それ用のケースやポーチを検索しました。

理想としては、四角にバンパーがついた落下破損防止型がベストなのですが、どうしても「液晶画面」部分がガラ空きになってしまいます。

もちろんそのまま使っても良いのですが、

iP5: 123.8mm x 58.6mm x   7.6 mm
  U3:126   mm × 66   mm × 10   mm

厳密に見れば、iPhone5の方が長さが2.2mm短く、幅が8.4mm狭く、厚さも2.4mm薄い仕様になっていました。

となると、iPhoneカバーをそのままU3に流用することはできないということになります。

「はいはい想定内、想定内」

ということで、次はiPhoneカバーもしくはポーチでU3より「やや大きめ」を購入すれば良いと考えました。

そんな中、Amazonと楽天市場カバーとポーチを検索しはじめた段階で「理想のケース像」が浮かんできました。

私の理想は、保護するだけでなく、カバーしたまま充電も電源オンオフも簡単にできるケース、でした。

<理想のケース像>
・落下破損防止
・カバー付で充電できる
・カバー付で電源オンオフできる

実際にU3端末を使うと分かっていただけるのですが、本体が「真っ黒」なので、暗めの色の机の上に置くとどこにあるか分からなくなります。

軽くて薄くてつるつるなめらかなので、40代にありがちな「ちょっと一瞬だけここに置いて」
をしてしまうと、すぐ行方不明です。

自分を信じきれない私は、最悪の事態を考え、一時は「Tile(タイル)」までU3に取り付けようとしたくらいです。

「Tile」は、キーホルダー型の探し物ブザーです。スマホから探したいものにつけた「Tile」から音を出すことができます。

Tile Mate (2018) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応 EC-13001-AP
FullSizeRender

電池交換できるタイプなら年1回程度の電池交換で済むので楽ちんです。電池交換の時期は、アプリで通知がある手厚い仕様です。

また、GPS機能のある端末ならアプリをインストールするだけで、それらの位置情報を把握できるようになります。

つまり、1個のTileを購入するだけで、手持ちのスマホやタブレットの位置情報を把握できる優れものです。

Tileの価格は、1個2,400円前後とお高めですが、継続して利用することと、スマホ端末なら登録無料であることを考えると結局はお得かなと思いました。

この「Tile」をU3端末のケースにつけるかどうか、大いに悩みました。以前のポケットwifiでは考えなかった事態です。

「2年縛り」という魔力が私の判断力を鈍らせてしまっているようにしか思えません。結局「Tile」までは取り付けないことにしましたが、迷いは残る結果となりました。



U3の理想のケースを求めて

理想のケースを求めて検索していきますと、最終的には「全体を覆うポーチ型」に収束していきます。

そこで思いついたのが、当初、検索結果に出てきてはいたが、型番が違うので見逃した「U2、U2s」専用ケースでした。

<購入商品>Amazon 2,040円
FullSizeRender


U3とU2シリーズの違いは、1つの角からの飛び出しの有無と厚みでした。

<大きさ比較>厚さが違う
U2s: 127mm × 65.7mm × 14.2mm
  U3: 126mm × 66   mm × 10    mm

【Glocal MeのWiFiルーター】U3のスペックを徹底解説!U2sとの違いは?(ポケットWi-Fiのリアル)2021年2月1日

しかし「厚み」以外は、ほぼ同じ大きさですので、充分、U3にも流用できます。むしろ、U3が薄いから使えると考えるべきです。

私の理想のケースの条件(保護、充電、電源)もしっかりクリアしています。いったんケースに入れたら出すつもりはありませんので最適。

ケースには、ストラップもおまけについてくるので、これをカバンから離れないようにカラビナで固定しておけば無くす確率は減ります。

TITECOUGO ひょうたん形 多機能 カラビナ
FullSizeRender
*100円均一にもあります



待望のケース到着

Amazonプライム会員の私は、基本的にプライム対象の商品しか購入しません。次の日に届くからです。

当然、今回購入した「U3用ケース」もプライム対象商品です。

Amazonプライム会員特典は数多くあれど、
テレビや映画を見ない、
小さな家族もいない、
写真は「Degoo」へ自動転送、
楽天マガジンに登録しており、Prime Readingはほぼ利用しない、
となれば、残る特典は「配送」のみとなります。

ところが、この配送が良いのです。

思いついたときにポチり、次の日に届くありがたさといったらありません。しかも配達時間の指定までできる。

歳を取れば取るほどせっかちになる40代にとってこれほどありがたいことはありません。歳を取った証拠「待てない」。気をつけたいものです。

以前、年3,900円だったプライム料金が年4,900円に値上がりしたとき、解約も考えました。

しかし、この便利さに慣れてしまうと「これまでが安すぎた」ということがよく分かります。
ちなみに、現在の迷いは、Youtube Premiumに登録するかどうかです。

さて、注文から次の日に到着した「U3用ケース」がこちらです。

IMG_4971

懸念された長さ違う・飛び出し部分問題ですが、全く問題ありませんでした。

FullSizeRender
*気にならない
本体の幅がピッタリなので入口方向へ滑り出る心配はありません。試しにフタを開け、下に向けて振ってみましたが、落ちませんでした。

底にある充電ケーブル差し込み口もジャストサイズでそのまま充電コードを接続できます。

電源ですが、横の空き空間から余裕でアクセスできます。問題なのは、電源オンにしたときのランプが見えにくいことです。

IMG_4973
*隙間から見るしかない
このランプ見えにくい問題への対策は、電源ボタンから微かに漏れ出す光を確認するか、あきらめてフタを開けてランプを見るしかありません。

充電残量を確認するためには、どうしてもフタを開けてランプ点灯数を確認せざるを得ません。こればっかりは仕方ないです。

とはいえ、ケースの材質は硬めですし、ケース表面にざらつき加工があるため、手から滑り落ちる可能性は低いでしょう。

また、もともとの本体が「軽・薄」でしたので、硬めケースに入れることで重量感が増して「きちんと持たねば」という気分にさせてくれます。

>>結果:大成功!<<



<関連リンク>
【40代のポケットwifi】SAKURAWiFi→Mugen WiFi(月4,318円保険込)これで月100GBを確保!最近はクラウドSIMも安定している模様。

【40代の挑戦】楽天モバイル契約で通信料見直し→月1,340円の節約!もう電話回線にこだわる必要なし。楽天ポイントゲット条件忘れずに。


【40代の挑戦】iPhoneとマイナンバーカードでペーパーレス確定申告完了!読み取り回数が異常に多いのに負けないのがポイント(合計7回)。

【40代のビットコイン】「ビットコインをもらおう」bitFlyer→楽天市場サイト→楽天市場アプリでもビットコインはもらえる!

【40代の発見】Youtube広告排除!「AdLock」77%割引で購入&導入→確かに快適