タグ:台湾

Airsim使用期限が伸びている!

FullSizeRender

去年買ったAirsim

使用期限1年になりそう

また購入か…



<結論>
一度利用するとその日から2年延長される
1年1度の利用で永遠に使える。

更新日: 2019年4月27日

海外へ行くとき悩むのが、現地でのネット環境の構築です。日本でもネット中毒の私にとって、ネットに繋がっていないスマホはただの高級文鎮です。

だからこそ、ネット環境を消して絶やしてしまわないようにあれこれ努力しています。

まず、ネットは使い放題が基本ですので「SAKURAWiFi (月4,514円: 税・保険料込)」を2018年2月から愛用しています。

「データ利用量が無制限」と言っても何かしらの制限はかかるんでしょうね〜と思いながら使っていました。

事実、Twitterで100GBで制限がかかったので契約をやめられた方のツイートを拝見したことがあり、一応の目安は100GBかなと思っていました。

青春有你と创造营2019を見過ぎたせいで、月50GBに達しそうになった今月「もしかして制限かかるかも?」と不安になった私は念のためSAKURAWiFi さんに制限のかかる条件を伺ってみました。

その回答は、基本的にはデータ利用量は無制限となっているが、短時間に大量のデータ通信をした場合、回線提供しているソフトバンク側の判断で制限がかかるとのことでした。

その制限がかかる目安をさらに伺ったところ、「100-200GB」との回答を得ました。

「100-200GB」ってかなりの幅なのですが、こうなると「50GBで制限かかるかも」と心配していた私は何だったのかと呆気にとられてしまいます。

SAKURAWiFi を契約してから、次から次へと無制限を謳った使い放題wifiサービスが発表されてきたので、念のためその都度SAKURAWiFi と比較・検討しています。

ところがやはり「SAKURAWiFi は神」という結論は揺るぎませんでした。

また、使えなくなったときの押さえとして、従量制のポケットwifiも別に契約していますし、「海外chatsim」を入れて国内外でも現地の回線を使ってSNSができるようにしています。

「海外chatsim」は、日本国内はもちろん、海外でも電源を入れると自動的に現地の回線をつかんでくれます。日本と同じようにLINEできる訳です。

通話はドコモでサポートの切れたパカパカ携帯を月989円(税込)で契約しているので、スマホはsimフリーiPhoneにしています。

「海外chatsim」を導入するのに、初期費用こそ4,000円かかりましたが、その次の年から月100円でLINEをはじめとするSNSが世界中で使い放題というのは今考えても奇跡だと思います。


残念ながら、現在「海外chatsim」のAmzonでの販売が中止となってしまいました。

代わりに本家「ChatSim」から同様に購入して、利用できるのですが、本家の場合、月300円と値上がりします。

とはいえ月300円だけで、世界中どこでもLINEできるのはやっぱり奇跡だと思うのです。

本家「ChatSim」リンク
*もう1枚必要になった時に購入してみますね!


次は海外のマイベスト回線を確立したい

とこうなると、次に改善したくなるのが海外で使うスマホです。

これまでは、グローバルモバイルさんでポケットwifiを毎回レンタルして利用させていただいておりました。

このポケットwifiは、レンタルした後、現地でポケットwifiに電源を入れて、パスワードを入力すれば日本にいるのと同じようにインターネットができます。

韓国・中国・台湾でもこのレンタルポケットwifiをおすすめしてきましたが、このたび「AirSim(エアシム)」という素晴らしいsimカードを発見しました。

お値段ビックリの500円です!しかも送料込みでこの価格〜


海外で使うあてもないのに、Amazonから届いたその日に嬉しすぎてついアクチベーションしてしまい、1年間の利用期限が切れかけていましたが、ギリギリ期限内に韓国で利用できることになりました。

韓国(釜山、チェジュ島)の現地では、当初、Airsimのsimカードに変更してもSafariとメールが使えずに往生しました。

結局、それぞれのアプリのモバイル通信での許可をしていなかったので使えていなかったことが判明しました。即、ONにすると使えるようになりました。

<モバイル通信アプリ利用許可する方法>
設定>モバイル通信
下にスクロールしてAirsimのsimカード通信で利用するアプリのタグを緑色にしてください。
IMG_8293
*これホント大事ですから…


なお、ポケットwifiの仕方ない点として「本体の保険料」があります。

レンタルした端末を無くしたり壊したりする可能性はゼロではありません。なので、仕方なく加入するのですが、加入することでせっかくお安いレンタル料に保険料が上乗せされてしまうのです。

Airsimなら自分のスマホのなかに入れてしまっているので保険は必要ないわけです。単純に利用料金だけ支払うだけです。素晴らしい!


これで終わりかと思いきや

さて、「Airsim」も利用期限が近づきました。

利用期限ギリギリでやっと韓国で使えることが確認できただけでも充分だと思っていました。

「いました」と過去形なのは理由があります。

なんと、今回の韓国での利用のおかげで、Airsimの利用期限が延長されていたのです。

<Airsim利用期限の延長された経緯>
2019年5月6日まで
2019年4月27日韓国プラン購入
2020年4月26日までに利用期限が延長

年に一度の利用だけで1年延長するとは思いも寄りませんでした。使い捨てsimだと思っていたのです。

この1年の間で海外に行く機会がなければ、日本の一番安い1日プランを契約すれば良いではないですか!


日本の最も安い1プラン: 1.40ドル(156円)


新しくAirsimをAmazonで買い直す(500円)よりもお安いです。本当に素晴らしいsimカードです。

今後はグローバルモバイルさんでポケットwifiをレンタルせずに「Airsim」だけで海外に行こうと思っています。

いや〜ホントに良いものに出会いました。

取り扱いしてくださっている日本正規代理店のATLIKE株式会社様には感謝しきれません!


<関連ページ>









このエントリーをはてなブックマークに追加

念願の「Airsim」ついに使う時が来た

FullSizeRender

去年の連休にAirsim購入

ポケットwifiとどっちが便利?

で、どうやって使うの?



<結論>
期間指定できて、Paypalで楽々支払い。
現地では「設定>モバイル通信」で使いたいアプリをONにする。
*楽天デビットカードは使えない

更新日: 2019年4月27日

去年の連休に購入し、ついアクチベーションまでしてしまった「Airsim(エアシム)」。ついに、実際に現地で使えるときが来ました。

「Airsim」は、Amazonで購入できるたった500円(しかも送料込)のsimカードです。

このsimカードさえあれば、事前にチャージしておくと、到着して電源を入れれば、世界中でその地域の通信ができるという奇跡の香港産simカードなのです。

これが500円なのだから買わない理由はありません。ダメならダメで良いのです。使ってみることに価値がある。


「Airsim」に出会う前までは、いつも海外へ行くときに「ポケットwifi」を日本で事前にレンタルしておくことをおすすめしてきました。

この「Airsim」がいい感じに使えるならば、今後、海外へ行くときは「ポケットwifiのレンタルはしない」つもりです。

強い決意を持って「Airsim」を最初に試すのは、韓国チェジュ島です。スゲ調査をするために行くのですが、私の目的は「Airsim」を試すことも入っておりワクワクです。

チェジュ島まては、岡山駅から博多駅まで新幹線、地下鉄で福岡空港へ行き、釜山空港で国内線に乗り換えてチェジュ島へ行きます。

4/27発の航空機チケットは、いつもの「Trip.com」で1月に予約しました。福岡空港ー釜山空港ーチェジュ島の往復がひとり32,660円でした。

Trip.comのここがすごい!とにかく安い!

北海道に行くより海外のチェジュ島に行く方が安いとはこれいかに。


ポケットwifiの安心感と面倒さ

これまで海外と言えば「ポケットwifi」と唱え、実際に自分も常にグローバルモバイルさんで各国のポケットwifiをレンタルしてきました。


現地で電源を入れるだけの簡単さ、断然早いネット回線、日本から事前にレンタルできる安心さは、現地でフリーwifiを探してウロウロしなくて良いという利点も含めておすすめできる理由です。

私は、それでも新たな通信、より使いやすい通信を求めて、中国では香港のsimカードを、台湾では空港で販売されていた現地のsimカードを購入して試していたのも事実です。

例えば、台湾の空港で購入したsimカードは、通話もついており、そのおかげで同行者の忘れ物をホテルの人に連絡できたという実績もあります。

そう「通話」。

ポケットwifiで唯一できないこと、それが現地の方との通話です。

LINEでも通話できるのですが、海外ですと、相手の方の使っておられるSNSをこちらが使っているわけでもなく、電話は電話としてお使いの場合が多々あります。

<海外のSNSの例>
韓国: Kakao talk
カカオトーク- KakaoTalk
カカオトーク- KakaoTalk
開発元:Kakao Corp.
無料
posted withアプリーチ
中国: wechat
WeChat
WeChat
開発元:WeChat
無料
posted withアプリーチ

台湾の忘れ物が戻ってきたのは、ホテルに直接電話できたからです。ここはポケットwifiを使っていて、気になっていたことです。

さらに、ポケットwifiが面倒なのは電源を入れることと、充電です。

スマホ本体は常に電源を入れておくとして、ポケットwifiの電源は使うときだけONにしていました。使うときだけONにしておかないと、常にネット通信に最適な回線を探し続けるからです。

つまり、使うときだけONにしないと、余計な電池を使ってしまうことになります。無意味。

もちろん、モバイルバッテリーは常備しています。


Airsimなら、スマホ本体の電源だけを気にすれば良いですし、専用のプランも追加すれば通話もできます。


「Airsim」渡航前のチャージ方法

まず、前提として現地で利用するスマホが「simフリー」であることが条件です。ドコモ、ソフトバンク、auで購入した本体は確実に「simフリーではない」のでご注意ください。

私は、自分のiPhoneをApple Storeから直接購入したため「Simフリー」です。simカードは、「スマホの脳みそ」で、これがないと通話も通信もできません。

私が通常、日本で使っているsimカードは「海外chatsim」の月100円でLINEなどのテキストSNSが使い放題のものです。


<「Airsim」渡航前のチャージ方法>
1. Airsimを購入
2. Airsimのアクチベーション
3. 渡航先の国を選ぶ
4. プランを選ぶ
5. 通話を追加するか選ぶ
6. Paypalかクレカで支払い

現地に到着したら、simカード「Airsim」に交換し、電源ONにするだけです。

1. Airsimを購入


2. Airsimのアクチベーション
スマホ本体の電源を切り、Airsimに交換します。


3. 渡航先の国を選ぶ
IMG_8264

4. プランを選ぶ
IMG_8265

韓国は日本で言うドコモとソフトバンクのように「SKテレコム」と「Koreaテレコム」があります。
IMG_8266

いつから利用するか聞かれるので入力する
IMG_8268

5. 通話を追加するか選ぶ
今回の韓国では、釜山からチェジュ島の利用が5日間ありましたので、「Korea KT 5 Days 5GB 4G Data US$ 17.99, AIRTALK 30 Minutes US$ 0.00」を選びました。

<韓国: 釜山空港ーチェジュ島>
Korea KT 5 Days 5GB 4G Data US$ 17.99
AIRTALK 30 Minutes US$ 0.00

*キャンペーンで音声通話が30分無料でしたので、契約プランに追加しました。
IMG_8267

6. Paypalかクレカで支払い
「checkout」で支払い画面に進みます。
IMG_8269


Paypal支払い方法(Airsim)

1. 支払い内容を確認して「Checkout」タップ
2. クーポンコードをお持ちなら入力
3. PaypalをAirsim支払いに指定するなら「Add Payment Method」タップ
4. Paypal登録のメルアドとパスワードでPaypalにログイン
5. PaypalでAirsimの支払いが完了すると、現地での使い方が表示される

1. 支払い内容を確認して「Checkout」タップ
IMG_8270
*17.99ドル=1,978円、1日396円。破格の安さ。

2. クーポンコードをお持ちなら入力
IMG_8271

3. PaypalをAirsim支払いに指定するなら「Add Payment Method」タップ
IMG_8272

Add…を選択した場合、「Paypal」をタップ
IMG_8273

4. Paypal登録のメルアドとパスワードでPaypalにログイン
IMG_8274

Paypalのパスワードを入力し、「Log in」タップ
IMG_8275

Paypalにログイン中
IMG_8276

Airsimへの支払いにPaypalを使う場合、Paypal にログインすると出る画面。
同意して続行」タップ。
IMG_8277

Airsimの代金をPaypalで支払いました。
「Complete Purchase」タップで支払い完了。
IMG_8278
5. PaypalでAirsimの支払いが完了すると、現地での使い方が表示される

「現地に到着する前に「Airsim」に替えて、キャリア選択は「自動(Auto)」にしておいてね。

現地で電源を入れて3分後からネットできるようになりますよ。」

「OK」タップ
IMG_8279
*3分後を忘れて焦ったのは私です。

支払いが完了し、Paypalに登録したメールアドレスに支払い案内が送られます。
IMG_8281

Airsimアプリ<My AIRSIM<Valid package
で購入したプランが確認できます。
IMG_8282

現地での設定

1. iPhoneの電源を切り、Airsimに交換
2. iPhoneの電源を入れ、3分待つ
3. 現地の回線(事前に購入した会社の回線)をつかんだことを確認する
4. 「設定>モバイル通信」でモバイル通信で利用するアプリをONにする

1. iPhoneの電源を切り、Airsimに交換
金浦空港に到着し、iPhoneの電源をOFFにし、海外chatsimからAirsimに交換しました。再度電源を入れると、アジア地域では自動的にAPN設定してくれるとのことでした。

2. iPhoneの電源を入れ、3分待つ
まず、電源を入れて3分待つように説明書には書いてあるのですが、それをすっかり忘れて「つながらない!」と焦りました。

3. 現地の回線(事前に購入した会社の回線)をつかんだことを確認する
おそらく3分後になったのでしょう「KT 3G」が表示され、その後「KT LTE」が現れてホッとしました。これで韓国での回線をつかんでいることが分かりました。

念のため、設定>モバイル通信>ネットワーク選択が「自動」になっていることを確認しました。
IMG_8283

「設定>モバイル通信>ネットワーク選択」の表示
IMG_8285

モバイルデータ通信のAPNが自動的に入力されています。
IMG_8284


4. 「設定>モバイル通信」でモバイル通信で利用するアプリをONにする

ところが、現在の状態のままですと、肝心のSafariとメールがいつも通り動いてくれないのです。

ネット出来ない」と焦りましたが、「Airsim」アプリはネット通信しているようなのです。

ネットできないので、その原因を探ることもできず「あ〜やっぱりポケットwifiレンタルが神なのか?」と傾きかける私。

念のためグローバルモバイルさんでレンタルしてきたポケットwifiを取り出そうとしましたが、往生際が悪い私は、今一度設定を確認することにしました。

それまでには、iPhoneの再起動、いつものDisconnect VPNの解除をしてもSafariとメールが使えないことを確認しています。アプリの説明にあったsim設定リセットの「00001」へ発信もしました。

「設定>モバイル通信」を見ると「モバイルデータ通信」「通信のオプション」「インターネット共有」などに続き、「wifi通話」青字の「キャリアサービス」以下、できればさわりたくない設定が表示されています。

IMG_8291
*現地の回線「KTテレコム」につながってはいるらしい

ここで、もっと下までスクロールしてみたのです。すると、「モバイル通信」として、モバイル通信で使うことのできるアプリ一覧が出てきました。
IMG_8293


最初は特に気にしていなかったのですが、実はこれが「ミソ」だったのです。

このアプリ一覧でONになっているアプリ、つまり、緑色になっているアプリが、Airsimで使えるアプリだったのです。

これに気がついた段階で、「AirSim」と「AirTalk」がきちんとONになっていることにも気づきました。と同時に、SafariとメールがOFFになっているではありませんか!

ウキウキしながらSafariとメール、Disconnect VPN、LINEをONにしたところ、これがビンゴ!さっきとは打って変わって、快適ないつものネット環境になったのでした。

「もう、早く言ってよ〜」

という話でした。その後のネットはサックサクで韓国でのネット回線を楽しみました。

ネットを使わないときは、こまめに「フライトモード」にして節約に努めた結果、使いまくったにも関わらず、2GBしか消費しませんでした。

契約プランは5GBでしたので、もったいなかったのですが、私は大変満足しました。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加


更新日:2018年5月7日

海外でsimを使うまでの心構えはこちらから。

<関連リンク>
ーーーーーーー
【40代の海外sim】プリペイドsimカードを購入する前に
http://masakisuge.blog.jp/archives/9101955.html
ーーーーーーー


海外で通信するために大きく分けて2つの方法があります。
ーーーーーーー

1. 日本でポケットwifiをレンタルしていく

2. 海外でsimカードを購入して使う

ーーーーーーー


今回は、台湾でデータ通信することを考えてみます。


まとめ
<料金比較表(1日あたり)> 
家族・友達なら「ポケットwifi」一択です。

・ポケットwifi(590円、無制限:10人まで同時利用可能)4人なら1日150円
・海外sim(300円、無制限)1人しか使えない
・AIRSIM(148円、無制限)1人しか使えない


<実際に支払う料金を含めると(1日あたり)>
・ポケットwifi(711円、無制限)
   4人なら1日178円
1日590円
安心保証 200円
1ヶ月前予約で79円引(10%割引

安心保証なしなら、4人なら1日133円


・海外sim(300円、無制限)1人しか使えない
現地で直接購入のため、余計な支払い不要


・AIRSIM(148円、無制限)1人しか使えない
sim購入500円(送料込)使い始めから1年間有効



<参考>海外SIMデータ通信料金

mineo (5,480円 500MB )1人しか使えない

楽天モバイル (4,950円 500MB )1人しか使えない

IIJmio(みおふぉん)(3,850円 500MB )1人しか使えない

*いずれも1日あたりの料金ではなく、旅行中全日程で使用できる全データ量の料金です。

日本で事前にプリペイドしておき、海外で使う定額simと言うことです。簡単に言えば「高い」です。

*実際に支払う料金は、上記にsim代金3,240円(税込)がかかります。


< 台 湾 

1. 日本でポケットwifiをレンタルしていく(1番楽で1番おすすめ)

私がいつも利用しているのが、台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ です。


台湾1日590円で無制限。10台まで同時接続できます。
*2018年5月7日確認: ホームページで590円に値下げされていました

つまり、家族・グループで1台使うと、1人1日約150円で使い放題も可能となります。


しかも、1ヶ月前までのお申込みで10%オフ


支払いは、クレジットカードのほか、Amazonアカウントや楽天IDでもできます。つまり、楽天IDでのお支払いで楽天ポイントが貯まります。

使い方はとても簡単。


日本で無線wifiルーターを使うのと同じく、wifiルーター名を選んでパスワードを入力するだけです。


日本で使っているスマホをそのまま現地で使えます。
飛行機でスマホの電源を切る前に「フライトモード」に必ず設定しておいてください。


パスワードは、wifiルーターと同封されている用紙に書かれています。

↓↓お申込みはこちらから、楽天ポイントが貯まる↓↓
 
台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ  

ポケットwifiは「返却するのが面倒」と言われますが、本体と一緒に送られてくる専用の封筒に入れて帰国日にポストに投函するだけです。切手も貼られています。面倒なことは何もありません。経験者談です。


2. 海外でsimカードを購入して使う(上級者・ひとり旅向け)

私が実際に台湾で購入した経験談をお伝えします。
3日 NT$ 300(無料通話 NT$ 100付き)1103円、データ通信が使い放題でした。


1人1日あたり約300円です。ただし、simカードを入れたスマホ1台でしか使えません
ひとり旅ならお安くなりますが、家族・グループには不向きです。


しかも海外で購入したsimカードを使うには、事前準備が必要です。


SIMフリースマホです。


大手通信会社(ドコモ、ソフトバンク、au等)で購入したスマホは、海外で購入したsimカードは利用できません。simロックが掛かっているからです。


simロックを掛けることで、各通信会社だけで使えるスマホにしています。
詳しくはこちらをご覧ください。
ーーーーーーー
【海外sim】プリペイドsimカードを購入する前に
http://masakisuge.blog.jp/archives/9101955.html
ーーーーーーー


私が利用した空港は、台湾桃園国際空港(
臺灣桃園國際機)です。入国審査を済ませた後に出たゲート脇に台湾大手の通信会社が待ち構えています。

台湾桃園国際空港 https://goo.gl/maps/kFL6CCphWrK2



現地の台湾人におすすめを聞いたところ「中華電信」でした。この通信会社が最大手ということだったので「中華電信」に並びました。日本で言う「ドコモ」です。


そんなに列に人が並んでいませんでしたので、すぐ手続きできました。


手続きに必要なのは、
——————
1. シムフリースマホ
2. パスポート
3. 支払の現金
——————
だけでした。空港だと免許証などの身分証明書を求められませんでした。


プランが色々ありますが、滞在日数を伝えれば「これで良いじゃない?」とアドバイスしてくれます。


台湾の皆さんは親切な上、空港で働いている方々の方が私たち外人に慣れておられます。


このときSIMカードのサイズが問題となりそうですが、大丈夫です。SIMカードは、サイズに合わせて切り取れるようになっています。


一番大きいサイズなら、そのまま。iPhoneなどで使われているnanoサイズは、一番小さいサイズの切り取り線に沿って切り取るだけです。


とはいえ一番簡単なのは、受付のお姉さんにSIMカードをスマホに入れてもらうようにお願いすることです。


私はそうしたので、自分で入れませんでした。しかも、アクティベートから設定までしていただきました。親切!


ただし、念のため設定が正確にされているか確認は必要です。ネット通信できるかもその場で確認しておいてくださいね。


英語しか通じませんが、あらかじめメモしていけば何とかなります。


*英語を何とかしたい方、TOEICを受けてみませんか?
おすすめのTOEIC本はこちらから。自分のペースで勉強できます。私は4日でTOEIC 530点取れました。


もし、simカードしか渡されなかったら、アクティベートしてもらえないか交渉をしてみてください。まずはお願いしてみましょう。


自分で設定する場合、simカードを入れ替えた後、渡されたカードにしたがってアクティベートし、APN設定しましょう。


・事前に予約してから現地で受け取る

中華電信ホームページ(日本語)
https://prepaidsim.twgate.net/reservation_jp.html

上記ホームページから事前にパスポート情報などを入力して事前予約します。しかし、実質パスポート情報だけを先に送るだけなのです。

結局、現地で並んで現地で支払いするので、手間はまあ同じです。


おいくらでしょう?

主な滞在日数から考えると以下のいずれかと思います。

ーーーーーーーー 
3日 NT$ 300(無料通話 
NT$ 100付き)1103円
5日 NT$ 300(無料通話 NT$ 50付き)1103円
5日 NT$ 500(無料通話 NT$ 300付き)1839円
ーーーーーーーー 

ネットはデータ無制限です。安い!


これはSIMフリースマホなら一択でしょう。電話通話もできますので、安心です。電話番号は、現地simの番号に変わります。日本の電話番号とは異なりますので、simカード購入時にもらえる紙を確認しておきましょう。


<換算に便利なアプリ>
私愛用中↓課金しました。
Currency+ Lite
Currency+ Lite
開発元:James Spencer
無料
posted withアプリーチ

通貨換算
通貨換算
開発元:App Art Studio
posted withアプリーチ






台湾は、空港にあるsimカード販売店で購入するのが一番楽です。SIMフリースマホをお持ちなら、現地購入がおすすめです。


One more thing......

昨日購入したばかりの「AIRSIM」だとどうでしょうか?
1日1人148円(データ無制限だが、1日500MB超えで256kbへ減速)

*送料込:500円の奇跡



このsimカードのメリットは、事前に日本で購入して準備できることです。
ただし、simフリースマホは必要です。ご注意ください。


データ通信と通話ができます。通信するために各国のパッケージを購入しておきます。


購入は、Paypalが使えますし、そのPaypalは仮想プリペイドカード「VANDLE CARD」を登録して使えます。つまり、通常のクレジットカードは不要です。


PayPal
PayPal
開発元:PayPal, Inc.
無料
posted withアプリーチ

<関連リンク>
スマホ仮想クレカ「Vandle card」を使ってみた


バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ
詳しい解説はこちらから。
【ポケットwifi】世界で使える「AIRSIM」500円買ってみたよ!アプリで通話もOK事前チャージの簡単さ〜


台湾までは結構お安く行けるんですよ!

ピーチ航空とTrip.comの組み合わせで思いのほかお安く旅行できる可能性があります。こまめにチェックしてみてください。

Trip.com

台湾旅行がこんなにお安いの?往復ホテル2万円でお釣りくる(ピーチとTrip.comの組み合わせ)航空券予約3/11まで!(終了済)


以上、台湾での通信は「ポケットwifi」に限るをお届けしました。
ーーーーーーーー ーーーーーーーー 
<料金比較表(1日あたり)> 家族・友達なら「ポケットwifi」一択です。
・ポケットwifi(590円、無制限:10人まで同時利用可能)4人なら1日150円
・海外sim(300円、無制限)1人しか使えない
・AIRSIM(148円、無制限)1人しか使えない
ーーーーーーーー ーーーーーーーー 
↓↓宅配往復送料は無料、楽天ポイントが貯まる↓↓
   


<関連リンク>
ーーーーーーー
中華電信ホームページ(日本語)
https://prepaidsim.twgate.net/reservation_jp.html
ーーーーーーー
【海外のsim】プリペイドsimカードを購入する
http://masakisuge.blog.jp/archives/9101955.html
ーーーーーーー
スマホ仮想クレカ「Vandle card」を使ってみた
http://masakisuge.blog.jp/archives/7296755.html
ーーーーーー
【ポケットwifi】世界で使える「AIRSIM」500円買ってみたよ!アプリで通話もOK事前チャージの簡単さ〜
ーーーーー


このエントリーをはてなブックマークに追加

*2018年12月1日追記
Ctrip.com international(シートリップ)が運営するTrip.com(トリップドットコム)についての記事であることを明記しています。
→予約したら必ずホテルに確認しましょう。

——————-
メールニュースでそのあまりのやすさにめちゃ驚いたのでお知らせします。
まず、ピーチ航空で大阪ー台北 片道3,990-4,990円。予約は、2018年3/11 23:59まで。

ホテルは、Trip.comで半額から。


土日、2万円で台湾往復にホテル宿泊可能という恐ろしい安さです。国内旅行より安いんじゃない?外国へ行くことに何も考えなくて良くなりました。

Trip.com は、中国往復の航空券を買いました。とても丁寧に対応してくださいます。今はホテル予約に力を入れています。

アプリ「Trip.com (C-Trip)」で中国深センに行ってきたーマサキさんがやってみたブログ



このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝6:30から入電があった。ハーバード大学のBoufford先生からであった。

東京大学で知り合い、アメリカでスゲ調査に連れて行っていただき(しかも2回)、ハーバード大学標本庫に2週間通うためにご自宅に泊めていただいた。いやこれだけではないのが恐ろしいが、とにかく直近では歌舞伎観覧もあり、諸々お世話になっているのである。

ウソのような本当の話!まったくの真実ですから・・私だけでなく誰にでも同じような優しさで心づかいをされているのである。私の人生にとっても不思議な縁の1つである。

そのBoufford先生が、たまにYoutubeのNHKビデオを送ってきてくれるのである。 日本に主に私の岡山関連の話題である。このビデオは、NHKが海外に日本を紹介する番組で15分の短いものである。前回は児島のジーンズ。

本当の偉い方というのは、たまたま会った私にも平等に気を配ってくださるのである。人生の生き方や姿勢に常に学びを与えてくださり、私の人生も良い方向に変わっているだろう。感謝に絶えない。

さて、Boufford先生が朝早くから送ってくださったのは、この備前焼のビデオである。確か今、日本ご滞在中のはず。

Ceramic Treasures - Bizen-yaki, Okayama Prefecture



懐かしい!
実は、Boufford先生とアメリカ調査でお世話になったクリスおじとシャロン姉、東大のShimizuさんを備前焼の里である伊部市にご案内したことがあるのだ。計2回は案内のために伊部へ馳せ参じている。そろそろ観光案内大使になっても良いだろう。1分過ぎ頃に説明されている木村さんは、突然現れた私たちを快く迎え入れ、工房から釜まですべて説明してくださったのである。

ちなみに当然であるが、英語翻訳するのは私である。その後に行った京都にしても、せっかく詳しく教えていただいた貴重な説明をたどたどしく翻訳する私。勢いと頑張りだけは認めて欲しいところである(笑)Boufford先生とクリスおじ、シャロン姉は、ここぞとばかりに備前焼を爆買いし、伊部郵便局からアメリカへ送ったのであった。平日でよかったわい。

私ができたささやかなおもてなし「伊部に来たらここしかない!」食べログ
心寿司(こころずし)
https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33001011/

大将の爽やかさと気づかい、備前焼に盛られる色とりどりのお寿司の数々。熱燗も必ず備前焼に入れて出してくださいます。備前焼と日本料理の調和を知りたいなら心寿司さん以外の選択肢はないです。事前に予約の電話を入れておくとスムーズ。日本人だけでなく、アメリカ人の皆さんも大満足でした。

ちなみに、備前焼は茶色と赤色だけではないことを覚えていていただきたい。

黒備前、青備前、白備前もあります!めったに出ない色なのでべらぼうに高いが、一見の価値あり。
今年のゴールデンウィークにいかがです?

さて、この備前焼ビデオ、すぐに台湾のすげ友に転送。なんとご兄弟が焼き物を生業となさっているようなのである。おお、焼き物の縁。素晴らしいものに国境はない。趣味も無駄にならない良い例と言えよう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ