FullSizeRender
勝間さんの本に影響を受けて受験することにした「TOEIC」。セブ島に行く前に事前に自分の力を確認したかったのです。


とはいえ、そんなに勉強したくない私は、最短で点を取れる方法を考えました。山根先生の講義本を使いました。


これだけ買っておけばOK
私はこの参考書しか買っていません。この本を土日2回の合計4日間しかTOEIC対策の勉強をしませんでした。復習する間もない。1週間も勉強してないですが、結果、530点でした。


600点突破する予定でしたが、初めてのTOEICのうえ4日間の勉強時間でこれだけ取れたので充分満足してます。


世間にはTOEIC満点(990点)の方もおられると伺いますが、40代の英語はそこまで求めなくて良いと思います。まず、使えるように、話せるようになることが重要だからです。


山根メソッドで一番良いのは、ティーチャー山根の声です。とてもシブい。ダンディなティーチャーです。この第一印象が良かったから続いたと言えます。


さらに、江戸っ子のような歯切れの良さ…言い切ります。ティーチャー山根は!清々しい上、解説にライブ感があり、隣で教えてくれているような感覚になります。


当時、山口大学で講義されていることを知っていましたので、大学生でない私もうらやましく思ったものです。


それが本とCDでわずか2,000円しないのですから、出版業界はどうなってるの?と疑問に思うくらいです。内容の充実度から見ると無料に近い。


私が使った先ほどの本から2年後の2016年、新版が発売されています。
とりあえずTOEICを受けて、受ける上には良い点を最短で取りたい私のような方には、最初の本で充分です。あの本だけ、問題を2回は繰り返してください。


とにかく本のタイトルが良いですから。「いきなり600点突破」この言い切りが良いのです。初心者用のテキストにぴったりなのです。


私のやり方

初心者の私は、とりあえず試験会場の雰囲気を味わうため、図書館で勉強することにしました。すると、音が問題となります。そこで、CDの内容をすべてiPhoneに入れました。


実際の問題のあとに、解説があります。問題を解き終わった後すぐの解説に意味があります。悩んだ部分について、なぜ迷ったかを知ることができるからです。


ティーチャー山根の解説は、実践にかなり即しています。まず、選択問題ならどこに当たりをつけるか具体的に指示をだしてくださるので、初心者に優しいのです。


気楽に学ぼう!

とはいえ、にわか勉強です。リスニング(ヒアリング)には苦労しました。何言ってるのか分からないからです。ここは、問題文のスピードに慣れるしかないです。そういう発音して問題文を読むのね〜くらいで良いです。


なんせ目標は、スコア500点(できれば600点超え)レベルですから!難しいこと抜きです。このくらいの気楽な気持ちで問題を解いてみてください。


ティーチャー山根は、裏切らない!
TOEIC試験日

年に、2月と8月以外の月の日曜日に開催されています。実施日の約2ヶ月前までの申し込みが必要です。申し込みは、ネットが便利です。試験結果がネットで簡単に確認できました。受験後は、結果を早く知りたいですもんね。

〈 テスト日程〉
TOEIC ((一財)国際ビジネスコミュニケーション協会より)

〈 申し込み 〉

〈 料金 〉
5,725円(税込)
*気合いが入るお値段です。