カテゴリ: iPhone

福岡空港、屋久島便43番ゲートに行かずに充電

FullSizeRender

屋久島出発まで待ち時間あり

充電しながら作業したい

立ちっぱなしは無理ゲーだ



<結論>
「福岡空港、国内線、2階」で一番充電しやすく、長時間利用できるのは、搭乗口4番と5番の間のテレビ前にある机。

FullSizeRender
IMG_4784


更新日:2019年8月30日


屋久島行きの待合室の充電コーナーが立ちっぱなしで利用するタイプだったので、他を探したら座って充電できる机がありましたという話です。

しかも実質「無制限利用」できました。


久しぶりの福岡空港

4ヶ月ぶりに福岡空港へやって参りました。4ヶ月前は、韓国へ調査に行くために国際線を利用しました。

その際、地下鉄が工事中で「地下鉄の出口と福岡空港の入り口がつながる」という話でした。話を聞いたときは「なるほどね〜」程度でした。

ところが昨日、実際に地下鉄から福岡空港の国内線へ行こうとしたら動線がうまくつながっており、まるで海外でよく見るデパートのようになっていました。

地下鉄降りたら即、空港入り口
の意味がやっとわかったのです。

空港入り口に行きますと、右手に「保安検査場」、左手は「各空港会社カウンター」の案内があります。

荷物を預ける方は「左手」エスカレーターをご利用ください。機内持ち込み荷物だけの方は右手のエスカレーターを登るとすぐに検査場が見えます。

この左右のエレベーター、結局は、同じ2階につながっているのですが、より目的に近い方に到着するように工夫されています。

そのため、間違ってエスカレーターに乗り込んでしまっても大丈夫です。全く別の場所に到着することはありません。

前日の大雨で九州地方、特に佐賀県で土砂災害の被害が報告されていました。

私が屋久島に到着してからも、佐賀県佐賀市では、「大雨洪水警報」と「避難勧告」が出っ放しになっていました。

FullSizeRender
2019年8月30日11時確認
佐賀県の大雨警戒情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/41/

出発当日、新幹線の一部に遅延が発生しており、私は予定より2時間早めて福岡空港へ向かいました。屋久島便の欠航も可能性として考えてもいました。


福岡空港、スタバが無いと思っていたらあった

福岡空港の唯一の不満が「スターバックス」が無いことでした。

ネットで検索すると「食べログ」で以前は、店舗があったのが無くなったとあり、ガッカリしていました。

FullSizeRender
スターバックス・コーヒー 福岡空港店(食べログ)2019年8月30日検索
https://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400107/40018782/

ガッカリしていてもしょうがないので、いつも博多駅から地下鉄に乗り換える途中にあるスタバをりようしていました。

ここのスタバは、駅から徒歩1分で到着できる上、地下鉄への入り口とつながっているので大変利便性が良い立地条件にあります。

オリエンタルホテル福岡博多ステーション店
https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=211

ホテル通路から地下鉄につながっていることは、以前、間違ってホテルに迷い込んでしまったときに偶然見つけました。

「ホテルに入ってしまった!」
と思ったら、地下鉄マークがあり、それを頼りに進んでいったら無事地下鉄までたどり着けました。一時はどうなることかと思いました。

「福岡空港の国内線にスタバは無い」
と思い込んでしまった私は、わざわざオリエンタルホテル店ですぐに飲まないラテを購入していました。

ところが、今回、福岡空港のスタバは本当に無いのかどうかを本家スタバのホームページで調べたところ「ある」ではないですか!

店舗検索:空港で検索した結果(19 件)スターバックス(2019年8月30日検索)
https://www.starbucks.co.jp/store/concept/airport/

本家スタバで空港検索したところ、
福岡空港国内線ターミナル3階店
福岡空港国際線ターミナル店
と国内線と国際線にそれぞれ店舗がありました。
FullSizeRender


ところが、本家スタバの地図では大雑把すぎて、国内線のどこにあるか分かりません。そこで、福岡空港ホームページを調べてみました。

すると、本家スタバで「3階」と書いてあるのに、福岡空港HPでは「2階」と表示されている珍現象を発見しました。

IMG_4777

スターバックス コーヒー福岡空港 国内線ターミナル南ゲートエリア店(福岡空港HP)
https://shop.fukuoka-airport.jp/store/shops/starbuckscoffeesouth.html

おそらく福岡空港HPは正確ですので、2階にあるものと思われます。しかも、私が待ち時間を過ごしたのも2階でした。

つまり、福岡空港の国内線にスタバがあるにも関わらず、わざわざ博多駅近くで購入し持ち運んでいたということになりました。意味なし。

ただし、保安検査場を挟んで全く逆方向にあるということが分かりました。

つまり、屋久島便に乗る前にスタバを楽しもうと思ったら、保安検査場を過ぎてすぐに搭乗口に向かってはいけないということになります。

いったん搭乗口とは逆方向に向かい、スタバへ行き、また保安検査場を越えて搭乗口に向かう必要があります。

「そこまでして飲まなくて良し」

と自分でも思うのですが「いつもの味」と「リワード」を求めるなら、やっぱり「スタバ」なのです。履歴を見ますと、3日に1度は通っている計算でした。
*「リワード(Reward)」はスタバポイントのことです。ポイントがたまるとスタバ1杯(700円分まで)無料になります。

FullSizeRender



充電できないか?

空港で困るのは「充電」ではないでしょうか?特に国際線ですと、出発の2時間前には空港に到着し、長い列に並んで荷物を預けます。

さらに、保安検査場で長い時間待ってやっと検査が済みます。これで1時間以上は待ち時間として消費されます。

そうなるとスマホでチェックインしたり、調べたりするとすぐに充電も消費されます。

ところが、国際線では「待ち時間が長い」が共通認識のためか、たいていどの空港でも座って充電することができます。

待合席に備え付けの場合が多いです。すべての席ではないですが、一番前か一番後ろの席はUSBで充電できる設備があります。

ところが、国内線ですと、最悪30分前に着けば何とかなりますので「スマホの充電を消費する時間がほとんど無い」という前提で設備が整えられている気がします。

今回も通路の途中にある充電コーナーを見ると「利用時間は15分以内」とあり、仰天しました。15分なんてほとんど充電できないではないですか…

結論から言いますと、
「福岡空港、国内線、2階」で一番充電しやすく、長時間利用できるのは、搭乗口4番と5番の間にある机です。

デカイテレビがあるところです。

その脇に、屋久島行き搭乗口45番への降り階段があります。

屋久島行き搭乗口で充電しようとすると、階段を下りきったところに「立ち充電コーナー」があるだけです。

「せめて椅子をおいてあげれば…」と思いますが、充電口が少ない分、独占できないようにしてあるのでしょう。

ところが、屋久島行き搭乗口のある階ではなく、その上の2階、目の前のテレビ横なら、座れるわ、充電口がたくさんあるわ、パソコン利用が充分可能な机が用意されています。

私がいたときは、利用者が思ったより少なかったです。平日だったからでしょうか?

最初は隣にビジネスマンが仕事をしていましたが、その後、家族連れが充電ではなく、お弁当を食べるのに利用していました。


まとめ

私は、大雨の影響を心配しましたが、予定よりスムーズに早めに空港に到着することができました。

屋久島行きの飛行機も無事、出発できそうということを確認してから問題になったのが「充電」でした。

確かに、新幹線でも充電できたのですが、常に100%近く、80%以上は充電できていないと不安になります。スマホは現在の命綱ですから!

ところが、今回、新しく充電基地が見つかり安心しました。しかも、まったく逆方向ですが「スタバ」があることも確認できて良かったです。

きちんと本家スタバや空港のホームページを自分で確認しないといけないという教訓も得ました。

また、空港で充電コーナーを探すなら「巨大なテレビ」の周りを探すのがポイントだと改めて認識しました。

この探し方は、海外でも有効です。

韓国仁川国際空港でも、関空行きの搭乗待合席よりも「巨大なテレビ」の前にある座席で充電できました。

電気系統を配置する上で、テレビの近くに充電コーナーを作る方が配電上、設計しやすい模様です。


屋久島行き注意

たまに43番乗り場からまったく逆方向の搭乗口へいきなり変更になることがあります。

私も一度、経験しましたが、あのときは本当に焦りました。飛行機に乗り込むまでは気を抜かないようにしましょう。


<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

PZXイヤホンチップ破れた

FullSizeRender

Amazon「PZX」
Bluetoothイヤホン購入

イヤホンチップ破れました

替えは無いんかい!?


<結論>
HOMMALAB
低反発 ウレタン製 イヤーピース
「大」が使えた


<状況>
試験1: 耳穴が小さめなので、イヤーピースの小さい方をつける
結果1: 外した時に耳に残る

試験2:「大」を小さくして耳に押し込む
結果2: 大成功

考察: 耳穴が小さいから小さい方でなく、小さいからこそ、大きいイヤーチップを無理矢理押し込むことで、安定している様子。

効果: 音の聞こえ方が抜群に良くなった。こんなに音が良かったのかとビックリ。

謝辞: 低反発ウレタンに感謝

購入したBluetoothイヤホン
FullSizeRender



iPhone7充電しながら音が聞けない

私の愛用している「iPhone7」。Appleアプリから直接購入したsimフリー版です。

電話はドコモでパカパカ携帯を未だに使っており(月1,007円:税込)、iPhoneは月4,598円:税・保険料込でネット使い放題のSAKURAWiFi で運用しています。

容量無制限“SAKURAWiFi”を契約してみた
http://masakisuge.blog.jp/archives/7253845.html

コロナ恐慌で小中高大学が休校となり、急にネット授業になる流れがありました。ところが、ネットに常時接続できない場合もあることで大混乱となりました。

スポンサーの保護者の方にとっては、高い授業料を払った上に、ネット常時接続できるインフラまでこちらで整えないといけないのかと思われた方も多かったのではないでしょうか?

そのとき私が考えたのは、SAKURAWiFi の学校による一括借り上げです。

手元にネット接続機器や手段のないお宅には、学校からSAKURAWiFi を貸し出し、すでにインフラが整っているお宅には月当たりの代金を返金するのです。

SAKURAWiFi はレンタルなので、月単位での契約ができます。わずらわしい2年縛りなど考えなくても良いのです。

とにかく学生さん全員に同じ学習を受けさせてあげたいなら、これが1番早いでしょう。

これを機会に、学生さんとのやりとりをSNSでできるようにしてみる先進派の学校があっても良いですよね。

LINEモバイルなら端末さえあれば「月550円(税込)」で、LINE使い放題になります。

ならば、SAKURA WiFiで授業を受けて、LINEで先生とのやり取りをしながら勉強することもできるはずです。

私の母のスマホは、私がFreetelの16,800円のAndroid端末にLINEモバイルのsimカードを入れています。


本当に「月550円(税込)」でLINE使い放題ですし、この使い放題には、市役所などにLINE電話が1ヶ所3分以内まで無料通話もできます。

私が実際にLINE電話を使って無料通話で市役所に電話したことがあるので本当です。まさか本当に無料でかけられるとは思いませんでした。

「3分」って短いようですが、予約の電話程度なら充分です。3分あれば1km走れますからね。

SAKURA WiFiを毎日使いまくっている私ですが、一方で悩みの種がありました。それは、iPhone7を充電しながら音が聞けないことでした。

iPhone7は、イヤホンジャックが無くなり、充電しながら音を聞くことができません。

フル充電していても1日持たない私のiPhone7は、どうしてもモバイルバッテリーから充電しながら作業する時間があります。

作業的なことをするときは必ず日本語以外の外国語を流すことにしています。私はすでに日本語は流暢なので日本語を聞いても意味がない。

そこで、仕方なく「Bluetooth対応のコードレスイヤホン」を購入したところ、これが最高。ただし、充電しながら座った状態での話です。

↓購入したイヤホン

このツノ付きのイヤホン、一見、耳から絶対落ちなさそうな作りをしていますが、落ちます。歩いていると体からの振動がツノに伝わり、少しずつズレていきます。

私の耳穴は小さい方らしく、それに合わせて複数あったイヤーチップは最小のものを選んだのは良かったのですが、問題はツノの方でした。

耳穴の小ささに合わせて、ツノも1番小さいのを選んで使っていたのですが、これが「間違いだった」と気づくのに1年くらいかかりました。

つまり、使い始めて1年経とうとしている今になって「ツノが大きい方が良かったのでは?」と思い出した次第です。

といいますのも、ツノが小さいと耳の溝ピッタリもしくはやや小さいくらいのハマりになります。

これで良いと思っていたのですが、実際は、大きめのツノを耳の溝に押し込んでその反発力をうまく利用して「つっかえ棒」にする方が良かったのではないかと後の祭りです。

後の祭りの理由は、使う小さいイヤピースとツノ以外は、外装の箱と一緒に見事に捨ててしまったからです。私の性格。

1年経過して「やっぱ他のサイズのイヤーピースとツノが必要だったかも」と後悔している40代。断捨離もほどほどにしないといけないです。


いよいよイヤーピースが限界に

付属されていた他のサイズのイヤーピースを見事に捨て去り、使い続けたところ、ついに約1年後にイヤーピースが破けて来ました。

外したときは分からないのですが、手に持つとひび割れたところが広がって、ゴムの部分が取れそうです。

これ、まかり間違って耳の穴の奥に入り込んでしまったら大変なことになります。

しかし、肝心の「PZX」のイヤホン販売ページには、替えのイヤーピースのことは書かれていません。

「皆さん、イヤーピースがちぎれたときに新しいイヤホン本体を買われていらっしゃるの??」

もし本当ならとんでもない大金持ちです。

まだ使えるイヤホン本体なので、私としては使いたい。ならば新しいイヤーチップを探すのみ…ですが、PZX専用のイヤーチップはありませんでした。

そこで、私が考えたのが「低反発ウレタン製」なら多少サイズが合わなくても耳に押し込めば何とかなるのでは?でした。

低反発ウレタン製といえば枕や耳栓が有名です。力を入れると小さくなり、元に戻るのに時間がかかるスポンジのことです。

この性質を利用して、耳穴に押し込んで元に戻すことで耳穴全体を埋めることができます。まさに耳栓と同じ要領です。


お値段も600円程度のものでしたので、試してダメだったとしても後悔しないでしょう。

すぐ注文しました。


届いた大小ふたつのセット

楽天市場で「お買い物マラソン」と「5と0のつく日」を利用した「イヤーチップ」の購入。

数日で届きました。
小さいものなのでメール便です。

開けてみますと、考えてもなかったのですが、大小ふたつのセットが入っていました。大小の違いは「長さ」です。

長さとは、耳穴とイヤホンとの距離のことです。

FullSizeRender
FullSizeRender


PZXイヤホン本体に付け、耳に装着したところ、小さい方は、耳から外した途端、イヤホン本体から外れてしまいました。

つまり、耳穴にイヤーピースが残った状態になったのです。

「こりゃ使えん」

おそらく、イヤーピースが短いため、イヤホンとの接続部分がそれに伴って短くなり「ふんばり力」が小さいのです。

しぶしぶ大きい方を半ばあきらめ気味で付けてみたところ、思ったより接続部分の「ふんばり力」が良さげです。

問題の耳穴にも指でウレタン部分を細めて入れ込めば、耳栓のように耳の奥でふくらんでいくのが分かります。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

「こりゃいけそうだ!」

試しに音を流してみますと、何とまあ「クリアな音質」に早変わり。今まで何を聞いていたの?くらいの違いがありました。

鈍感な私でも分かるくらいですので、敏感な方は1と1,000くらいの違いになるのではと思わされるほどです。

それくらい衝撃がありました。

まだ長距離を歩いてはいないので、歩くことによる振動で外れやすいかどうかは試せていませんが、

少なくとも最初に付属していたイヤーピース(破れあり)よりも状況は良くなっていると実感しています。

FullSizeRender
*大丈夫かな…

「600円の勇気」。
試してみた価値はありました。



<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

Titanの代わりにサブAndroidもアリかと

IMG_4212

Titanキー設定済み

Titanキーの保管に困る

他に何とかできないか?



<結論>

サブスマホを持つ


iPhone7を使ってGoogle TitanセキュリティキーでTwitterとFacebookの2段階設定しようとしたらできませんでした。なぜ?

更新日:2019年8月14日

Titanセキュリティキーを導入したものの、一般人なら「サブスマホ」があれば何とかなりそうな気がした話です。

2段階認証が意味なくなるとき

Googleアカウントのログインで大切なのは、パスワードです。

しかし、パスワードだけでは漏洩や万が一突破される可能性があるため、Googleをはじめとするサービスでは「2段階認証」という仕組みが用意されています。

「2段階認証」は、6桁の数字列です。

Googleアカウントの場合、SMSや音声、専用の2段階認証アプリからお知らせされた6桁の数字列を入力することで、実質「2つ目のパスワード」になります。

<Google2段階認証の方法>
SMS
音声
認証システムアプリ
セキュリティキー

しかも、この6桁の数字列は、ランダムに生成されるので、いつも同じではありません。これが2段階認証の良いところです。

基本的に、1回は2段階認証でログインした端末ですと、その端末情報がGoogleアカウントに記憶されます。

つまり、1回2段階認証でログインした端末は、2回目からパスワードの無い状態でログインできるということです。

iPhoneですと「設定>パスワードとアカウント」でメールアカウントを1度追加したら、2回目からはパスワードすら求められません。

FullSizeRender


この「1回ログインすると次からパスワード不要」の仕組みは大変便利なのですが、便利であるが故に「危険」でもあります。

もし、iPhoneを紛失し、画面ロックを解除されたら、メール情報がすべて漏洩したのと同じことになります。悪用される可能性が高くなります。

悪用される例としては、メールの場合、これまでメールをやり取りした方へ犯人が直接、詐欺ウィルスを送付することができます。

私からのメールとして詐欺ウィルスを送りつけられるのですから、送られた相手は何も考えずにメールを開きます。これで感染します。

感染した方の知り合いにウィルスが拡散され、指数関数的に被害が広がります。

そのため、スマホを紛失したら、Googleアカウントの記憶されている端末情報から紛失した端末を削除しなければなりません。

FullSizeRender


少なくともこの削除操作で、紛失した以降の新規メールは受信できなくなり、送信もできなくなります。

端末ログイン情報を削除された端末で、再度ログインするためには、「設定>パスワードとアカウント」でパスワードと2段階認証の操作が必要となります。

ところが、2段階認証アプリが同じスマホにインストールされていると「2段階認証の意味がない」ことになります。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
*Google2段階認証アプリ


すでにスマホの画面ロックが解除されている場合、Googleアカウントのパスワードさえ分かっていれば、2段階認証アプリは他のアプリのように簡単に開くことができるからです。

2段階認証の2段階認証は無いからです。

犯人は「画面ロック」「Googleアカウントのパスワード」さえ持っていれば、紛失した端末から2段階認証アプリを利用して、再度、楽々ログインできます。

ちなみに、2段階認証アプリは、Googleだけでなく、Amazon(買い物)やWealthNavi(投資)などのお金関係の2段階認証としても利用されています。

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted withアプリーチ

それらのサービスも画面ロックを解除した犯人にとっては使い放題の状態になります。

ネット銀行から自分の口座に預金を送金します。投資アプリですと、自分の名義宛にしか送金できないので安心と油断してはいけません。

投資アプリから、手元にあるスマホに登録されているネット銀行に出金し、犯人の口座に送金できるからです。

「まず、物理的にスマホを無くさない」ことの大切さが分かっていただけると思います。

だからこその「スマホリング+ヒモ」の最強コンビで体からスマホを物理的に離さないようにする努力が必要なのです。




スマホリングと携帯ストラップは、100円均一でも手に入ります。まずは、それで試されることをお勧めします。

40代にもなれば「ちょい悪」「美魔女」などのワードが気になるお年頃ですが、おかかえの執事でもいない限り、自分の身とスマホを自分で守る方に力を注ぐべきです。

ただ、「見た目」にこだわる方なら、「Tile」を導入され、Tileコミュニティに入り、紛失した場所が即座にわかるような仕組みを構築しましょう。

Tile(タイル)
*電池交換版がお勧めです


私は「スマホリング+ヒモ」「Tile」ともに導入しております。スマホ至上主義の現代、「お金をかけてセキュリティ」は常識と思わざるを得ません。


Google Titan セキュリティキー

さらなるセキュリティ向上を求めた私の目に止まったのが「Google Titan セキュリティキー」でした。

IMG_3939

1セット6,000円(送料込)でしたが、セキュリティキーとして「USB型」「Bluetooth型」の2つの小さな端末、充電コードがセットになっており、むしろ安いくらいの印象でした。

FullSizeRender
注文から1週間ほどで香港から届きました。


ログインしたことのない端末、もしくはログイン情報を削除された端末にログインする場合の2段階認証に使える「物理的なカギ」です。

先ほどの例ですと、iPhoneにインストールした専用の2段階認証アプリ「Google Authenticator」にランダムに表示される6桁の数字列を入力することが2段階認証でした。

つまり、2つ目のパスワードです。

ところが「Google Titan セキュリティキー」で2段階認証の設定をすると、物理的に存在する「USB型」「Bluetooth型」のUSBカギを差し込むか、ボタンを押さないと2段階認証を突破できません。

つまり、スマホを紛失し、ログイン履歴のある端末をGoogleアカウントから削除してしまえば、メールの送受信を完全にダウンさせることができます。詐欺メールできません。

「USB型」「Bluetooth型」のどちらかが無ければログインできない状態になるからです。

当初、Googleは、本社でこの物理的なセキュリティキーを外部の会社で販売されているものを利用していました。

Yubikey(Yubico)

ところが、あまりにもセキュリティ的に素晴らしいので、プログラム開発をGoogleで進め、Google印の製品として新たに販売することにしました。

それが「Google Titan セキュリティキー」です。

2段階認証が設定できるGoogle以外のサービスでも利用できるのが大きなポイントです。

Google、認証端末「Titanセキュリティーキー」を日本でも発売 6000円
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1908/01/news077.html
Googleだけでなく、Coinbase、Dropbox、Facebook、GitHub、Salesforce、Stripe、Twitterなど、FIDOをサポートする他社のサービスやハードウェアでも利用できる。


Android端末がセキュリティキーになる

今回のTitan導入で、セキュリティキーのことを調べていくうちにとんでもないことが分かりました。

パソコンでGoogle ChromeからGoogleアカウントにログインする場合、Android端末がセキュリティキーになるというのです。

Android 7以上のスマホ、Googleアカウントの二段階認証キーに Bluetooth接続で(ITmedia)2019年4月11日
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1904/11/news058.html

パソコンでのログインに限定されますが、新たに「Google Titanセキュリティキー」を購入しなくても、お手持ちのAndroidスマホがセキュリティキーになるということです。

つまりAndroid民「勝利」ということになります。

私も実際に、今回のTitan設定でAndroidスマホをセキュリティキーとして利用する機会がありました。「あなたの操作ですか?」「はい」。

Android端末で「はい」をタップするだけでログインできるようになりました。すげえ。まるで、Duo mobileのようでした。

*パソコンでログインしたら、スマホにログイン確認通知が届きます。スマホで「OK」タップでパソコンでログインできるようになります。毎月課金式。月3ドルから。以前、かなり本気で課金することを考えていました。


そこで、これを機会にiPhone民もサブスマホとしてAndroidを持っておくのもひとつの手だと私は思っています。つまり、バックアップです。


iPhoneのサブスマホとしてAndroid端末を

実際、私はGoogle純正端末「NEXUS5」をiPhoneのサブスマホとして持ち歩いています。

サブスマホでは、Googleアカウントが使えるようにログインしています。iPhoneでもNEXUS5でもメール確認できます。

サブスマホを用意するのは良いが、「なぜ持ち歩くか」というとiPhoneが何らかの理由で使えなくなったときのためです。

万が一に備えるのは「意味がない」かもしれませんが、落下などの思わぬ事故が起こり、「iPhoneが使えなくなったとき」どうするのでしょうか?

家のパソコンは持ち歩けません。少なくとも、メールだけでも連絡手段があれば「ヘルプ」を出すことができます。

しかも、私は、通話をガラケーでできるよう機能を分離して更なる最悪な状態に対処しています。

何もかもひとつでできる「便利さ」の裏に、それが無くなったら終了という「事実」があります。そのための対処をしているのです。

考えすぎでしょうか?

iPhoneのサブスマホにiPhoneを用意しないのも同じ理由です。

iPhoneのiOSに何らかのトラブルが起こり、世界的にiPhoneが使えなくなったときの代用品としてAndroid端末の「NEXUS5」を持っています。

「NEXUS5」はGoogle純正端末をGoogleストアから直接購入しました。


端末に問題はありませんが、Googleから直接購入しないと何がしかけられているか分からないからです。よって私は、中古スマホは買いません。

ちなみに、iPhoneもAppleストアから直接購入しました。simカードは「海外Chatsim」を入れています。海外では「Airsim」に交換です。



私のiPhoneは通話機能が無いので、大手の通信会社と契約しなくても良いのです。ネット通信は、ポケットWifi「SAKURAWifi」。

容量無制限“SAKURAWiFi”を契約してみた 

《2018年2月から契約中》

データ利用量が無制限で3日縛りのない「SAKURAWiFi」のおかげで、iOSの大容量アップデートも怖くない!
ソフトバンクLTE 4G回線》
月4,514円(税・保険料込)

simカードの役割は、単に「データの受け」ができれば良いので、私の場合はどの会社のsimカードを入れても問題ありません。

最初の最初は、アクティベーションのため使用期限の切れた「中国移動のsimカード」を入れていたくらいです。


ポケットWifiにしても、SAKURAWifiはソフトバンク回線なので、使用データ量により支払い料金が決まる従量制のポケットWifiをドコモ回線で別に契約しています。

FullSizeRender
*月326円の通信保険と思っています


Google Titanセキュリティキーを使うか?

Google Titanセキュリティキーを購入し、実際に設定した後の印象ですが、一般人ならサブスマホを持つことで解決なような気がしました。

iPhone民なら、Android端末をサブスマホとして持つことで、パソコンでのGoogleアカウントの2段階設定のセキュリティキーとしても利用できます。←今回知った情報(笑)

さらに、サブスマホで事前にGoogleアカウントにログインしておけば「万が一」のときも焦らずに対処できます。

私はお子さん方のセキュリティ対策としても、メインのスマホとは別に、ガラケーによる通話機能分離も考えに入れても良いと思うくらいです。

最近は、LINEでメッセージのやりとりができるだけでなく、LINE通話により通話もできるようになりました。

ならば、高校を卒業して自分でスマホ代金を支払うようになるまでは、スマホはLINE専用機として安い端末での格安simを利用されるのが良いと思います。

ネット通信は家に帰ってWifiですれば良いですし、LINEモバイルなら月500円(税抜)でトーク、通話使い放題の上、1GBの通信量つきです。

<初月の支払い>
FullSizeRender


安い端末と言ってもfreetel「P6」なら、世界で使える「Glocal」が内蔵されていますし、sim自体も2枚差すことができます。


↓販売会社が違うだけで、実質同じ端末です

しかも本体のお値段は、まさかの定価16,800円です。税込でも2万円しない端末、そうそうありません。普通に使うには申し分ありません。

<私が購入したとき異常に安かった>
IMG_2517


以上のfreetel「P6」にLINEモバイル(月500円)運用は、私の母で設定経験済みです。大変便利に使っているようですので、おススメの設定です。

<実際に使って納得のLINEモバイル>
月500円(税抜)のワンコイン価格でLINE使い放題の奇跡!
これを使えば、新たな電話番号が手に入るので「LINEサブアカウント」を運用できます。
詳細はこちらから 



まとめ

「Google Titanセキュリティキー」を購入するときは、これ以上のセキュリティ対策は無いと思い込んでいました。

ところが、Googleアカウントのサービスを主にスマホで利用している場合、「Google Titanセキュリティキー」よりも「サブスマホ」「通話分離ガラケー」を用意している方が良いように思えてきました。

通話分離ガラケーですと、2段階認証のSMSを受け取ることもできます。

一方、TwitterやFacebookでも「Google Titanセキュリティキー」を使って物理的な2段階認証を設定しようとしましたが、iPhoneからはできませんでした。

Twitter画像(iPhone7できない)
アプリから設定するなということかと。
FullSizeRender


Facebook画像(そもそもセキュリティキーを選べない)
FullSizeRender

便利になるなら、すべてスマホから設定できるようにして欲しい40代です。正直、パソコンを立ち上げるのが面倒くさいです。



<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

 iOS13.1.1アプリのアップデートは「アカウント」から

IMG_5772

毎朝アプリアップデート習慣

アップデートが「Arcade」に!?

アプリアップデートしなくて良いの??


<結論>

基本「自動アップデート」


<手動アップデート>
App Store>アカウント>「もうすぐ行われる自動アップデート」の下にある「すべてをアップデート」タップ

更新日:2019年10月1日

iOS13.1.1にアップデートしたらApp Store表面から「アップデート」が「Arcade」に変更したため、アプリアップデートができないと思ったら移動していた話です。


いろいろ話題のiOS13.1

新しいOSが発表されるたびに何かしらの不具合が発見され、すぐに対処されるAppleさんの姿を見ております。

今回のiOS13のアップデートも「より使いやすく」をモットーに改善されているはずなのに、40代にとっては「また慣れるまで頑張らなくては…」と悩ましい日々となります。

iOS 13 のアップデートについて(Apple)
https://support.apple.com/ja-jp/HT210393

<iOS 13の変更点と私の使い方>
ダークモード:使わない
カメラおよび写真:編集方法が使いにくくなった
Appleでサインイン
App StoreとArcade:アップデートが表からなくなった
マップ:Googleマップ使用なので、めったに使わない
リマインダー:使わない
Siri:めったに使わない
ミー文字とメッセージ:使わない
CarPlay:使わない、車なし
拡張現実:iPhone7なので対象外
メール:ゴミ箱に捨てるのが面倒くさくなった
メモ:余計な機能が増えた
Safari
QuickPath:使わない
テキスト編集:変化を感じない
フォント:アプリ「文字数メモ」の字体が変更されていた
ファイル:使わない
ヘルスケア:使わない
Apple Music:使わない
スクリーンタイム:使わない
プライバシーおよびセキュリティ:位置情報の設定チェック必要
システム全体の体験
言語サポート
中国向けの機能:QRコード機能の向上うらやましい
インド向けの機能
パフォーマンス
その他の機能および改善

普段使わない機能が格段に向上されていますが、恩恵を受けられない40代です。更新後の「ダークモード」設定からして選ぶのが面倒くさかった次第です。

しかも、私がやっと重い腰を上げて「iOS13」に更新した2019年9月30日には、すでに最新のOSは「iOS13.1.2」という置いてかれっぷり。

次の日の今日、10月1日にリリースとのこと。
*1週間後、無事に更新できました。

最新のOSが対象としているのは、基本的に最新機種の「iPhone 11」シリーズです。私のように「iPhone7」を大事に持っている古参(私)は、ゆっくりついていけば良いと思います。

そもそも、MacBookAirにつないだ段階で「最新」と表示されたのが「iOS13.1.1」でしたので問題ないと思います(当時)。

つまり、いくら私が「iPhone7」だからと言って、Appleさんがわざわざインストールできる最新版を表示しないはずがありません。

そうして小一時間かけて更新した「iOS13.1.1」ですが、見事に使いにくい。これはいつものことです。

新しいものは慣れるまで時間がかかるからです。最初からこの仕様なら文句は無いはずです。だからこそ、iOSのアップデートのたびに「新しいiPhone」を購入した気持ちで使いたいものです。


やっぱり最初は不便に感じる「iOS13」

まず、iOS13.1.1をインストールして、気になったのがアプリを長押ししても、すぐにアプリの移動できなくなったことです。

長押しすると「メニュー」が出てくるようになりました。つまり、単にアプリを並べ替えるために「ひと手間」増えてしまったということです。

アプリを共有する選択肢が増えたわけですが、これまでそんなことを一度もしたことが無いのに必要な機能か疑問です。

さらに「アプリの並びが何か変?」と思ったら、勝手に「ショートカット」なる新しいアプリが入り込んでいました。

ショートカット
ショートカット
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

「ショートカット」アプリを開いてみますと、Siriで設定したショートカットが表示されました。設定はしてみたものの、そもそもSiri自体を使っていないので私にとっては無駄な機能です。

<気付いたこと>
・アプリを長押ししてもすぐに消せたり移動できなくなった
 →「アプリを並べ替える」選択で可能
・アプリ「ショートカット」
 →Siriで設定したショートカットが移動して表示されていた 
 →使わないので「標準フォルダ」にまとめた

さっそく「標準アプリ」フォルダに移動しました。

私の「標準アプリ」フォルダには、AppleさんがiPhoneに標準でインストールしてくださっていたアプリですが、私には不要なアプリをまとめています。

<不要な標準アプリ>私個人にとって
電話:docomoで別契約
メッセージ:LINEで充分
ヘルスケア:使わない
マップ:Googleマップで充分
ファイル:使ったことが無い
カレンダー:Googleカレンダーで充分
ショートカット←NEW!しかし使わない

「標準アプリ」は使わなくても、アンインストールすることができないので、こうしてまとめて保存しているわけです。幸い、困ったことはありません。

基本的には、メール送受信、スケジュール確認、SNS(Twitter, Facebook)、Youtubeをメインに使っているだけの私です。

あとは、楽天グループと投資関連、ブログアップ関連のアプリさえあれば事足ります。そこに進化した機能を求めることはありません。

写真ですら、記録するだけのものなので、現在の解像度で充分満足しています。逆に言えば、動画を撮影したことはありません。

結局、私が新しいOSに期待するのは「速さだけ」だからです。

「速さ」に対する根本的な解決は、最新機種を購入することなのですが、使わない機能が増えるのを見ると購入を躊躇してしまいます。

それでも「最新のiOS」に更新しておくことは「セキュリティ面」を考える上で必須事項です。iPhoneに限らず、必ず最新版を使うようにしています。


「セキュリティ」のためだけのiOSアップデート

そうです。

つまり、私がiOSを躊躇しながらも更新し続けるのは「セキュリティ面」の向上を目的としているからです。

毎日毎時間毎秒と時間が過ぎているたびに、新しいウィルスや詐欺被害が増えています。

iPhoneは「ウィルス対策」しなくて良いというまことしやかな話がありますが、iOSが最新版であることが前提です。

それが証拠に

iPhoneは「ウイルスに感染しない」、それはもう過去の話です。

iOS最新版にアップデートする

脱獄はしない

セキュリティ対策アプリを利用する
ロックを設定しておく

iPhoneがウイルスに感染しているかチェックする方法と対策(Security Navi)2019.8.28更新
https://securitynavi.jp/881

記事のタイトルだけで、iPhoneはウィルスに「感染すること」が前提とされているので恐怖しかありません。

ウィルスに感染し、個人情報ならびにパスワードが洩れてしまったら、身ぐるみはがされて終了です。

便利だからとiPhoneの「パスワードとアカウント」に登録しておくのは、お金が関係しないサイトだけにしておく心がけが大事です。

そのほかのパスワードは、パスワード管理アプリを利用するなどして、iPhoneの「パスワードとアカウント」だけしか保存していないという状況から脱却すべきと私は考えています。

そのほかにウィルスや詐欺・広告対策としては、ウィルス対策を専門とするソフトが提供するブラウザアプリを使ったり、VPNアプリ、広告追跡対策アプリを利用することが考えられます。

<私のセキュリティ対策>
VPN(Disconnect premium)
カスペルスキー(iPhone, iPad以外)
Adguard Pro


ネットのブラウザとして「Safari」をお使いの方が多かろうと思われますが、Safari自体にも「コンテンツブロッカー」という項目があることをご存知でしょうか?

設定>Safari>コンテンツブロッカー

FullSizeRender


Safari項目にわざわざ「コンテンツブロッカー」の欄が設けられているということは、「コンテンツブロッカーを入れてネットせよ」という振りにしか思えません。

そこで私は、コンテンツブロッカーアプリを3つインストールしています。いずれも有料アプリです。

FullSizeRender

これらのアプリは、ウィルス対策というよりウィルスが仕込まれていると疑われるサイトや個人情報たる検索結果などの追跡から守ってくれます。

すると、大切な情報を扱うブラウザを「無料」で守ってもらえる訳がありません。逆に「数百円」で守っていただけるなんで申し訳なく思ってしまうほどです。

そのため、ネットでお買いものをされているのでしたら、最低限「280blocker」はインストールすべきです。

ネットをしていて、Amazonや楽天の「疑似詐欺サイト」に誘導される可能性は否定できません。


安心できる理由として、これら3つのアプリは定期的に開いてルールの更新を求められることが挙げられます。パソコンのウイルス対策ソフトと同じく、時間が過ぎるごとに新しい魔の手が生まれるからです。

数百円でこの定期的なルール更新をしてくださるとか、やはり奇跡に近いです。漏洩したり、詐欺サイトに引っかかることを考えると「安い買いもの」です。ある意味「投資」です。


iPhoneのアプリももちろん更新が必要

そうなりますと、当然、iPhoneにインストールしているすべてのアプリも「常に最新版」にしておく必要があります。

iOSとSafari「コンテンツブロッカー」を最新にしただけでは、まだまだ足りません。私のように「標準アプリ」よりも、Googleアプリを愛用されている方もおられると思います。

そこで、アプリ自体のアップデートも必ずします。

私は、毎日iPhoneに電源を入れるたびに「App Store」アプリを開き、アプリのアップデートが無いか確認しています。

やりすぎでは無いと思います。当たり前のことです。

ささいなアップデートであっても、必ずやります。自分の個人情報を守るための時間と思えば、外せません。

ところが、今回のiOS13.1.1へのアップデートで驚かされたことがありました。

「App Store」を開いても「アップデート」項目がなくなってしまっていたからです。かわりにあったのが「Arcade」でした。

IMG_5770

「Arcade」を開いてみますと、見事に私が使わない、もしくは興味が無いと思われるものばかり。私は、アプリのアップデートが必要なものがあるか確認したいのです。それができなくなりました。

「じゃあ、アップデートを自分で確認しなくても良いのか?」
という話です。そんな訳ありません。

これまで必要だったことが「必要なくなる」には、そのための工夫もしくは理由が求められます。

そこで、自分でアプリのアップデートができないか「App Store」を探してみたところ、「アカウント」にありました。

FullSizeRender



AppStoreの「アカウント」でアップデート確認できる

App Storeアプリを開き、右上に表示されている「アカウント」をタップしますと、これまでと同じ画面なのですが、一番下あたりにちらりと「すべてをアップデート」という青文字がありました。

青文字の上には「もうすぐ行われる自動アップデート」と書かれています。つまり、アプリのアップデートはこちらが何もしなくても「いつの間にか」やってくれるようなのです。

「いつの間にかっていつ?」という疑問が生まれます。

アップデートが必要なら今すぐアップデートしておきたい私にとっては「いつの間にか」の「いつ」まで待てません

今回も「すべてアップデート」の青文字を発見したとたんに、タップしました。これで安心しました。

しかし、App Storeを開いたときに出てくる項目の変更はできないものでしょうか?

現在「Today」「ゲーム」「App」「Arcade」「検索」が並んでいますが、私が使うのは「検索」だけです。

これまでは「検索」の左に「アップデート」があったので、まだ我慢していたのです。ところが、今回のアップデートでアカウントの奥深くに押し込められてしまいました。

これですと、どのアプリがどのような更新をしようとしているのか、または更新したり追加された機能がすぐに確認できないのです。

結局、アプリのアップデートでも「ひと手間」増えてしまいました。


まとめ

iOSのアップデートで本当に便利になっているのかは、分かりません。

ただし、セキュリティ対策として考えたとき、頻繁に更新をして、コードの確認をしてくださるApple技術者の皆さんには、大変感謝しています。

Windowsですと、OSのアップデートは有料です。

このことを考えると、Apple製品は手持ちの端末が「更新対象」であれば無料でOSが更新できるということは感動ものです。

そして、Appleのサポート体制を考えると、買うときは「高い!」と思っても、やっぱり「iPhone」を買ってしまうのでした。


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

電源アダプタが熱すぎる不安

IMG_0427

充電後、コンセント熱い

これ普通のこと?

交換すべき?



<結論>
正常な範囲内。
充電できなくなったら交換。

更新日: 2019年6月17日

iPhoneを充電しているとき、コンセントに差し込む電源アダプタが熱くなっていませんか?

*コンセントに挿すこの部分です
*安全性確保のためには純正品を購入しましょう

この熱さ、許容範囲なのでしょうか?

最近、充電器から煙が出たとか、電源アダプタが弾けたとか怖い話を見聞きしていると、この目の前で起こっている「発熱」がとても気になります。

この記事では、電源アダプタの発熱についてAppleサポートに問い合わせた結果、
充電できる限りは正常な範囲
とお墨付きをいただいたことをお知らせします。


熱い、熱い「大丈夫?」

私が疑問を感じたのは、いつもどおりiPhoneを充電した後に電源アダプタを取り外そうとしたときでした。

電源アダプタが「熱燗」もしくは「カイロ」レベルで熱くなっているのです。つまり、さわれなくはないが、明らかに充電前より熱くなっている状態です。

電気を通せば「何でも多少は熱くなる」とは思いますが、その「多少」の定義は何か気になるのです。今、私が感じている温度は「多少」に入るのかどうか?

「大丈夫だろう」と放っておくと、本当にやばくなったことも分からなくなる「茹でガエル状態」になっては大事です。家が火事になったら大変だ。一事が万事というわけです。

さすがの私も、気づいてから即行動できなかったのは「何でも多少は熱くなる」という常識が邪魔していたのです。

それでも今回は、いずれ交換するとして「いつ交換すれば良いのか?」という疑問もうまれまして、せっかくなのでAppleサポートさんに問い合わせて正確な判断の仕方を伺うことにしました。


問い合わせはアプリから

Apple製品を購入して良かったと思えるのはこういうとき、すぐに問い合わせができることです。しかも、アプリ内からチャットで問い合わせもできます。

Apple サポート
Apple サポート
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

チャットの開始時には、0120から始まる無料の問い合わせ先もアナウンスしてくれます。ところが私は電話が苦手なので、今回はチャットを使いました。

     Apple電話番号:0120-277-535
営業時間(全日):9:00~21:00

アプリからサポートに問い合わせるには利点があります。

自分が使っているデバイスの種類やAppleアカウントが自動的に送信されるので、サポート対応側も私であることをすぐに確認できるのです。

つまり、私のアカウント情報が事前に連絡されることで、私がこれまで何をいつ購入したかが分かるのです。

以前、私がサポートを利用したのはSIMフリーのiPhone7を購入したときです。アクティベートが上手くいかず、サポートへ連絡しました。

iPhone自体が使えませんのでチャットができず、そのときは電話でサポートを受けました。

すると、私のMacBookAirを通じてiPhone7をリモートコントロールしてくださり、見事にアクティベートが完了したのです。

感動でした。

担当してくださった方は、以前、専門の職業についておられた方でして、そんな有能な方がサポートをしてくださっていることを知り、二度感動したものです。しかも終始丁寧で優しい。


問題の「発熱」について

私の疑問点は
1. この発熱は正常なのか
2. 取り替え時期の見極め方法
の2点です。

<アプリから問い合わせる方法>
1. アプリを開く
2. 「サポート」タップ
3. 問題の起こっている製品をタップ
4. トピックに解決策はないか確認
5. 「今すぐチャットする」タップ
6. 担当者からチャットが届くまで待つ

1. アプリを開く
Apple サポート
Apple サポート
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

2. 「サポート」タップ

FullSizeRender


3. 問題の起こっている製品をタップ
現在持っているデバイスを選びます。充電するときに電源アダプタが発熱している私の場合は、充電先のiPhoneを選びます。


4. トピックに解決策はないか確認
充電関係を選んで、一応は解決策があるかどうか確認してみます。ところが、発熱に関するトピックはありませんでした。


5. 「今すぐチャットする」タップ

FullSizeRender


6. 担当者からチャットが届くまで待つ
チャット画面は、サポートと繋がるまで開いたままにしておいてください。

サポートと繋がると「通知が届く」と表示されるのですが、私の場合、通知音の後にチャットを開いても繋がりませんでした。

FullSizeRender
困ったことをメッセージとして送信しましょう。


担当者からの確認事項

<私が送った質問内容(要点)>
1. 充電時、5W USB電源アダプターが熱くなる
2. 煙などは出ていないが、熱くなるので不安
3. 付属のLightning USBケーブルで充電
4. 新しいものに交換すべきか?
5. 交換時期の目安は?


<担当者からの確認事項>
充電中はアダプターは熱くなる場合があることを事前にお知らせしてくださった上での以下の質問がありました。
1. どれくらい熱くなるか?
2. アダプターは充電している時以外も熱くなるか?
3. 充電開始後すぐに熱くなるか?
4. 変色していたり、煙が出る等の症状はあるか?

私の回答:
1. どれくらい熱くなるか?
→熱燗かカイロくらい

2. アダプターは充電している時以外も熱くなるか?
→確認したことが無いので分からない。アダプタを引き抜くときに「熱い」と感じる。

3. 充電開始後すぐに熱くなるか?
→ 確認したことが無いので分からない。アダプタを引き抜くときに「熱い」と感じる。

4. 変色していたり、煙が出る等の症状はあるか?
→無い

交換時期の目安については、充電できている限りは使い続けることができるとのことでした。


あくまでApple正規製品を使っている場合に限る

安心しました。

思い切ってAppleサポートさんに問い合わせてみて良かったです。長年の疑問が解決しました。

これだからApple製品を購入するのがやめられません。Apple製品は高額ですが、このサポート体制の充実さを考えると「妥当なお値段」と感じざるを得ません。

サポートを使うことは無くても「いつでも問い合わせに応じてくれる」「電話サポートは夜21時まで」「チャットもある」と心強いことこの上なしです。

困ったときにすぐ助けてくれる人が周りにどれだけいるかを考えると、Appleサポートは神です。しかも優しいし。

今回のチャットは、日本名を名乗っておられましたが海外の方が対応してくださったようでした。
充電スル際には
いきなり昭和感あふれる文章が届いて、やっと気付いたくらいです。外国語をチャットできるとか私にとってはそれだけで神です。

「韓国語でチャットの返信できるか?」
と言われたら絶対出来ませんから。皆さんのおかげで私は今日もAppleサポートさんに救われました。


Appleサポートはこれだけじゃない

チャットが終わって、感謝を送り、左上の「終了」をタップしたところ、驚きの機能があることに気づきました。

FullSizeRender

なんとそれまでのチャットのやりとりをメールで送信できるのです。メールアドレスは、Appleに登録してあるメルアドなので入力不要です。この心づかい。

私が電話よりメールが好きなのが、証拠が文章として残るからです。つまり、「言った、言わない」がないところが好きなのです。

そのため、今回のチャットも画面コピーして残していっていたのです。自分が言ったことも忘れる40代です。相手の言葉ですら忘れる可能性があったからです。

驚きながら、チャット内容をメール送信したところ、当然のごとく先ほどのチャット内容がメールで届いたではありませんか!これは助かる!

FullSizeRender

至れり尽くせりのAppleサポートでした。


まとめ

もし、電源アダプタが熱くなったら以下の点を確認してください。

1. どれくらい熱くなるか?
2. アダプターは充電している時以外も熱くなるか?
3. 充電開始後すぐに熱くなるか?
4. 変色していたり、煙が出る等の症状はあるか?

熱燗やカイロ程度の熱さで、充電できているのであれば許容範囲です。変色したり、煙が出ていたら論外です。即、新しいものを購入しましょう。

Apple製品は白が基調となっておりますが、変色などの異常を分かりやすくするために「白色」にしているのかと改めて思った次第です。


<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ