タグ:セキュリティ

仕方なく「ゆうちょダイレクト」登録

FullSizeRender

2020年4月1日から入金お知らせ通知有料に

紙で通知されるから良かったのに…

仕方なく登録するか…



<結論>

登録自体は簡単。


ログイン ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)

<ゆうちょダイレクト登録手順>
1. パスワード再設定
2. メールアドレス設定(事前に登録していない場合)

<パスワード再設定>
1.「ゆうちょダイレクト」を開く
ログイン(ゆうちょダイレクト)
2. 封書で届けられた緑カードにある「お客さま番号」入力し、「次へ」タップ
3. 封書で届けられた「初期ログイン時パスワード」入力し、「ログイン」タップ
4.「パスワード変更」タップ
5.「初期ログイン時パスワード」と「新しいパスワード」入力、「実行する」タップ
6.「次へ」タップ
7.「次へ」タップ
8. 本人確認で必要な「画像」と「合言葉」を設定する
9. 画像と合言葉を設定したら、メール連絡がある注意が出るので「はい」タップ


<メールアドレス設定>
1.「メールアドレス登録」の画面に出てくる注意書きを読み、「お申込み・変更に関する重要事項に同意する」にチェックを入れ、「次へ」タップ
2. 登録するメールアドレスを2カ所に入力し、必須項目と選択項目にチェックを入れ「次へ」タップ
3. GメールやYahoo!メールを登録しようとすると注意書きが出ますが、登録できるので「はい」タップ。
4. 登録内容を確認し「次へ」タップ
5.「はい」タップ
6. メールに届いた「6桁のパスワード」を入力し、「登録する」タップ
7. 登録完了メールを送る注意書きが出るので「はい」タップ
8. 登録内容をもう一度確認し、右下「次へ」タップ
9.「ゆうちょ銀行からのお知らせ」画面になるので、右上「ホームへ」タップ
10. 登録内容と現在の口座残高が表示される


更新日:2019年9月9日

振込口座の入金通知が有料になるため、ネット登録した話です。


電子化の波、振込口座まで

「まだ切り替えまで時間があるからいいや」
と放っておいたのが、振込口座の通知を電子化することです。

2020年4月から、これまで封書で入金通知が来ていたのですが、この通知が有料になるというのです。

振込口座は、普通口座とは異なり、振込専用の口座です。ゆうちょATMに備え付けの「振込用紙」を使ってお金を振り込むことができます。

振込口座は、誰でも日本中どこからでも「ゆうちょATM」から「お金」を振り込むことができます。そのため、年会費の振込や、通信販売の支払いに使われることが多いです。

振込用紙は、青色と赤色があり、青色はお金を振り込む人が手数料を支払います。赤色は、振り込まれた人が手数料を負担できるようになっています。

私が振込口座を作った理由は、Tシャツ販売のためでした。すげの会という植物の会が、25周年を迎えることになり、その記念Tシャツを作ったのです。

「そんなに買ってくれる人はいないだろう」
と思っていたら、意外と希望者が多い。

最初の支払い先を私の「ゆうちょ銀行」普通口座にしていましたが、振り込む手間がかかることが分かりました。

それならば、大多数の方が一度は体験したことがあるだろう「振込用紙」を使った支払いを取り入れることにしたのです。

この「振込口座支払い」、実は、支払いをお願いする側である私も相当楽でした。

といいますのも、ご希望のTシャツと振込用紙を同封してお送りすれば良いからです。

振込用紙には、振込口座番号と代金を事前に記入することができるので数値の記入違いがないのです。

Tシャツ販売の波も過ぎ「もう振込口座は使わないかな」と解約を検討していた頃、新たな使い道が見つかりました。

送金」です。


電子送金は「PayPal」が便利でした

東京にお住まいの方と韓国へ出かけた際、旅行代金を立て替えました。その支払いを事前に済ませたいとの先方のご希望で私の「振込口座番号」をお知らせしました。

また、アメリカ人の先生から頼まれた商品をお送りしたところ、日本(東京)から帰国する前に代金を支払いたいとのことで「振込口座番号」をお伝えしました。

「ゆうちょATM」なら空港にもあります。成田空港からの帰国直前のお振込でした。

「送金」は、各社ペイでもできますし、各社ペイ自身も「送金」や「割り勘」できることを盛んに宣伝しておりますが、現実は現金強しです。

なぜなら、お互いに同じ「ペイ」を使っていないと「送金」も「割り勘」も成立しないからです。

私の送金体験として「これは便利」と感じたのが「PayPal」でした。海外の方に植物図鑑をお送りしたのです。

PayPal
PayPal
開発元:PayPal, Inc.
無料
posted withアプリーチ

オランダ、イギリス、ロシアからの送金でした。日本でも海外でも送金できるのは「PayPal」が楽です。

FullSizeRender


Paypalは、海外サイトでの支払いの際にも便利に利用しています。サポートも完璧です。実際にサポートさんから電話を受け取り、その対応に感動した私です。

一方、日本国内に限定するなら「LINE」の活躍が期待されます。しかし、「LINE Pay」に新たに登録する必要がある場合、面倒くさくて登録せずに現金でということになりそうです。


ペイペイ合戦に負けない便利さがあるの?

未だ収束の影を見せない日本の「ペイペイ合戦」。使ってみると確かに「キャッシュレス」は便利です。

ところが、私のように「楽天ポイントが貯まるから」という理由だけでキャッシュレス化した楽天経済圏民からすると、楽天ポイントが貯まる以外にキャッシュレス化する利点があまりないのが実際のところです。

つまり、楽天ポイントが貯まらなかったら私ですら「キャッシュレス化」こともなかったでしょうという話です。

現金の代わりに楽天銀行デビットカードを使えば使うほど「100円あたり1ポイント」の楽天ポイントが貯まるから使っただけです。

超便利!楽天銀行!

口座の開設はこちらから

*まずはデビットカードでキャッシュレス化を体験するのがおすすめです。超楽!


ところが、私より歳上の先輩方なら、すでにクレジットカードをお持ちですし、リアルでもネットでもお使いのことでしょう。

現金メインで過ごされてこられた大部分の皆さんも「キャッシュレス化」するだけのために、わざわざ楽天アカウントを開設し、

楽天ペイを使うためにアプリをダウンロードし、クレジットカードを登録したり、コンビニで入金するとは到底思えません。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

クレジットカードをメインで使われていた方も同様です。

まず、ネットすら使っておられないからです。

どうせやるなら、マイナンバーカードをキャッシュレス支払いできるカードとして使えるようにし、各種サービスのポイントが自動的に貯まるようにしないと難しいように思います。


マイナンバーカードを有効利用したい

マイナンバーカードについては、大金を投入したのにもかかわらず普及しないという「いつものお家芸」のような様相を呈しています。

私は、積極的にマイナンバーカードを取得したのですが、それでもプラスチックカードを申し込む際は「まあ、役立つことはなかろう」と思っていたくらいですから。


ところが、マイナンバーカードが1枚で身分証明証として使えることが分かってからというもの、私のマイナンバーカードに対する思いは変わっていきました。

運転免許証を持っていない私にとっては、身分証明書として使えるからです。これまでパスポートと保険証が必要でした。


ということは、すでに運転免許証をお持ちの大部分の方々にとっては、マイナンバーカードはわざわざ作るモチベーションが上がる訳がありません。

・マイナンバーカードを作った年の税金がすべて無料になる

くらいのインパクトとお金をかけないと誰もマイナンバーカードを作る気にはなれないでしょう。

と思っておりましたら、マイナンバーカードで実質キャッシュバックの話が出てきました。


誰がこんな面倒くさいことをやるの?

 利用者は、JPKI対応のICカードリーダーにPCを接続し、マイナンバーカードをセットして「マイキープラットフォームポータルサイト」で「マイキーID」(任意の英数字8桁)を設定すると、ポイント制度の対象者になる。
マイナンバーカード取得者にポイント付与 「○○ペイ」と連携、20年度導入へ
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1909/03/news097.html

マイナンバー推進されておられる方がどの年齢層をターゲットとしてマイナンバーカードの普及の計画をされているのか分かりません。

しかし、明らかに「交通系プリペイドカード方式」を取り入れなければ未来は開けないと思います。

クレジットカードをお使いでない先輩方でも「交通系プリペイドカード」ならチャージして使うだけなので取り入れやすい。

事実、電車の中で70代くらいの先輩方が「ICOCA」の話題をしていたことがありました。

「これにお金を入れたら切符買わなくてもいいの」
「でも落としたら駄目じゃろ」

「財布も落としたら終わりじゃろうが」とツッコミを入れたくなりましたがさすがに自重しました。

とはいえ、70代の先輩が「使ってみようか」と思われ、実際にお使いの場面を目の前で見ると「交通系プリペイドカード」の影響力を感じます。

そこで、新たな一手として政府が考えたのが、
・JPKI対応のICカードリーダーにPCを接続
・「マイキープラットフォームポータルサイト」で「マイキーID」(任意の英数字8桁)を設定
しないとポイントが獲得できない方法です。

誰が登録するんだろう…って思います。

マイナンバーカードを持っている私ですら「マイキーID」を登録しようと思えませんでした。まず「JPKI対応のICカードリーダー」を購入させるあたりでもう無理です。

これ以上、私の人生に新たなアカウントを増やしたくないのです。

「マイナンバーカード」を「ICOCA」にすれば良いじゃんって思ってしまいます。

いきなり高い壁(マイキーID)を作るのではなく、マイナンバーカードで支払いできることを実感してもらい、それに伴いポイントをつける。

マイナンバーカードを「支払いできるポイントカードにしてくれよ」ということです。

マイナンバーカードは、身分証明証として私の生活を向上してくれた立役者です。今後の行く末を見守りたいと思います。

マイナンバーカードの交付枚数は約1772万枚、人口に対する交付率は約13.5%にとどまる
マイナンバーカード取得者にポイント付与 「○○ペイ」と連携、20年度導入へ
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1909/03/news097.html
「政府関係者しか作っていないのでは?」と考えてしまいます。


ゆうちょダイレクト登録方法

「振込口座」の残金は、これまで郵送されてくる封書で確認できました。封書が届けば、入金されたことと、残金が確認できていました。

ところが、その封書が廃止され受け取りが有料になることで面倒くさいですが「ゆうちょダイレクト」に登録せざるを得ない状況となりました。

仕方なく「ゆうちょダイレクト」に申し込みし、登録完了の封書が届きました。

ゆうちょダイレクトのお申し込み(ゆうちょダイレクト)
https://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/sinki/dr_pc_sk_index.html

ゆうちょダイレクトを使えるようにするためには、ふたつの段階があります。

<ゆうちょダイレクト登録手順>
1. パスワード再設定
2. メールアドレス設定(事前に登録していない場合)

パスワードは、初期パスワードを自分のパスワードに書き換えるだけです。

メールアドレスは、大手携帯会社の提供するメールアドレスの登録を推奨されますが、Gメールなどのフリーメールでも登録できます。


<1. パスワード再設定>
1.「ゆうちょダイレクト」を開く
ログイン(ゆうちょダイレクト)
2. 封書で届けられた緑カードにある「お客さま番号」入力し、「次へ」タップ
3. 封書で届けられた「初期ログイン時パスワード」入力し、「ログイン」タップ
4.「パスワード変更」タップ
5.「初期ログイン時パスワード」と「新しいパスワード」入力、「実行する」タップ
6.「次へ」タップ
7.「次へ」タップ
8. 本人確認で必要な「画像」と「合言葉」を設定する
9. 画像と合言葉を設定したら、メール連絡がある注意が出るので「はい」タップ


パスワード変更の画面に引き続いてメールアドレスを登録します。

<2. メールアドレス設定>
1.「メールアドレス登録」の画面に出てくる注意書きを読み、「お申込み・変更に関する重要事項に同意する」にチェックを入れ、「次へ」タップ
2. 登録するメールアドレスを2カ所に入力し、必須項目と選択項目にチェックを入れ「次へ」タップ
3. GメールやYahoo!メールを登録しようとすると注意書きが出ますが、登録できるので「はい」タップ。
4. 登録内容を確認し「次へ」タップ
5.「はい」タップ
6. メールに届いた「6桁のパスワード」を入力し、「登録する」タップ
7. 登録完了メールを送る注意書きが出るので「はい」タップ
8. 登録内容をもう一度確認し、右下「次へ」タップ
9.「ゆうちょ銀行からのお知らせ」画面になるので、右上「ホームへ」タップ
10. 登録内容と現在の口座残高が表示される

<1. パスワード再設定>
1.「ゆうちょダイレクト」を開く
ログイン(ゆうちょダイレクト)

2. 封書で届けられた緑カードにある「お客さま番号」入力し、「次へ」タップ

FullSizeRender
封書で届いた「お客さま番号(↓)」「初期ログイン時パスワード(↑)」

FullSizeRender
「お客さま番号」を入力

3. 封書で届けられた「初期ログイン時パスワード」入力し、「ログイン」タップ
FullSizeRender


4.「パスワード変更」タップ
FullSizeRender


5.「初期ログイン時パスワード」と「新しいパスワード」入力、「実行する」タップ
FullSizeRender


6.「次へ」タップ
FullSizeRender

7.「次へ」タップ
FullSizeRender

8. 本人確認で必要な「画像」と「合言葉」を設定する
IMG_5037

合言葉は、設定された質問に答えるだけです。

9. 画像と合言葉を設定したら、メール連絡がある注意が出るので「はい」タップ
IMG_5038

FullSizeRender


<2. メールアドレス設定>
1.「メールアドレス登録」の画面に出てくる注意書きを読み、「お申込み・変更に関する重要事項に同意する」にチェックを入れ、「次へ」タップ
FullSizeRender

2. 登録するメールアドレスを2カ所に入力し、必須項目と選択項目にチェックを入れ「次へ」タップ
FullSizeRender

3. GメールやYahoo!メールを登録しようとすると注意書きが出ますが、登録できるので「はい」タップ。
FullSizeRender
GメールもYahoo! メールも登録できます。


4. 登録内容を確認し「次へ」タップ
FullSizeRender

5.「はい」タップ
FullSizeRender


6. メールに届いた「6桁のパスワード」を入力し、「登録する」タップ
IMG_5047
↑届いたメール


FullSizeRender


7. 登録完了メールを送る注意書きが出るので「はい」タップ
IMG_5048


8. 登録内容をもう一度確認し、右下「次へ」タップ
FullSizeRender


9.「ゆうちょ銀行からのお知らせ」画面になるので、右上「ホームへ」タップ
FullSizeRender


10. 登録内容と現在の口座残高が表示される
FullSizeRender



お疲れさまでした!


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

言っても聞かなかった

FullSizeRender

それ置いていくの?

聞く耳もたず

どうすれば?



<結論>

盗られて初めて言うことを聞いてくれた


更新日:2019年9月8日

前から注意していた防犯対策に聞く耳を持たなかった母が盗られてやっと聞いてくれるようになった話です。


庶民でもセキュリティ対策が必要

「うちには盗られるもの無いから」
と言っても、家に帰って泥棒と鉢合わせになれば相当怖いものがあります。

盗られたものが無いにしても、警察へ連絡しなければなりません。いろいろ面倒くさいことが山積みになりす。

それならば、そうならないための対策を事前にすべきなのですが、私も当然含めて、なかなか実行に移せないのが現状です。

私がセキュリティ対策の必要性を意識し始めたのは、海外に行くようになってからです。

海外に渡航する際に気をつけることを調べてみますと、日本では考えられないような犯罪が実際に起こっていることが分かります。

言葉も通じない、習慣も異なる異国の地では、「これでもか」というほど、注意するようにしています
旅行が台無しに?海外で気をつける7つのこと(AllAbout)
https://allabout.co.jp/gm/gc/448754/

渡航先に、現地に住むその国の友人がいるのであればまだ安心できます。何かあったときに相談できるからです。

私の場合、韓国ですと安心です。車で空港まで迎えに来てくれる「韓国の姉」や「韓国の父」がいるので大丈夫です。

「韓国の父」は、韓国の大学の先生ですし、日本に留学された経験もお持ちなので、日本語もペラペラ。

ドアトゥドアで移動できる貴族のような生活ができ、日本にいるのと変わらない精神状態で過ごすことができます。

ところが「フィリピン セブ島」はどうでしょうか?御多分に洩れず、英語学習のために3週間も滞在した観光地です。


フィリピン セブ島で語学学習3週間

私のように英語学習のために格安のセブ島を考えておられる方もおられると思います。

私も勝間和代さんと高城剛さんの本を読んでセブ島での語学学習を決意した口です。

韓国系はスパルタで、韓国食も美味しくいただける私にとってはピッタリと思われたのですが、韓国人のための語学学校ということで「何かあったとき」相談できる日本人がいないと心配です。

そこで、事務所に日本人か日本語が話せるスタッフさんがおられる学校を選びました。これは本当に正解でした。

<私がお世話になった語学学校>
CEGA(日本人経営)

ところが、いくら現地の学校に日本人が常駐しているとはいえ、その学校に行くまでの間や週末で語学学校が休みの日は自分で考えて行動しなければなりません。

最終的に私は、語学学校が休日のときは一歩も外に出ませんでした。

近くにスタバがあったり、大きなショッピングモールがあったのですが、出ませんでした。それは到着初日、両替に連れて行っていただいた際のことが理由です。

連れて行ってくだささった現地スタッフの方が異常に周りに注意を払っていたのです。両替自体は、近くのホテルでしました。

ただ、そのホテルに行くまでの間の道、つまり徒歩10分程度の間ですら「ストリートチルドレン」がまとわりつかないように私を保護してくれたのです。

連れて行ってくれたスタッフさんは、日本語を話せる現地の女性でしたが、そのときの目つきが鋭かったのを覚えています。

私を守る責任感からだけではないのは分かりました。つまり、外国人である私を連れて歩くこと自体、彼女にとってもリスクがあるということです。

その後、滞在先のホテルと語学学校までのたった200mの間でも、物乞いのおばあさんに追いかけられそうになりました。

治安良し!」を謳う語学学校ですら、この調子です。


海外に行くための準備と心構え

学校のカリキュラム自体は、本当に満足できるものでした。

ただし、宿舎は隣の声が丸聞こえでシャワーがシャワーにならないこと以外は、食事も美味しかったですし、スタッフさんも優しい方ばかりでした。

エアコンが壊れたときもすぐに対応してくださいました。

ただし、私たち日本人が考える「治安の良さ」とセブ島内もしくはフィリピン全体から考えた「治安の良さ」は違うのです。

さらに、現地に行くまでにも事前にしておかなればならないことがあります。

予防接種です。

私がフィリピンに行くと決めたとき、一番参考にしたのは外務省のホームページです。そこでフィリピンの状況を把握しました。

海外安全ホームページ(外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp
フィリピン 危険・スポット・広域情報(外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_013.html#ad-image-0

セブ島に関しては、2019年9月4日に「海外安全対策情報(2019年4月~6月)(セブ)」が表示されています。読むと怖くなります。

海外安全対策情報(2019年4月~6月)(セブ)外務省 *治安、一般犯罪等に関する情勢を報告
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=74756

予防接種については、外務省の「世界の医療事情」に書かれている「5 かかり易い病気・怪我」が参考になります。

フィリピン(世界の医療事情)外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/phili.html
5 かかり易い病気・怪我
(1)食中毒
(2)デング熱
(3)ジカ熱
(4)マラリア
(5)A型肝炎
(6)狂犬病
(7)麻疹(はしか)
(8)結核
(9)HIV感染・エイズ,性感染症
7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)
成人:A型肝炎,B型肝炎,破傷風,日本脳炎,狂犬病等の予防接種を推奨しています。
小児:日本の定期接種に加え任意接種を行うことを推奨しています。

私は、セブ島語学学習費用(スクール代、ホテル代、飛行機チケット代)に加え、予防接種に10万円かけました。

しかも予防接種は、普通の病院で受けていません。

梅田トラベルクリニック」さんという、海外渡航者のための予防接種を専門に扱う先生にお願いしました。


つまり、予防接種のために「岡山ー大阪」の往復旅費も追加となります。

「梅田トラベルクリニック」さんを選んだことは大正解でした。今年も、5年に一度の「狂犬病」予防接種を受けに行きました。

さらに、海外に行くために外務省が海外に行く前に登録を進めているサービスがあります。こちらも当然登録してから出発しました。

たびレジ(外務省)海外安全情報無料配信サービス
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html
登録方法 たびレジ(外務省)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/registration.html
外務省 海外安全アプリ 2019
外務省 海外安全アプリ 2019
開発元:外務省
無料
posted withアプリーチ


ひとりで海外に行ったときの心細さ

私がひとりで海外に行ったのは、フィリピン セブ島とアメリカです。アメリカはシカゴ経由で、アッシュビルとボストンに行きました。

そんな私が、海外で必ず使うものがあります。

それは、腹まきポーチ、ザックカバー、そしてウェストバックです。


腹まきポーチは、命の次に大切なパスポートや現金など「すぐには使わないが無くなったら困るもの」を入れます。

基本、帰りの空港までチャックを開けることはありません。

ザックカバーは、かぶせることでバックパックのポケットやチャックの位置が分からないようにします。

日本ですと「雨よけ」としてしか使わないザックカバーですが、ひとりの海外では強力な「セキュリティ対策」となります。

ウェストバックは、その日に使うお金だけを入れておきます。バックパックに入れた財布を取り出すところを見られたら、後をつけられます。

ウェストバックの形は「四角」がおすすめです。端が細くなるタイプですと、中身があふれ出る恐れがあります。相対的に容量も小さくなってしまいます。

また、ウェストバックを前につけることで常に自分の視界にウェストバックが来るようにします。普段、使い慣れていない分、無くしそうになるリスクがありますので注意が必要です。

リスクの例:つい目の前に夢中になって、ウェストバックが邪魔になり置き忘れる。書類の記入時の空白時間は要注意。

当然、財布の中にはカード情報を抜き取る「スキミング犯罪」対策もしておきます。

*実際にカードに貼らなくても、カードと一緒に財布に入れておきましょう。私はそうしています。

今回、初めて見つけた素晴らしいウェストポーチがあります。ウェストポーチ自体がすでに「スキミング対策」済みです。


日本でも同じようにセキュリティ対策が必要

帰国した安心感は異常です。日本語が通じますので、とても解放された気持ちになります。

ところが、日本にも置き引きやスリは確実にいます。岡山の田舎にもいます。

岡山県人の私としては、大阪や東京の大都会に赴く際も海外と同じような装備で行きます。

ポスポートは必要ありませんので「腹まき」はさすがにしませんが、それ以外のセキュリティ対策はしています。

チャックには「簡易ロック」をしてバックパックの中身をすぐに取り出せないようにしています。


犯罪者としては、より簡単にスリできる人の方が良いので、犯人側から考えて「めんどくさいひと」になれるよう努力しています。

最近は、カバン自体にも「Tail Mate」という位置情報を特定できる器具を追加しました。置き忘れのみならず、置き引きやスリ対策です。


「Tail」はオーナー同士で助け合うことができます。しかも、探せる範囲は世界中です。

世界で使うことがないにしても、国内だけでも「無くなったものの位置特定」ができるだけでも助けになります。

財布とスマホには当然「ヒモ」か「チェーン」をつけています。私には、尻ポケットに入れて歩くなんて到底できません。


私からの忠告を聞かない人がいた「母」

そんな「やりすぎ」とも思えるセキュリティ対策ですが、「やりすぎ」と思えない日常は残念ながら来ていると思います。

岡山でも同様です。

私がひとつひとつセキュリティ対策を積み重ねている横で、まったく「ひとごと」として聞き流していた方がいます。母です。

母は私から見るとまったくの「ゆるゆるセキュリティ」。

財布は、チャックのついた手提げカバンなのに「開けっ放し」。日よけの腕ガードを自転車のカゴに「入れっぱなし」で市役所や店に入る。


「やりすぎ」の私からすると、ゆるすぎて見ていられませんでした。

気がついたときは、毎回、注意していたのですが「大丈夫、いつも置いてるし」のひとことで終わらされていました。

しかし、その注意をやっと聞き入れてくれる状況になってしまいました。

ついに「置き引き」されたのです。


いたって普通のスーパーで「置き引き」

自転車で乗りつけたスーパーは、以前からたまに来ているところで大変なじみのあるお店です。

自転車置き場は、道に沿った小売店もあるところで「まったく人がいない」場所ではありませんでした。

そこにいつものように「腕ガード」を自転車のカゴに入れてお買い物。

戻ってきたときには、自転車のカゴに入れた「腕ガード」は、ありませんでした。
つまり、置き引きされていました。

強風の日でしたので、飛んで行ったことも考えられますが、飛んだとしても近くに落ちているはずです。

母がキョロキョロしていたので、声をかけると「腕ガードが無い」と言うではありませんか。

やっぱり」いずれこうなることが分かっていたので、以前から注意していたのにも関わらずそのまま同じ行動をしていたのが理由です。

盗られたんやろ
と言い、周りを念のため確認してから帰宅しました。


小さく盗られた効果

「いつものスーパーだったら、盗られないのに」

過去の成功体験をいつまでも話す母でしたので、帰る間に手提げカバンのチャックは必ず締めることを改めて注意しました。

これまで私が「置きっ放しは危ない」「カバンのチャックを締めろ」といくら口うるさく言っても「そうじゃな〜」と言って確実に無視してきた母。

「小さく盗られた」ことがよほどショックだったみたいです。

外務省がいくら「治安、一般犯罪等に関する情勢」や「予防接種が必要な伝染病」の情報を訴えてくださっても、受け手である私たちがキチンと「聞く耳」を持たなければ響かないのと同じです。

実際に自分や身近な方がスリの被害にあったり、現地で伝染病にかからないと「自分ごと」にならないのです。

「**ちゃん、セブ島ですられたらしいよ」
「お隣の**さん、あのスーパーで置き引きにあったんだって」
と聞いたら、気をつけるようになるのと同じです。

「今まで大丈夫だったから」これからも大丈夫とは限りません。犯人にとって「めんどくさい客」にならないと更に世知辛くなる世の中を渡っていけません。

「明日は我が身」


まとめ

今回「小さく盗られた」ことで、母の行動がどう変わるか、また、私がどう変えることができるか、ある意味勝負です。

まずは、手提げカバンのチャックから始め、「財布にヒモ」「簡易ロック」までは進めたいと思っています。

どうしても「自分の使いやすさ」を重視してしまい、財布の取り出しやすさのために「チャックを開けっ放し」の母でした。

腕ガードにしても、帽子はキチンと店に持って入っていたところを見ると、母的なセキュリティのボーダーラインはありそうです。

このあたりの意識を家族全体で上げていく所存です。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

Titanの代わりにサブAndroidもアリかと

IMG_4212

Titanキー設定済み

Titanキーの保管に困る

他に何とかできないか?



<結論>

サブスマホを持つ


iPhone7を使ってGoogle TitanセキュリティキーでTwitterとFacebookの2段階設定しようとしたらできませんでした。なぜ?

更新日:2019年8月14日

Titanセキュリティキーを導入したものの、一般人なら「サブスマホ」があれば何とかなりそうな気がした話です。

2段階認証が意味なくなるとき

Googleアカウントのログインで大切なのは、パスワードです。

しかし、パスワードだけでは漏洩や万が一突破される可能性があるため、Googleをはじめとするサービスでは「2段階認証」という仕組みが用意されています。

「2段階認証」は、6桁の数字列です。

Googleアカウントの場合、SMSや音声、専用の2段階認証アプリからお知らせされた6桁の数字列を入力することで、実質「2つ目のパスワード」になります。

<Google2段階認証の方法>
SMS
音声
認証システムアプリ
セキュリティキー

しかも、この6桁の数字列は、ランダムに生成されるので、いつも同じではありません。これが2段階認証の良いところです。

基本的に、1回は2段階認証でログインした端末ですと、その端末情報がGoogleアカウントに記憶されます。

つまり、1回2段階認証でログインした端末は、2回目からパスワードの無い状態でログインできるということです。

iPhoneですと「設定>パスワードとアカウント」でメールアカウントを1度追加したら、2回目からはパスワードすら求められません。

FullSizeRender


この「1回ログインすると次からパスワード不要」の仕組みは大変便利なのですが、便利であるが故に「危険」でもあります。

もし、iPhoneを紛失し、画面ロックを解除されたら、メール情報がすべて漏洩したのと同じことになります。悪用される可能性が高くなります。

悪用される例としては、メールの場合、これまでメールをやり取りした方へ犯人が直接、詐欺ウィルスを送付することができます。

私からのメールとして詐欺ウィルスを送りつけられるのですから、送られた相手は何も考えずにメールを開きます。これで感染します。

感染した方の知り合いにウィルスが拡散され、指数関数的に被害が広がります。

そのため、スマホを紛失したら、Googleアカウントの記憶されている端末情報から紛失した端末を削除しなければなりません。

FullSizeRender


少なくともこの削除操作で、紛失した以降の新規メールは受信できなくなり、送信もできなくなります。

端末ログイン情報を削除された端末で、再度ログインするためには、「設定>パスワードとアカウント」でパスワードと2段階認証の操作が必要となります。

ところが、2段階認証アプリが同じスマホにインストールされていると「2段階認証の意味がない」ことになります。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
*Google2段階認証アプリ


すでにスマホの画面ロックが解除されている場合、Googleアカウントのパスワードさえ分かっていれば、2段階認証アプリは他のアプリのように簡単に開くことができるからです。

2段階認証の2段階認証は無いからです。

犯人は「画面ロック」「Googleアカウントのパスワード」さえ持っていれば、紛失した端末から2段階認証アプリを利用して、再度、楽々ログインできます。

ちなみに、2段階認証アプリは、Googleだけでなく、Amazon(買い物)やWealthNavi(投資)などのお金関係の2段階認証としても利用されています。

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted withアプリーチ

それらのサービスも画面ロックを解除した犯人にとっては使い放題の状態になります。

ネット銀行から自分の口座に預金を送金します。投資アプリですと、自分の名義宛にしか送金できないので安心と油断してはいけません。

投資アプリから、手元にあるスマホに登録されているネット銀行に出金し、犯人の口座に送金できるからです。

「まず、物理的にスマホを無くさない」ことの大切さが分かっていただけると思います。

だからこその「スマホリング+ヒモ」の最強コンビで体からスマホを物理的に離さないようにする努力が必要なのです。




スマホリングと携帯ストラップは、100円均一でも手に入ります。まずは、それで試されることをお勧めします。

40代にもなれば「ちょい悪」「美魔女」などのワードが気になるお年頃ですが、おかかえの執事でもいない限り、自分の身とスマホを自分で守る方に力を注ぐべきです。

ただ、「見た目」にこだわる方なら、「Tile」を導入され、Tileコミュニティに入り、紛失した場所が即座にわかるような仕組みを構築しましょう。

Tile(タイル)
*電池交換版がお勧めです


私は「スマホリング+ヒモ」「Tile」ともに導入しております。スマホ至上主義の現代、「お金をかけてセキュリティ」は常識と思わざるを得ません。


Google Titan セキュリティキー

さらなるセキュリティ向上を求めた私の目に止まったのが「Google Titan セキュリティキー」でした。

IMG_3939

1セット6,000円(送料込)でしたが、セキュリティキーとして「USB型」「Bluetooth型」の2つの小さな端末、充電コードがセットになっており、むしろ安いくらいの印象でした。

FullSizeRender
注文から1週間ほどで香港から届きました。


ログインしたことのない端末、もしくはログイン情報を削除された端末にログインする場合の2段階認証に使える「物理的なカギ」です。

先ほどの例ですと、iPhoneにインストールした専用の2段階認証アプリ「Google Authenticator」にランダムに表示される6桁の数字列を入力することが2段階認証でした。

つまり、2つ目のパスワードです。

ところが「Google Titan セキュリティキー」で2段階認証の設定をすると、物理的に存在する「USB型」「Bluetooth型」のUSBカギを差し込むか、ボタンを押さないと2段階認証を突破できません。

つまり、スマホを紛失し、ログイン履歴のある端末をGoogleアカウントから削除してしまえば、メールの送受信を完全にダウンさせることができます。詐欺メールできません。

「USB型」「Bluetooth型」のどちらかが無ければログインできない状態になるからです。

当初、Googleは、本社でこの物理的なセキュリティキーを外部の会社で販売されているものを利用していました。

Yubikey(Yubico)

ところが、あまりにもセキュリティ的に素晴らしいので、プログラム開発をGoogleで進め、Google印の製品として新たに販売することにしました。

それが「Google Titan セキュリティキー」です。

2段階認証が設定できるGoogle以外のサービスでも利用できるのが大きなポイントです。

Google、認証端末「Titanセキュリティーキー」を日本でも発売 6000円
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1908/01/news077.html
Googleだけでなく、Coinbase、Dropbox、Facebook、GitHub、Salesforce、Stripe、Twitterなど、FIDOをサポートする他社のサービスやハードウェアでも利用できる。


Android端末がセキュリティキーになる

今回のTitan導入で、セキュリティキーのことを調べていくうちにとんでもないことが分かりました。

パソコンでGoogle ChromeからGoogleアカウントにログインする場合、Android端末がセキュリティキーになるというのです。

Android 7以上のスマホ、Googleアカウントの二段階認証キーに Bluetooth接続で(ITmedia)2019年4月11日
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1904/11/news058.html

パソコンでのログインに限定されますが、新たに「Google Titanセキュリティキー」を購入しなくても、お手持ちのAndroidスマホがセキュリティキーになるということです。

つまりAndroid民「勝利」ということになります。

私も実際に、今回のTitan設定でAndroidスマホをセキュリティキーとして利用する機会がありました。「あなたの操作ですか?」「はい」。

Android端末で「はい」をタップするだけでログインできるようになりました。すげえ。まるで、Duo mobileのようでした。

*パソコンでログインしたら、スマホにログイン確認通知が届きます。スマホで「OK」タップでパソコンでログインできるようになります。毎月課金式。月3ドルから。以前、かなり本気で課金することを考えていました。


そこで、これを機会にiPhone民もサブスマホとしてAndroidを持っておくのもひとつの手だと私は思っています。つまり、バックアップです。


iPhoneのサブスマホとしてAndroid端末を

実際、私はGoogle純正端末「NEXUS5」をiPhoneのサブスマホとして持ち歩いています。

サブスマホでは、Googleアカウントが使えるようにログインしています。iPhoneでもNEXUS5でもメール確認できます。

サブスマホを用意するのは良いが、「なぜ持ち歩くか」というとiPhoneが何らかの理由で使えなくなったときのためです。

万が一に備えるのは「意味がない」かもしれませんが、落下などの思わぬ事故が起こり、「iPhoneが使えなくなったとき」どうするのでしょうか?

家のパソコンは持ち歩けません。少なくとも、メールだけでも連絡手段があれば「ヘルプ」を出すことができます。

しかも、私は、通話をガラケーでできるよう機能を分離して更なる最悪な状態に対処しています。

何もかもひとつでできる「便利さ」の裏に、それが無くなったら終了という「事実」があります。そのための対処をしているのです。

考えすぎでしょうか?

iPhoneのサブスマホにiPhoneを用意しないのも同じ理由です。

iPhoneのiOSに何らかのトラブルが起こり、世界的にiPhoneが使えなくなったときの代用品としてAndroid端末の「NEXUS5」を持っています。

「NEXUS5」はGoogle純正端末をGoogleストアから直接購入しました。


端末に問題はありませんが、Googleから直接購入しないと何がしかけられているか分からないからです。よって私は、中古スマホは買いません。

ちなみに、iPhoneもAppleストアから直接購入しました。simカードは「海外Chatsim」を入れています。海外では「Airsim」に交換です。



私のiPhoneは通話機能が無いので、大手の通信会社と契約しなくても良いのです。ネット通信は、ポケットWifi「SAKURAWifi」。

容量無制限“SAKURAWiFi”を契約してみた 

《2018年2月から契約中》

データ利用量が無制限で3日縛りのない「SAKURAWiFi」のおかげで、iOSの大容量アップデートも怖くない!
ソフトバンクLTE 4G回線》
月4,514円(税・保険料込)

simカードの役割は、単に「データの受け」ができれば良いので、私の場合はどの会社のsimカードを入れても問題ありません。

最初の最初は、アクティベーションのため使用期限の切れた「中国移動のsimカード」を入れていたくらいです。


ポケットWifiにしても、SAKURAWifiはソフトバンク回線なので、使用データ量により支払い料金が決まる従量制のポケットWifiをドコモ回線で別に契約しています。

FullSizeRender
*月326円の通信保険と思っています


Google Titanセキュリティキーを使うか?

Google Titanセキュリティキーを購入し、実際に設定した後の印象ですが、一般人ならサブスマホを持つことで解決なような気がしました。

iPhone民なら、Android端末をサブスマホとして持つことで、パソコンでのGoogleアカウントの2段階設定のセキュリティキーとしても利用できます。←今回知った情報(笑)

さらに、サブスマホで事前にGoogleアカウントにログインしておけば「万が一」のときも焦らずに対処できます。

私はお子さん方のセキュリティ対策としても、メインのスマホとは別に、ガラケーによる通話機能分離も考えに入れても良いと思うくらいです。

最近は、LINEでメッセージのやりとりができるだけでなく、LINE通話により通話もできるようになりました。

ならば、高校を卒業して自分でスマホ代金を支払うようになるまでは、スマホはLINE専用機として安い端末での格安simを利用されるのが良いと思います。

ネット通信は家に帰ってWifiですれば良いですし、LINEモバイルなら月500円(税抜)でトーク、通話使い放題の上、1GBの通信量つきです。

<初月の支払い>
FullSizeRender


安い端末と言ってもfreetel「P6」なら、世界で使える「Glocal」が内蔵されていますし、sim自体も2枚差すことができます。


↓販売会社が違うだけで、実質同じ端末です

しかも本体のお値段は、まさかの定価16,800円です。税込でも2万円しない端末、そうそうありません。普通に使うには申し分ありません。

<私が購入したとき異常に安かった>
IMG_2517


以上のfreetel「P6」にLINEモバイル(月500円)運用は、私の母で設定経験済みです。大変便利に使っているようですので、おススメの設定です。

<実際に使って納得のLINEモバイル>
月500円(税抜)のワンコイン価格でLINE使い放題の奇跡!
これを使えば、新たな電話番号が手に入るので「LINEサブアカウント」を運用できます。
詳細はこちらから 



まとめ

「Google Titanセキュリティキー」を購入するときは、これ以上のセキュリティ対策は無いと思い込んでいました。

ところが、Googleアカウントのサービスを主にスマホで利用している場合、「Google Titanセキュリティキー」よりも「サブスマホ」「通話分離ガラケー」を用意している方が良いように思えてきました。

通話分離ガラケーですと、2段階認証のSMSを受け取ることもできます。

一方、TwitterやFacebookでも「Google Titanセキュリティキー」を使って物理的な2段階認証を設定しようとしましたが、iPhoneからはできませんでした。

Twitter画像(iPhone7できない)
アプリから設定するなということかと。
FullSizeRender


Facebook画像(そもそもセキュリティキーを選べない)
FullSizeRender

便利になるなら、すべてスマホから設定できるようにして欲しい40代です。正直、パソコンを立ち上げるのが面倒くさいです。



<関連ページ>





このエントリーをはてなブックマークに追加

WeChatPay来るか?

FullSizeRender

WeChatアルバイト募集

WeChatの日本進出が本格的に?

何が良いの?



<結論>
らくらくWeb決済と個人間送金ができる可能性大!

更新日:2019年8月11日

いつものようにTwitterを見ていると「WeChatアルバイト募集」があり、やっと日本でもWeChatPayが使えるようになると喜んだ話です。

【応募締切】【超短期アルバイト求人】テンセント日本向けWeChat(微信)テスト参加者(15名)募集中!(8/15,16)

体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス(shaoさんのnote)


WeChatが日本進出を本格化?

Twitterで流れて来た「WeChatアルバイト募集」。中国語が話せなくても、WeChatのIDがあって、30歳以下なら応募できるというのです。

【応募締切】【超短期アルバイト求人】テンセント日本向けWeChat(微信)テスト参加者(15名)募集中!(8/15,16)

アルバイトの仕事内容は「WeChat日本版の機能テスト」です。1時間のバイトで500元(約7,500円)ももらえます。

その結果、バイト希望者が殺到し、募集は3時間で終了しました。

これを見て、やっと「WeChatPay」が日本でも使えるようになるのかと感慨無量です。

WeChatは、日本でいうところの「LINE」です。メッセージアプリで、送金もできるサービスです。

WeChat
WeChat
開発元:WeChat
無料
posted withアプリーチ

しかし、すでに日本に「LINE」があるのに、わざわざ日本に展開しようとする理由は何でしょうか?

私個人の意見ですが「日本のペイペイ合戦を見るに見かねて」来航したのではないかと考えております。

つまり、日本でWeChatPayが展開されれば、
LINE:メッセージ(トーク)
WeChatPay:支払い
と住み分けすると思います。

LINE Pay、WeChat Payと連携開始 訪日外国人向け(Itmedia)
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1908/09/news121.html

もちろん、WeChatPayで展開されているサービスがLINEでも使えるなら話は別です。そうなれば私もLINEしか使いません

しかし、日本では、決済専用のQRコードが開発されるなど、中国での展開に比べると「あさっての方向へ」舵を切っています。

統一QR「JPQR」普及事業 概要(JPQR) 
https://jpqr-start.jp/

JPQRは、バラバラのQRコードを統一し、支払う側が支払うサービスを選ぶだけで、お店側の負担が減るというものです。

ところが、QRコードがバラバラなのを統一するのは良いのですが、決済にこだわったばっかりに縦と横の広がりができない「縛り」になってしまいました。

ディスっているわけではないのですが、shaoさんの中国のQRコード事情を知ると、そう思わざるを得ません。ただただ、残念だということです。

体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス(shaoさんのnote)
https://note.mu/shao1555/n/ne6680470a931

このshaoさんのnoteでは、中国のQRコード決済の実態が個人間送金だけでなく、Web決済機能まで持たせていることを指摘し、実際にご利用された体験記が詳細に描かれています。

WeChatIDを持っているだけで、お店に並んで待たなくても、待っている間に注文し、席に着いたら料理が並び、店員さんを呼ばなくてもWeChatPayで支払いまで終わってしまうシステムです。

店員さんとふれあうのは「料理が運ばれてくるときだけ」です。

これを見て「うらやましいすぎる」と思わない人はいないでしょう。これだけ簡単ならシニア世代も喜んで利用するに違いありません。

お店側としては、中国のWeChatPay方式を取り入れることで、日本人だけでなく、発祥地である中国のお客さんも呼び込めることになります。中国の方の方が慣れてます。

導入手数料が少々お高いみたいですが、余計なバイトを雇わなくてよいことを考えると、結局はWeChatPayを取り入れる方が返って安くつくような気がします。

中国のレストランソリューションでは決済にテーブルオーダーやデリバリーアプリとの連携などの機能を付加する代わりに、厚めの決済手数料を導入企業からとっています。
体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス(shaoさんのnote)
https://note.mu/shao1555/n/ne6680470a931

市場では個人間送金で支払いし、レストランでは順番待ちから注文、支払いと人が関わるところをWeb決済で済ませているのです。

どう考えても便利でしょう。


いまいち日本のペイに乗れない私

LINEペイ、楽天ペイ、PayPay、kyashなど、日本では「ペイペイ合戦」とばかりにQRコード支払いを自社で独占したい企業がしのぎを削っております。

ところが、40代にしてみれば「すごく面倒くさい」のです。

楽天経済圏の住人ですので、楽天ペイを使うことになると考えていましたが、私が普段使いしているお店で「楽天ペイ」が使えないのです。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

コンビニでいうと、楽天ペイは、セブンを使っている私なのに、岡山県ではローソンとY!ショップくらいしか使えません。

いくら「楽天ポイント」が使えると言われても、せっかく貯めた楽天ポイントを要りもしないものを購入して無駄づかいする気にはなれません。

そして何より面倒くさいのは、QRコードが使えるアプリにいちいち「チャージ」しないといけないことです。

これが銀行口座に紐づいていれば、チャージしなくても支払いのたびに「銀行口座」から引き落としされます。これがWeChatPayの支払い方法です。

どこかで聞いたことのある仕組みと思いませんか?
「楽天銀行デビットカード」です。


楽天銀行デビットカードの楽さ!

楽天証券を皮切りに、ついでで開設した楽天銀行口座。その付随サービスとしてあったのが「楽天銀行デビットカード」でした。

「どうせ楽天銀行から現金を引き出すことはないし、スマホでしか使わないし」と思っていた私でしたが、手元に楽天銀行デビットカードが届いてからの生活の変化は恐ろしいものでした。

簡単に言えば、楽天銀行デビットカードでしか支払いしなくなりました。突然キャッシュレス生活に一変したのです。

最初は、半信半疑で楽天銀行デビットカードを使い始めたのですが、実店舗とネット問わず、クレジットカードと同じお店で使える上、現金不要。

支払いすると、即楽天銀行から利用金額と楽天ポイント数がメールで送られてきます。不正しようがありません

よって、持ち歩く現金が激減しました。特に「小銭」が・・カード支払いしているので、銀行口座から現金を引き出すこともありません。

手元のスマホで楽天銀行にある預金はいつでも確認できます。ネット銀行がこんなに便利だとは夢にも思いませんでした。しかし、

便利さの裏に危険性あり

ですので、楽天銀行デビットカードには「目隠しシール」を貼り、私の名前と口座番号、セキュリティーコードが見られないように設定済みです。


また、財布からのスキミング犯罪を防ぐための磁気通電防止カードも4枚入れています。スキミング犯罪は、カードそのものでなくても財布の上からでもできる犯罪です。情報が欲しいだけだからです。


しかし、よく考えてみると楽天銀行口座と直接つながっている「楽天銀行デビットカード」が、QRコード決済に対応すればWeChatPayになるのではないかと思いつきました。


QRコード決済できる楽天銀行デビットカードアプリください

楽天銀行デビットカードは、クレジットカードと同じ機能を持ちます。アプリになるということは「バンドルカード」と同じことになります。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「バンドルカード」は、VISAブランドのプリペイドクレジットカードです。


バーチャルプリペイドカードですが、VISAブランドOKのお店の支払いができます。ネット店舗もAmazonのプライム会員Kindle Unlimitedの支払いも大丈夫です。

また、バーチャルプリペイドカードなので、実質、番号だけが手に入るだけです。これがQRコードにならない理由は無いでしょう。

その延長として、楽天銀行デビットカードがQRコード決済アプリとして登場して欲しいのです。

バンドルカードとの違いは、支払いで引き落とされるのがプリペイドで支払いしたお金からか、楽天銀行口座から引き落としされるかの違いです。

中国でできているのに、日本ではできないはずはありません。少なくとも技術的にはできるはずです。

そのときはどうぞ、WeChatPayを上手く真似て個人間送金とWeb決済の縦と横の広がりをお願いします。


まとめ

終わりのない「日本のペイペイ合戦」をあざ笑うかのような「WeChatPay」の展開。

もう真似される側ではなく、真似する側になったことは間違いなさそうです。日本なら切磋琢磨してもっと良いものになるはず。

とりあえず「WeChatPay」の日本における展開を待ち望んでいます。



<関連リンク>





このエントリーをはてなブックマークに追加

Disconnect premium追加購入

FullSizeRender

freetel「P6」購入

Disconnect Premiumインスト

空きがなくなった。。



<結論>
Disconnect Premium追加購入
(今回もlifetimeプランを格安購入)


<Disconnect premiumインストール方法>
1. 「SharewareOnSale」サイトで検索
2. lifetime plan、49ドルであることを確認
3. Paypalで支払いを選択
4. PayPalにログイン
5. 支払うお値段を確認
6.「Order Complete!」を確認
7.「REDEEM YOUR PURCHASES NOW」タップ
8.「Clarm My Code」タップ
9.「Redemption Link」タップ
10.「Email sent」タップ
11. アプリをダウンロードし、リンクをタップするか、ライセンスコードを入力してアクチベーションする


更新日: 2019年8月10日


VPNサービスとして重宝している「Disconnect Premium」を追加購入した話です。


当たり前のセキュリティ

自分が便利になればなるほど、セキュリティ面に気をつけなければならないと感じる40代です。

大学時代にWindows95が発売され、Netscapeを使っていた私たちはWindows Exploreを使うようになりました。

ところが今はどうでしょう?

Windows Exploreを使っている方は、少数派となり、ほとんどの方が「Google Chrome」か「Safari」を利用するようになりました。

未だに「Windows Explore」が存在しているのに、わざわざ「Google Chrome」か「Safari」を使うのはなぜでしょうか?

便利だから」です。

パスワードを記憶させたり、他のサービスとの連携が楽だからそちらを使っているのです。

自分は昔から変わっていない」と信じたいですが、時代とともに私たち自身も知らず知らず状況に応じた変化をしているのです。

また、私がWindows Explore時代から意識が変わったこととして「セキュリティ対策」があります。

今は、新しいパソコンを購入したら、必ず「ウィルス対策」ソフトをインストールしますよね?

初期の頃にWindows Exploreを利用してきた40代は、ウィルス対策など考えもしなかったことです。そもそもネットにつながること自体が珍しいことだったからです。

その後、生まれたときからインターネット
のある世代が誕生し、スマホが生活必需品となった現在、インターネットを取り巻く環境もさらに一変しました。

スマホが生活の中心となり、スマホがあれば何でも済ませることができるようになったのです。パソコンはもう要らないです

<スマホの役割>一例

連絡、記録、編集、銀行、投資


人とのコミュニケーションができて、お金の支払いができるようになりました。私もスマホがパソコンよりも多機能になるとは思いませんでした。

私たちの意識も当然、変えなければいけないことは確かです。

特に、初期の頃からネットを使っている私たち40代は、若い頃に身につけた「最初のやり方」をついつい続けてしまいがちです。

「自分を変える」のが面倒だからです。

ところが実際は、便利になったその反面、外部からの攻撃を受けやすくなりました。スマホが個人情報のかたまりとして「価値がある=お金になる」と認識された瞬間です。

よく考えてみれば、常時、インターネットにつながっているということは、世界からも私のスマホにアクセスできるということです。

世界は広いので、良からぬことを考えている人がいてもおかしくありません。

だからこそ、そのためのセキュリティ対策は、できる範囲でベストを尽くすことが必要です。

ここでの「ベストを尽くす」の意味は「有料のセキュリティサービスを使う」ということです。

いくらセキュリティ対策したからといって、無料のサービスを使うのは逆に危険です。個人情報を吸い取られてしまう可能性があるからです。

そのアプリを経由することで、何をいつ検索したか、何をどこで購入したか、カード番号、セキュリティコードがすべて筒抜けになることでしょう。

ウィルス対策をするのに無料でできるはずがありません。

人件費と電気代は少なくともかかります。ボランティアで他人の安全を守ってくれるひとはいないということをしっかり認識しておきましょう。


マイベスト対策

私がセキュリティ対策として設定しているのは、ウィルス対策、VPN対策、2段階認証です。これは最低限の対策と考えています。

<私のセキュリティ対策>
1. ウィルス対策
2. VPN対策
3. 2段階認証

ウィルス対策は、Windows、Mac、Android(スマホ、タブレット)にカスペルスキー をインストールしています。


iPhoneとiPadは、最新のOSをインストールすることでウィルス対策できていると信じています。

iOS向けのアンチウイルスアプリが存在しない理由(Kaspersky Daily)
https://blog.kaspersky.co.jp/ios-security-explainer/21510/
セキュリティ面では非常に有効なシステム

ウィルスの侵入源は、リンクと添付ファイルですので、メールやSNS、訪問先のサイトが信頼できるかどうかを判断することで防ぐことができます。

防ぎきれない分をウィルス対策サービスで補完します。まちがってクリックする可能性があるからです。

数あるウィルス対策サービスの中から、どうしてカスペルスキーを選んだのかと言いますと、カスペルスキーのトップであるユージン・カスペルスキーさんが実名で顔出ししているからです。

自分のサービスに自信がないと、実名で顔出しなんてできません。しかも、ウィルス対策サービス1本で会社を運営していることが大切です。

「全力でウィルス対策に取り組んでいます」
ということを暗に示しているからです。

しかも、カスペルスキーのサイトでは、セキュリティに関するブログをほぼ毎日更新されています。


私はこのブログの更新をRSSに登録し、新しい知識が増えることを楽しみにしています。


VPN対策「Disconnect Premium」

カスペルスキーさんでも提供されているのですが、私がVPN対策で選択したのは「Disconnect Premium」でした。

Disconnect Premium VPN
Disconnect Premium VPN
開発元:Disconnect
無料
posted withアプリーチ

「Disconnect Premium」は、VPN対策専門のサービスを提供しているからです。「それ1本で世界と戦っている」という事実は私のこころを動かすのです。

元Googleエンジニアが追跡広告についてプライバシーについて問題視し、その対策をFacebook上で無料で提供したのが始まりです。

その登録者が増えていったことから、資金援助を得て、サービスとして有料で提供することになりました。

Disconnect- LAUNCH Conference Presentation(2011/3/23公開)

DEFCON 19: Tracking the Trackers: How Our Browsing History Is Leaking into the the Cloud (2011/11/27公開)

Disconnect創始者であるBrian Kennish氏による講演です。

広告を出す側だったBrianさん。不要な広告を防御したり、受け取る広告の種類を選ぶ権利を持つべきという考え方を提案しました。

現在のBrianさんの活動はこちらから
Disconnectは売却し、次の事業を展開され、ますますご活躍のご様子です。

現在の「Disconnect Premium」は、追跡広告対策から延長し、VPNサーバーを提供するサービスにまで展開しています。

VPN(Virtual Personal Network:仮想私的ネットワーク)は、直接サーバーに接続せず、いくつかのサーバーを経由することで追跡広告が追いつけないようにする方法です。

ライセンス購入者の私は、今日のサーバーを選ぶことができます。毎日サーバーを変えられるのです。

今日はアメリカ、明日は東京など、いつも同じでないサーバーを選ぶことでより安全なネットができるのです。

そこまで気をつける必要があるのか?
と思われるかも知れませんが、Windows95販売当時を思い出してください。セキュリティ対策すらしていませんでした。

それが今や「セキュリティ対策するのが普通」になりました。プライバシーに対する問題意識もますます高まっていくと思います。

セキュリティ対策のポイントは「いかに犯人にめんどくさい客か」と思わせることだと私は考えています。

セキュリティ対策の上、VPN対策、2段階認証まで設定している人と、対策を何もしていないノーガード戦法の人とどっちが犯人にとって楽かということです。


新たに「Disconnect Premium」ライセンス購入

運命的な出会いをした「Disconnect Premium」は、アメリカのソースネクストこと「Shareware On Sale」で購入しました。


VPN対策しようとしていたときに、Privacy hausさんのサイトで紹介されていたのがきっかけでした。


現在は、Disconnectが掲載されていないのですが、タイミング良く出会えたと考えています。

そこからDisconnectについて調べ、Shareware On Saleで安いプランを提供していることを知ったのでした。

その「安さ」ですが、簡単に言うと「1年分」のお値段で「100年分」のライセンスが購入するできました。

<購入価格>端末3台分
   1年分  50ドル
100年分 49ドル

私も最初は騙されているのかと思いました。速攻で、サポートに連絡するとサポート紳士Codiから「ホントだよ!」という返信をいただき、購入に至ったのです。

格安販売は期間限定です。

ただし、1年に1回は同じ格安価格でセールがあるのでチャンスはあります。そのチャンスは、Twitterで情報が流れてきます。

<Twitter>

@SharewareOnSale


すでに2ライセンス(6台分)を購入している私ですが、先月、新たにfreetel P6をお迎えしたことで「Disconnect Premium」のライセンスに空きがなくなってしまいました。


freetel P6端末自体は、母のLINE専用端末です。LINEだけでネットなど使うことはないのですが、念のため「Disconnect Premium」を入れておくことにしました。

すると、Disconnectのライセンスの空きがなくなってしまいました。

次に端末を購入する予定はありません。

それでも念のため、新たな3つ目のライセンスを購入することにしました。ポイントはセールをしているかどうかです。

<私の購入履歴>Disconnect premium
2018年6月  6日
2018年6月  7日
2019年7月27日

いつものように「SharewareOnSale」サイトを検索してみると、幸運なことにlifetimeプラン「あと4日」の札付きで「Disconnect」が大安売り。
lifetimeプラン=100年プランのこと

迷うことなく、早速購入しました。


Disconnect Premium購入方法

1. 「SharewareOnSale」サイトで検索
2. lifetime plan、49ドルであることを確認
3. Paypalで支払いを選択
4. PayPalにログイン
5. 支払うお値段を確認
6.「Order Complete!」を確認
7.「REDEEM YOUR PURCHASES NOW」タップ
8.「Clarm My Code」タップ
9.「Redemption Link」タップ
10.「Email sent」タップ
11. アプリをダウンロードし、リンクをタップするか、ライセンスコードを入力してアクチベーションする

1. 「SharewareOnSale」サイトで検索


2. lifetime plan、49ドルであることを確認
FullSizeRender


3. Paypalで支払いを選択
FullSizeRender


4. PayPalにログイン
FullSizeRender



5. 支払うお値段を確認
FullSizeRender


6.「Order Complete!」を確認
FullSizeRender


7.「REDEEM YOUR PURCHASES NOW」タップ
FullSizeRender


8.「Clarm My Code」タップ
FullSizeRender


9.「Redemption Link」タップ
FullSizeRender


10.「Email sent」タップ
FullSizeRender


11. アプリをダウンロードし、リンクをタップするか、ライセンスコードを入力してアクチベーションする
Disconnect Premium VPN
Disconnect Premium VPN
開発元:Disconnect
無料
posted withアプリーチ


<関連ページ>










このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ