*「海外Chatsim」がAmazonで販売中止になりました!とても残念です。

→本家chatsimなら望みあり
*日本へ発送してくれます
    送料込 3,640円、年3,000円
    到着まで10-20日かかる模様。

1ヶ月100円でテキストアプリ使い放題!


海外chatsim?何それ?

何がどこまで使えるの?

結局、お得なの?

更新日:  2018年11月25日

<結論>1ヶ月100円で、
LINE
Facebook Messenger
What’s up
WeChat
Viber
SMS(受信のみ可)
通話(受信のみ可)

が使い放題できるSIMカード「海外ChatSim」


しかも年齢確認、身分証不要!

新しい電話番号がもらえます。


注文する(Amazon)

*販売中止中!


FullSizeRender


SIMカードとは?

sim(SIM)カードは、電話ができるスマホに必ず入っているカードです。


そのカードには、電話番号が登録されており、他人がその電話番号へかけると必ず受け取れるようになっています。


そのため、SIMカードが入ってないスマホでは電話できません。


電話を使わなくても、wifiなしでデータ通信するときにもSIMカードが必要です。データの受けの部分です。


つまりSIMカードは、電話とデータ通信の受けができるカードということです。



SIMロックとは?

ドコモやauなどの大手通信会社で販売されたスマホは、それぞれの通信会社指定のSIMカードが入っています。


そして、スマホ本体がその通信会社のSIMカードしか使えない仕様「SIMロック」が掛かっています。


つまり、iPhoneだからと言って、海外のSIMカードが使えるわけではありません。ドコモのiPhoneならドコモのSIMロックがかかっています。


「SIMロック」を外すには、わざわざ通信会社店舗へ出向き、「SIMロック解除」をしてもらわなければなりません。ロック解除には、3,000円程度かかります。



私の場合(SIMフリーiPhone)

私は、SIMフリーiPhoneをアップルから直接購入しました。電話は、ドコモのガラケーです。国内では、iPhoneはデータ通信専用です。


月4,514円で使い放題無制限のポケットwifiを使っています。

3日制限もなしのポケットwifiを確認する



海外で大活躍!SIMフリースマホ

このSIMフリーiPhone、海外では大活躍します。現地のSIMカードを購入して、利用することができるのです。それもお安く。


海外でSIMカードをお安く利用する方法を知る


世界100ヶ国で使える「AIRSIM」



逆に日本でもその仕組みを利用することができます。それが「海外ChatSIM」です。



「海外ChatSIM」とは?


販売会社: 株式会社アイツー(SIM取り扱い)


東京に本社のあるゲーム・動画・通販・トラベルSIMを手がける会社です。


決済会社: 株式会社SPIKE(チャージ)

→Paypalでチャージできるようになりました


東京に本社のある株式会社メタップスのグループ会社です。


決済方法: クレジットカード



1ヶ月100円で、


LINE
Facebook Messenger
What’s up
WeChat
Viber
SMS(受信のみ可)
通話(受信のみ可)


がテキストメッセージに限り、使い放題できるSIMカードです。これだけ使えれば世界にも安心して行くことができます。安い!安すぎる!


しかも年齢確認、身分証不要!

新しい電話番号がもらえます。


つまり、LINE・What’s up・WeChat・Viberで今お使いのアカウントとは別の新しいアカウントが作成できます。



「海外ChatSIM」使うまでにかかる実際のお値段

初期費用


SIM本体購入 1,296円 →注文する(Amazon)


初期チャージ 2,400円 →チャージする


——————————

合  計  3,696円



<初期チャージ 2,400円(20ドル)内訳>

   1 年     12ドル(使い放題)

あまり     8ドル


*10ドルずつしかチャージできないのが解せない!なぜ?


<8ドルの使い道>

1. 次年度のチャージ用

2. SMS発信(0.1ドルから/通)国により異なる

3. 電話発信(0.49ドルから/分)国により異なる

4. データ通信(5ドル: 50MB/24時間)



「SIM360」と同じじゃね?

実は私、去年、似たようなSIMカードを購入して使っていました。


SIM360」です。



SIM360も1ヶ月100円でテキストメッセージ使い放題でしたが、今年に入り、ホームページにアクセスできなくなりました…。


チャージできないので、結局、使えなくなりました。


そんな私に「渡りに船」だったのが、「海外ChatSim」でした。開けてビックリ!


「SIM360」と同じエストニアのSIMカードでした。カードの色もグレーの文字も見たことありすぎて泣ける。


つまり、「SIM360」「海外ChatSim」本家「ChatSim」も同じエストニア発行のSIMカードを使い、パッケージだけ変えて販売されていたということです。


エストニアは、ビットコインをはじめとするブロックチェーンを政府が積極的に利用していることで知られています。


ビットコイン関連でしか印象なかったので、さすがに驚きました。


「海外から取り寄せたのは何だったのか?」

「日本のAmazonで買えるやないかい!」

と言いたくなりますが、良い経験だったとします。



使いはじめるまでにやること



2. 電源を切る

3. SIMカードを交換する(向きに注意)

4. 初期チャージ 2,400円 →チャージする

5. 電源を入れ、データローミングをオンにする

iPhoneの場合: 

設定ーモバイル通信ー通信のオプション「ローミングオン」


5. 発信 *146*941#

少し待つと、SMSが英語で届きます。

IMG_9169

TeavelChatサービスに接続しました。今日から1年間使えるよ!


6. チャージ残量確認→発信 099

IMG_9199

モザイク部分が電話番号。
372からはじまる数字です。


電話をかけてもらうとき

・スマホから

372ではじまる自分の電話番号の最初に「+」をつけてかけてもらう

+372.....


・固定電話から

372ではじまる自分の電話番号の最初に「010」をつけてかけてもらう

010-372-...


いずれも国際電話扱いになります。エストニアの電話番号なので。


チャージする


以下のサイトからクレジットカードで購入

http://travelsim.2-d.jp/shop/


*決済はSPIKEから

→Paypalでチャージできるようになりました!



初期費用4,000円弱で、1年使い放題はやっぱり良いですよね〜!



海外ChatSimのメリット・デメリット


メリット: 月100円でLINE使い放題


・月100円でテキストアプリ使い放題できる

・ほぼ海外を網羅しているので、保険として持っておける


デメリット: 国際電話になる


・電話、データ通信は割高



類似のサービス

本家「ChatSim」


絵文字込みだと年3,000円

チャージで合計3,600円かかる


このChatSimは、ホームページでの販売850円でとてもお安くなっていますが、今は買えません。



使い方が「海外ChatSim」にリンクされていました。おそらく「海外ChatSim」の前身ですね。


チャージは、マルチメディアクレジットというコイン的な何がを買う必要があります。


2,000クレジット(1,400円)…

ちょっとややこしいですね。


これと比べると現在の「海外ChatSim」はとても使いやすくなりました。



ここが気になる「海外ChatSim」


・HPが非常に分かりにくい

安い方を購入できない→実質Amazonのみ

・本家「ChatSim」と同じかどうか分かりにくい(使い方のリンク先が「海外ChatSim」なので理解できた)

・決済がSPIKEのみ(なぜペイパルできない?)

→ペイパルでできるようになりました!



「海外ChatSim」使ってみよう

「海外ChatSim」は、

・SIMフリースマホを持ってる人

・海外行く人

・節約したい人

・通信網を気にしたくない人

におすすめのSIMカードです。


私も使い始めたばかりですが、とても気に入っています。


SIMフリースマホを買う

海外ChatSimを買う(Amazon)



<関連ページ>


1ヶ月100円!なのに世界中でテキストアプリ使い放題!「Sim360」を契約してみた