留学・海外行くなら予防接種は必須!

↓↓私のおすすめ↓↓
医療法人つづく 梅田トラベルクリニック

遊びに行くだけでも注射するの?



私が予防注射を受けるきっかけは、フィリピン セブ島へ語学勉強へ行くことでした。


<関連リンク>

たった3週間ですが、調べてみるとフィリピンにはマラリアをはじめ狂犬病など事前に予防注射を受けることを勧めていました。

*見ると行くのが怖くなるがデメリット。だけど現実です。

その他の国はこちらから探せます

海外旅行の際の安全管理に!
事前にインストールしておきましょう。

外務省 海外安全アプリ
外務省 海外安全アプリ
開発元:外務省
無料
posted withアプリーチ

あと、海外行くなら「ビザ」が必要かどうかが重要です。飛行機で行っても入国できない可能性があります。

<関連リンク>

JAL - 海外 ビザ・パスポート情報

JAL海外旅行・海外ツアーの計画をたてるときに便利なビザ・パスポート情報をご案内します。

さて、素直な私は、すぐに病院を調べましたが、岡山市内で対応しているところはなく、大阪まで範囲を広げて探すことにしました。


注射も安近短でさがす→大阪駅近!


大阪と言っても、大阪駅から離れた場所だと困ります。まず、迷子になります。そのため、大阪駅か梅田駅から徒歩圏内は絶対。

ネットでの評判もチェックした結果、見つけたのが運命の「梅田トラベルクリニック」でした。

大阪駅から歩いて10分かからず到着できます。

↓↓梅田トラベルクリニック住所↓↓
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目12−17 梅田スクエアビル

私のように岡山からお越しの皆さんも高速バスで日帰り可能です。往復5,800円。
WEB早割3利用なら、往復5,360円のお安さ(2018年3月5日現在)。毎回土曜日の日帰りでした。

両備バス(岡山ー大阪)

 

梅田トラベルクリニックとは?


2011年開業の新しい病院です。
院長 都竹(つづく)先生自身も国境なき医師団、海外留学、船医生活を経てこられた経験から、今後、世界で活躍する人々をサポートしたいという強い思いをお持ちです。

必要な予防接種はどうやって選ぶ?


さて、どの注射を受けなければいけないか?

これが支払金額にも直結していることですので一番重要です。

「梅田トラベルクリニック」さんでは、予約時の電話でなぜの部分「どこへどのくらい行くか」を聞かれます。

そして、初診でじっくり時間をかけて本当に私に必要な予防接種を選んでくださいます。

予防接種は1回で済むものだけではないので、自分の予定も含めしっかり相談できます。

↓↓ビスポーク医療(対話を大切にする診療)

診察室のようす


診療室は、広くて清潔、先生が注射を準備しておられ、すぐ接種されます。

早い。痛くない!

痛くない理由を伺うと、やはり経験の差とのこと。

筋肉の間をうまく通すのがポイント。ジンジンしたのは狂犬病の注射でした。

接種は、1回のみではなく、数回に分けて通う必要があるものがありますので注意です。

最終的に、マラリア、狂犬病、 A型肝炎、B型肝炎などを接種し、合計10万円かかりました。

一生ものですから、この支払は納得です。毎回3万円程度の支払でした。


病院内の雰囲気(良い!)


毎回来院するたびに、会社の同僚らしき方々や家族連れでいっぱいです。

完全予約制なので焦る必要はありませんが、予約時間を守るのは絶対です。

お互い気持ちよく受けるのは患者としてお世話になる以上、きちんとしておきたいところです。


まとめ

航空チケットとホテル予約だけで大丈夫と思っていた海外旅行。回数を重ねるといかに自分が無防備だったかが理解できました。
—————
1. 海外旅行の予定を立てる
2. 旅行先の医療事情を調べる
3. 必要な予防接種を受けるか決める
4. ビザが必要か調べ、必要なら申請する
5. 航空チケット、海外保険予約
6. ホテル予約
7. ポケットwifi予約
8. 現地の情報を集める
—————

<関連リンク>

岡山から大阪へはいつもバス!