FullSizeRender
*2018年5月6日到着しました!連休なのに1日で来た〜感謝!

更新日: 2018年5月6日

海外でのネット通信もポケットwifiを猛烈プッシュしているマサキです。だって、事前に日本でレンタルしておけば、現地でスイッチオンするだけで日本にいるのと同じに使えるんですよ。これは楽!気にするのは充電だけのお手軽さ。


海外に週1回行く!という旅行好きかビジネスパーソン以外の私のような方は、ポケットwifi一択です。


<各国おすすめwifi>
*韓国

*中国
中国行くにもポケットWiFiを持って行く!Facebook, Twitter, SNSも日本と同じに使える「グローバルモバイル」で運用してます。1日980円で500MB。

*その他、各国のポケットwifi


ちなみに、
<現地で現金はなるべく少なく>

もちろん、日本でも月4,514円で無制限のポケットwifi「SAKURAWiFi 」を愛用中です。

容量無制限“SAKURAWiFi ”を契約してみた


とはいえ、これで安心している私ではありません。常により良いものを探しています。そこで昨日出会った「AIRSIM」。



*追記2018年5月6日: この ATLIKE 株式会社さん、最初は一般ユーザーだったのが、AIRSIMがあまりに便利すぎなので販売する側にまわったという感動的な話があってさらに好印象です。
AIRSIMをはじめよう

でもお高いんでしょう?


いいえ、なんと奥さま、
送料込みでたったの500円


当然、躊躇なく購入しました(笑)なぜ、即買いしたのか、値段以外の理由をお知らせします。

*2018年5月6日到着しました!連休なのに1日で来た〜感謝!茶封筒で届きました。
IMG_9072

SIMカードが入っていたカードケースをご覧ください!他のSIMカードを補完できます。これだけでも500円するよ。便利〜
IMG_9068

AIRSIMとは?

現地でたった3分でつながる!世界100ヶ国以上で使えるsimカードです。販売元は、信京電訊 SHINETOWN TELECOMさんです。

AIRSIM

ホームページ英語バージョン

Facebook


*ホームページは、中国語と英語のみです。英語バージョンがあるだけでも感謝。これを機に、英語を勉強したい方におすすめのTOEIC本はこちらから。私は4日でTOEIC 530点取れました。




使い方は?

いたって簡単、5ステップ。
——————
1. simフリースマホを用意
2. AIRSIM専用アプリ2つインストール
3. 購入したAIRSIMのsim情報をアプリに入力
4. 旅行先のパッケージを購入
5. 現地でsimカードをAIRSIMに交換、電源を入れて使用開始
——————

1. simフリースマホを用意

悲しいことですが、大手通信会社ドコモ、ソフトバンク、au等で契約しているiPhoneやアンドロイド系スマホは、このAIRSIMを使うことはできません。

SIMロックがかかっているからです。

逆に言えば、SIMロックのかかっていない大手通信会社ドコモ、ソフトバンク、au等のスマホは存在しません。


sim フリースマホを購入するしかありません。


もちろん有料でsimフリーにすることができますが、その通信会社で使えなくなります。


私は、Appleさんからsim free iPhoneを購入して使っています。通話は、ドコモのガラケー月989円で契約しています。


通話とデータ通信を分けているのです。


データ通信は、月4,514円で無制限3日制限なしのポケットwifi「SAKURAWiFi 」を愛用中です。

SAKURAWiFi は、月単位でお試し契約できますし、申し込み30日以内なら全額返金保障がありますよ。ソフトバンク回線で安心です。


という訳でSIMフリーのスマホを購入しましょう!


今なら1万円あれば充分良いものがあります。これを選ぶのもまたお楽しみです。現地で購入しても良いのですが、日本語で使えるかどうか確認しないといけませんし、ボッタクられる恐れありです。


私は、simフリーのスマホとして、iPhone以外に、Google「NEXUS5」, Freetel「Priori2」を持っています。いずれも興味本位で購入したスマホです。
*Freetelは楽天モバイルになりました


当時、NEXUS5は6万円、Priori2は1万円でした。どちらも販売元(GoogleとFreetel)から直接ネットで購入しました。Googleは海外からの輸入扱いらしく、英語の住所表記が必要だったのを覚えています。


今となっては何年も前の古いスマホになってしまいましたが、海外ではまだまだ出番があります。


私の持っているPriori2は、SIMカードを2つ同時にセットでき、アプリで使うSIMカードを選択できるという当時としては画期的なスマホでした。今もそう思ってます。


2. AIRSIM専用アプリ2つインストール

日本にいる間にインストールしておきます。まだSIMは交換しなくても大丈夫です。

<データ通信用アプリ>
AIRSIM ROAM
AIRSIM ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ

<通話用アプリ>
AIRTALK ROAM
AIRTALK ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ


3. 購入したAIRSIMのsim情報をアプリに入力


*注意*  
SIMカード情報(番号)は、お使いになる前日にアプリに入力してください。

番号を入力した日から1年間しか使えません!

——————
それに気づかず、今日入力した私がここに居ますよ…ずっと使えると思ってました。
——————


インストールした後、AIRSIMで購入した500円のsimカード情報(番号)を入力します。アプリを開いたらアプリから「番号入力せよ!」と表示されます。


simカード情報(番号)は、入力欄の右端にあるカメラマークをクリックし、バーコードにカメラを当てると自動入力されます。簡単〜


入力しないとパッケージ購入したり、電話したりできませんのでこれは必須です。


さらに日本で使っている携帯番号を入力します。日本の携帯番号は、+81(日本の国番号)に携帯電話番号を入力します。


携帯電話番号は、最初の「ゼロ」を抜いた番号を入力してください。ハイフンも不要です。

FullSizeRender


4. 旅行先のパッケージを購入


2018年5月5日現在、以下の料金設定です。
1日あたりの料金です

韓国 266円から(5日3GBパッケージ)
中国 405円から(無制限: 1-7日パッケージ)
台湾 148円から(1日500MB超えで減速256kb)

一番安いのは、タイ 131円から(1日500MB超えで減速256kb)
一番高いのは、UAE 591円から(パッケージによる)

ちなみに…
日本 266円から(1日500MB超えで減速256kb)
(1か月7,980円、普通づかいは難しいか)


<換算に便利なアプリ>

私愛用中↓課金しました。
Currency+ Lite
Currency+ Lite
開発元:James Spencer
無料
posted withアプリーチ

通貨換算
通貨換算
開発元:App Art Studio
posted withアプリーチ


実質、クレジットカード無しで使える!

購入には、クレジットカードを利用します。
が、Paypalが使えますので安心してください。


PayPal
PayPal
開発元:PayPal, Inc.
無料
posted withアプリーチ


しかも、Paypalはプリペイドカード「VANDLE CARD」を登録して使えますので、実質、クレジットカード無しで使えるSIMカードということになります。


スマホ仮想クレカ「Vandle card」を使ってみた


バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

すんごく便利なアプリの仮想プリペイドクレジットカードです。おすすめです。


さて、各国で使うためのパッケージ購入するためにはアプリにチャージする必要があります。

チャージ金額は、20ドル、40ドル、60ドルだけです。

FullSizeRender
*右から2番目「TopUp」をクリック。「Tou Up By Credit Card」をクリックするとこの画面になりますよ。


5. 現地でsimカードをAIRSIMに交換、電源を入れて使用開始

飛行機に乗るときは、スマホの電源を切ります。そのときに、AIRSIMのSIM交換ができますよね。到着を楽しみにする…


現地でスマホの電源を入れます。データローミングをオン」にします。自動的にAPN設定がおこなわれます。便利。


自動的にAPN設定してくれない国もあります。
このページで「Auto」なら大丈夫です。

APN and Carrier List

<手動設定が必要な国>
インドネシア
ベトナム
ヨーロッパ
ボスニア
南アメリカ
アフリカ

APN設定の場所は、スマホによって異なります。事前に確認しておきましょう。


Autoなのに、APN設定ができないときは、スマホを再起動、次にフライトモードをオンオフを繰り返してください。


現地での利用が終わったり、他のSIMカードに交換したときは、「データローミング設定を必ずオフ」にしてください。


通話したいとき

<通話用アプリ>
AIRTALK ROAM
AIRTALK ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ

AIRSIMデータアプリにSIMカード情報(番号)を入力した後にこのアプリを開くと、このアプリにも自動的SIMカード情報が入力されています。

FullSizeRender

AIRSIMデータに入力していれば、日本の携帯電話番号も自動的に入力されています。このアプリを使って通話するためには「認証」が必要です。


電話番号を確認する(verify)と、SMSが入力した携帯に送られます。その4桁の番号を入力しましょう。

FullSizeRender


今後も基本ポケットwifiを日本でレンタルして行くつもりですが、AIRSIMの活躍によっては変更の可能性ありです。

 

<関連リンク>
—————
ホームページ英語バージョン
—————
【ポケットwifi】私の愛用する「グローバルモバイル」
—————
【40代の旅行】おすすめ海外プリペイドカード「MoneyT Global」by JTB →私、利用中!
—————
容量無制限“SAKURAWiFi ”を契約してみた
—————