カテゴリ: 仮想通貨

BraveのBATトークンをBraveに送った

FullSizeRender

ブラウザ「Brave」

セキュリティ+ブロックチェーン

iOSでもチップが送れるようになった?



<結論>
広告を見るだけで勝手に貯まる「BAT」トークン。
チップとして送れる。

<BraveのBATコインをもらい投げ銭する方法>
1. Braveアプリをインストール
2. Rewardポイントを有効にする
3. 右上の三角をタップ
4.「受け取る」タップ
5. 同じ画面のまま「チップを送る」タップ
6. ラッキーデーの表示が出るので「OK」タップ
7. チップする金額をタップ
8. 一番下「チップを送る」タップ
9. チップ完了

更新日:2019年11月15日

ビットコインは、2018年に天井をつけて(1BTC=230万円)下火になったと思っていませんか?ビットコインは、ブロックチェーン技術を裏付ける象徴であることを忘れていませんか?

ビットコインのためのブロックチェーンではなく、
ブロックチェーン技術のためのビットコインということです。

ブロックチェーン元年である2019年(加納裕三 @YuzoKano)、世界では着々とブロックチェーン技術を使った新たな開発が夢物語でなく実際におこなわれています。


日本では、ブロックチェーンが持つ秘匿性やデータの書き換えが行われないなどの領収書的な側面から、保険業界や銀行のシステム開発との連携が目立っています。

ブロックチェーンが変える貿易業務の未来
東京海上日動が保険証券をブロックチェーンで共有する実証実験を開始(東洋経済)2017/03/01
https://toyokeizai.net/articles/-/158023
決済処理の実現性確認 日銀・ECB、ブロックチェーンで実証実験(日本経済新聞)2017/9/6
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF06H1A_W7A900C1EE8000/
なぜ日銀がDLTに大きな関心を持っているかというと、日銀は、日銀ネット(正式名:日本銀行金融ネットワークシステム)という

日本の金融システムを支える金融機関向けの決済インフラの運営者であり、日本の決済インフラの一番ボトムに位置して、

日本のすべての決済を直接・間接に支えていますが、日銀ネットが時代遅れになると、

それを利用する金融サービスの提供機関にも影響を与えてしまうためです。

ブロックチェーンがもたらす次の破壊と創造(日経BizGate)2018/7/30
https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO3269838006072018000000/
今回の実験では、ブロックチェーン技術を用いて、顧客の本人確認手続き(KYC)を金融機関共同で実施するシステムの構築を検討。

参加金融機関等
株式会社みずほフィナンシャルグループ
株式会社三井住友フィナンシャルグループ
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
デロイト トーマツ グループ
SMBC日興証券株式会社
大和証券株式会社
株式会社千葉銀行
野村證券株式会社
株式会社福岡銀行
みずほ証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

本実証実験におけるブロックチェーン技術を活用した本人確認方法は、今回要件として定義したレベルの本人確認に対して、

技術的には十分に運用可能であることが確認された。

金融庁がブロックチェーン実験結果を公表、金融機関の顧客KYC情報を共有(CoinPost)2019/10/8
https://coinpost.jp/?p=111189
バリデータはXRPの分散型台帳のネットワーク承認者のこと

今回の発表が行われたのは、リップル社が13日に実施した京都大学でセミナー「Rippleのブロックチェーン技術と国際送金革命(Ripple’s Blockchain Technology and Global Payments Transformation)」だ。

京都大学、仮想通貨XRP台帳のバリデータを立ち上げ 日本の大学初の事例に(CoinPost)2019/11/13
https://coinpost.jp/?p=117530

こんなにも国内で盛り上がっているのに、一般生活者たる私たちの心になかなか響かないのはなぜでしょうか?

仮想通貨を購入して使ってみようという人が身の回りにいないのはなぜでしょうか?

まだ去年の「1BTC=230万円」からの急落の印象が強すぎて「うさんくさいもの」「手を出してはいけないもの」と思われているのでしょうか?

しかし、上の例だけでもブロックチェーンが書き換えることのできない台帳としての機能が日本の銀行に目に留まっており、

その機能を利用した「国際送金」を「革命」としてとらえているのが京都大学という事実があります。


Libra(リブラ)Facebook

「国際送金」を簡素化するための手段として一時期、Facebookの「Libra(リブラ)」が話題となりました。

マーク・ザッカーバーグがFacebooのプライバシー問題に関して、アメリカ議会に呼びつけられた記憶は新しいですね。

情報の不正流出にからみ米議会で証言する見通し

個人情報の取得や管理のあり方などについて説明するもよう

ザッカーバーグ氏、米議会で証言か 4月第2週にも(日本経済新聞)2018/3/28
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28672190Y8A320C1000000/

世界中でFacebooを利用している24億人が、国境を越えて「Libra」という仮想通貨を使うようになったらどうなるでしょう。

【最新版Excelデータ配布中】5大SNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE)Insta Lab(2019年11月6日)
https://find-model.jp/insta-lab/sns-users/

「24億人」は、日本の人口(1億2600万人)からみるととてつもない数です。

人口推計(令和元年(2019年)5月確定値,令和元年(2019年)10月概算値) (2019年10月21日公表)総務省統計局
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

Libra(リブラ)が世界中の24億人に使われるようになると、海外旅行に行くのに、いちいち両替しなくても済みます。

さらに、現地での支払いは自分のスマホでできるようになります。

実は、これを最初に目指したのが「ビットコイン」です。ビットコインが誕生し、国際送金の代わりになれば、手数料は1円以下で済むなどと盛り上がったものです。

ところが、現在、国際送金どころか、 何度か兆しが出ては立ち消えしているスタバでも使えない状態です。

2014年からカリフォルニア州など一部の支店でビットコインでの支払いに対応していたスターバックス

米国スタバ、ビットコイン支払いで20%オフキャンペーン(ZUU Online)2015/12/21
https://zuuonline.com/archives/92073

アメリカのスタバでは、2014年からすでにビットコイン支払いできていたことを考えると、5年経ってもできていない日本は、10年経ってもできなさそうです。  

ビットコインの怪しい面だけが異常にクローズアップされた上、ビットコインを管理する「ウォレット」の管理が難しいことが問題のひとつでした。

そうなりますと、仮想通貨が一般流通するためのポイントは「いかに身近に使う手段として役立つか」と「使う手段の簡素化」にかかっているように思えます。


MONA(モナコイン)の投げ銭

ビットコインが盛り上がった2010年以降、日本国産の仮想通貨「MONA(モナ)」による「投げ銭」が話題となりました。

取引所でMONAを購入し、Twitter上でMONAを投げ銭できたりした時代があるのです。

しかも、投げ銭する金額は「1円以下」でもできました。かなり気楽な投げ銭です。「ありがとう」や「おもろいね」の代わりに投げ銭が飛び交う愉快な時間を過ごさせていただきました。

私自身、今でもビットコインの他に、MONAとNEMは持っていますし、ビットコインによる投げ銭もしたことがあります。

本当に気軽にできるのです。

しかも、投げ銭した証拠はブロックチェーン上に記録されています。たった100円でもです。

投げ銭のお返しに「独自のコイン」を発行して、それを返してもらうこともありました。

FullSizeRender
FullSizeRender
*コイン数は隠してみたが、あんまり意味ないか

それに刺激され、私も「CAREXコイン」を発行したり・・まだ誰にも配布したことはありませんが、いつでも準備はできている状態です(笑)写真の一番上のやつです。

ちなみに上限、2,000CAREX。世界のスゲの種数です。

つまり、いったんビットコインなり仮想通貨を購入して、自分のスマホに入れてしまえば、アプリから送金するのはたやすいことなのです。

「投げ銭」自体の考え方も素敵ですし、何しろ面白い。

とこのように、自分の生活の中に溶け込み、面白いと興味を持たせるような仕組みがあれば「仮想通貨」も今よりも流通すること間違いなしです。

ブロックチェーン界の発展を願い、技術の難しい面を知ることも大切ですが、一般生活者なら最初の一歩である「仮想通貨の購入」「使い道」がかなりのイージーモードでないとまず無理です。

なんせ「キャッシュレス」でこれだけ苦労しているのです。

キャッシュレスについて、私個人の意見として、まず「Suica」の流通を広めることが第一段階だったと思います。

Suica
Suica
開発元:East Japan Railway Company
無料
posted withアプリーチ
*モバイルSuicaがこんなに便利なものとは、私も使うまで分かりませんでした。

カードに入金してキャッシュレスに慣れてきたら、スマホアプリ「Suica」をインストールして電車やバスの支払いもスマホでできる第二段階。

と、道順を示しておけば、今よりももっとスムーズにキャッシュレス化できたように思います。

今までも「Suica」はあった!と言われるかもしれませんが、使ってなかった人にとって見れば「無いもの」と同じですから。

まずは、Suicaでキャッシュレス。
なれたら、アプリでキャッシュレス。

このくらいの気軽さで呼び込まないと選択肢が多すぎて、今後もキャッシュレス化の道は遠いです。

一方、仮想通貨にしても取引所にアカウント開設して入金、仮想通貨購入からのウォレットアプリインスト、取引所から送金するまでが一苦労です。

ところが、この最初の壁「仮想通貨の購入」を購入せずに、広告を見るだけで「仮想通貨BAT」がもらえるのが「インターネットブラウザ Brave」です。

Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索
Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索
開発元:Brave Software
無料
posted withアプリーチ


Braveによる投げ銭

インターネットブラウザとは、ネットをみるための枠組みです。Safari、Chrome、Internet Exploreのことです。

このブラウザもピンキリあり、なかなか選ぶのが難しいと思います。

iPhoneの場合、Safariが標準装備なのですが、私は目的別にブラウザを変えて使っているのです。

「これをチェックするときは、このブラウザ」と決まっているということです。

私が現在使っているブラウザは、Safari、Puffin(600円)、DuckDuckGo、そして「Brave(ブレイブ)」です。

<私のブラウザ>iPhone
Safari
Puffin
DuckDuckGo
Brave

Safariは標準だから使っているだけで、それ以外のブラウザは「セキュリティ」を意識して選んだものです。

とはいえ、Safariも丸腰で使っているわけではなく、Safari専用のセキュリティアプリを購入して装備しています。

<Safariの装備アプリ>全部有料!
280blocker(基本)
280blocker : コンテンツブロッカー280
280blocker : コンテンツブロッカー280
開発元:Yoko Yamamoto
¥250
posted withアプリーチ

Better
Better Blocker
Better Blocker
開発元:Ind.ie
¥150
posted withアプリーチ
AdGuard Pro
AdGuard Pro ー 本格的な広告ブロック
AdGuard Pro ー 本格的な広告ブロック
開発元:Performix
¥370
posted withアプリーチ

「DuckDuckGo」は、個人が検索した結果を残さない、つまり「追跡しない」ことを掲げるブラウザです。

個人情報と検索結果の組み合わせは、広告会社のお金の元です。

DuckDuckGo(アプリでなくても使えます)
https://duckduckgo.com/

Twitterも頻繁に更新されています。
 
「Brave(ブレイブ)」も「DuckDuckGo」と同じく、広告のための検索結果の追跡ロボ(トラッカー)からの逃げ切りをはじめとし、出てくる広告自体も自動的にブロックしてくれます。  

Brave(ブレイブ)  

<Shields>Braveの機能
広告ブロック
フィンガープリント回避
クッキーの制御
HTTPSアップグレード
スクリプトの実行をブロック
サイト毎に設定
全サイト共通で設定
*これだけでも「有料」レベル。さすがIPO成功で資金があるだけはあります。

セキュリティだけでも、かなりの機能を持つBraveですが、他のセキュリティブラウザにはない魅力がiPhoneでも使えるようになりました。

お気に入りのTwitterクリエイターにBraveでチップを送りましょう

Tipping with Brave(Brave)9月 9, 2019
https://brave.com/ja/tip-with-brave/お気に入りのTwitterクリエイターにBraveでチップを送りましょう

ブラウザからチップが送れるようになったのです。チップを送るのは、2017年からできていたのですが、iPhoneアプリからはできていませんでした。

ブロックチェーン活用のブラウザ「Brave」、ユーザーがサイトにチップする機能を提供(TechCrunch)2017年12月08日
https://jp.techcrunch.com/2017/12/08/brave-makes-push-to-reward-content-makers/

チップの送り先は、Twitter、Youtube、ブログ(有料版)、Twichと今後も領域が拡大しそうな勢いです。

チップの単位は「BAT(Basic Attention Token)」です。

「なんだビットコインじゃないのか」と悲しむ必要はありません。すでにお金と交換できる価値を持っているからです。

バット/Basic Attention Token (BAT) CoinGecko
https://www.coingecko.com/ja/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88

2019年11月15日の段階で「1BAT=0.246992ドル(27円)」です。金額よりも、ドル通貨と交換できる価値があることに意味があります。

だれも買ってくれなければ「0円」です。仮想の通貨ですから。それなのに、すでに27円もの価値があるのです。

今を時めく「バイナンス(中国)」の「BNB(バイナンスコイン)」ですら、2年前のデビューで「1BNB=0.1ドル(11円)」でした。

2019年11月15日の段階で「1BNB=20.87ドル(2,266円)」。
2年で200倍になりました。

そんなこれから価値を伸ばすかもしれない可能性のある「BATコイン」。なんと今なら「20BAT(540円分)」が無料でもらえます。

やり方は簡単。

Braveアプリをスマホにインストールして、Rewardキャンペーンに登録するだけです。

Rewardという単語は「スタバ」でも使われていますが、簡単に言えば「ポイント」です。

「Braveを使うとBATポイントが20ポイントもらえる」と読み替えてください。

Rewardキャンペーンに登録すると、広告を見ることでBATコインがもらえることが説明されます。

この広告は、個人情報を基にした広告では無いことを明記しています。

私たちは、広告を見るだけでBATコインがもらえて、気に入った人にチップとしてBATコインが「投げ銭」できるわけです。

簡単すぎる。

私は、朝の5分で、BATコインをゲットして、Braveに投げ銭できました。すべてBraveアプリ内での出来事です。

ただ、残念なのが「BATコイン」が日本の仮想通貨取引所で購入できないことです。

取り扱いのある海外の取引所に仮想通貨を送金しないと買えません。もしくは、出てきた広告をせっせとみることですね。

ただ「仮想通貨を手に入れて、それを投げ銭できた」という経験は、なかなかできないことですし、仮想通貨に対するハードルが下がることは確かです。

ご興味のある方は、是非、お試しください!自分の中で新しいインターフェイスが開くこと間違いなしです。

「人生における新しいインターフェイス」の重要性はこちらの本で学びました。


私は今後、Twitterに実装して投げ銭がもらえるよう設定してみるつもりです。ブログは、無料ブログ(livedoorブログ)なので登録できないみたいです。


BraveのBATコインをもらい投げ銭する方法

1. Braveアプリをインストール
2. Rewardポイントを有効にする
3. 右上の三角をタップ
4.「受け取る」タップ
5. 同じ画面のまま「チップを送る」タップ
6. ラッキーデーの表示が出るので「OK」タップ
7. チップする金額をタップ
8. 一番下「チップを送る」タップ
9. チップ完了

1. Braveアプリをインストール
Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索
Brave: 高速で安全なプライバシー保護ブラウザ&検索
開発元:Brave Software
無料
posted withアプリーチ

IMG_7176
朝7:05

2. Rewardポイントを有効にする
IMG_7177

IMG_7178

IMG_7179

IMG_7180
朝7:08

3. 右上の三角をタップ
IMG_7181
朝7:09

4.「受け取る」タップ
IMG_7182

6. ラッキーデーの表示が出るので「OK」タップ
IMG_7183
朝7:10

5. 同じ画面のまま「チップを送る」タップ
7. チップする金額をタップ
8. 一番下「チップを送る」タップ
IMG_7184

9. チップ完了
IMG_7185

IMG_7186
朝7:11(開始から6分後で完了)


お疲れさまでした!


<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

Gincoから送金チップしました

FullSizeRender

niwatakoさんブロックチェーン講演会の内容アップ

ありがてぇありがてぇ

チップ送ろう


<結論>
Ginco(ギンコ)アプリは、
仮想通貨が買えなくて不便と思いましたが、
純国産「仮想通貨専用の銀行通帳」と思えば大変便利。

<Gincoから仮想通貨を送る方法>
1. 送る仮想通貨を選ぶ
2.「送金する」タップ
3.「テキストを入力」タップ
4. 送金先のアドレスをコピー
5.「アドレスの貼り付け」タップ
6. 送り先を確認して「次へ」タップ
7.「手数料の変更」タップ
8. 安くすると遅くなる程度を選ぶ
9.「JPY」をタップし、金額を入力
10.「Touch ID」タップ

更新日:2019年11月18日

行きたいけど東京開催な上、月曜日はバイトがあるので参加できなかった「BlockChainJam 2019」。

その様子をniwatakoさんがブログで全公開!ありがたすぎてGincoアプリから仮想通貨を送った話です。

niwatakoのはてなブログ
http://niwatako.hatenablog.jp/
*全講演を2019年11月17日の当日にアップされています。凄すぎる!
BlockChainJam 2019 
https://blockchainjam.org/
 

仮想通貨といえばビットコイン?

仮想通貨と言えば「ビットコイン」が有名ですが、仮想通貨でなくて「暗号通貨」と呼べとかややこしい昨今です。

本来なら「ブロックチェーン技術」を表現するための「ビットコイン」だったものが、ビットコインの価格だけが注目を浴びすぎてしまいました。

それも仕方ありません。最高「1BTC=230万円」です。

あれよあれよと価格は暴落して一般の方々の興味が薄れてしまったときの価格が「1BTC=40万円以下」となり、最近やっと勢いを戻しつつある「1BTC=100万円付近」です(2019年11月18日現在)。

ビットコイン/円 (BTC) 相場・リアルタイム価格情報(みんなの仮想通貨)
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY
*月足でご覧ください

「ビットコイン/円」月足チャートを見ますと、2019年11月18日現在は調整中と言ったところです。

株で良く見られますが、価格の上昇は一方向で伸びていくのではなく、上がっては下がりを繰り返し、下がったときの価格が徐々に切りあがっていきます。

この「調整」と「下値の切りあがり」を知らなかったがために、個別株投資元年の私はすっかり損したものです。一本調子で上がると信じ切っていましたので・・

現在がビットコインの価格調整時期としますと、これから価格は上昇する雰囲気が満ちている様子が分かります。

そこで私が始めたのが手動の「ビットコイン積立」です。

楽天経済圏の民である私なのにすっかり忘れていた「楽天ウォレット」の存在を思い出し、楽天銀行との連携でらくらく口座開設して毎日積立をしております。

*こんなことを考えていた時期もありました

毎日積立する金額は、「1日170円」。月あたり5,100円の積み立てです。

月5,000円ならば、1回飲み会を断れば捻出できる話であり、そもそも飲み会に誘われることもない私ならバイトを頑張れば良いことです。

と、すっかりビットコインの価格と今後の展望が気になる所ではありますが、そのビットコインを支えているのが「ブロックチェーン」技術です。

ブロックチェーン技術は、データの塊を「ブロック」と表現し、ブロックごとの鍵として複雑な計算結果でまとめ、それをつなげていったものです。

やろうと思えばできるが一応は「書き換えできない」ことが前提となっておりますので「トレーサビリティ(食品等の生産から流通)」の言葉とともに話題となりました。

最近は、特に銀行がこの技術と連携に至る発表が出てきており、ブロックチェーン技術が使えるかのテスト結果が良好だったことが分かります。

ビットコインの価格にしか目が向けられていなかったものが、私たちの身近な銀行というシステムに組み込まれていく様子が目の前で起こっているということです。

ブロックチェーンは銀行を殺すのだろうか!?(Coin Choice)2018年3月6日
https://coinchoice.net/block-chain-kill-a-bank/

こんな盛り上がりがあるのに、ブロックチェーンを体現する「ビットコイン」の価格が上がらないわけありません。

それで手動の「ビットコイン積立」を再開したわけです。

もともとZaif「コイン積立」を利用していたのですが、流出騒ぎで中止され、再開の目処は今のところたっていません。

Zaifのコイン積立とは?(Zaif)
https://zaif.jp/doc_reserve


仮想通貨を身近にものとしてとらえてみる

これだけ「ブロックチェーン技術」が発展し続けているというのに、ビットコインで支払った話はなかなか身近で聞くことはありません。

仮想通貨はビットコインだけではありませんし、純日本産「MONA(モナ)」コインによるTwitter上の「投げ銭合戦」は、まだ私の記憶に残っています。

そこで今回「まず隗より始めよ」ということで、手持ちの仮想通貨をお礼としてお送りすることにしました。

そのきっかけはniwatakoさんの寄付ページに見慣れた「Ginco(ギンコ)」の画像が貼ってあったからです。

寄付窓口のご案内(niwatakoのはてなブログ)
http://niwatako.hatenablog.jp/tip
FullSizeRender


思い切り「投げ銭」と書いてあります。受け付けている仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)の3つでした。

「Ginco(ギンコ)」は、仮想通貨を保管するだけの仮想通貨銀行です。保管するだけという意味は、仮想通貨を買ったり、取引できないということです。

Ginco(ギンコ)
https://ginco.io
Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco - 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

私も「保管するだけ」って、他の仮想通貨ウォレットより機能が少なすぎて、使うときあるの?と疑問に思っていました。

しかし、改めて「仮想通貨銀行」として「Ginco」を見てみますと、「保管」に特化しているので、むしろ安心なのでは?と思い始めたのです。

お客様の仮想通貨を、取引所やウォレット提供企業のサーバーに依存せず、自分で管理できるのが大きな特徴です。

秘密鍵をお客様の端末内で生成しており、Ginco社への送信を一切しておりません。

こうすることでカウンターパーティリスクや、サーバ攻撃による資産流出の可能性をゼロにすることができます。

Gincoのセキュリティについて
https://gincosupport.zendesk.com/hc/ja/articles/360001128592-Gincoのセキュリティについて

なるほど、自分で管理しているので、ハッカーがサーバー攻撃してもGincoのサーバーには私の仮想通貨は無いよという話です。

だからと言ってバックアップが難しいわけでもないのです。日本語の単語を12個、覚えておくだけです。

・スマートフォンの紛失時
・スマートフォンの故障時
・スマートフォンの乗り換え時

といった場合でも、保存しておいたバックアップキーを別のデバイスに入力することで、いつでもお客様の資産を復元することができます。

HDウォレットと資産の復元>Gincoのセキュリティについて
https://gincosupport.zendesk.com/hc/ja/articles/360001128592-Gincoのセキュリティについて

超便利じゃん!

仮想通貨取引所が始まったときから「自分の資産(仮想通貨)は、取引所には置くな!」と界隈の重鎮たちが口を酸っぱくして注意してくれていました。

それなのに、置き場が無くてそのままZaif(ザイフ)に置いていたのは私です。一部ですが…

NEMは逃していたのに、MONAはそのままでした。あっさり流出した私の仮想通貨は、一部が現金として戻ってきました。

たいした金額では無いので、特にダメージを受けることはありませんでしたが、取引所に残しておくことのリスクを身をもって感じました。

それから幾年月。

つい、株式投資の世界に入り込んでしまっていましたが、仮想通貨のことを忘れた日はありません。情報は常に取り入れて楽しんでいました。

その情報源のひとつとして、niwatakoさんのブログがありました。


niwatakoさんに寄付

行きたかったけど、行けなかった講演会。
その内容をそっくりそのままブログにアップ。
しかもスライドの写真付き。

さらに、寄付ページを見ると私も持っているGinco特有の送金画像。

GincoにはGincoからボーナスでもらった仮想通貨が保管されている!

「仮想通貨、送るしかないでしょう!」

送金自体は、Gincoアプリから「1分」で完了しました。実際に着金したのが、送金から4秒後でした。

「早すぎる!」

と思ったらすっかり忘れていました。早く送りたければ、手数料を標準のままで送れることを。つまり、手数料を下げれば、ゆっくりだけど確実に送れることを!

時間    手数料
遅い→安い
早い→標準〜高い


手数料を上げることで、送金にかかる時間を短縮することができ、一方で手数料を下げることで、従来より少額の手数料で送金することが可能となります。

手数料の変更について(Ginco)
https://gincosupport.zendesk.com/hc/ja/articles/360006999651


注意点としては、手数料を変更したい場合は、事前に「手数料の変更」を表示させるように設定を変更しないといけないことです。

自由に変更できる手数料の変更を面倒くさい仕様にしているには、きっと理由があると見ています。遅すぎると文句が来るかもしれませんしね。

また、この手数料については、Ginco側には一銭も入りません。

Gincoは受け皿なだけで、ビットコインならビットコインのブロックチェーン側に手数料を支払っているイメージです。

だからGincoには一切手数料は入りません。

余分な手数料はかかりません
もう決済や送金で、不必要な手数料を払う必要はありません

Gincoトップページ
https://ginco.io/

ここだけ読んで理解してしまうと、仮想通貨を送金したときに出てくる手数料が生じたことに戸惑ってしまうかもしれません。

Ginco側は、受け皿としての利用料は取りません。だけど仮想通貨ごとのブロックチェーン利用料は、それそれの仮想通貨に支払ってねということです。

ここは分かりにくい点ナンバーワンなこと間違いなしです。


投げ銭の方法

1. 送る仮想通貨を選ぶ
2.「送金する」タップ
3.「テキストを入力」タップ
4. 送金先のアドレスをコピー
5.「アドレスの貼り付け」タップ
6. 送り先を確認して「次へ」タップ
7.「手数料の変更」タップ
8. 安くすると遅くなる程度を選ぶ
9.「JPY」をタップし、金額を入力
10.「Touch ID」タップ


1. 送る仮想通貨を選ぶ
2.「送金する」タップ
FullSizeRender


3.「テキストを入力」タップ
IMG_7376


4. 送金先のアドレスをコピー
IMG_7377


5.「アドレスの貼り付け」タップ
IMG_7378


6. 送り先を確認して「次へ」タップ
IMG_7379


7.「手数料の変更」タップ
8. 安くすると遅くなる程度を選ぶ
IMG_7381
*設定「表示設定」で「手数料の変更」をオンにしているので、表示されます。
FullSizeRender


9.「JPY」をタップし、金額を入力
IMG_7380
10.「Touch ID」タップ
IMG_7382
*設定でログインを「Touch ID」にしているからこの表示が出ます。


IMG_7383
IMG_7384


「最近の取引」の「niwatakoさんへの送金」をタップすると送金先の内容が確認できます。

IMG_7385



<関連ページ>











このエントリーをはてなブックマークに追加

Zaif→断捨離→Ginco

FullSizeRender

Gincoが便利

BTC手数料高すぎ!

MONAと現金どうする?


<結論>
・仮想通貨はBTCに一本化
・Gincoで保管
・Zaif「コイン積立」再開は待たない

<移管方法>
1. NEM→Zaif→現金
2. MONA→現金
3. 現金→BTC
4. BTC→Ginco
5. 楽天ウォレットで毎日積立

追記: 2019年11月21日、断捨離完了しました!
IMG_7471


更新日:2019年11月20日

これまで仮想通貨として6種類も持っていましたが、断捨離。積立は「楽天ウォレット」、保管は「Ginco」にした話です。


「Ginco」とその他のウォレット

「Ginco」は、手持ちの仮想通貨を保管するに特化したサービスです。

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco - 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

「売買できないと意味ない」と思っていた私でしたが、「機能の絞り込みによる安全性」と「送金と受取」ができることでその存在を改めて評価するようになりました。

「仮想通貨は取引所に置くな!」

とは、太古の昔から言われてきた言い伝えですが、それを破って流出事件の被害に合った私です。

それでも適当なウォレットが見つけ出せず、一部の仮想通貨は取引所に置いたままです。

ところが、先日、Gincoアプリを利用したETH(イーサリアム)チップ寄付をおこなったところ、Gincoの使い勝手の良さに気づかされることになりました。

実は、Gincoアプリをインストールしたのは、AirDropとキャンペーンによる仮想通貨ばらまきの恩恵を受けるためでした。

その恩恵に預かった後は、そのまま放置プレイを続けていました。

ところが、あまりの感謝の気持ちと「投げ銭」としてGincoの画像が使われたこともあり、久しぶりにGincoをさわることになったというわけです。

もちろんこれまで利用していたウォレットでも仮想通貨の「送金と受取」はできます。

現在、私が使っているウォレットは、4つです。

<私の使っているウォレット>仮想通貨
Indie Square(送金・受取・保管)BTC、いろいろコイン
NEM(送金・受取・保管)NEM
楽天ウォレット(送金・積立)BTC
Ginco(送金・受取・保管)BTC、BCH、ETH

いちばん機能がまんべんなく使えるのは「Indie Square(インディースクエア)」な印象が強いです。私が一番長く愛用しているからでしょう。

IndieSquareWallet
https://wallet.indiesquare.me/#content 

通貨の制限が無いというか、XCP(カウンターパーティ)という仮想通貨を使って自分の仮想通貨が作れる画期的なサービスです。

最初は「Indie Square」をメインウォレットして利用しており、このアプリから「ありがとう投げ銭」をしていました。

なぜ「Indie Square」を使っていたかというと、新しい自分の仮想通貨が作れるということもありますが、仮想通貨界隈の有名人「東 晃慈(ひがし こうじ)」さんが開発に関わっておられたことがあります。

Portfolio (Koji Higashi)
https://www.kojihigashi.info/ 

私が仮想通貨としてのビットコインを知り始めた頃から大変お世話になっている有能な方です。話の内容が分かりやすく、声が聞き取りやすいのがありがたいです。

ビットコイナー反省会YOうつべ

お話の内容が完全に理解できていないのは当然のこととして、「声が聞き取りやすい」というのは本当に大切なことです。何回聞いても飽きないからです。

その東さんが関わっておられたウォレットなら大丈夫!ということで使い始めたのが「Indie Square」でした。

日本人が開発に関わっていたことから、今でも日本語のツイートがあります。
<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="en"><p lang="ja" dir="ltr">Monappyを再開致しました!<a href="https://t.co/TqhmVR1ThN">https://t.co/TqhmVR1ThN</a><br>段階的にサービスを再開しております為ログイン頂けるようになりましたご利用者様には順次<a href="https://twitter.com/monappy?ref_src=twsrc%5Etfw">@monappy</a>.jpよりメールにてご連絡させて頂いております。誠に恐れ入りますが全ての方がご利用頂けるようになるまでもうしばらくお待ち頂けますと幸いです。</p>— IndieSquare (@Indie_Square) <a href="https://twitter.com/Indie_Square/status/1181011923946467329?ref_src=twsrc%5Etfw">October 7, 2019</a></blockquote>
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

その後、NEMも購入したりしたので、NEMウォレットを使わないといけなくなりました。「取引所には置くな!」ですからね!

そして、2018年9月に起こったZaif(ザイフ)の仮想通貨流出事件で、毎月楽しみにしていた「コイン積立」が中止となりました。

仮想通貨の流出事件における現在の状況について(Zaif)2018年9月21日
https://corp.zaif.jp/info/10222/

Zaifコイン積立のサービス一時停止のご案内(Zaif)2018年11月16日
https://corp.zaif.jp/info/10490/

純金積立のように、月1回の入金で「毎日、仮想通貨を買い付けてくれる」という画期的なサービスでした。とても残念で再開を心待ちにしていました。

先日、Coincheck(コインチェック)さんも「Coincheckつみたて」をはじめられました。私もすぐに飛びつこうとしました。

Coincheckつみたてとは(Coincheck)
https://coincheck.com/cn/reserves_lp

ところが、Zaifの「コイン積立」とは積立の仕組みに大きな違いがありました。


>やっぱり「毎日積立」したい!
Coincheckつみたては、月1万円以上の入金で「月1回」の買い付けなのです。Zaifでは「毎日」買い付けが当たり前だった私はここで「?」マーク。

他の方のするどい指摘ツイートで「月1回なら自分でできる」に「我が意を得たり」でした。

そう、月1回の買い付けなら自分でできると思いました。

そこで「自分で毎日積立」できる方法はないかと考えてたどり着いたのが、使わないと思っていた「楽天ウォレット」でした。

今までアカウントを持っている「Zaif」「bitFlyer」でもできるのですが、「楽天ウォレット」ならではの便利さがあるのです。

「入金」です。

楽天ウォレットにアカウント作成する際、楽天銀行をお持ちの方であれば審査も大変スムーズに進みます。私も1日もかからなかったです。

さらに、楽天銀行との連携をすればいつでも仮想通貨が購入できます。つまり、入金の手間がいらないのです。これ意外とすごく便利です。

ネット銀行からの入金ならば、手数料無料で「SBI銀行→bitFlyer」が可能です。ところが、私の場合、「楽天銀行→SBI銀行→bitFlyer」となるのです。

それなら直接「楽天銀行→楽天ウォレット」にすればいいじゃん!

と、bitFlyerにSBI銀行登録を申請した後に思いついたのでした。bitFlyerさんからは、SBI銀行が登録OKとなったのですが、使わないことになりました・・

さっそく、楽天ウォレットに口座開設し、開設できた次の日から「毎日ビットコイン積立」をはじめました。毎朝の習慣にしてしまえば何ということはありません。

<毎日ビットコイン積立>楽天ウォレット
1. アプリにログイン
2. ビットコイン購入を選択
3. 金額入力
4. 購入

と慣れると1分で完了する作業です。「1日170円(月5,100円)」が基本です。購入するときの価格が下がるごとに購入する金額を増やしています。

<購入金額>1日あたり
90-100万円以上:170円
80-90万円:250円
70-80万円:400円
70万円以下:500円

「1日500円」になっても、月あたり15,000円なので生活がおびやかされる金額までにならないように調整しています。


>Gincoを仮想通貨の銀行にすることに
毎日の「ビットコイン積立」もできるようになったし、仮想通貨取引所にそのまま仮想通貨を置いておく必要もなくなりました。

置いておく必要があるのは、使いやすいウォレットがない仮想通貨の場合のみです。

私を悩ませているのは「MONA(モナ)」「NEM(ネム)」「ZAIF(ザイフ)」です。

日本産モナコイン、私がZaifで初めて購入した仮想通貨のひとつです。モナコインの投げ銭や発祥の地「2ちゃんねる」で大活躍したモナコイン。

「思い入れ」があって売れずに残していたのが真相です。

ネムも「思い入れ」があって手放せないコインです。Zaifを立ち上げた「テックビューロ」さんの技術に未来性を感じて購入しました。

テックビューロホールディングス株式会社
https://techbureau.com

nem
https://nem.io/community/projects/
*面白そうなプロジェクトがたくさんあります

Zaifを手放された今でも、ブロックチェーン技術の向上に突進されており、2019年10月には岐阜大学との共同研究を発表、2019年11月には、新たな医療プロジェクト「楽医」を開始しています。

>>

歯髄細胞に関する流通管理システムを構築へ

個人情報を保護しつつ製造品質管理、流通経路、利用実績などを記録管理

テックビューロ ホールディングス、国立岐阜大学との共同研究を開始(PRTimes)2019年10月29日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000035659.html
>>

>>
データの改ざんを防ぎ、耐障害性と可用性に優れ、取引の自動化・透明化を実現するブロックチェーンの特性を活かし、処方箋に紐づく個人情報を保護しつつ

mijin Catapult (v.2) を活用したオンライン医療ソリューション「楽医」開発プロジェクトを始動(PRTimes)2019年11月7日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000035659.html
>>

NEMとは、2019年7月にNEM.io財団と業務提携しており、NEMとの関係はより強靱なものとなっています。

テックビューロ ホールディングス、NEM.io財団との業務提携を発表(PRTimes)2019年7月9日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000035659.html


ザイフコインは、Zaifの経営がフィスコさんに変わることを了承すれば誰でももらえたコインです。

実は、ビットコインキャッシュも何もしなくももらえてしまったコインでした。取引所に預けたままにしていたビットコインのAirDropでもらえただけという・・打ち出の小槌でもあった取引所のビットコインでした。

今のところ、ザイフコインの使い道がまったく分からないため、その価値があるのかどうかも「?」です。

取引所のコインとして登場した「ザイフコイン」ですが、同様に取引所のコインとして有名なのが「BNB(バイナンス)」です。

Binance
https://www.binance.com/en

バイナンスコインは、Binance取引所で取引するときに手数料の支払いとして使えば割安になるので価格がどんどん上昇しています。

バイナンスコインチャート(CoinGecko)
https://www.coingecko.com/ja/コイン/バイナンスコイン

一方、ザイフコインの場合、何かに使われているわけではなく、換金もできないので、そのまま置いておくしかないコインです。

つまり、仮想通貨市場において「需要」がないということです。

需要がないと「買い手」も「売り手」も存在しないわけで、そこにお金がからむことはありません。


> どうする?「MONA・NEM・ZAIF」
結局、私が考えた結論は「基本、ビットコイン一本化」です。

知名度、価格でビットコインを超える仮想通貨はありません。ブロックチェーン技術を体現するために生み出された歴史を考えると「価値が無くなる」ことはあり得ないです。

「MONA(モナ)」は、売り。
「NEM(ネム)」も、売り。
「ZAIF(ザイフ)」は、取引所に置いたままにします。

まず、MONAとNEMは、思い切ってすべて売ります。思い入れがあるだけに苦渋の決断です。NEMはいったん取引所に戻してからの換金となります。

Zaif取引所にある現金で「ビットコイン」を購入し、仮想通貨の銀行である「Ginco」に送金。

決定の基準は「スタバで使える仮想通貨」です。

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年後悔へ「スタバでBTC決済」が現実的に(BITTIMES)2019/10/29
https://bittimes.net/news/69150.html

NEMは、今、nem財団のホームページを見ても、わくわくするようなプロジェクトが表示されており、これらが実現した世界について思いを巡らさざるを得ません。

これも断斜離のためです。

ZAIFは、Indie Squareウォレットに保管できるのですが、移管して意味があるのかどうか分かりません。

むしろ、取引所に置いておいた方が何かに使える可能性が高いです。そのため、ZAIFだけはZaif取引所に置いたままにします。



<関連ページ>  
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTCは今が買い?41万円到達

FullSizeRender

先月高値92万円

からのコロナ暴落安値41万円

現在58万円。今は買い?


<結論>

淡々と積み立てるだけ。


<私の積立計画>1日あたり
100万円以上: 100円
90-100万円: 170円
80-90万円: 250円
70-80万円: 400円
70万円以下: 500円

更新日:2020年3月20日

コロナ暴落の裏に、仮想通貨暴落あり。安全資産としてデジタルゴールドと言われていたビットコインまで半値以下に下落。で、どうする?という話です。


え、ビットコインまで下がる感じですか?

コロナ暴落、リーマンショックを越える下落、3月16日は歴史に残る日(日銀・FRB弾不発)、次々と下げの名言が生まれてきている昨今。

現在もコロナ暴落は継続中で、日経225の年足が「団子天井くさい(by ウルフ村田さん)」ことも相まり、まさかの「不況」のはじまり?

私が購入した個別株もダダ下がり、頼みの投資信託「さわかみファンド」も予想外の下げからの、高配当銘柄セットもダダ下がり、とまあこの地合いなら仕方なしと諦めざるを得ない状況。

追い打ちをかけるように日本だけ見ていてはいかんと意気込んで購入した「VOO」もダダ下がり。しかし、こんなときでも希望の光「配当金」。

なんとVOOは、年4回もあるのです。
先日の配当金「8ドル」。これが年4回で3,200円。

米国株ETF「VOO」は、S&P500連動型ファンドなのでどう考えても元の価格に戻ります。アメリカはそんな弱い子ではありません。

日本株も「東証一部」しか購入していませんし、「果報は寝て待て」状態。日経平均株価が、2016年代に逆戻りした現在、何もすることはないのでしょうか?

2016年は、私がさわかみファンドを積み立て始めた記念すべき年です。「初心に戻れ」ということ?もう無理です。

さわかみ投信
https://www.sawakami.co.jp/

さわかみファンドより先に手を出していたのが「ビットコイン」です。頭のスコブル良い方々が喧々諤々と真面目に議論されている姿に心打たれたわけです。

それでいて楽しそうなまるで「神のたわむれ」。その裏にあるブロックチェーンの仕組みや新たな技術の開発を知れば知るほど面白くなり、

ブロックチェーンがらみのクラウドファンディングにも2件、参加しました。HashHubとAerial Partnersさんです。

日本初、独立ブロックチェーン特化型コワーキング施設がOPEN(READYFOR)
https://readyfor.jp/projects/hashhub

コインストリート無期限チケット(50,000円)を支援し、限定ステッカー、Tシャツ、カンファレンスでのVIP扱いまで体験させていただきました。

HashHubカンファレンス2018振り返り(Jul 23, 2018)HashHub
https://medium.com/hashhub/hashhubカンファレンス2018振り返り-9f7879eccd69 

もうひとつが仮想通貨の申告に関わるサービス「G-Tax」を展開されている「Aerial Partners」さんのプロフェクト「Guardian Light お手伝いプラン」を支援させていただきました。

仮想通貨取引による税金の悩みをゼロにするサービスを正式公開したい!(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/61299

実際に確定申告するほどの取引をしていなかったので、本当に支援しただけとなりましたが、

あんな狭いマンションの1室で若い皆さんが頑張っている姿を見ると「コーヒーでも飲んでください」という気持ちになりました。

今でも両方の団体の皆さんのTwitterを拝見し、数年経過した今でも積極的に仮想通貨と関わっているのを拝見するととても仮想通貨が無くなるとは思えません。

さらに数々ある仮想通貨でも「ビットコイン」。本家本元のビットコインだけは、無くならないと考える理由。

それは、ブロックチェーンはビットコインを動かすために開発されたからです。

ブロックチェーンは現在、様々な地域や企業を支える技術インフラとして、その実用例が台頭してきている

トヨタ、ブロックチェーン事業のイメージ動画を公開 「100年に1度 変革期を迎える自動車業界」2020/3/19(COINPOST)
https://coinpost.jp/?p=139989

「現在」台頭してきているのですから、「未来」はブロックチェーンを利用することが当たり前の世界が来るということです。

それなのにブロックチェーンだけが独り歩きして、ビットコインの価値がなくなるわけないでしょという話です。ビットコインがなければブロックチェーンもなかったからです。


ビットコインの価格

しかし現実は厳しい。

先月の高値91万円からコロナ暴落安値41万円に大幅下落。たった1ヶ月の出来事です。救いなのは、安値41万円から58万円に戻ったこと。

ビットコイン/円 (BTC) 相場・リアルタイム価格情報(みんかぶ)
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

安値40万円代は、1年前の2019年にもあったことをよく覚えています。2017年のビットコインバブルでふくれあがった「1BTC=230万円」。

2017年 230万円
2018年 下落
2019年1月  37万円(大底のお正月)
2019年6月149万円
2020年1月103万円
2020年3月13日  41万円(コロナショック)

「40万円台は最後の買い場」と言われ、私もいつもより多めに購入したものです。ところが1年かけて価格が戻ってくるという・・現実。

上がって下がって、年はじめは「下がる」ってから1年かけて上げて下げるという考えてみれば非常に周期的な動きをしています。

そんな私は毎日ビットコイン積立をやっており、価格を見ずにひたすら買い続ける方法をとっています。

目的は「儲ける」より「日常的に使えるようになるのを待つ」ためです。ビットコインをビットコインのまま使いたい!

そんな世界を待ち続けながら、ビットコインという世界を買えるかもしれない出来事に対し、チップを払っている気持ちです。

ゲームで使われていただけの存在が、ブロックチェーン技術の普及につれて「ゴールド」と同じ価値を持つ認識がされるなんて想像できませんよね。

それがこの10年で現実となりました。「仮想通貨」という言葉も、ビットコインバブルが起こったことで、一般の方々でも一度は耳にした言葉に昇格しました。

「デジタルゴールド」という名称すら不思議な表現として受け取られなくなり「仮想通貨はゴールドではない」と反論されることも見受けられます。

この反論は「仮想通貨はゴールドと同じ」という前提がないと反論できない訳で、いったんは仮想通貨がゴールドに匹敵するものという認識がそれ以前にあったことを示しています。

これすごいことです。こんな状況をまじかに見られること、それに関する情報がTwitterやネットで無料で得られること、これ自体、感謝なのです。

だから私は毎日ビットコインを楽天ウォレットで積み立てています。

楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
開発元:Rakuten Wallet, Inc.
無料
posted withアプリーチ

楽天ウォレットを使うのは、最低購入金額が「100円」だからです。これを毎日買い続けるのです。ビットコインに土日祝は関係ありません。

1日100円なら1ヶ月3,000円。このくらいなら無理の無い範囲と言えるでしょう。

また、楽天ウォレットなら楽天銀行と連携することができます。楽天銀行の口座から「無料」しかも一瞬で楽天ウォレットに送金できます。

さらに楽天ポイントでもビットコインが購入できるようになったので、楽天市場でゲットした楽天ポイントの使い道が広がりました。
*注意*期間限定ポイントは使えません

ビットコインは、株や投資信託とは違い「365日」取引できますので、毎朝の習慣として「ビットコイン積立」が加わっている状況です。

最近、コインチェックさんも「毎日」ビットコイン積立ができるようになりました。事前に入金したら、その金額を30等分して毎日買い付けてくれるというものです。すごく楽。

Coincheckつみたてとは(Coincheck)
https://coincheck.com/ja/reserves_lp

私がビットコイン毎日積立をはじめたのは仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」さんでした。コイン積立として現在のコインチェックさんの方法と同じ方法で買い付けができるようになっていました。

Zaif
https://zaif.jp/

ところが、仮想通貨流出事件が起こり、経営がフィスコさんへ移譲。これを機に「コイン積立」も停止していました。

そこに名乗りを上げてくれたのが「楽天ウォレット」でした。手動なら毎日ビットコインを100円から積み立てできます。

最初は楽天ウォレットのことをなめていた私でしたが、見直さざるを得ない状況になりました。

なめていたときの記事↓すいません〜

楽天ウォレットでの買い付けですと、自分で自分の好きなタイミングで好きなだけ積み立てることができます。

つまり、ビットコインの価格が下がれば「多め」に買い、価格が上がり「100万円」近くなると最低金額「100円」と「少なめ」に買うことができるのです。

実際、私も安くなるにつれ1日あたりの買付量を増やしています。

<私のビットコイン積立>
100万円以上: 100円
90-100万円: 170円
80-90万円: 250円
70-80万円: 400円
70万円以下: 500円

仕切りを設けることで「迷わない」。

価格を見て購入金額を調整するだけなので「単なる作業」です。朝なので1秒でも節約したい気持ちもあり、さらに迷いません。

とはいえ、89万円のときや、69万円のときは一瞬迷います。少し待つと価格が安定しますし、チャートを見て自分を納得させています。

その理由は「買わなかったときの機会損失」を無くすためです。買っときゃ良かったを無くしたいわけです。

個別株だと100株単位ですし、値下がりしたときが痛すぎるのですが、楽天ウォレットで買うビットコインなら気分も楽ちん。

1株から購入できる「SBIネオモバイル証券」の選択肢もあるのですが、高配当株ポートフォリオのため、それぞれのパーセンテージが決まっています。

ネオモバ株アプリ
ネオモバ株アプリ
開発元:株式会社SBIネオモバイル証券
無料
posted withアプリーチ

そのため、どれが決まったパーセンテージを満たしていないかを確認するのが結構面倒くさかったりします。

毎日手動で積み立てる「らくちん投資」。それが私にとってのビットコインの存在です。頭の良い方々とのつながりを感じる今日この頃です。

追記: 41万円まで下落したビットコインですが、その後、70万円を突破。やっぱりそういうことなんです。

70万円以下のとき、毎日500円ずつ買いましたので、単純計算で875円になってます。

40万円: 500円=70万円:  x 
x=875円

375円儲かった日が確実にあったぜっ!


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

bitFlyer→楽天ウォレットでコイン積立

FullSizeRender

Zaif「コイン積立」の代わり無し?

bitFlyerはSBI銀行からの入金無料!

楽天銀行→SBI→bitFlyerが最適解か


<結論>

「楽天ウォレット」で積立すべし


楽天銀行との連携なら、口座開設も爆速!申請から次の日にはビットコインを購入できました。しかも、取引手数料は無料100円単位でも買えます。

IMG_7001
*100円分買ったら、いきなり96円評価に…(涙)

更新日:2019年11月11日

Zaif「コイン積立」が停止した現在、ストレスなく積立できる仕組みを繰り出したい私。bitFlyerを考えたが、楽天経済圏での積立を決意した話です。


ビットコインの可能性

仮想通貨は、2018年「1BTC=230万円」で天井をつけて一気に下落したことで世間一般で有名になりました。

当時は、出川さん、剛力(ごうりき)さんやローラさんが仮想通貨取引所の顔としてテレビCMに出ておられたのが懐かしい限りです。

2019年11月、仮想通貨取引所は「あやしい」レッテルを張られ、度重なる流出事件を経て、一般的には「さわらぬ神に祟りなし」状態です。

日本における仮想通貨の流出事件については、Coin Choiceさんの記事が大変参考になります。日本だけを抜き出してみました。

2019年7月 BITPoint(日本) 約35億 BTC/ETH/XRP/など5通貨
2018年9月 Zaif(日本) 約70億 BTC/BCH/MONA
2018年1月 CoinCheck(日本) 約580億 NEM(XEM)
2014年2月 MT.GOX(日本) 約114億 BTC
2011年7月 MT.GOX(日本) 約330万 BTC

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ(Coin Choice)2019年1月30日
https://coinchoice.net/cryptocurrency_outflow/

先日「CoinCheckつみたて」を発表されたコインチェックさんの流出額が半端ないことが分かります。

また、最初の仮想通貨の流出事件は日本のマウントゴックスから始まった上、2回も流出させてしまったのが痛手です。

そして、世界の流出事件をながめて分かるのが圧倒的に「ビットコイン(BTC)」が狙われているということです。

確かに金額からすると、CoinCheckのNEM流出(580億円)が目立つのですが、流出事件のあった取引所ごとにみると、ビットコインがトップです。

アメリカでは、2019年になっても仮想通貨CMが流れています。投資会社が商品化しているからです。「金よりも未来がある」「世界中で使える」ことが売りです。

『金ではなく仮想通貨を保有資産に』米投資会社のテレビCMが全米で放送開始(coinpost)2019/5/2
https://coinpost.jp/?p=82300

そんな世間一般の興味関心はどこ吹く風で、実際の仮想通貨の開発は着々と進められているからです。「金よりも未来がある」!

2017年のCoin Checkさんの記事ですが、竹中さんにそのものズバリ「ビットコインは儲かりますか?」と伺った記事があります。

竹中さんは「これでものが買えるという実態が常に伴っていないとやはり危うい」と前置きしながらも、

ただ、そのプロセスで「儲かるから持とう」という人が増えるのは悪いことではありません。

竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?(Coin Choice)2017年10月4日
https://coinchoice.net/takenaka_heizo_bitcoin1/

と、ご自身の銀行送金で感じている不満を交えながら答えます。これ、たった2年前の2017年10月の記事です。

その後、2018年に天井を付けたビットコイン。竹中さんの記事を見てビットコインを買い、天井で売れた人は勝ち組でした。

一方、天井を横目にわずかではありますが手持ちのビットコインをそのまま保管していた人がいます。

私です。

どうせビットコインのままで送金や決算に使われるのだから、わざわざ「円」に変えなくても良いだろうという理由からです。

せっかく、円をビットコインに変えたのに、また円に戻すことに意味を感じなかったからでした。

ただ、天井当時のウォレットの日本円評価金額を見てつい笑みがこぼれたことは真実(笑)。その後、順調に円評価は下落していきました。

なぜそんなに余裕だったのでしょうか?

「無くなっても生活がおびやかされない」程度しかビットコイン投資していなかったからです。遊び半分だったんですね。

2016年あたりにビットコインを知り、東さんや大石さんが仮想通貨について解説してくださるのを大変興味深く拝見していました。

「ビットコイン反省会」この番組が無かったらビットコインをはじめとする仮想通貨から離れて行っていたことでしょう。

*無料でこの情報量はありえない!

大石さんの本ももちろん購入しました。



2019年になった現在でも、東さんや大石さんをはじめとする界隈の皆さんのご活躍を拝見し、完全に理解できないまでも興味を持って仮想通貨業界を眺めています。

そのひとつがZaif「コイン積立」でした。

おりしも私が勝間和代さんの本「お金は銀行に預けるな」で改めて「ドルコスト平均法」の重要性を知った頃でした。

ドルコスト平均法は、毎月一定金額の投資信託なり投資対象を買い続ける方法です。安いときは、いつもより多くの単位数が購入できる反面、高いときは購入できる単位数が減ります。

一見「安いときだけ買えばいいじゃん」と思ってしまうのですが、人間ですので面倒くさいし「もっと安くなるかも」と待ってしまいます。

そこで、毎月一定金額を買い続ける「ドルコスト平均法」が有効になるのです。感情抜きで買い続けるので、安いときも高いときも買います。

ドルコスト平均法の良い点は、値上り続ける投資対象を選べば「損しない」ことにあります。

勝間和代のお金のレッスン。「ドルコスト平均法」を始めよう。10年間で倍にするのも夢じゃない!!(勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYoutube)2019/7/25
https://youtu.be/CBnqRaNBQPM

しかも、Zaif「コイン積立」は、設定した仮想通貨を「毎日」購入してくれたのです。手数料は必要ですが、その手間を考えと格安でした。

<Zaifコイン積立>月3,000円の場合
・毎日100円ずつ購入
・手数料 105円(3.5%)
Zaifコイン積立
https://zaif.jp/doc_reserve

たった「105円」で、毎日「100円ずつ」を積み立ててくれるという…今となっては奇跡としか思えないサービスでした。

私は、コイン積立でビットコイン、イーサリアリアム、モナ、ネムあたりを購入していました。

FullSizeRender


ところが、2018年9月、Zaifもついに仮想通貨流出となってしまい、経営会社がテックピューロからフィスコへ変わりました。

フィスコに変わってしまいましたが「Zaif」という仮想通貨取引所自体はそのままでしたので、特に影響ないと思っていました。

ところが、「コイン積立」が2018年10月から停止され、1年経った2019年11月になっても再開の目処は立っていない様子です。

ビットコイン購入を、積極的にしていなかったというより、コイン積立で自動的に買い付けしてくれていたから買っていた私。

久しぶりに「1BTC=100万円前後」になったビットコインをまた買いたくなってきました。

だけどいちいち自分で買うのは面倒くさい…

そこで私が考えたのは「できるだけ楽してドルコスト平均法でビットコインを購入する方法を探る」でした。


bitFlyer→楽天ウォレット

最終的に「楽天ウォレット」から、「コイン積立」をすることにしました。その理由とは?

楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
開発元:Rakuten Wallet, Inc.
無料
posted withアプリーチ

入金を含めた「楽天ウォレット」からの購入が、すこぶる簡単であることに気づいたからです。とにかく楽、これに尽きます。

何が楽なのでしょうか?

まず、入金。楽天ウォレットは、楽天経済圏なので、当然「楽天銀行」とつながれます。

楽天銀行
楽天銀行
開発元:楽天銀行株式会社
無料
posted withアプリーチ

さらに、楽天銀行と楽天ウォレットをつなげる前提ならば、審査が爆速なのです。

事実、私が日曜日15:50に申し込みを完了したところ、次の日の月曜日13:07には【楽天ウォレット】口座開設完了のお知らせが届きました。

そのため、月曜日のバイト帰りに楽天ウォレットアプリにログインし、Google Authenticaterで2段階認証して、楽天銀行から楽天ウォレットに入金、すぐさまビットコインが購入できました。

Google 認証システム
Google 認証システム
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

アプリのログインから、ほんの10分ほどの出来事でした。

まさか「100円」から購入できるとは思っていなかったので、良い意味で裏切られました。普通、1,000円とか、0.001BTCが最低購入単位だからです。いや〜素晴らしい。

最初は、bitFlyer「ビットコインをもらう」を再開したので、入金手数料が無料になる「住信SBI銀行」に楽天銀行から送金してビットコインを買うつもりでした。

bitFlyer ウォレット - ビットコインやイーサリアム、モナコイン等仮想通貨の取引もかんたん
bitFlyer ウォレット - ビットコインやイーサリアム、モナコイン等仮想通貨の取引もかんたん
開発元:bitFlyer
無料
posted withアプリーチ


ところが、自分のブログをたまたま見直していたときに「楽天ウォレット」の記事があり、

「ああ、これなら楽天銀行から直接、楽天ウォレットに入金してビットコイン購入した方が楽じゃん」

と気づいてしまったのでした。

↓この記事のことです。正直、楽天ウォレットのこと忘れてました…

気づいたときは、すでにbitFlyerで住信SBI銀行の口座登録を申請した後のことでした。

住信SBI銀行からの送金手数料を無料にするためには、事前に銀行口座登録が必要なようでした。当たり前か…

後の祭り。申請するだけ無駄になってしまいました。

いや〜まさか自分のブログに助けられるとは!

アフィリ収益目的のブログですが、もちろん自分の備忘録のためにブログを運営しています。本当に今回は助けられました。



<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ