タグ:チャリンチャリン投資

楽天銀行・楽天証券の自動スイープもカウントされる!

FullSizeRender

楽天銀行ハッピープログラム挑戦!

とりあえずVIPまでは行きたい

楽天証券も口座を開いたけど?


<結論>
楽天証券で約定しなくても、
自動スイープ分はカウントされる!
毎日100円積立2本追加でVIP確定〜


更新日: 2018年10月5日

楽天銀行と楽天証券を開設してから1ヶ月、目的の個別株投資をウルフ村田さんのご指導のもと初めております。もう初心者という言い訳ができない1ヶ月です。

さて、楽天銀行を開設した理由のひとつは個別株投資のためでしたが、開設にあたり「せっかくなら」と目指したことがあります。

それが「ハッピープログラムのVIP待遇を目指す」です。VIP待遇になると、ATM利用手数料5回まで無料、他行振込手数料3回まで無料、楽天スーパーポイントが3倍となります。

このVIP待遇のために必要な貯金金額は100万円です。100万円無くて誰でもVIP待遇になれる素晴らしい方法を確立しました。

ハッピープログラムとは?

楽天銀行に口座を開設すると、ハッピープログラムの利用を勧められます。ハッピープログラムを利用するには必ずエントリーしなければなりません。口座開設された皆さん、お忘れなく!
ハッピープログラム登録はこちらから
https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/happyprogram/#anchor_2

ハッピープログラムはランクが5段階に分かれています。最初は誰でもベーシックです。

スーパーVIP
VIP←目指すランク
プレミアム
アドバンスド
ベーシック←スタート


スーパーVIPとVIPの違いは、ATM利用手数料の回数が2回増えるだけです。私の場合、ATM利用するのは楽天銀行に入金するときのみです。

しかも、東京三菱UFJ銀行とゆうちょ銀行のATMを使えば、一回の入金金額3万円以上ならATM利用手数料は無料になります。

そのため、私の場合はATM利用手数料に関しては問題ではありません。だから「スーパーVIP」まで目指す必要がないのです。

私の狙いは手数料ではなく、楽天スーパーポイント3倍です。常に3倍なら相当お得になります。楽天経済圏に取り込まれて最近は心地良いです(笑)

まずは毎日積立で件数を稼ぐ

私の目指すVIP待遇になるためには、楽天銀行への貯金残高100万円以上が必要です。そんなお金は口座に入れてはいないので、別の方法で件数を稼ぎます。

楽天銀行から楽天証券への自動スイープ件数を「20件以上にする」です。

楽天証券の投資信託を毎日100円ずつ購入します。しかも「つみたてNISA」にします。私はこのために「一般NISA」から「つみたてNISA」へ変更しました。

毎日100円積立と言っても平日のみです。平日のみでも20回は稼げます。毎日100円捨ててる訳ではなく、投資信託を購入している上、「つみたてNISA」のダブルコラボです。

最近は月曜日が祝日の場合が増えてきました。確実に20回以上を目指すなら、毎日100円積立の銘柄をひとつ選びます。もしくは、今回私が気づいた方法で件数を稼ぎましょう!

ちなみに、私の毎日100円積立の銘柄はこちらです。

1. 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
2. iFree S&P500インデックス


楽天・全米株式は、当時、投資信託で一番人気でした。iFreeは、単にS&P500を扱う銘柄が欲しかったからです。オマハの賢人バフェットが奥さんに進めたのが「S&P500」ですからね!

これで件数をさらに稼ぐ!「訂正注文」

今日、新しく気づいた件数稼ぎの方法は、「楽天証券の買い注文の金額を訂正注文で上げる」です。

楽天証券で買い注文を出すと、自動スイープ設定された楽天銀行からお金が楽天証券取引口座へ移されます。これが1件数とカウントされます。しかも楽天スーパーポイントが1ポイント付きます。

ここまでは知っていたのです。

今日、たまたま約定したいがために1円の買値訂正を2回しました。金額的には、100円を2回追加しました。この2回に分けた訂正注文ごとに件数が追加され、ポイントがついていました。

ポイントは、100円だろうが、5万円だろうが、1回の送金でついていました。ビックリ!

しかも、その買い注文は、結局、約定しませんでした。

成立しない買い注文のための送金も件数にカウントしてくれていたのです。ポイントもつけて…楽天さん太っ腹も良いところです。感謝しかない。

ポイントで投資もできますからね。結局は、元手無料のポイントだけで投資が完結し、お金を生み出すようになるという…まさに夢のような話です。

まとめ

まさか1円の訂正買い注文(追加分)もハッピープログラム件数対象になるとは思いませんでした。金額にして100円です。

株は100株単位で買うことが多いです。株価が1円上昇すると、100株で100円追加になります。それで100円で1ポイントいただけたという話です。とんでもない錬金術もあったものです。

楽天証券の利用をご検討されるなら、必ず楽天銀行を使うべきです!そして楽天経済圏へ一緒に参りましょう〜

P.S. 外貨定期預金もしちゃいました。


<関連ページ>

All the illustration are copyright to StockUnlimited.


このエントリーをはてなブックマークに追加

欲が出てくるとダメ!細かく値幅取っていこう〜

IMG_2279

ウルフ銘柄をチェックした

ほぼ底値で取れた

良い意味の塩漬けでOK?


<結論>
良い意味の塩漬け、なんて無い!
細かく利益確定して、
勝つ喜びを体に覚えさせよう


更新日: 2018年10月4日

ウルフ銘柄をウルフ村田さんのツイートでチェックするのはすでに常識となっております。

その中から選んで、底値を取ると後は寝て待つだけ…と思ってしましたが、どうもこれが違うようです!

ほぼ底値で買えたのだから「ほっとけば良いじゃん」という話なのですが、ウルフ村田さんのリツイートを見るとどうもそれも違うようなのです。

順調に株価が上昇している銘柄について「値幅が取れる」というツイートをリツイートされるウルフ村田さん。なぜでしょうか?持っておけばそれだけで利益が積み上がっていくというのに…

困ったときはチャート確認すべし

ウルフ村田さんがリツイートされるときは「その調子!」「そういうこと!」という同意が含まれていると考えます。

ということは、ウルフ村田さんがリツイートされたツイートもすべてウルフ村田さんの意見ということになります。

ならば先ほどの順調に株価が上昇している銘柄に対して「値幅が取れて良いね!」というツイートをリツイートされたということは、そうしないと1億円まで遠いよと意味になります。

調子乗って買えた奇跡の【4563アンジェス510円】。私は、宝石のようにただ見守っていたのですが、どうやら間違いのようですよ…マジか?

チャートを確認しましょう。

【4563アンジェス】kabutan
https://s.kabutan.jp/stocks/4563/chart/

私の奇跡は、2018年9月26日。アンジェスが突然508円まで下落したところから始まります。しかもその日は、2回も508円まで下落したのです。

この話にはオチがありまして、2018年10月3日に安値501円をつけました。底値508円と思っていた私、ズッコケ滑り台でした。

チャートを日足で、さらに9/26から10/4までを確認してみましょう。

9/26 奇跡の510円
9/28 高値の588円
(ここの580円で売れば7000円利益が出た)
10/3 まさか501円
(まだ利確せずに持ってた)_:(´ཀ`」 ∠):
その後、ほうほうの体で511円にて利確…

わたくしは、510円の余韻に浸りながらボケーとしていたここ1週間。7000円の損をしたのと同じことではありませんか!

これは大問題ですし、今後の株投資方法について再考する必要があります。

わらしべ長者…?

ウルフ村田さんは、日本株は長期保有に向かないと断言されています。

最後が肝心です。「どんどん強い株に乗り換えろ」とあります。私は今乗り換えていません。日本株を購入したまま、値上がりするまで長期保有の構えでした。

まだまだ「長期投資」のクセが抜けていませんでした。大反省です。「長期投資」は、もちろん大切ですので、さわかみファンドさんに任せています。

だからこそ、私がやらなければいけないのは、「日本株をどんどん乗り換えつつ、値幅を細かく取っていく戦略」に変えることです。

本当は、日本株というよりウルフ株です。

ウルフ村田さんのツイートされる銘柄の底値と高値までは行かなくとも少し上昇したくらいでもう売ってしまう。

この「少し上昇」の程度が難しいところですが、株価に左右させるので一概には言えません。私の基準としては、その日のうちに売り切れるのがベストです。

ふりだしに戻る

ということで、実はこの戦法は私が株投資をはじめて勝ち続けていた戦法でもあります。あれでよかったのか…やはり間違いではなかったのです。

1ヶ月経って、ふりだしに戻ってきてしまいました。

実にバカバカしい話です。だけども、これからの私はきちんと底値を取ってから利益を取る確率が上がっているはずです。

あとは、ウルフ村田さんの出すヒントにきちんと感づくかどうかにかかっています。

現在、「あのつぶやきは何だったんだろう…そんな訳で無かろう」がたいてい現実となって目の前に現れているのです。恐ろしいほど。

あとはそれに「乗るか、乗らないか」だけのこと。がんばれ私!まず、底値の銘柄を売れるかどうかが勝負です。

今日はさっそく失敗しました。

底値の銘柄を売るのにあり得ない高値で売ろうとしてしまいました。あと4円上昇すれば約定していたのですが(ある意味、奇跡)、これ欲が出すぎです。

明日は売り切って、次の銘柄に乗り換えます。


All the illustration are copyright to StockUnlimited.


このエントリーをはてなブックマークに追加

株トレマスタースクール
無料特典を最初に勉強しよう!

IMG_2090

ウルフスクール生の特典がある

生かしきれてないかも?

どれを最初にやるべきか?


<結論>
月刊ウルフ無料1ヶ月視聴を最大限利用すること

更新日: 2018年9月29日

2018年9月8日、晴れてウルフ村田さんの「株トレマスタースクール」に入校しました。

スクールでは、対面講義(4回)、動画講義などのほか、特典のひとつとして、「月刊ウルフ」1ヶ月無料視聴があります。月2万円です。

月2回、1時間程度の銘柄解説です。ウルフ村田さん厳選の銘柄が今どういう状況で今後どうなるか、どこで入るべきかを詳細に解説してくださいます。

月刊ウルフの動画講義は、生放送で行われます。そのため、次の日のトレードに放送内容を生かすことができます。

放送時間に見られなくても、放送終了1時間後に事務局から動画アップのメールが送られてきて、後から視聴することも可能です。

もちろん、過去の放送も確認することもできます。新鮮な情報でないから無駄と侮ることなかれ!

対面講義を実際に受けた私から言いますと、対面講義と同様の迫力があるのです。ウルフ村田さんが目の前におられる…あふれる気迫!

未来で勝つには過去のチャート研究が必須

今後のトレードで勝つには過去のチャート研究が必須です。過去のチャートパターンは、未来どうなるかを予想するための歴史です。

有名な分析方法は、すでに証券会社のチャート画面でチェックを入れると表示されます。

そこに表示された指標とローソン足の長さと陽線と陰線の並びでチャートの行く末を予想します。予想しても無駄?ではありません。

有名なチャートパターンは、株取引をする皆さんの共通認識です。「こうなったらこうなるから下落する」となるとドドドドッと株価が下がります。逆もまた然りで、急速に上がることもあります。

ウルフ村田さんが紹介するのは仕手株

ウルフ村田さんがツイートして薦めてくださる銘柄は、「手が明確に入っている」銘柄です。

「手が明確に入っている」の意味は、仕手株(してかぶ)であるということです。

仕手株は、株価を操作する中の人がいる銘柄のことです。仕手株を操作するのは、仕手筋(してすじ)の皆さんです。

もちろんウルフ村田さんが仕手筋としてご活躍なさるときもあります。Twitterで有名なのはトンピンさん(@Tonpin1234)です。

ちまたでは、トンピン銘柄とウルフ銘柄に乗っかっておけば1億円はいけると言われております。あながち間違いと言えません。充分な実績があるからです。

【9820ジェネックス】
https://s.kabutan.jp/stocks/9820/chart/

エムティジェネックスは、2018年を締めくくるに値するトンピンさんの名作と言われています。株価2万円の段階でも、ウルフ村田さんのお知り合いは即購入されました。

それが現在(9/28)の段階で、一度は4万円を越えて38,400円に落ち着いています。価格が上がり始めた初動は2,000円前後でした。すでに10倍株(テンバガー)を越える20倍株です。

しかも、4万円は通過点でまだまだ株価が上昇するとのこと。あっけにとられます。4万円と簡単に言いましたが、最低購入株数は100株です。一度に400万円は必要な銘柄になりました。

とはいえ、初動の2,000円のときでも100株で20万円必要だったのですから、初めから私は買えませんでした。

このように仕手株は、通常、株価に影響すると考えられるファンダメンタルよりも強い力を持つことがあるのです。

そのため、仕手株の中の人にもなるウルフ村田さんが薦めてくださる銘柄は、見たことも聞いたこともない会社であることがほとんどです。

私が世間知らずだけの話ではありません。そのときの時流に乗ったテーマに即した銘柄のうち、仕手筋が入った銘柄を厳選してくださっているのです。

ウルフ村田さんのツイートで「*明確なる」と枕詞がついたら明確に中の人である仕手筋が入った銘柄ということです。

ウルフ村田さんが強力におすすめされている本はそのものズバリ「仕手株投資に勝つ!」です。文章は要点がまとめられており、文量少なめでサクッと読めます。

仕手株投資に勝つ

「月刊ウルフ」は仕手株のチャート研究を解説

株トレマスタースクールの特典である「月刊ウルフ」1ヶ月無料視聴は、仕手株のチャート研究をウルフ村田さんが解説してくださるというとんでもないおトク特典です。

ということに今日、無料特典が切れる2日前に気づいた私です。私も最初は、新鮮な情報でないと無意味〜と能天気なことを考えていました。

ところが、過去の放送を拝見すると、ウルフ村田さんの解説の時期から後(つまり今)、どうなったかを実際のチャートで確認することができます。

解説どおりの結果であることがほとんどですが、予想された時期よりも反応が遅い銘柄も出てきます。ここがポイントになります。

その結果を見て「なぜそうなのか?」を自分で考えることができます。単に時間が伸びたのか、そのまま下落トレンドになるのか…

今ではツイートされなくなった銘柄もあります。そのチャートをチェックすると、ヨコヨコで価格が「ボックス相場」で上昇準備期間であったり、本当に下落しています。

すげえなあ。単純にそう思うのです。

と、同時に「月刊ウルフ」の1ヶ月無料の素晴らしさに気づくのが遅すぎて自分に驚きます。

だって、「株トレマスタースクール」のスクール生になれば、10倍株銘柄を教えてくれて、その銘柄に投資しさえすれば1億円トレーダーになると考えていたのですから…

「株トレマスタースクール」の真の目標は、自分で銘柄を選んでトレードできるようになる人材を生み出すことです。

だから勉強するのは当たり前です。

あのウルフ村田さんでさえ、毎日チャート研究され、暇な時間があれば株の関連図書をチェックされているのですから…

<関連ページ>




All the illustration are copyright to StockUnlimited.
このエントリーをはてなブックマークに追加

株は心理戦!エントリー恐怖症!

IMG_2079

ウルフ銘柄は勝つ!

なのに損切りできず塩漬け継続

次のエントリー…当然できねぇ…

更新日 : 2018年9月23日

いくらウルフ村田さんが「*明確なる」してくださったり「アンジェス&エムティジェネックス ウルフ村田」さんに改名してくださっても買えない…それが「エントリー恐怖症」です。

資金が足りないだけじゃない。
資金なら出そうと思えば出せるはずです。

私が「エントリー恐怖症」という言葉を知ったのは今日。ローソク足の読み取り方で分からない言葉を調べているうちに、偶然出会ったサイトに掲載されていました。

株チャート分析と個人投資家の心理学
<誰もが経験するエントリー恐怖症克服法を考えたぜぇ>
https://kabu-psychology.com/?p=7973

誰もが経験する”初動INできない病”、それが「エントリー恐怖症」です。

まさに私が現在その状態でして、我が意を得たりと膝を打った素晴らしい記事です。文末に「ぜぇ」があっても中身はすこぶる本気です。

この素晴らしいブログは、(株)オルゴンアセットマネジメントさんが運営されているブログです。

(株)オルゴンアセットマネジメントとは?

(株)オルゴンアセットマネジメントさんは、
1. 個人向けライフプランニングサービス
2. 各種金融セミナー講師
3. 株式投資関連指導支援

を事業内容とする平成16年(2004年)に設立された会社です。
URLにご注目!「kabu-psychology」まさに「株は心理戦」ということを的確に表しておられます。むしろ、それが前提ということですね。

現在休止中ですが、まぐまぐメルマガも運営されておられました。これまた為になることばかり買いてあります。30万円のスクール云々のくだりはドキリとします。
https://www.mag2.com/m/0000262793.html

30万円の投資スクールで学んだから、
その手法が自分にとって最良かどうかは別問題。
最も大切なのは、自分に合うやり方なのかどうか?
ということに尽きる。
他の誰かがそれを教えてくれると思ったら大間違いで、
自分のやり方は自分で発見するしかない。
https://www.mag2.com/m/0000262793.html

正直、この会社が良いのか悪いのか判断するのは難しいのですが、的確に私の心理状態をあらわしている点で充分アリです。

そしてスクールに通っても自分が何とかして「自分のスタイル」を見つけなければなりません。

今回のブログを発見したことで「自分のスタイル」というのは、「自分に合うやり方」ということが分かりました。

「自分のスタイル」というと、強気で攻めてガッチリ利益確定!というイメージがあります。

しかし、「自分に合うやり方」という表現になると、自分の分かる範囲で無理のないトレードを確実に淡々とこなしている雰囲気になります。

強気で攻めるスタイル、落ち着いて確実に利確するスタイル…私がどちらになるかは分かりません。チャート研究と実践が足りないからです。

チャート研究、数打ちゃ当たる?

ウルフ村田さんのおすすめ本もツイートにも必ずチャートが出てきます。チャート研究をしないとまず無理という話です。

オニールの成長株発掘法
「オニールの成長株発掘法」解説
http://masakisuge.blog.jp/archives/12062640.html


マーケットのテクニカル分析
「マーケットのテクニカル分析」解説
http://masakisuge.blog.jp/archives/11868403.html

チャート研究とは、ローソク足、線種、各種シグナル、そしてそれらの組み合わせからなる人間の感情表現を理解することです。まさに心理戦。今の私には神の領域としか思えません。

「オニールの成長株発掘法」に至っては、しょっぱなからチャート100連発です。しかも150年前のチャートが一番最初にあります。

そんな昔のチャートが残っていること自体がすでに驚きですが、150年前から人間の心理は変わらない。もちろん、今後150年も変わらないという事実を突きつけられます。

これらの売り買いのパターンは、言わば相場変動のクセであり、株式チャートに映し出された、昔も今も変わることのない投資家心理を映し出すものであるということです。
https://kabu-psychology.com/?page_id=358


<関連ページ>
「オニールの成長株発掘法」解説
http://masakisuge.blog.jp/archives/12062640.html


「マーケットのテクニカル分析」解説
http://masakisuge.blog.jp/archives/11868403.html


誰もが経験するエントリー恐怖症克服法を考えたぜぇ
https://kabu-psychology.com/?p=7973

【40代の投資】ウルフ村田さんのおすすめ本、サイトまとめ

All the illustration are copyright to StockUnlimited.
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らず知らず「バーン」と張ることになっていた

IMG_2083

バーンと張れない小資金の私

買ったら下がるから〜

ビジョナリーをまだ引っ張るんか〜い


<結論>
努力したら報われた。
勉強しよう。

更新日: 2018年9月26日

ウルフ村田さんが改名してまでアピールしている銘柄がふたつあります。それが、
「アンジェス&エムティジェネックス ウルフ村田(村田美夏)」
です。

銘柄番号をつけると、「4363 アンジェス」と「9820エムティジェネックス」です。

【4363 アンジェス】時価総額478億円
https://s.kabutan.jp/stocks/4563/chart/
最近の安値 436円(9/14)
最近の高値 626円(9/25)

【9820 エムティジェネックス】
https://s.kabutan.jp/stocks/9820/chart/
最近の安値 3420円(7/30)
最近の高値 45950円(9/26)

エムティジェネックス、明らかにテンバガー(10倍株)です。もちろん乗れてません。

私が楽天証券に口座を作る前が底値だったからです。底値とは言え、底値の段階で3420円だったのですから、今その底値でも買えないです。
一方のアンジェス。

エムティジェネックスに比べると、桁も違いますし、500円前後ということでとてもお安く見えます。

ところが、最低購入株数は100株ですので、一度に資金5万円を使い果たしてしまう寸法です。はっきり言って、私には人生をかけた戦いに早変わりしてしまいます。

いつも低位株の私

個別株投資をはじめてから1か月。資金5万円の私が売買するのはいつも200円以下でした。痛手がストレスにならない程度だからです。

150円なら100株15000円。

すべて損したところで、何とか気持ちに余裕があります。

500円なら100株50000円。

すべて損したら、結構心の傷が残ります。なぜなら、すでに経験しているからです。そう、【9263 ビジョナリー】です。

私は133円、122円でそれぞれ100株購入しました。平均128円の株を200株購入したことになります。合計25600円です。資金5万円ですので、ざっと半分も占めてしまいました。
それが見事に99円。これが200株ありますので、
合計19800円。5800円の損です。恐ろしや。
ここ10日間のことなのです。

つまり、損に慣れていないのです。

株の本を読みますと、「トータルで勝てば良い」と書いてあります。私がすれば「甘っちょろいこと言ってんじゃねぇよ」となります。

だって、トータルで負け続けるかもしれないじゃないですか…(うえーん大泣)

注文も満足にできない上、損切りもサクッとできず…ダメなのは分かっているがどうすれば良いか分からないのです。初心者だもの。まさを。

噂の黒本「仕手株に勝つ」以後

やっと重い腰をあげ、楽天の期間限定ポイントを使って購入したウルフ村田さん大推薦の「仕手株に勝つ!」。私は楽天ブックスで電子版を購入しました。

超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!(ウルフ村田さん超推薦本)

http://masakisuge.blog.jp/archives/12264126.html


この本では、実際のウルフ村田さんの投資スタイルを知ることができます。つまり、仕手株を仕手株であると理解し、仕手筋(本尊)の気持ちを読めということです。

この本を読みまして、私は私の中で何かが変わった気がしました。何が変わったというと、株に対してというより、仕手株に対する考え方が変わったのです。

簡単に言うと、チャートを見る目が変わった。

仕手筋さんの目線でチャートを眺める

仕手筋になった気持ちで、ウルフ村田さんご推薦の銘柄のチャートを眺めてみました。そのときは、アンジェスが話題でした。

ウルフ村田さんによる動きが活発になった2日後、ザラ場で暴騰(620円)、時間外取引(PTS)で暴落(508円)。明けた次の日は、時間外取引同様に暴落しました。

その暴落で私はアンジェスを拾うことになるのです。

時間外取引で暴落したのを知った私は、チャートと資金5万円から520円以下なら買っても良いと判断しました。

なぜなら、アンジェスのチャートを日足で見ると、赤線(15日)が伸びた先が500円くらいになっていたからです。たいてい底値は、赤線の上で反発して株価が上昇します。

仕手株はそうなのです。黒本の知識!

逆に赤線よりも下に来たら下落パターンに入るので、売り時です。とすると、今回の暴騰したアンジェスは、どう考えても下落して500円近くまで行くことが考えられました。

そのとき日中620円で暴騰、時間外取引で508円。これは次の日、日中も同じようになる可能性は否定できないと思いました。

万が一を願う初心者の願い届く

小資金は、万が一を願い、遠慮して520円の指値を入れてみました。最初から諦めた注文です。

そしたら何と初っ端9:40に大下落!

508円まで下がっていました。過去形なのは、その場を見ていないからです。約定の通知が来ていてビックリしました。

ウルフ村田さんが資金5万円の私と仲間のためにワザとしてくれたのではないかと感謝しました。ウルフ村田さんは小資金の方でも1億円まで行ける、行かせるのは簡単と宣言してくださっています。

これが大人のやり方か〜!

あとは自分で良いようにせよ、と。
値幅が取れるかどうかは自分次第ということ。
損も得も自分でどう考えて行動するか、できるか。

自分のスタイルを見つけて行く旅です。
皆さん、楽しく勉強を続けましょう。
続けることが大事と思っています。

<関連ページ>
【4363 アンジェス】時価総額478億円
https://s.kabutan.jp/stocks/4563/chart/


超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!(ウルフ村田さん超推薦本)

http://masakisuge.blog.jp/archives/12264126.html 


【40代の投資】楽天証券で株投資!初心者が気になるのはココ!手数料とポイント利用

http://masakisuge.blog.jp/archives/11344841.html


All the illustration are copyright to StockUnlimited.

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ