FullSizeRender
台湾でおすすめ海外simはこちらから

更新日:2018年5月5日

海外でもいつもどおり通信したい

海外へ行くとき、必ず用意しなければならないもの「パスポート」「クレジットカード」そして「スマホ」ではないでしょうか?


パスポートは「期限を必ず確認すること」「当日持って行くのを忘れないこと」。気をつけるのはこれだけです。 


クレジットカードは「海外専用クレジットカード」を用意し、事前に使う分だけ日本で入金しておく。これでOKです。


クレジットカードのデメリットとして、海外でのスキミング被害を聞いたことがあると思います。事前に防いでおきます。


<関連リンク>
—————
【40代の旅行】おすすめ海外プリペイドカード「MoneyT Global」by JTB →私、利用中!
—————


スマホは現在の命綱


スマホは現在の命綱です。その「通信手段」だけは確保しなければなりません。


私が一押ししているのは、日本からポケットwifiルーターをレンタルして行くことです。現地でスイッチ入れてパスワードを入力すればすぐ使えます。設定といえばこれくらいです。


日本で使っているスマホをそのまま現地で使えます。
飛行機でスマホの電源を切る前に「フライトモード」に必ず設定しておいてください。


wifiルーターの名前とパスワードは、ルーターの裏面にシールが貼ってあるか、ルーターが表示してくれます。データは無制限に利用できるものが一番良いです。

<関連リンク>
—————
【ポケットwifi】私の愛用する「グローバルモバイル」
—————

また、ポケットwifiなら最大10名(機器数)通信可能です。友達のピンチもお助けできます。


もっとお安く海外で通信する手段


とはいえ、ポケットwifiよりもお安く使える手段として、海外の現地でsimカードを購入する方法があります。たいていは、プリペイド式です。データ量の料金を購入し、チャージして使うという流れになります。


私は、実際にフィリピンと台湾で現地にてsimカードを定額購入し、チャージして利用しました。中国のときは、日本で事前にデータ料金がチャージされた現地のsimカードを購入して使いました。


プリペイドでチャージする場合、データ通信のみ、データ通信と通話、通話のみと用途によって使い分けすることができます。最近は、LINEを代表とするSNSでも通話できます。


そのため、データ通信だけでも役立ちますが、万が一のことを考えて数十分の通話ができるようにしておくべきです。


海外でプリペイドsimカードを使うために

前提条件として、現地で使用するスマホが「SIM free(シムフリー)」である必要があります。大手通信会社(ドコモ、ソフトバンク、au等)で契約しているスマホは、その会社の通信網でしか使えない仕様にしてあります。


そのため、海外で使用するためには「SIM ロック」を解除することが必要です。ただし、「SIM ロック」を解除すると、当然、契約している大手通信会社
(ドコモ、ソフトバンク、au等)では使えなくなります。また、解除するのは有料(たいてい3,000円)です。


つまり、今使っているスマホを持って海外に行き、現地でsimを購入し、プリペイドチャージしたところで使えないということになります。
「SIM ロック」がかかっているからです。


「iPhoneだから」と海外でそのまま使えませんのでご注意ください。ドコモで購入したiPhoneは、ドコモのSIMロックがかかっています。


海外で使用するために、simカードのサイズを気にするのはその次の話です。


海外で使うスマホを用意する


ならばどうするかというと、素直に最初から「SIM free」スマホ(シムフリースマホ)を用意するのが一番簡単です。最近は、1−2万円も出せば、現地で使うだけなら充分のスマホが購入できます。


私は、simフリーのスマホとして、iPhone以外に、Google「NEXUS5」, Freetel「Priori2」を持っています。いずれも興味本位で購入したスマホです。
*Freetelは楽天モバイルになりました


当時、NEXUS5は6万円、Priori2は1万円でした。どちらも販売元(GoogleとFreetel)から直接ネットで購入しました。Googleは海外からの輸入扱いらしく、英語の住所表記が必要だったのを覚えています。


今となっては何年も前の古いスマホになってしまいましたが、海外ではまだまだ出番があります。


私は、SIMフリーのiPhoneをAppleで直接購入し、日本と海外でポケットwifiルーターをレンタルして使っています。通話は、ドコモのガラケーです。通話とSMSのみの契約で月989円です。

<関連リンク>月4,514円(税・保険料込)1ヶ月だけの契約も可能で、30日以内の解除で返金保証もあります。
—————
容量無制限“SAKURAWiFi ”を契約してみた

もちろん、現地でスマホや携帯を購入して使うこともできます。しかし、そのスマホや携帯は日本では使うことができません。今お使いのスマホの裏をご覧ください。いわゆる「技適マーク」が付いています。


日本で通信する際は、この「技適マーク」が付いている必要があります。ただ、海外専用スマホとしてお家に保管しておくのは有りです。


今回の記事では、海外でsimを購入する前に確認すべきことをお知らせしました。

海外で使うSIMフリースマホを用意する




<関連リンク>
—————
【40代の旅行】おすすめ海外プリペイドカード「MoneyT Global」by JTB →私、利用中!
—————
【ポケットwifi】私の愛用する「グローバルモバイル」
—————
容量無制限“SAKURAWiFi ”を契約してみた