FullSizeRender
英会話「このままではいかん!」ということは分かっても、実際に何をすれば英会話力がアップするのか分からない…


とはいえ、英語は、中学・高校としっかり学んできた私たちです。どうして「話すこと」ができないのでしょうか?


何を勉強してきたというのでしょう?


単なる試験対策?それは「英会話」にとって時間の無駄です。もったいなさすぎです。私は、あの勉強時間を無駄にしたくないのです。だから、今のレベルで良いから活かしたい。


そこで私が取った行動は…


フィリピンセブ島への留学である。


この記事では、フィリピンセブ島での留学効果から、日本でも同じ効果が得られる方法をご紹介します。


なぜセブ島なのか?

現地の言語は、タガログ語ですが、英語も共通語として話されています。現地のテレビ番組でも流暢な英語を話す司会者が活躍していました。


また、フィリピンは物価が安いことで、最初韓国企業が英語学校を設立。その後、日本資本も参入していきました。


日本人永遠の悩み

「英会話」「英語」、日本人の永遠の悩みと言って良いでしょう。中学、高校と少なくとも6年間も学んだのに全く喋れない苦しみ…

ご多聞にもれず、私も同じく全く喋れませんでした。「英語を喋らなければ…」と考えただけで緊張感が走ること数知れず。


ところが今、ペラペラと喋っております。通じております。メールも英文をドシドシ送受信しております。


ついに、韓国植物分類学会で英語で発表するまでに至りました。英語圏でないのがポイント(笑)


なぜか?

英会話スクールに行った訳でもない私がなぜ、2週間もアメリカ人とスゲ調査に出かけたり、ホームステイしたりできるようになったのか?

それは「慣れ」による「度胸」がついたからです!


簡単そうで簡単じゃない「話す度胸」

先ほど述べましたように、私たちはすでに6年間も英語の勉強をしました。大学でも英会話の単位を取った私もここにいます。


しかし、英語圏の方を目の前にすると「動けない」のでありました。


これを何とかしないと未来はない

と半ば強迫観念に囚われた私が選んだのは、2週間のセブ島留学でした。


セブ島を選んだのは、勝間さんと高城さんのご著書をむさぼるように読んだからです。


勝間さんのご著書では、勝間さんも発音に悩まされていたことを知り、少し勇気が出ました。その後、セブ島留学前にTOEICも受けたので、英語をやり直すことを勝間さんに背中を押された感じです。


高城さんのご著書は、「もう語学留学すべし」と心を決めてもらったのと同じくらいの影響がありました。この本の中で、セブ島、韓国勢の語学学校があることを知り、スパルタ式に心惹かれたものです。


セブ島に行こう!

で、いくらかかる?

最終的に私が決めたのは、「セブ島3週間」短期留学でした。往復航空チケット、3週間のホテル代(ひとり部屋、食事込)、授業は朝から晩まで1日8時間で、約30万円でした。


この30万円が高いか安いかというと、私的には「納得」の値段でした。これくらいするわなぁという納得です。 


ほかのセブ島留学とお値段を比較したい方
→社会人向けに特化したMeRISE留学
(面談無料)


30万円の内訳

  25,633円(現地支払: 光熱費、VISA関連)
286,514円(チケット、ホテル、レッスン)
312,147円

〈 25,633円(現地支払: 光熱費、VISA関連)〉
1,500PHP 空港から迎え(車送迎)3,000円
   450PHP 光熱費(1週間)900円
2,000PHP 寮補償金(返還あり)4,000円
3,730PHP Visa関連費用 7,460円
5,940PHP SSP取得費用 11,880円
2,890PHP I-card費用 5,780円
1,500PHP 空港まで送り(車送迎)3,000円
12,290 PHP(フィリピンペソ)
*1ペソ= 2円で換算


空港から迎えと送りが割とお高めですが、初めて訪れるしかも英語しか話せない状況下でどうやって寮までたどり着けるのでしょう?


その英語を習いにきたのです。


ひとりで行けたとしてもボッタクられるか、知らないところに連れていかれる可能性がありました。


帰りの送りも必須です。早朝の道路は、前日から呑んだくれた若者が酔っ払い運転をしています。帰りの車の中で運転手さんが教えてくれました。少し英語に自信がついたとしても無理です。


286,514円(チケット、ホテル、レッスン)〉

165,300円 3週間1人部屋8時間強化マンツーマンコース
  15,000円 入学金
  15,800円 傷害保険料
  49,400円 往復航空券
    1,890円 取り扱い手数料
  24,700円燃油・税金料
  14,424円消費税            
合計   286,514円

1週間といっても土日は休みですので、
5日間 55,100円(1週間実質日数)
1日間 11,020円(1日8時間)
1時間   1,377円


お、日本とあまり変わらない?


と思いきや、これは「3週間1人部屋8時間強化マンツーマンコース」ですので、寮(ホテル)代も含まれております。


寮(ホテル)代は、平日3食、日本人の舌に合わせた美味しい食事があります。まずいと思ったことはないです。コックさんは日本で修行されたことのある方でした。


なので、1日11,020円の半分は寮と食事代と考えて良いでしょう。1週間5日間の計算ですし…ちなみに食事は、お腹を壊さない安全な食事という意味です。かなり重要な点でしょう。


5,000円で8時間マンツーマンレッスンですので、
1時間あたりのレッスン料 625円となります。


レッスンは、先生がおられる各ブースを訪ねて行くスタイルです。それぞれの先生に個性があり、飽きることはありません。


父親と2人暮らし、
妹の大学費用を稼いでいる、
このレッスン場まで船で毎日通っている、
子どもを母親に預けて出稼ぎ、
など、フリートークも話題に飽きません。


「まず、ロックンロールと言ってみなさい」という先生もいらっしゃいましたね。 Rock 'n' roll「R」と「L」の発音を確認されたのです。私が発音強化をお願いしたからです。


格安SIMについて興味のあった私はもちろん、フィリピンの通信事情も伺いました。また、週末になると若者がアウトドアに出かける場面もあります。


それを見越してか、フィリピンではここに行ってはいけない!という場所も教えていただきました。アウトドア行かなかったけど…(笑)


モトを取るために!予習・復習!

30万円を無駄にしない努力

私の選んだ「1日8時間マンツーマンレッスンコース」。8時間学んだから、その後は何もしなくて良いかというと、当然、良いわけありません。

毎日出される宿題をひたすらこなし、その日の復習もする。そのために、寮に机があるのです。おかげで最期の評価では、ほとんどの先生方に「真面目な頑張り屋さん」と太鼓判を押していただきました。

頑張るだけ頑張る。自腹ですから当然です。ということで、私は学生さんも自腹で行くべきと考えます。それは甘えが効かないから。

自分で選んで自分で稼いで自分でモトを取る」これが基本です。


その寮はどんなの?

レッスン場と通りを挟んだところにあるのが寮です。徒歩2分で到着なので、昼食は寮に戻って食べるスタイル。迷うことはありません。


寮を入るとすぐに受付カウンターがあり、必ず1人は誰か居てくれます。お菓子も販売されているので、土日は重宝しました。


もちろん、土日の食事がお菓子だけでは足りません。食事のオーダーができます。すぐ作ってくれるし、いつものご飯なので安心して食べることができます。


寮の部屋

1人部屋には充分すぎるほどの広さがあります。緑色の壁が可愛い。私の部屋は角部屋で、お隣さんは片面だけ。


でも、壁が薄いのか「会話が筒抜け」です。2人部屋の方、充分お気をつけください。


シャワー室とトイレ、洗面所が同じ小部屋にあります。部屋の掃除は、3日に1回してくれます。広い押入れもあり、3週間の荷物とお菓子が充分入ります。


エアコン完備ですが、私の部屋は壊れて効かなくなりました…英語で伝えて、直してもらうというアドベンチャーを味わえました。

自分が困った時は、何とかしようという勇気(ほぼ捨て身)が湧いてくるのですね。


テレビは、なんと日本のNHKがばっちり受信できてました。とはいえ、NHKを見るなどもっての他。それは日本にいるのと同じになってしまいます。

そのため、私は、韓国ドラマの英語吹き替え版を見まくってました。韓国語と英語が同時に学べました。

余談ですが、日本でも韓国語ー英語ドラマパッケージを販売すべきと思います。英語のドラマだと内容に入り込めない私は、この韓国ドラマの英語吹き替えが相当気に入りましたよ。


韓国語であやふやなところを英語でフォローし、英語のわからないところを韓国語でフォローするという画期的学習法です。


という生活を3週間続けました。結果は…
その後の人生の人生の展開を考えると「大満足」しました。


<学んでいるのは本気の社会人だけ>
ほかのセブ島留学とお値段を比較したい方
→社会人向けに特化したMeRISE留学
(面談無料)


セブ島留学前の準備

TOEIC を受けておきましょう!

丸腰で行っても日本語の通じない先生の前でダンマリを決め込むだけです。また、留学前後で自分の英語力を測ることができます。少しでも「勉強してからセブ島に来た」という自信が助けてくれます。


とはいえ、お忙しい方、そんなに事前勉強したくない方におすすめの勉強方法をご紹介します。わずか週末4日間の勉強日数でOKです。
———————

【40代の英会話】確実にTOEIC500点以上取れるおすすめ参考書

————————



値段をお安く、留学気分で学ぶ

ただし、30万円超えという結構な金銭的投資が必要ですので、万人に受ける方法かどうかは個人の判断によりますね。


日本でも、セブ島の先生と英語の勉強ができるプログラムがあります。通常、Skype(スカイプ)を使ったサービスがほとんどです。 


ところが、Skypeですと電波が不安定な場合があります。



そこで、ネット回線と独自の通信ソフトを開発した「KiminiBB」さんは、月10,778円(税込)でネット回線と1日25分の英会話レッスンをつけたサービスを展開しております。




セブ島に行った私は、1日8時間 625円、30分39円ですが、寮費と食費と航空チケットを考えると同じくらいかそれ以上かかった可能性が高い。


ネット回線は、もちろん使い放題です。語学学習は、毎日、少しづつ続けることが大切です。そして、続けられる仕組みをつくることがもっと大切です。


さらに、KiminiBBさんではアプリを提供し、学習を続けられる仕組み作りを手助けされています。

Kiminiオンライン英会話 - レッスン受講用アプリ
Kiminiオンライン英会話 - レッスン受講用アプリ
開発元:Glats Inc.
無料
posted withアプリーチ



そして、今ならKimini BBならオンライン英会話が実質3ヶ月間無料! です。レッスン料が半分の5,000円とすると、約15,000円いきなりお得という訳です。


2020年、日本での英語教育の方法が変わります。私のような40代だけでなく、中学校、高校、大学受験を控えた学生の皆さんにもピッタリな学習方法と言えます。

【KiminiBB 対象地域】 東日本地域 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県(一部エリアを除く) 西日本地域 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、岐阜県、愛知県、静岡県(一部エリアを除く)


———————

【40代の英会話】確実にTOEIC500点以上取れるおすすめ参考書

————————
容量無制限“SAKURAWiFi”を契約してみた
セキュリティソフトはPCモバイルまとめて「カスペルスキー」にお任せ(インストール数が無制限で年4,717円は安い。月393円だよ。)


私が愛用しているソフト、Mac, AndroidもOK
2018年2月から愛用中!容量無制限!3日制限もナシ!