カテゴリ: ブログ

Twitterツイートをブログに埋め込む方法

FullSizeRender

ブログにツイートを入れたい

引用でなくてツイート形式で

スマホでどうやるの?



<結論>

アプリからSafariで開いてコード取得


<スマホでTwitterツイートのコードを取得する方法>
1. Twitterアプリでコード取得したいツイートの右下アイコンをタップ
2.「その他の方法でツイートを共有」タップ
3.「Safariで開く」タップ
4.「アカウント作成(水色)」の右下にある「↓」タップ
5.「 </> ツイートを埋め込む」タップ
6. 下にスクロール
7.「Copy Code(水色)」タップ
8.「Copied」が表示される
9. ブログの記事をコード形式にして表示したい位置にペーストする

更新日:2019年9月30日

Twitterのツイートをブログに入れたいと思いましたが、そのままコピペするのは格好良くないので試行錯誤したら結局、Twitterの機能にあった話です。


Twitterは集合知

現代の投書箱「Twitter」。

Twitter
Twitter
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今の気持ちをつぶやくのが当初の目的だったTwitter。現在では「ニュース」「新聞」「ラジオ」という情報源の役割を果たすようになりました。

事件が起これば現場からのリポートが写真付きですぐに投稿されます。

さらに、その投稿に対して新聞社さんやテレビのニュース担当さんが投稿主さんに情報提供依頼をされている姿を見るのも普通になりました。

また、テレビのニュース自体もTwitterの投稿をニュースの情報源として放映することも珍しくなくなり、市民速報としてのTwitterの存在感が増しました。

テレビの情報源がTwitterならば「もうテレビを見なくても良い」というのが私の結論でして、すでにテレビや新聞を見なくなって何年にもなります。

スマホがあれば、天気も分かります。天気予報のページをめくったり、自分の県になるまで天気予報を眺めなくて良いという開放感。

そして、ニュースにしても無理やり見させられる「凄惨な事件」を避けて、自分の気になるニュースをTwitterで検索し、ネット新聞で深掘りできるようになりました。

災害が起こればテレビよりも早い現地速報が市民通報で確認できる上、地方自治体の首長の対応までつぶさに知ることができるツール、それがTwitterです。

岡山県なら総社市長 片岡聡一さん!

これほどまでに、Twitterというサービスは世界的に見ても市民生活に密着したインフラの一部になりました。


スマホの存在感

そのTwitterの情報を確認しているのがスマホです。

私は、現在iPhone7を使っていますが、スマホがあればテレビやラジオ、パソコンまで要らなくなりました。

パソコンに関しては、ノートパソコンを持っていましたが、AnkerのBluetoothキーボードを購入してから生活が劇的に変わりました。


このAnkerキーボードを購入する前は「スマホで何でもできるんだから、文字を入力するのも当然スマホのキーボードで充分」と考えていました。

もちろん、ブログ記事もスマホで入力していました。

ところが、スマホで書いた記事とパソコンで書いた記事の文字数が格段に違うことが分かったのです。

スマホもパソコンも「ローマ字入力」しています。

しかし、どう考えてもパソコン入力した方が「早い」しかも「考えていることを間髪おかず表現できている」という事実に気づきます。

「やっぱパソコンでないとダメなのか…?」

持ち歩く荷物はなるべく少なくしたい私です。ノートパソコンでも1kg以上あります。

これがスマホになれば「ポケットサイズ」、劇的に負担が違ってきます。しかも、ポケットサイズなら2台持ちも可能です。

そこで気づきます。

「いや、パソコン入力が早いというより、キーボードだから入力速度が早いのでは?」

Windowsノートパソコンが、画面タッチできるようになり、iPadに外付けキーボードが標準になる現在です。



iPadに外付けキーボードをつけるくらいなら、スマホ(iPhone)につければ良いじゃんという話です。

iPadは軽いと言っても、本体とカバーをかぶせれば1kg。それに外付けキーボードをつければ、カバンに入れる荷物としては1kgを超えます

1kgとは、砂糖1袋分です。

スーパーで良く特売している砂糖、これが私の1kgの基準です。

これをカバンに入れて持ち歩くのは、最軽量ノートパソコンを入れて持ち歩くのと同じこと。意味がありません。

やっぱPanasonic「Let's note」は軽いです。


それならスマホに外付けキーボードつければ良いじゃない!というのが私の結論でした。

実際に、AnkerのBluetoothキーボードが届いてビックリしました。まず、想像以上にキーボードが軽いのです。

電気は、単4電池を2本使うので、電池を入れるとその分重みが増しますが、本体自体はカバーをつけたスマホとほぼ同じ重さです。

乾電池は必ず「エボルタ」!液漏れしない!

しかも、持ち運びに関しては、届いたときの包装用の箱がそのまま使えます。つまり、購入した時の状態のまま移動もできるのです。

IMG_5680

包装用の箱は、表面にキーボードの写真もついてますので、何が入っているか一目瞭然ですし、固くて軽いダンボール仕様なので箱がつぶれることもありません。

事実、私はバックパックの中に箱ごとキーボードを入れて持って移動しています。

パタゴニアは「レフュジオ」が一番使いやすいです。スマホ入れやノートパソコン入れ、鍵留めもあり使いやすい。

出し入れする口の部分の段ボールはちぎって捨てました。電池は予備の電池とともにチャック付袋に入れ、キーボード本体の下部に滑り込ませます。

これで何の問題も無く利用できています。

メールや文字を打つ程度なら、スマホ+外付けキーボードで充分代用できることが分かりました。

キーボードの選択ですが、折りたためるタイプで無くても大丈夫です。折りたためるかどうかより「軽いかどうか」に重点を置くべきです。

また重点を置くべき点としては「思いついたときにすぐ使えるようになるか」も大切です。

Ankerキーボードは、事前に一度Bluetooth接続し、電池を入れておけば、スイッチをONにするだけで即反応してくれます。

メモ帳を開いたときに、スマホのキーボードが引っ込んでくれれば、外付けキーボードが使えるようになった証拠です。

ただひとつ難点としては、電源のスイッチの位置が分かりにくいことです。シンプルすぎて逆に分からないということです。

そのため、対策として「油性ペンで直接記入」してこの難題をクリアしました。

おばさんはすぐ油性ペンで書き込む!分かりやすい!
IMG_5681

当初はシンプルさを損なわないように「 ⚫️ 」黒丸だけにしていたのですが、ONにする方向が分からないので「ON←」をすぐ追加しました。

これで快適そのものです。

Ankerキーボードは、キーとキーの間(キーピッチ)がノートパソコンと同じが少し広いくらいですので、とても打ちやすいです。

打ちやすいということは入力時の「ストレス」が無いということであり、入力ストレスが無いということは考えたことがそのまま反映されるまでの時間が「大幅に短縮できる」ということです。

今考えると、スマホ入力は「頭で考えたこと」「入力すること」のふたつを同時進行していたように思います。

ところが、外付けキーボードなら「入力すること」を考えなくて済むので「頭で考えること」に割り当てられるリソースが増えているのです。


入力は快適化したが…

文字入力の生産力向上に大きく貢献してくれたAnkerのBluetoothキーボード。

これでスマホだけで「何でもできる」とlivedoorブログアプリを使っていた私に次の難題が降りかかります。

「Twitterのツイート」の引用がカッコ良くないのでした。

今まで私がツイートを引用するときは、ツイートをコピペして、その下にツイートのリンクを貼っていました。

脳トレ計算20
bit.ly/2NRLnx9
目指せ800点越え!
762
皆さま、一緒にがんばりましょう〜
https://twitter.com/masakisuge/status/1178402407434244096?s=21

ところが、ブロガーの皆さんの記事を拝見しますと、四角の中にツイートが入っている上、ツイートされた日時も入っているではありませんか。

「これをやりてぇんだよ」

ということでネット検索したところ、なんとTwitter自体が私の理想とする形式のコードを配布しているようなのです。

「早く教えてくれよ!」

という話なのですが、これはいつものこと。説明書を読まず勝手に自己流で使っているとこうなります。

ところが、いつもどおりにアプリからそのコードを取得しようとしたら「コード取得の項目が無い」のです。


Safariで開かないとコード取得できない

「どういうこと?」という話です。

それがTwitterアプリだからできないということに気づくまで少し時間がかかりました。

「さっきコード取得できたじゃん」と私が確認したときは、パソコンでした。実際にコード取得したいのは、スマホ上です。

ブログの記事を書くのも、写真や記事を編集するのもスマホの私です。

ブログの記事は、下書きを「文字数メモ」、ブログは「livedoorブログ」、写真編集は「Skitch」たいていこの3つのアプリで完結しています。

文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)
文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)
開発元:DRIP PRODUCTS LIMITED LIABILITY CO.
無料
posted withアプリーチ
livedoor Blog
livedoor Blog
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

ブログの最初に出てくる「アイキャッチ画像」の画像自体は、「Stockily(有料)」という世界の「CC(クリエイティブコモンズ:著作権一部留保)」画像を探すサービスを使って検索しています。

CCライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは誰でも無料で自由に使用することができる。

Creative Commons 【CC】IT用語辞典 e-words
http://sp.e-words.jp/w/Creative_Commons.html

もしくは、ソースネクストさんで購入した画像パック「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版 優待販売(¥7,980)」を使ったり、


StockUnlimitedさんのライセンス契約したイラストを使っています。


一方、ここまでスマホ完結にこだわる私が、Twitterのツイートのコード取得するためだけにパソコンを開く愚行はしたくありません。

ということで、検索した結果、

「アプリからSafariで開いてコード取得」

に落ち着いたのでした。


スマホでTwitterツイートのコードを取得する方法

1. Twitterアプリでコード取得したいツイートの右下アイコンをタップ
2.「その他の方法でツイートを共有」タップ
3.「Safariで開く」タップ
4.「アカウント作成(水色)」の右下にある「↓」タップ
5.「 </> ツイートを埋め込む」タップ
6. 下にスクロール
7.「Copy Code(水色)」タップ
8.「Copied」が表示される
9. ブログの記事をコード形式にして表示したい位置にペーストする

1. Twitterアプリでコード取得したいツイートの右下アイコンをタップ
FullSizeRender


2.「その他の方法でツイートを共有」タップ
FullSizeRender


3.「Safariで開く」タップ
FullSizeRender


4.「アカウント作成(水色)」の右下にある「↓」タップ
FullSizeRender


5.「 </> ツイートを埋め込む」タップ
FullSizeRender


6. 下にスクロール
FullSizeRender


7.「Copy Code(水色)」タップ
FullSizeRender


8.「Copied」が表示される
FullSizeRender


9. ブログの記事をコード形式にして表示したい位置にペーストする


おまけ: コピーされる実際のコード

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">脳トレ計算20<a href="https://t.co/Txnbxl55fm">https://t.co/Txnbxl55fm</a><br><br>目指せ800点越え!<br><br>762<br><br>皆さま、一緒にがんばりましょう〜</p>— マサキ@投資・中国・BTC・スマホ (@masakisuge) <a href="https://twitter.com/masakisuge/status/1178402407434244096?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


まとめ

Twitterは、ブログ記事を書く人は全員パソコンでしかやっていないと思い込んでいるのでは!?と考えてはいけません。

収益を得るプロブロガーたるもの、やはりパソコンで記事を書くべきなのです。

でも、私は「何でもかんでもスマホで済ませたい」。だからこそ、スキマ時間を無駄に過ごさなくても済むのです。

スキマ時間を無駄に過ごさなくて済むということは、いつでもどこでも自分の好きなことができるということです。

好きなことをゲーム、Youtube視聴、Twitter投稿にとどめる必要はありません。投資、資産管理、ブログ投稿も当然含めて良いでしょう。

スマホの可能性を広げるための更なる一歩として「Twitterツイートのコード取得をスマホで」は私にとって大変重要なことなのです。


<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログのバックアップ

FullSizeRender

データのバックアップ月1回

パスワードのバックアップ考え中

ブログのバックアップは?



<結論>

「楽天ブログ」をバックアップとして使う


楽天ブログ
楽天ブログ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

<楽天ブログ開設する方法>
1. 楽天ブログアプリのインストール
2. 楽天ブログの会員登録
3. 楽天ブログのプロフィール設定
4. ブログのURLと名前を決める
5.「ブログを書く」PC画面で「みたまま編集」チェックを外す
6.「写真」はアップロードしてからブログへ

更新日:2019年8月8日

情報化社会は、個人も自分のデータを自分で守る時代。当然、ブログもバックアップしようとしたところ、楽天経済圏民として「楽天ブログ」を使うべきと考えた話です。


スマホがあれば何でもできる 

何でもかんでも「スマホ」ひとつで済ませようと努力した結果、パソコンは使わない生活になりました。

パソコンに全く触れないというわけではなく、アルバイト先では使うのですが、家では使う必要がなくなりました。

一番のきっかけは、Ankerの外付けキーボードの購入です。迷いつつの購入でしたが、今では軽くて超便利で最高です。


それまで文章を入力することすら「スマホ」で済ませていたのですが、どうも文量が少ないことに気づきました。

スマホでの入力は「フリック入力」でして、どうしても「使う指」が限られてしまうため、酷使した結果、早々に疲れてしまうのです。

そのために、ブログの文量が少なくなってしまっていました。

文量が少なくなるということは「文章が短くなる」ということで、文章が短くなるということは「必要な説明を省いてしまう」ことになります。

自分の頭で分かっていることを、あえて説明するのは難しいことです。しかも初めての人が読んでも分かりやすい文章にするということは時間もかかります。

考える方に時間を費やすべきなのに、フリック入力の疲労度に制限されては「意味がない」ということに気づいてAnkerキーボードを導入しました。

これが大正解でした。

特別なソフトを使うのでなければ、スマホと外付けキーボードで充分です。

スマホがあれば、ネットで調べものをしながら、買い物し、雑誌を読み、画像を撮影して編集した上、ブログを更新することができます。

昨日の向上によりスマホは「カメラ付きモバイルパソコン」の代わりを充分果たすようになりました。

ならば、スマホだけですべてを済ませようとする私のような方がいても不思議ではありません。

今に至っては、手元に銀行もあり、投資までできるようになりました。もう手放せません。


無くさないための工夫とセキュリティ対策 

そんな私の生活になくてはならない「スマホ」。

何でもひとつで済ませるということは、それをなくした時のダメージが相当深くなることを意味します。

そのために「iPhoneを探す」などの機能があるのですが、それだけでは不十分です。というか私が納得できないのです。

そこで、まずスマホと自分を物理的につなげることからはじめ、スマホ内部のセキュリティ、スマホ外部のセキュリティを高めることにしました。

<私のセキュリテイ>
1. 落下衝撃防止カバー(外部)
2. ウィルス対策(内部)
3. 忘れもの対策(うっかり)

1. 落下衝撃防止カバー(外部)
スマホ自体は米軍レベルの落下衝撃防止カバーをつけ、カバーにリングをつけます。これで移動時間にスマホをなくす確率が減ります。


お安く試されたい方は、100円均一で両方とも購入できます。これが便利だと思われたら強度を高めていきましょう。

ちなみに、SPIGENの透明カバーですが、使いすぎると黄色くなりました。「そろそろ変えよっか」と剥がしてびっくり。劣化するんですね〜

物自体は、丈夫です。四角には空気袋がありますし、画面よりも飛び出ていますので、まともに下に落としても保護されます。いや、されました。あの時は冷や汗がでました。


2. ウィルス対策(内部)
外側だけを保護していても、中から入ってきたら「何を守っているのか」分からなくなります。

せっかくの米軍仕様でガードしても、インターネット経由ですべてのデータが吸い取られてしまったら、スマホは単なる高級文鎮と化してしまいます。

インターネットをなめてはいけません。

こちらから世界につながることができる
=世界から攻撃される

ということを意味しているからです。

「世界から攻撃される」という意識は非常に大切でして、日本をはじめ世界にいるハッカーたちから狙われている可能性を常に心にとめておきます。

そうしないと何を気をつけて良いのか、分からなくなります。


無制限台数版カスペルスキーの導入 

世界から攻撃される緊張感が生まれたら、まずは「ウィルス対策」です。ウィルスの実態は、プログラムコードという文字列です。

この文字列がパソコンやスマホに入り込むことで、自分のパソコンやスマホが世界に向けて個人情報を垂れ流すサービスストアになります。

まず「入り込ませない」ために、専門の「ウィルス対策」ソフトを購入しましょう。

次に紹介する「VPNサービス」も同じですが、すべて「無料」で済ませようと思ってはいけません。

「安全はお金で買える」
「お金を払ってでも安全は担保すべき」
という考えに改めていただきたいと思います。

ALSOKが無料で私の家を守ってくれますか?」という話です。

守ってくれるにも守るための費用がかかっているはずでして、それが「無料」で提供されること事態、「おかしい」と感じるべきです。

そんななか、私が採用しているのは「カスペルスキー 」です。


ウィルス対策ソフトは、たしかに数々あります。

ソースネクストさんの一度購入するとパソコンを乗り換えるまでずっと無料の「ウィルスセキュリティ」は誰しも一度はお世話になったサービスだと思います。


それでも私が「カスペルスキー」を選んだのは、世界で上位に入るウィルス対策をしていると信じているからです。

信じる根拠は、まず、カスペルスキー創業者の名前と顔が知られていることです。

現在、お使いのウィルス対策サービスを作っている、もしくは提供している人のお名前と顔はご存知ですか?

顔と名前を出すということは、それだけサービスに自信と責任を持っていることを表しています。どう考えても自信とその家族の安全面を危険にさらす行為だからです。

カスペルスキー創業者であるユージン・カスペルスキー氏。

数学が飛び抜けてできた学生時代を経て、自身で発見したウィルスのワクチンを開発したことがキッカケでウィルス対策の専門家としての道を歩き始めたカスペルスキー。

自身は会社名に自分の名前をつけることに消極的だった彼は、マネジメント統括に活躍する今も自分を「技術者」として誇りを持っています。

趣味が仕事になってこんな幸せな人生はない」と豪快に笑うカスペルスキーさんのサービスを使わないわけにはいかないでしょう。



事実、カスペルスキーはウィルス対策に特化したサービスであり、サービスのサポートも完璧です。

サービスは華々しいのに、サポートにメールしても全く反応がない場合があります。

そんなサービスはすぐに廃れるので、その段階で様子を見ながら利用をやめる決断をすべきです。

私もサービスを利用しているが、サポートの対応が悪すぎるため、利用頻度を控えているものがあります。

サポートからの返信が来るまでの時間は、早ければ早いほど良いです。反応が早いほど、見込みがあります。

当然、反応が早いといっても「自動返信」では意味がないのでご注意ください。パソコンによる自動返信でなく、人による返信に限ります。

これは日本、世界問いません。

カスペルスキー製品は、いくつか種類がありますが、私が使っているのは、インストール台数無制限のプレミアライセンス版です。

<私が購入したカスペルスキー>
製品名: カスペルスキー セキュリティ 2017 3年プレミアライセンス版 更新ライセンス    
金額: 10,223円

2016年11月に更新したので、今年また更新する予定です。更新すると普通に購入するよりもかなりお得なお値段で提供されます。

<前回の場合>
3年10,223円
1年   3,408円
1ヶ月   284円

1ヶ月284円、まあまあのお値段と思われるかもしれませんが、この284円でインストール台数無制限ということに注目してください。

Windows, Mac, Android(スマホ、タブレット)すべてインストールできるのです。

私一人でも、7台ほど持っているので、1ヶ月1台40円ほどで世界最高ランクのセキュリテイが確保できます。

実際は、10台以上のインストールの際にカスペルスキー側に連絡する必要があるのですが、さすがに一人で10台以上も管理するのは大変です。


VPN対策「Disconnet Premium」 

VPN(Virtual Private Network:仮想私的ネットワーク)の3文字は聞いたことがある方もおられると思います。

その実態は「ネット上の足跡隠し」です。

世界につながったインターネット。ネットをするということは、そのインターネットの海に足跡を残しているということです。

その足跡が残るだけなら良いのですが、悪い輩がその足跡をたどって私のスマホやパソコンまでたどりつくことができます。

家まで勝手に付いてくるのです。付いてくるだけではなく、中まで入り込もうとします。

入り込まなくても、あなたの検索結果を情報として記録し、あなたが思考回路を分析し、あなたがひっかかりそうな詐欺を仕掛けてきます

そのための対策が「VPN」の利用です。

インターネットの海に残ってしまう足跡を、残さないように撹乱してくれるのです。

足跡を撹乱する方法はいくつかあるのですが、そのひとつとして「サーバー」を転々とする、仮想サーバーをつかう方法があります。

サーバーは情報のまとめ役でして、私たちはこのまとめ役を利用してネットにつなげています。

そもそもこのまとめ役を実態のないものにするという方法を可能にするのが「VPNサービス」の利用です。

当然、有料のサービスを選びます。

私が選んだのは「Disconnect Premium」です。


たまたまセール情報を知り、試しに購入したのですが、これが最高によろしいのです。

Disconnect Premium VPN
Disconnect Premium VPN
開発元:Disconnect
無料
posted withアプリーチ

岡山の片田舎に住む私へのサポート返信は、最短「秒」で来ます。本当に。いつもサポート担当は、Codi紳士です。

サポート紳士Codiが、丁寧な文章で解決に至るまで導いてくれます。お忙しいだろうに、本当に感謝です。

元GoogleのエンジニアBrian Kennishさんが中心となって開発されたDisconnect。資金を得て独立し、個人でも使えるようにしてくれました。

これが無料なわけがありません。

Brianさんの講演

Patrick Jackson is a cyber privacy expert and the chief technology officer at Disconnect. (WTHR Photo)
現在のチーフ技術部門担当Patrickさんです。


中身は良いとしてその「中身」は大丈夫? 

と外見と中身を守れるようにしたものの、「守るべき対象」を守っているのかという話になります。

つまり、情報のバックアップです。

今回、新たに導入したのが「楽天ブログ」です。

もともとlivedoorブログを使っているのですが、「無料」というのが気になっていました。

「無料」はありがたいのですが、「無料」なのでlivedoorブログ側に運営決定権があるということです。

明日、livedoorブログさんが「やめます」と言われたらそれまでアップしていたブログがなくなるということです。

アフィリエイト目的で始めたブログですが、今では私の人生の外部記録となっている現在、なくなると非常に困るのです。私が。。

もちろん、バックアップとしてメモ帳に元原稿は残してあるのですが、ブログとして読みやすくした内容を残しておきたいのです。

また、livedoorブログで気になっているのは「画像保存容量」に制限があることです。10GBまで保存できるのですが、10GBって少なすぎます。

ブログ当初は「そんなに続くわけないな」となめてかかっていたので気にならなかった10GBですが、今になって焦ってきました。

ブログで使った画像自体は、Amazon Driveに保存しているのですが、Amazonプライム会員をやめたらなくなります。

楽天経済圏民として生活している現在、楽天銀行と楽天証券を開設し、財布の中身まで知られている「楽天経済圏」のサービスなら大丈夫と踏んだのです。

しかも、楽天ブログの画像保存容量は「無制限」なのです。もう使うしかありません。

ブログのタイトルも内容も、livedoorブログと同じものを使います。本人によるコピペです。

よく考えると商売も、ひとつのところではなく様々な広告媒体を使っていますよね。ブログだって同じようにすべきではないかと考えました。

アフィリエイトが気になりますが、そもそもメインで紹介しているのは私が使っている楽天市場とAmazonの商品なので問題なしです。

私の場合、ひとに広めるよりも「バックアップ」の目的が強いですが、まずは使ってみることにしました。


楽天ブログ使い方 

楽天会員なら「使い方は簡単!」と思ったら大間違い。意外と手こずりました

いきなりエラー画面が出たり、コード編集の切り替えが分からなかったり、画像のアップロードが2段階あって面倒くさかったりします。

でも、バックアップと考えると大切な作業です。

<楽天ブログ開設まで方法>
1. 楽天ブログアプリのインストール
2. 楽天ブログの会員登録
3. 楽天ブログのプロフィール設定
4. ブログのURLと名前を決める
5.「ブログを書く」PC画面で「みたまま編集」チェックを外す
6.「写真」はアップロードしてからブログへ

1. 楽天ブログアプリのインストール
楽天ブログ
楽天ブログ
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2. 楽天ブログの会員登録
まず、楽天会員でログイン
FullSizeRender

なぜか、別のサービスとして「楽天ブログ」に登録せよと言う。先ほどのログインの意味が分からない。
FullSizeRender

結局、ウェブ版になるんかい…
FullSizeRender

3. 楽天ブログのプロフィール設定
楽天市場のレビューで登校する名前がブログでも表示されるので、もう一度考え直します。

4. ブログのURLと名前を決める
自分でも覚えやすいURLにしましょう。
メールマガジンは配信不要にします。
FullSizeRender

下にスクロールし、人間証明をします。
FullSizeRender

プロフィール設定します。
FullSizeRender

写真を入れてみました。
FullSizeRender


5.「ブログを書く」PC画面で「みたまま編集」チェックを外す
FullSizeRender

「日記を書く」をタップ
FullSizeRender

右上の「見たまま編集」のチェックをはずすと、コード編集できます。livedoorブログのコードをコピーして貼り付けることができます。
FullSizeRender


6.「写真」はアップロードしてからブログへ
写真を入れたいときは、事前にアップロードしておくと楽です。ブログを書きながらですと、途中の段階に戻れなのが、面倒です。


お疲れさまでした!

まとめ

正直、楽天ブログはlivedoorブログと比べるとかなり使いにくいアプリです。本当の日記用にシンプルに使われることを念頭に置いているようです。

なぜなら、ウェブから編集しようとすると無理やりアプリに誘導されて面倒くさいところもあるからです。

画像のアップロードも謎の2段階の手間があり、時間がかかります。一度ブログの保存領域にアップしてから、ブログ本文に貼り付けるという2段階です。

このような画面になり、焦りました。落ち着いてアプリを閉じて、また開きましょう。
FullSizeRender

まだ使い慣れていないためか、livedoorブログよりも使いにくく感じます。それでも「画像保存無制限」があるので良しとして使ってみたいと思います。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

カエレバの画像が小さくなった?

FullSizeRender

「カエレバ」便利だなあ

検索するだけでコード完成

ん?画像が小さくなったよ?



<結論>

画像サイズ「 中 」に変更する


更新日:2019年3月30日

アフィリエイト目的で始めたこのブログですが、2019年に入ってから収益「 0 円 」の日々が続いております。

アフィリエイト界隈ではGoogle検索の方法が変わってかなり損失があったと報告されています。

しかし、私の減益は、Google検索の規定が変わったとかそういう問題ではないような気がしています。

過去の話とはいえ、ブログ開始から4ヶ月目あたりで収益があったことは驚くべき事でして、今では単なるラッキーパンチだったかなと納得しています。

ブログ設立の第一目的はアフィリエイトによる収益ですが、実は私(おばさん)の覚え書きという路線があることも見逃してはならない点です。

分からないことや忘れた設定を自分のブログを検索し、自分で書いた解決策を見て助けてもらっているという・・・事実!

たいてい同じことで引っかかっているので、いつでもどこでもブログ内検索できるのがとても楽です。

ただし、ブログ内検索について面倒くさいことがあります。

検索エンジンから私のブログに飛ぶと、パソコンの場合は問題ないのですが、モバイル版だと一発で検索画面付きの記事一覧にならないのです。 

<パソコンで開いたときの画面>
FullSizeRender

<スマホで開いたときの画面>
FullSizeRender


これが自分が過去の記事を検索しようとして困ったことの第一位でして、いちいちGoogleで
「マサキさんがやってみたブログ mijica」
と入力するのがすこぶる面倒でした。

そこで、たまたまスマホで「mijica」を検索した結果に検索項目の入ったトップページが表示されたので、その段階で「ホーム画面に追加」しました。

なので、私のスマホ画面には「マサキさんが」という文字の入ったライブドアブログのアイコンがあります。

<スマホでの「mijica」検索結果の画面>
FullSizeRender
こいつをスマホのホーム画面に追加すべし。

「思い出すときの記憶保管庫」としてのブログになりつつあるということです。

他人だけではなく、自分が一番助かっているブログ、それが「マサキさんがやってみたブログ」です。40代ならではかもしれません。

もちろん、アフィリエイト収益は上げたい訳でして、先人たちの知恵を借りるべく、Googleキーワード検索から記事を書いたり、ブログの戦略を拝見しております。

ところが大阪駅で開催された「A8.net」のイベントに参加したりしましたところ、こんなにも同じ気持ちで頑張っている方々がおられるのかと驚愕したのも事実です。すごい列と熱気でした。

他人と同じことをやっても仕方ないならば、自分のペースで自分世代を中心にお役立ち情報をお届けできればと思った次第です。

というより「そうしないと続かないな」と自分で直感したからです。

もともとは「イケハヤ」さんの活動を拝見し、というか「月500万円」という言葉に惹かれてのアフィリエイトブログ開設でした。

*今見たら「月50万円」だった。

これにブログで使えるコードを探したり、検索されやすいキーワードを調べたり、商品やアプリ画像を入れるときの便利なサイトを知ったりと当初から比べるとかなり進歩した私です。

何でも良いのですが、人間きっかけがあると変われるものです。そして、のめり込める「きっかけ」にブチ当たるまでは、とにかく動くことですね。

私の言う「動くこと」には「Twitter巡回」も含みますよ~。おもしろそうなものがあれば試して、ダメなら「ハイ次」これで良いと思います。
モノとの出会いによって人生の深みが出ることを学んだ本。著者の藤原さんの「物の見方」と「考え方」にかなり共感しました。

自分が良いと思うものにとことんはまる。そこに他人の目は存在しない。それだけで人生の充実度が明らかに変わるんだなあと。

私はTwitterのおかげで「青春有你」と出会えました。「青春有你」で中国語勉強への熱が再熱し、C-Popの素晴らしさに気づかされました。

さらに動画、音声アプリの発掘に編集までこなせるようになりました。スマホだけで。

40代の発見】画面録画アプリ「Recgo」使い方


40代の発見】アプリ「GIF 作成-GIFアニメ画像動画が作成」を使ってみた


40代の発見】アプリ「box」に音楽データ(mp3)を保存する方法


画面録画 - スクリーン 録画アプリ
画面録画 - スクリーン 録画アプリ
開発元:Softin Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ


GIF 作成-GIFアニメ画像動画が作成
GIF 作成-GIFアニメ画像動画が作成
開発元:Yan Xiaoning
無料
posted withアプリーチ

GIF Viewer
GIF Viewer
開発元:ImgBase, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Easy MP3 Converter - MP3/AAC抽出
Easy MP3 Converter - MP3/AAC抽出
開発元:WEBDIA INC.
無料
posted withアプリーチ


個人サイトでここまでやる?という驚きと感謝

自分が続けやすいようにブログを最適化した結果、1年間毎日ブログ記事更新を達成することができました。

毎日何かしら困ったりしているんだなあと思うと同時に、ブログを記事化するまでに利用させていただいているサイトの運営者の皆さまには感謝の念しかありません。

楽天やAmazon、Appleのアフィリエイトは、思ったより簡単にコード作成できます。

ログインして商品を選ぶだけです。何の知識もない私がコードをさわっているのですから愉快な話です。

また、「カエレバ」のようにもともと個人サイトで頑張っておられた方が、徐々に活躍の場を広げられているところを拝見すると「すげえなあ」と感動します。

カエレバ

と同時に、私が欲しいものは、けっこう皆も欲しいものなんだなあと思います。

<お世話になっている個人サイト>
カエレバ https://kaereba.com/ 
アプリーチ http://mama-hack.com/app-reach/


ブログ記事を更新するときは、必ず利用するのがこの2サイトです。

何の関係もない画像を入れるよりも、その記事で大切なものやこと、アプリは実物をずばりと入れた方が良いに決まっています。

カエレバさん(開発者:かん吉さん)は、Amazonや楽天などで取り扱われている本や物を紹介するときに利用させていただいています。

Amazonさんと楽天さんでもそれぞれの個別のアフィリエイトコードを取得できるのですが、カエレバさんだとAmazonさん、楽天さん、Yahooさんなど同じ製品を買いたい人が買いたいサイトで購入できるのです。

それは便利に決まっています。

そのため、Amazonさんのアフィリエイトコードを使うのは、Kindleでしか取扱いがない本のときくらいです。

また、Twitterで本を紹介するときに商品リンクをゲットするのにもAmazonさんのアフィリエイトリンクを使っています。

楽天さんも同様で、楽天市場さんでしか取り扱っていない商品、楽天トラベルなど楽天経済圏だけでの取扱い商品と、Twitterで本や楽天マガジンで取り扱われている雑誌が更新されたときにアフィリエイトリンクを使っています。


仕様変更に直面

カエレバさんの兄弟サイトは、4つ(合計5つ)あります。
「ヨメレバ」「ポチレバ」「トマレバ」「タベレバ」です。

<カエレバ関連サイト>
カエレバ(物品全般)https://kaereba.com/ 
ヨメレバ(本)
https://yomereba.com/
ポチレバ(アプリ・iTune)
http://pochireba.com/
トマレバ(旅行)
http://tomareba.com/
タベレバ (ホットペッパー)
http://tabereba.net/
*URLにセンスを感じます。

それぞれのサイトは、その界隈で重要なアフィリエイトコードが必要な項目をチェックするだけで自動的に貼れるようになっています。

例えば「トマレバ」なら、楽天トラベルだけでなく、じゃらん、JTBなんかも含まれます。

ところが、私は商品ごとにサイトを飛ぶのが面倒くさいのと、紹介するものが自分がメインで使っているAmazonさんと楽天さんなので「カエレバ」だけで充分です。

さらに、アプリ紹介は「アプリーチ」さんで慣れているので今更変更するとか考えられません。

iTuneミュージックは、最近やっと本家のiTuneミュージックのアフィリエイトで曲紹介することを覚えましたので、何かの際には出していきます。

もともと音楽を聴かないので「青春有你」のような強力な後押しがないと聴いたり購入することはありません。

*所有的規則のやつです。

最近は「青春有你」に出てくる曲を買っています。今までの私が進んでC-Popを買うなんて考えられないことです。本当「出会い」って大切だなあ。

と「カエレバ」「アプリーチ」の両刀づかいでブログ記事を更新していたのですが、困ったことが起こっています。

「カエレバ」の商品画像が小さくなったこと、「アプリーチ」のAndroidブロックが巨大に表示されることです。

<現在の困りごと>
カエレバ:商品紹介画像が小さくなった(今回解決)
アプリーチ: Androidブロックが巨大に表示される


カエレバ:商品紹介画像が小さくなった(今回解決) 

<解決前>ちっさい!

<解決後>大きく!
どちらも商品名検索して自動作成されたコードを貼り付けただけです。

ちなみに、アプリーチのコードは「旧コード」を使っています。「新コード」をライブドアブログに貼り付けると、アプリの紹介画像が異常に小さくなったのです。

試しに「旧コード」を貼り付けたら紹介画像が以前のように大きくなりました。


「カエレバ」商品紹介画像を大きくする方法

こういうときに困るのが、コードについて無知であることです。

コードの基礎でも知っていれば、画像のサイズを変更して表示させることができるはずです。

しかしそのままにしておくのもかっこ悪いので、私なりにサイズ変更してみましたが、思うように表示されませんでした。

1ヶ月くらいは「カエレバ」で商品紹介画像が小さく表示されることに納得して使っていました。

ところが、やっぱりかっこ悪いというか、私がその画像を見たときに「かなり見えにくい」ので何とかしたいと考えました。

そこで、原点に戻るべく、いつも使わせていただいている「カエレバ」サイトをまじまじと見直してみることにしました。通常は、右上のボックスに商品名を入れるだけです。
FullSizeRender

<まじまじと見直した部分>
FullSizeRender

画像小」があるではないですか!

こいつの隣にある「 ▼ 」をタップしてみると、ありました「画像中」!「画像中」にした途端、商品紹介画像がいきなり大きくなりました。

なんだなんだ、単純に「画像小」に設定されていただけだったのか~とぐったりしたのでした。

実は、それまで画像表示に関する設定だけでなく、他の「rel=」などの設定をさわったことがなかったのです。

商品検索して出てきたコードをそのまま使っていたということです。だから「いつもの仕様を変更すれば良い」という考えに至るのが遅くなったのです。恐ろしいことです。


「アプリーチ」Androidブロックが巨大に表示される(未解決)

「アプリーチ」 Androidブロック問題は、ライブドアブログのモバイル版で起こっています。

アプリーチ: Androidブロックが巨大に表示される 

<パソコン版>問題なし!
FullSizeRender

<モバイル版>でかすぎる!
FullSizeRender

PC版だときちんと「App Store」と「Google Play」のボタンの大きさが同じなのに、モバイル版でのAndroidの主張が強すぎるのです。

ライブドアブログが「Android推し」なのでしょうか?いやアプリーチか?

とりあえずPC版だけは正しく表示されていることで納得していますが、なぜモバイル版だけ不揃いな表示になるのかもやもやしています。解決できたらお知らせしますね。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

Stockily 広告がバンバン来る〜

IMG_9782

素晴らしい画像・動画!

格安のお値段の「Stockily」

何でこんなに安いの?



<結論>
Stockilyは有料検索サービス付きの「マーケティング会社」
検索対象 : CCライセンスの画像・動画・音楽・ベクター画像・フォント

更新日 : 2019年5月18日

このサービス怪しい?」と思ったことはありませんか?

私の場合、「Stockily」がそうです。その理由は、「Stockily」があまりにもお得過ぎるサービスだからです。

当然、有料でしてお金を払って「Stockily」の利用をしているのですが、お得過ぎて逆に「本当にこれ普通に使い続けて良いの?」という一抹の不安が出てきたのです。


「Stockily」とは?

「Stockily」は、画像、動画、音楽、ベクター画像などを自由に利用できるサービスです。


通常ですと、写真1枚を画像サイトで購入するとすると500円はかかります。画質が良くなるとその分、同じ画像でも価格は上がります。

私がベクター画像(イラスト)の無期限利用権を購入した「StockUnlimited」さんですと、月19ドル(2,100円)かかります。


契約すると、その期間は「StockUnlimited」にある画像や動画などを無制限に保存できるのですが、私がこのお値段を見るとかなりお高く感じるのです。

1年プランですと、79ドル(8,700円)で月725円となり、月19ドルを考えるとさらにお得に感じます。それでも私にとっては高く感じるのです。

と言いますのも「Stockily」ですと、28.02ドル(3,100円)の1回払いで写真、動画、音楽、ベクター画像(イラスト)、フォントが使い放題だからです。

<価格の比較>
        1年 79ドル(8,700円) : StockUnlimited(毎年払)
一生 28.02ドル(3,100円) : Stockily(1回払)

当然、「Stockily」を迷わず購入しました。

【40代の発見】写真満載「Stockily」永久ライセンス購入(3,000円)

StockUnlimitedさんは、Stockilyよりも先に見つけていたサービスでした。そのキッカケは、1回払で一生使えるという「lifetimeプラン」が販売されていたからです。

【40代の発見】イラスト4,000円で使い放題!StockUnlimitedの有料会員になりました。

たった4,000円で一生、StockUnlimitedさんのベクター画像(イラスト)が使い放題とか凄すぎると思い、即購入しました。

その後、ソースネクストさんから「たっぷり素材PIXTA」パックを購入し、ついに写真まで手に入れることができました。

【40代の発見】写真・イラスト10万点が7,980円で使い放題!やばっ!

<購入遍歴>
StockUnlimited(イラストのみ)
            ↓
ソースネクスト(写真とイラスト)
            ↓
Stockily(写真、動画、イラスト、音楽)

ポイントは、すべてのサービスを「1回払(lifetimeプラン)」で購入していることです。

月払ですと、支払いに切りがないですし、結局使っていないのに数万円も支払い続けていた!なんてことになりかねません。

だからこその「1回払」です。支払いのときは、多少お高い出費になりますが、結局はお得になりますので、私は進んで「1回払」をしています。


何が不安?お得過ぎるから!

さて、私がお得過ぎて不安に感じるには訳があります。それが、Stockilyさんの画像をダウンロードしたときに出てくる画像のURLにあります。

例えばStockilyからダウンロードしたこの画像ですと、
画像: 
IMG_9784

URL:

というURLからダウンロードされることになります。

私が不安を感じたのは、このURLの中にひとつも「Stockily」の要素を感じさせないからです。

しかも、この検索した画像は簡単にTwitterに投稿できるようになっています。有料の画像でしたら、ユーザー側がTwitterやInstagramに投稿するのは大変な損害です。

さらに、この画像が「Stockily」所有の画像でしたら、URLの中にStockilyの文字が入っていてもおかしくないのではないかということです。

その不安は、私以外の他のユーザーも抱いたようで問い合わせがあったらしく、Stockilyホームページの「よくある質問」コーナーにQ&Aが掲載されています。

(商業にも個人ブログにも利用できることに対し)
質問: ライセンスはどうなっているの?
回答 : Stockilyはcreative common license(CCライセンス)を持つ画像、動画などの検索エンジンです。それぞれの画像や動画の著作権はStockilyではなく作者のものです。StockilyはそのとりまとめをしてStockilyユーザーが個人や商業用に使えるようにするためのライセンスを提供しています。
Q5. How does the licensing works?
A5. Stockily is a meta search engine with photos, videos, vectors for creative common license. These assets are the property of respective individual or company. Rest of the stock assets are licenses for stockily and it;s users to use in personal or commerical projects

ということは、Stockilyは無料で使える画像や動画を格安とはいえ、有料で提供していることになるのではないでしょうか?

しかし、世界各地にある無料の画像サイトを自分で検索して探すよりも、3,000円を支払ってまとめサイトであるStockilyで探す方がはるかに簡単であることは実感として分かります。

つまり、Stockilyは有料画像提供サービスではなく、有料検索サービスだった訳です。

<「Stockily」とは?>
有料検索サービス
検索対象 : CCライセンスの画像・動画・音楽・ベクター画像・フォント

<creative common licenseとは?>
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)
作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示のこと。
作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

なるほど、良い商売を考えたものです。

思い当たるフシがありまして、そのひとつがメールでの広告です。


「Stockily」というマーケティング会社

Stockilyは、新しいサービスなどに関するメールを送ってくるのですが、これが見事にアフィリエイターや広告関係者向けのものなのです。

「あなたのサイトで売り上げを伸ばすために必要なのは…だから、このウェブセミナーに参加すれば…」

しかも、Stockilyからのメールだけではなく、それ以外の会社の広報担当者からもお誘いがあります。

なぜ「有料検索エンジン」の会社がマーケティングのようなことをするのか疑問に思っていました。

しかも、私はStockilyから来たメールのなんと申し込んでもいないウェブセミナーの参加者になっていました。

参加を取り消しできたので特に問題はなかったのですが、気になったのはStockilyサポートの対応でした。

私がStockilyサポートに申し込んでもいないウェブセミナーの参加者にされているので解除して欲しいと連絡したところ、

let me check please

と返信がありました。その後、自分で申し込みをキャンセルできたので、これで問題ないかを問い合わせたところ、返事はありませんでした

キャンセルできたんだからそれで良かろう」という意思表示だと思うのですが、少し不信感を抱いたのは確かです。

それでもこちらからStockilyサポートに連絡すると、すぐに何かしらの返信を送ってくれることには感謝しています。

Degooは返信来たことがありませんので…

【40代の発見】DegooクラウドはiPhoneで使えないが有料会員3TB!クセが強すぎる…

その後、Stockilyからのメールを全て「Unscribed」解除しました。その方法もちょっとクセがあったのですが、おそらく設定できました。

さらに、私がライセンス表示は必要ないかを問い合わせたところ、返事はありませんでした。当然ですよね、CCライセンスの素材の存在を教えてくれているだけで作成者ではないからです。

ちなみに、StockUnlimitedさんですとライセンス表示に関して以下のような返信をいただきました。
------
For attribution, you may use the credit statement as per below:
 
"All the illustration are copyright to StockUnlimited"

Hope this clarifies. Do let us know if you nee
d any further assistance.
------

画像に「All the illustration are copyright to StockUnlimited」ってつけてね!という話です。逆に安心するレベルです。


まとめ

無料で使える画像や動画をひとりで集めるのは並大抵のことではありません。下手したら1枚の画像のために数日かかる可能性があります。

「ならば購入」となると、1枚あたり500円以上かかり、どう考えても途中で購入をやめてしまいます。

Stockilyによる画像検索は、確実に楽であることは確かです。また、簡単にダウンロードできることで本当に時間の短縮になって助かっています。

今回、その格安の仕組みを知れたことは収穫でした。


<関連ページ>




このエントリーをはてなブックマークに追加

amazletを使ってみた

FullSizeRender

いつもカエレバさん

画像が小さくなった

治ったけど…う〜む



<結論>
Amazonにしかない商品は
「amazlet」さんで決まり


更新日: 2019年5月7日

以前からブログでのおススメ商品案内は「カエレバ」さんを愛用してきました。

カエレバさんは、楽天、Amazon、7net、Yahoo!などのネット通販サイトを一括したリンクが作れる上、商品画像まで掲載してくださるのです。

カエレバ

実は、カエレバさんは商品に合わせて「ヨメレバ」「タベレバ」など特化したリンク作成サイトをお持ちなのですが、面倒くさがりの40代は「カエレバ」サイト一択です。

それでも「カエレバ」さんの優秀さは衰えず、私の希望を叶えてくれていました。

ところが、ある日を境に商品のプレビュー画面がそれまでと比べて小さくなってしまいました。小さすぎて何の画像かよく見えないのです。

解決策を探してみたところ、初期設定が「画像小」になっていたためと分かり安堵して、「画像中」にしました。


カエレバ検索結果に出てこない

こうして安心して使わせていただいていたのですが、またもや問題発生。

実はカエレバさんのトップページにヒントがあったのですが、まったく読んでいませんでした。

そのヒントとは、2019年1月10日から「国内ショッピングモールを応援する」サービスになったということでした。

また、その下に「Kindleセルフ出版本など、Amazonでしか売っていない」商品のリンクができないようなのです。

なるほど、それでいくら検索しても出てこない商品があるのかと納得した次第です。

ところが、私はAmazonプライム会員であり、かつKindle Unlimitedも契約して楽しんでおります。

ブログで本を紹介するときに自費出版(セルフ出版本)があるかもしれませんし、実際にAmazonで購入した商品がカエレバさんで表示されないことがありました。

「何とか同じようなデザインでAmazonにしかない商品の紹介はできないものか…?」

誰しも思うことです。

商品リンク作成専用のソフトも売り出されたりしているので、そちらを使う手もありますが、たいてい「WordPress」を利用していることが前提となっています。


WordPressは敷居が高すぎる

「WordPress(ワードプレス)」は、ブログをするなら、ブログでアフィリエイトするなら絶対と言われている有名なサービスです。


無料で利用することができ、自分の好きなようにカスタマイズできることで、ブロガーの皆さんに絶大なる人気があります。

WordPress
WordPress
開発元:Automattic
無料
posted withアプリーチ

そのためWordPressで使える便利なプログラムも世界中で多数開発されています。ところが、私は無料のLivedoorブログを使っています。
簡単だからです。

livedoor Blog
livedoor Blog
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

WordPressですと、サーバーも準備して自分でいろいろ設定しないといけません。このサーバー自体は、自分でレンタルする必要があるため、月ごとに費用がかかります。

実は私は、ロリポップさんでサーバーレンタルして無料ソフト「FFFTP」を使って「すげの会のホームページ」を維持管理しているのです。


ロリポップさんのサーバーレンタル料は、月100円からとお安いです。簡単、簡単。

ご利用料金-LOLIPOP

このロリポップさんのレンタルサーバーでの経験があるなら、レンタルサーバーを使えば良いのですが、ブログをはじめるときは本当に気楽に考えていたのです。

ブログ自体、続くかどうかも分からないので、何も考えずイケハヤさんの本にしたがって「Livedoorブログ」にしたまでです。


さらに、私の場合、ブログの更新に関わるすべてをスマホで完結したいという強い希望がありました。ブログの更新とは、文章作成、写真編集、商品リンク作成です。

WordPressはアプリこそありますが、サーバーを通して更新する必要があります。簡単に言えば、ブログのためにパソコンを開くのが面倒くさいというだけの話です。


Amazletさんを見つけた

カエレバさんでAmazonしか取り扱いのない商品の紹介をしたいと思っていた私の目に留まったのが、またしてもカエレバさんのホームページでした。

「「カエレバ」ブログパーツとは」というところに、
デザインは「amazlet」や「G-tools」といった人気ツールに準拠しています

最初に見たときは「ふーん、そんなのがあるのか〜」という程度だったのですが、今改めて見ると、「amazlet」さんは明らかにAmazonの商品を扱う名前と見て取れます。

それが本当なら、Amazonでしか紹介されていない商品の画像付きリンクを作成できると踏んだのでした。

早速、試してみるとこれが誠に素晴らしい。


懸念していた画像サイズも私の希望どおりでして、大きめサイズの画像なのに画像が乱れていません。画質が良いのです。

事前にAmazonアソシエイツの自分の番号を登録すれば後は、検索してリンクのプログラムを貼り付けるだけです。

リンクのプログラムもタップするだけですべてのプログラムが選択できる心遣い。本当に素晴らしいです。


「amazlet」の使い方

1. セットアップをタップ(初回のみ)
2. AmazonアソシエイトIDを入力
3. AmazonアソシエイトIDがトップページに表示されるようになったのを確認する
4. 商品を検索
5. プログラムをブログに貼り付ける

1. セットアップをタップ(初回のみ)
ここに、AmazonアソシエイトIDを入力する画面があります。
FullSizeRender

2. AmazonアソシエイトIDを入力
Amazonアソシエイツに申請し、合格した選ばれし者が得られる番号です。実際は、3ヶ月ほど続いたブログで申請すれば合格できるようです。
FullSizeRender


3. AmazonアソシエイトIDがトップページに表示されるようになったのを確認する
ここでブックマークを登録し、次回からはこの画面から商品リンクを作るようになります。

FullSizeRender

ブックマークをしておかないと、次回からまた最初の設定からすることになります。面倒!

スマホの場合は、ブラウザでamazlet専用ページを開き、閉じずにそのまま使い続けると楽です。私はそうしています。

4. 商品を検索
いつものAmazonと同じように検索します。Amazonで取り扱う商品だけを検索しますので、Amazonで購入した商品はほぼ100%捜し出されるはずです。

FullSizeRender
初期設定した後は、AmazonアソシエイツIDが表示されるようになります。ちょっと嬉しい。

5. プログラムをブログに貼り付ける
「カエレバ」さん同様に、ブログのプログラム画面にコピペします。

おつかれさまでした!


<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ