タグ:投資

クレアール簿記3級申し込みました!

両学長「2020年の目標」簿記

資料請求しました

割引クーポン待ち(笑)


<結論>
割引クーポン入っていませんでした!
資料請求の意味なし。

<理由>おそらく
・2月が一番安い(これ以上の割引は無理)
・申込者が多い(クーポンつけなくても集まる)

<簿記3級: 申し込みの順番>クレアール
まはまはまひまはまは
1.コースの選択(講座番号か絞り込み)
2.会員登録(個人情報、メルアド)
3.登録確認メールから本人確認(仮登録→登録)
4.1でコース選択した講座の支払い方法の選択
5.クレカ支払いの場合、クレカ情報を入力
6.申込完了メールが届く

更新日:2020年2月20日

2月割引の「さらに割引」を狙って資料請求したら、割引クーポンが入っておらず意味ない時間を費やした話です。


両学長「2020年に達成したいこと」のひとつ

目標1:簿記3級に合格する
目標2:半年で50万円貯める
目標3:つみたてNISAを始める

【初心者向け】今よりお金持ちになりたい人が2020年中に達成すべき目標3選(リベラルアーツ大学)
https://liberaluni.com/money-literacy-step

最近、リベ大の両学長の動画を見まくっています。動画を見まくれるのも3日縛りもない無制限「SAKURAWiFi 」のおかげです。

*月4,598円(税・保険込)、ソフトバンク回線
*実際は「月100GB」で連絡が来るらしいのですが、ひとりではそこまで到達しないのが現状です。

そのなかに、上にご紹介した「2020年の目標について」の動画があります。まだ2月ですし、スタートとしては遅くないですよね。

掲げられた目標のうち、すでに達成しているのが「NISA」、努力次第でできそうなのが「半年で50万円」。

そして、努力次第でできそうだけど、達成できるかどうか分からない度合いが高いのが「簿記3級」です。

これまで「簿記」なんてかすりもしなかった人生。強いて言えば、勝間和代さんが公認会計士の資格を学生時代に取られたのを知った程度。

つまり、自分が簿記に関する知識を身に着けたことがなかったということです。

「した方が良いかな?」と思ってしていないことは1万個くらいあります。今回の両学長の後押しは、ひとつのきっかけでした。

簿記3級は、一般的に経理・財務を担当する人に必要な資格と思われがちですが、実際はビジネスパーソンに求められる基礎的な知識を身に付けられる資格です。

そのため、職種にかかわらず、簿記3級の知識を評価してくれる企業は多いといえます。

簿記3級とはどんな資格?勉強を始める前に押さえるべきポイント(オンスク.JP)
https://onsuku.jp/blog/boki_026

簿記3級の資格があれば次のバイトを探すときに有利になる可能性もありますし、何より「お金持ちへの第一歩」という大義名分がある。

しかも、両学長が「学ぶならここが良いよ!」とプッシュしてくださっている「クレアール」という通信教育もある。

何か勉強をするにあたり、最初の関門として「テキスト探し」があります。自分に合うか合わないかが学習継続の大きなカギともなります。

最初は熱気ムンムンだったのに、テキストを探していくうちに「飽きてしまう」という最悪のケースも考えられます。

あと、テキスト探しに熱が入りすぎて、テキスト購入自体が目的となってしまい、購入した瞬間に勉強しなくなる。私のことです。

しかし今回は、その段階をすっ飛ばしていきなり申し込みできる状態。これは両学長を信じてクレアールさんで受講するしかないでしょう。

さらに「3回くらいやって合格すれば良い」という自分へのアドバイスを胸に(笑)、さっそく申し込むことにしました。

>> やってみな分からん <<


割引クーポンの存在

資料請求したら、他の割引と併用できる資料請求者用の割引クーポンももらえますので、HPで受講を決めた人も、資料請求をしてからクーポンを利用した方がお得ですよ。

クレアール簿記検定講座の口コミ評判は悪い?7名の受講生に詳細レビューしてもらいました!(資格の現実)
https://sikaku-genjitu.com/cre-boki/

クレアールに申し込もうとして「ふと」念のため、クレアールに関する記事を探してみました。

これまでこのひと手間をかけなかったために、アフィリエイトのセルフバックでもらえたはずのお金をもらえなかったりした実績が私にはあります。

【アフィリエイトのセルフバックとは?】
通常のアフィリエイトは、自分が紹介して皆さんが購入してくださった段階で報酬としてお金がもらえます。

セルフバックは、自分で購入して自分で報酬をもらう方法です。企業側からしてみれば「買ってくれれば誰でもよい」という気持ちもあるでしょう。

また、実際に自社製品や自社サービスを体験してもらうことで、より詳しいブログ紹介記事をしてもらえると考えておられるのだと思います。

自分以外の方に購入していただくことばかり考えていた他力本願の私は、こうして数々のチャンスを逃していたということです。

私がブログで紹介しているのは、たいてい自分がすでに購入したり実際に試したサービスなので、セルフバックは「自分では使わねえわ」と考えてました。もったいない。

ところが今回、セルフバックではないのですが、クレアールさん自身が通常の割引に併用して使える「割引クーポン」を配布されていることが分かりました。

割引クーポンは、簿記3級だと「500円割引」となるようです。

割引クーポンを手に入れるには「まず資料請求」しなければなりません。そこで、まずは本申し込みの前に両学長の動画にあるクレアールさんのリンクから資料請求しました。

両学長の動画にあるクレアールさんのリンクから資料請求すると、両学長にアフィリエイト報酬が送られます。

両学長のこれまでの経験という情報がつめこまれた動画を無料で見られること自体が奇跡なのですから、アフィリエイト報酬、ぜひ受け取っていただきたいと思いました。

資料請求は、リンクからクレアールさんのホームページに飛び「簿記3級」をポチッとして、住所などの個人情報とメールアドレスを入力するだけです。

簿記には、パンフレットのほかにDVDも送っていただけるようになっています。両方ともポチッとしても良いです。

私は「すでに受講することを決めている」ので、簡単に言えば「割引クーポンが欲しいだけ」なのでパンフレットだけにしました。

土曜日朝7:05に申し込んだパンフレット、
水曜日に届きました。

週末に申し込むと、予想外に手元に届くまで時間がかかるのでご注意ください。2日くらいで届くと思っていたので、待ち遠しかったです。


パンフレットの中身

やっと待ちに待ったクレアールさんのパンフレット、ヤマトさんの「クロネコメール便」で届きました。

中を開けて、当然「割引クーポン」を探します。

無い。ない。無~い!!!
割引クーポンが入っていないのです。

IMG_2716


講座の説明と割引価格の紹介、どちらもホームページで確認できることです。なんのために資料到着を待ちわびたのか…むなしい。

とはいえ、割引クーポンが無いことが明らかになったので後の行動は迷いません。簿記3級コースを申し込むだけです。

この申し込みが結構というか「かなり複雑」です。サイト構成が安全性を重視されているためか、かなりガチガチです。

下手したら、この申し込みの段階であきらめてしまう方も多いのではないかと心配するレベルなのです。

<申し込みの順番>
1.コースの選択(講座番号か絞り込み)
2.会員登録(個人情報、メルアド)
3.登録確認メールから本人確認(仮登録→登録)
4.1でコース選択した講座の支払い方法の選択
5.クレカ支払いの場合、クレカ情報を入力
6.申込完了メールが届く

あとは教材が郵送されるのを待つだけです。単純に書いてしまうとこれだけなので、10分ほどの仕事です。

ところが、サイト構成がところどころ「考えさせられる部分」があり、このリズムに慣れないと時間がかかりそうな気がします。

まず、コース選択が複雑です。

別のタブでクレアールさんのホームページを開き、受講したいコースの講座番号をコピーしておけば良いだけですので落ち着いて!

<簿記3級>講座番号(2020年2月確認)割引価格
模擬試験あり:272013002A(10,064円)←私が申し込んだ方
模擬試験なし:272013001A(  9,860円)
*「あり」は、204円しか違いませんでした。当然「あり」にしました。

コース選択を簡略化するために、コース選択欄の下に「口座番号付きのコース一覧」を表示しておくだけで良いと思うのです。

さらに申し込みの際、「教育訓練給付制度」の利用するかどうか選択できるようになっています。

支給額
●支給要件期間3年以上 受講料の20%(上限10万円〜下限4千円)

Q.支給額の対象となるのは?
A.教育訓練給付金の支給対象となる教育訓練経費とは、入学金及び受講料です。

教育訓練給付制度対象講座(クレアール)
https://www.crear-ac.co.jp/kyouikukunren/

私はこの選択をした記憶がありません。 「申込コース」と「支払い金額」を確認した後なので、目が「支払い方法」にしか向きませんでした。

といいますのも、簿記3級単体は支給の対象ではないので、選択肢が表示されていなかったのが本当のところみたいです。  

この給付金制度は、現在、雇用保険を支払っている方ならハローワークへの申請で、20%キャッシュバックされるということです。

<支給対象の簿記コース>
3・2級マスター
2級パック
1級フルパック通信

両学長が説明された動画を見ていたのでピンと来たのですが、雇用保険で簿記の通信講座のキャッシュバックが受けられるとか想像つかないですよね。

両学長に言わせれば「普通の人はこうして損している」という話です。

とりあえず、簿記3級だけでも私と一緒に申し込んでみませんか〜?



【画像入り】申し込み方法

1.コースの選択(講座番号か絞り込み)


2.会員登録(個人情報、メルアド)


3.登録確認メールから本人確認(仮登録→登録)


4.1でコース選択した講座の支払い方法の選択


5.クレカ支払いの場合、クレカ情報を入力


6.申込完了メールが届く



<関連ページ>
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット銀行の振込かんたんさに驚く

FullSizeRender

ネオモバに入金したい

楽天→SBI

入金反映は明日かな?


<結論>

10分後に入金連絡メールとどく


<振込時間10分>
振込依頼(6:02)楽天銀行 →SBI銀行
着金連絡(6:12)SBI銀行から連絡メール

<SBI銀行からネオモバへ送金する方法>
1. ネオモバにログイン
2. 右下「三」タップ
3.「即時入金」タップして、Webサイトへ移動
4. 右上「三」タップ
5.「入出金」タップ
6.「即時入金のお手続きはこちら」タップ
(初回のみ: SBI銀行とネオモバ口座を連携する)
7. 金額を確認し、「入金実行」タップ
8. SBI銀行の「ユーザーネーム」「WEBログインパスワード」入力し「ログイン」タップ
9. 金額を確認し、「確定する」タップ
10. 取引番号と送金金額を確認
11. 確認したら再度OKする
12. ネオモバ口座に入金完了!
*SBI銀行とネオモバを事前に連携しておくことが必要


更新日:2020年2月14日

銀行から銀行への送金は、ネット銀行だと10分で済むことが分かり、驚愕した話です。今回は「楽天銀行 →SBI銀行」さらに「SBI銀行→ネオモバ」でした。


丸1年間も使わなかった「住信SBI銀行(すみしんSBIぎんこう)」

2018年、ウルフスクールに入校し、年末に「損切クリスマス」という痛手を受けた私ですが、楽天証券を開設した後に「SBI証券」も開設しました。

SBI証券を開設した理由は、ウルフ村田さんが「全部の証券会社の口座を開いておく勢いで!」とご指示いただいたからです。

SBI証券は、口座開設しなくても無料でも見られる「30年チャート」さらに「10日の15分足」を見ることができます。

株のチャート解説される際にSBI証券のチャート画像が使われていることが良くあります。

また、ほとんどの証券会社は、口座開設することで投資に関する、本来なら有料でないと見られない情報を公開してくださっています。

有料の情報が無料になっているものとして、たとえば「バロンズダイジェスト(旧バロンズ拾い読み)」があります。

私が米国株ETF購入のきっかけをつくってくださった「エグゼトラスト」の川田社長が編集長をお務めされています。

エグゼトラスト
http://www.exetrust.jp/

川田社長のホームページでは、このバロンズダイジェストをコンパクトにまとめた「副読本」PDFが2020年2月2日まで毎週無料で提供されていました。

ところが、あまりに充実した内容であることから、2020年4月から「月4,980円」に変更されることになりました。当然と言えば当然の流れです。

<最後のPDF無料配信版「副読本」>


現役投資顧問アドバイザーのたぱぞうさんも「バロンズダイジェスト」を米国株投資の初心者の方におすすめされています。

まず、バロンズ拾い読みは、良い情報源になると私は思っています。賛否あるでしょうが、少なくとも米国株初心者の方にとってはそうです。

・ネット証券に口座開設すれば無料で読める
・幅広い銘柄を紹介しており、米国企業を知るきっかけになる
・トレンドがある程度わかる

手広く簡単に情報を得る手段として活用している人は多いです。

「バロンズ拾い読み」と個別株投資(たぱぞうの米国株投資)2018-03-01


ちなみに、口座を開設することで無料で読めるようになるのは「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」です。

エグゼトラストは、米国で最も著名な投資週刊誌バロンズから、日本の投資家にも役立つ情報を抜粋・要約して日本語レポートを作成しております。

ホーム(エグゼトラスト)
http://www.exetrust.jp/

ウルフ村田さんの教えを守り、とりあえず楽天証券のほかに「SBI証券」の口座開設を申し込んだ私は、

SBI証券のすすめるまま「住信SBIネット銀行」の口座も開くことになります。楽天銀行の口座を開いたのも同じ理由でした。

つまり、楽天銀行もSBI銀行も「特に目的があったわけではない」状態で口座を開設したということです。

ところが、1年後に楽天銀行デビットカード を持ったおかげで「キャッシュレス化」に成功し、楽天カードまで申し込むことになったり、


今回は「SBI銀行」があったから「ネオモバ」への投資を始める時間を大幅に短縮できることになったのです。

SBI銀行を開設して約1年後のことでした。

SBI銀行の正式名称は「住信SBIネット銀行」です。
まず「住信(すみしん)」の読み方を間違っている私のような方、おられると思います。

さらに「SBI銀行」ではなく、「SBIネット銀行」です。「ネット」が入ります。

ここでは簡単に「SBI銀行」と呼ばせていただいております。


「こびと株」さんの高配当株投資に感化される

毎月何らかの不労収入を得たい私。最初に手を出したのが、ソーシャルレンディングのmaneo(まねお)でした。

maneo
https://www.maneo.jp/

なんせお金を預けるだけで毎月千円単位の「夢の不労収入」が入ってくるのです。

当然、最初はルンルンでした。

ところが、maneo系列のレンディング会社が不祥事を起こし、その責任を取って当時の代表だった瀧本憲治さんが辞任。

ここから階段を転げるように私のmaneo収入が激減しました。激減というか、元本の返済が滞るようになったのです。

>> 瀧本さんがいたから投資したのに! <<

それまでは元本の返済が滞っても最終的には「全額返済」されていたのですが、今は月1回の回収報告も芳しくない内容ばかり。

そのため、現在は毎月返済されてくる元本と利子を回収している状態です。まだ返済されていない元本があるので、口座はそのままです。

せっかくの「夢の不労収入」が途絶えた私

アフィリエイトもままならず、毎月定期的に入ってくるお金をどうにかして手に入れたいがために情報を集めていました。

そんな私の目に留まったのが「こびと株」さんのサイトでした。

こびと株さんのサイトでは「高配当」の日本株をネオモバで1株から購入することで「不労収入」を得る仕組みが解説されていました。

高配当株を探そう!配当利回りランキング【2020年1月31日時点】(こびと株.com)2020.02.01
https://kobito-kabu.com/rimawari-20200131/

良い銘柄をまとめて購入するという原理は「投資信託」と同じです。

現在も「さわかみファンド(さわかみ投信)」と「子どもファンド(クローバーアセット)」を定期積立している私にはなじみのパターンです。

さわかみ投信株式会社
https://www.sawakami.co.jp/

澤上篤人の長期投資家日記(必読!)
https://sawakami.blog/

クローバー・アセット株式会社
https://www.clover-am.co.jp/
*西日本で長期投資セミナー参加したいならこちらがオススメ。大阪開催。

ネオモバとこれらふたつの投資信託が違うのは「配当金が出るかどうか」です。

配当金がもらえるのが「ネオモバ」で、配当金を再投資にまわすのが「さわかみファンド」と「子どもファンド」です。

「これだ!」即やってみることにしました。


 

ネオモバに申し込んだ後の入金

ネオモバに申し込んで数日後、取引パスワードが記載されたハガキが到着し、クレジットカードを登録したら取引開始です。

ところが、肝心なものが無いですよね。
投資資金です。

ネオモバに申し込む際、SBI系列のネオモバさんが推薦してきた銀行はもちろん「住信SBIネット銀行」です。

たまたまSBI証券の開設とともに「SBI銀行」を開設していた私は、迷わず「SBI銀行」を選択していました。

SBI銀行の残高「0円」。当然です。使っていなかったからです。
そこで楽天銀行さんの登場です。

楽天銀行のハッピープログラムで「VIP会員」の私。送金回数「月3回」まで無料です。

ハッピープログラム(楽天銀行)
https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/happyprogram/

「これを使うしかない」
さっそく、楽天銀行から送金手続きをしました。

送金依頼は、6:02:50。
どうせ送金完了するのは明日だろうな~

と思っていたら、SBI銀行さんからメールが届いているではありませんか。入金から10分後のことでした。

「まさか」そのまさかでした。

<楽天>
IMG_2313


<SBI>
FullSizeRender

  <振込時間10分>
振込依頼(6:02)楽天銀行→SBI銀行、楽天銀行から連絡メール
着金連絡(6:12)SBI銀行から連絡メール

「ネット銀行すごい!」改めて感動しました。


ネオモバ投資もうひと手間かかる

楽天銀行からSBI銀行に送金できましたが、これですぐにネオモバ投資できるわけではありません。

SBI銀行からネオモバ口座に送金しなければならないからです。

「SBI銀行とネオモバ口座を連携していたんじゃないの?同じ口座を共有してんじゃないの?」という話ですが、違います。

ただし、SBI系列で口座を連携しているので、ネオモバからSBI銀行に入金したお金を振替することができます。

手続き途中の「取引パスワード」は、ネオモバの取引パスワードですのでご注意ください。

私はてっきり「SBI銀行」の取引パスワードかと思って確定できずに焦りました。


SBI銀行からネオモバへ送金する方法

<楽天銀行からSBI銀行>

1. 楽天銀行にログイン、「振込」タップ
FullSizeRender

2. もう一度「振込」タップ
FullSizeRender

3. 住信SBIネット銀行は選択肢に無いので下にスクロール
FullSizeRender

「すみしん」と入力します
FullSizeRender

4. 自分のSBI銀行の口座に振り込むので、自分の名前を入力
FullSizeRender

5. 送金金額を入力し、送金する


<SBI銀行からネオモバへ>ややこしいです!
1. ネオモバにログイン
2. 右下「三」タップ
IMG_2339

3.「即時入金」タップして、Webサイトへ移動
FullSizeRender

4. 右上「三」タップ
FullSizeRender


5.「入出金」タップ
FullSizeRender


6.「即時入金のお手続きはこちら」タップ
(初回のみ: SBI銀行とネオモバ口座を連携する)
FullSizeRender

金額と取引パスワードを入力、「確認へ進む」
(送金側と受取側の名前は自分の名前で)
FullSizeRender



7. 金額を確認し、「入金実行」タップ
FullSizeRender


8. SBI銀行の「ユーザーネーム」「WEBログインパスワード」入力し「ログイン」タップ
(ここからSBI銀行側)
FullSizeRender


9. 金額を確認し、「確定する」タップ
IMG_2351

10. 取引番号と送金金額を確認
IMG_2352

11. 確認したら再度OKする
FullSizeRender

12. ネオモバ口座に入金完了!(ここからネオモバ画面)
FullSizeRender

ちゃんと送金できているのか確認(ネオモバ側)
FullSizeRender

送金確認(ネオモバ側)
IMG_2356

おつかれさまでした!

楽天銀行→SBI銀行→ネオモバへ送金が完了しました!

ややこしいのは、ネオモバの画面がアプリとWebサイトの2画面あることと、SBI銀行とネオモバの切り替わりが分かりにくいことです。


<関連リンク>






このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱ楽天ウォレット!

FullSizeRender

楽天ウォレットで毎日コイン積立中

bitFlyerでも販売所で0.00000001BTCから買える

価格はどっちが安いの?


<結論>

楽天ウォレット



更新日:2020年1月26日

<価格の比較>
楽天ウォレット: 936,315円
bitFlyer(販売所)938,372円
bitFlyer(取引所)918,580円

楽天ウォレット: 936,315円
IMG_1201


bitFlyer(販売所)938,372円
IMG_1202

bitFlyer(取引所)918,580円
IMG_1203


bitFlyer販売所での最小購入単位「0.00000001BTC」
FullSizeRender

5003


<0.00000001BTCってどれくらい?>
1BTC=100万円とすると、0.1円。
*楽天ウォレットは「100円」からの購入
*0.001BTC=1,000円

ビットコインのお取引(FAQ)bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/FAQ/trade_bitcoin

楽天ウォレットでビットコインの毎日コイン積立をしているのですが、本当に楽天ウォレットでの積立で良いのか、損してないかを確認した話です。


毎日コイン積立をしています

私は、2016年あたりにビットコインを知ってから、すぐに仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)さんで「コイン積立」をはじめました。

単なる興味からです。

頭の良い人たちが集まり、ビットコインとそれを動かすための「ブロックチェーン技術」について知恵を絞っている姿を見て感動したからです。

「仮想通貨は今の通貨に何かしら影響を与えてしまう」
ということは明らかでした。勉強代のつもりでの「コイン積立」の意味合いが強かったのです。


実際、コイン積立をすることで、何かしら自分がビットコインに関わっていることを実感できました。

一時期は、1BTC=230万円の高値をつけ、出川さんやローラさん、剛力さんが華々しくCMをされているのを見て「これが天井かあ」と考えたことが記憶に新しいです。

なんせ、田舎のローカル線で乗り込んできた男子高校生たちが「ビットコインがどうのこうの」と話し出したときは「ブー!」と口から吹き出しそうになりました。

「まさにこれが天井なり」と。

あれから雪崩のように見事に価格が下落したビットコイン。一時期は、40万円を切る価格となり、ひと段落。

2020年に入り、100万円をタッチする戻りを見せました。

ビットコインがこんなにも乱高下している間にも私は、ビットコインを天井で売ることなく保持しております。

しかも、コイン積立は続けたまま。

変わった事といえば、コイン積立をしている取引所を変更した事です。Zaifから楽天ウォレットになりました。

楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
楽天ウォレット - 楽天の仮想通貨取引アプリ
開発元:Rakuten Wallet, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2019年、残念なことにZaifでは「仮想通貨流出事件」が勃発してしまい、運営会社がフィスコに移譲されました。

それに伴い、おそらく「手がかかる」コイン積立が停止されてしまいました。

Zaifコイン積立(Zaif)
https://zaif.jp/doc_reserve

このZaifコイン積立が秀逸だったのは、毎日決まった金額をコツコツ自動的に積み立ててくれることでした。

つまり、ビットコインを毎月3,000円購入すると設定した場合、手数料が必要ですが、毎日Zaifが私の代わりに1日100円ずつビットコインを購入してくれました。

毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

Zaifコイン積立(Zaif)
https://zaif.jp/doc_reserve

究極のドルコスト平均法です。
金の買い付けと同じ手法が使えたのです。

自分で毎日決まった金額を買い付ける手間を考えると、月3,000円の手数料3.5%(105円)なんて砂粒程度のものです。

ところが、あの仮想通貨流出事件でおじゃんに。。

その後、coincheck(コインチェック)さんが、同様のコイン積立サービスを公開されたのですが、

こちらは「毎月1万円から」しかも買い付けは「月1回」と私の考えるドルコスト平均法とはかけ離れていたので利用しませんでした。

coincheckつみたて(coincheck)
https://coincheck.com/ja/reserves_lp?utm_source=tsumitatecolumn58&utm_medium=2

積立にかかる手数料が無料なのはありがたいのですが、Zaifで「毎日コイン積立」を経験してしまっている私には物足りませんでした。

しかも仮想通貨に「毎月1万円」も投資するのは、危険な気がします。

万が一、ビットコインの価値が無くなっても「まあ良い経験できたから良いか」くらいの金額にしておかないと非常に後悔する恐れがあります。

いくらビットコインがメジャーになったと言っても、まだ実際に私がビットコインを使ってスタバでコーヒーを買うこともできていませんからね。

「すべてが無になる」可能性も秘めているのが、仮想通貨という世界であることは忘れないようにしないといけないと思います。


楽天ウォレットで積立これでOK?

失意のうちにZaifでの「コイン積立」ができなくなってしまった私の目の前に現れたのが「楽天ウォレット」です。

最初は「どうせ買うだけしかできないし」と楽天ウォレットを舐め切っていましたが、改めて考えてみると「毎日コイン積立」にピッタシ!

楽天ウォレットさんを舐め切っていたときの記事↓

むしろ「コイン積立」は「買い付け」できるだけで良いのでした。楽天ウォレットは、ログインと2段階認証をすれば、すぐに買い付けができます。

自動的に積立設定ができれば文句ないのですが、さすがにそれは難しいようなので、毎朝の日課として「コイン積立」を組み込んでいます。

自分で買い付けするので、ビットコインの価格によって買い付ける金額を変えています。

<私のビットコイン積立>
90-100万円: 170円
80-90万円: 250円
70-80万円: 400円
70万円以下: 500円

変形型のドルコスト平均法であり、手動だからできる「コイン積立」となり、大変満足しております。

毎日コツコツ積み立てることで、ビットコインの価格の変動も継続して観察することができます。

「仮想通貨=ビットコイン」が私の認識です。ビットコインとは別の仮想通貨も持っていましたが、今ではビットコイン1本に統一し、

コイン積立ができなくなった「Zaif」も退会。仮想通貨断捨離を断行し、気持ち的にかなりスッキリしました。

一方で、私がZaifとほぼ同時期に口座開設していたのが、bitFlyer(ビットフライヤー)さんでした。「ビットコインをもらう」という画期的なサービスをお持ちです。

「ビットコインをもらう」は、bitFlyerのサイトのリンクを通して、楽天市場やYahoo!ショッピングで買い物をすると、

購入金額に応じてビットコインがもらえるサービスです。楽天市場なら「0.6%」のビットコインがもらえます。

100円購入すると、0.6円分のビットコインがもらえます。

「たった0.6円かよ!」と思うことなかれ。

1000円で6円もビットコインがもらえます。一般預金の金利「0.001%」の現代では、0.6%は破格です。600倍の金利です。

しかも、この0.6円。今後、大化けして100倍になるかもしれない可能性も秘めているのです。ビットコインの価格次第ですが、夢があります。

そのため、私は楽天市場での買い物を、わざわざアプリ経由ではなく「bitFlyer経由」でするようになりました。

アプリで買い物をすると、楽天ポイント獲得倍率が「+0.5倍」になるのですが、これをあえて捨てて「+0.6%」のビットコインを選んでおります。

で、考えついたのです。

「bitFlyerでも毎日コイン積立できるじゃん!?」と…。

bitFlyerは「ビットコインをもらう」ときしか使わないと決め込んでいたので、このことに気づきませんでした。思い込みの罠!


bitFlyerと楽天ウォレットどっちが安く買える?

bitFlyerは、仮想通貨取引所です。取引所の名前のとおり、仮想通貨を購入し、株のように取引することができます。


bitFlyerでのビットコインの買い方には、2通りあります。購入するだけの販売所と取引するための取引所からの購入です。

<bitFlyerでの購入方法>
1. 販売所(買う元はbitFlyer)
2. 取引所(買う元は画面の向こうの誰か)

買うだけなら「販売所」です。値幅を取って儲けるつもりはさらさらないので、bitFlyerさんから購入します。

販売所の最低購入金額は「0.00000001BTC」。1BTC=100万円なら「0.1円」分から購入できるということです。気楽なお値段設定です。

取引所ですと、0.001BTC(1BTCなら1,000円)からとなり、最小購入金額が異なることに注意してください。毎日買うには、ちょっと抵抗感あるお値段…

私が希望するのは、1日100円単位での購入ですので、やはり「販売所」での購入がベストな選択ということになります。

つまり、毎日購入するのなら「手数料」が安い方が良いに決まっているという話です。

bitFlyerと楽天ウォレット、最低購入金額にほとんど差は出ません。手数料は、購入金額にすでに含まれて表示されています。

何も考えず「楽天ウォレット」を選択した私は間違っているのか、検証することにしました。


検証結果

楽天ウォレット
IMG_1201

bitFlyer
IMG_1202

<結果>

楽天ウォレットの方が安かった!


<価格の比較>
楽天ウォレット: 936,315円
bitFlyer(販売所)938,372円

ただし、bitFlyerの販売価格に含まれる手数料は変動するため、時と場合によっては「bitFlyer」の方が安くなることがあるかもしれません。

bitFlyerのビットコインの販売価格は「0.1〜6.0%」の範囲を持った手数料があらかじめ含まれています。

FullSizeRender


「手数料は無料」の表示マジックに後から気づかれる方も多いのではないでしょうか?私もそのうちのひとりです。

「手数料無料でビットコインが買えるとかすげえ」と飛びついたら自分が見ていた価格と異なり「あれ?」。

よくよく調べてみたら「手数料込みの価格表示」でしたという…。仕方ないですよね、そこで取引所は儲けているのですから。

むしろ、この程度の手数料で取引させてもらったり、購入させていただいていると思うと、感謝の念が生まれてきます。

自分で海外の取引所に口座を開設して、実際に取引できますか?という話です。


まとめ

今回は「もしや損しながら積み立てててたか!?」と焦りましたが、比較してスッキリ。

今後も「楽天ウォレット」で「毎日コイン積立」を無理のない範囲で続けていきます。最近は、楽天ポイントでビットコインを購入していますよ〜

ますます、楽天経済圏から抜け出せなくなりました!



<関連ページ>

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般NISAでも投資信託を積み立てる方法

FullSizeRender

つみたてNISAから一般NISAに変更

NISAで日本株を購入予定

儲かれば税金タダだが…念のため…


<結論>
楽天ポイント獲得倍率アップ強化のために
投資信託の積立を追加する

<一般NISAで投資信託の積立をする方法(2本目)>
1. 楽天証券アプリ>右下「メニュー」>NISA口座申込・受付情報
2. WEBコンテンツ表示>はい
3. 右上「メニュー」>投資信託>積立設定
4. 現在の積立状況を確認する
5.「積立設定」タブの左にある「探す・購入する」タップ>積立購入
6. これまで積立したことのある銘柄を改めて積立設定する場合、表示されている銘柄をタップ
(「保有商品から」選ぶようになっている)
7.「楽天カードクレジット決済」タップ
8.「次へ」タップ
9. 積立金額を入力、「再投資型」を選択し、「次へ」タップ
10.「NISA」口座での積立にして「次へ」タップ
11.「同意して次へ」タップ
12. 注文内容を下までスクロールして確認する
13. 暗証番号を入力し「注文するタップ」
14. 注文が完了し、積立完了メールが届く

更新日:2019年1月3日

判断が遅かったため、2020年1月の楽天ポイント獲得倍率が1倍低下。

二度と倍率を下げないためとコツコツ投資のためにも一般NISAでも追加で「積立設定」した話です。


楽天ポイント獲得倍率が1倍低下!

楽天市場でのポイント獲得率をふと見ると、なんと「4.5倍」でした。衝撃!低いという意味です。

FullSizeRender


いつもは「5.5倍」で見慣れていた光景が、知らず知らずのうちに「4.5倍」になったときのショックはなかなかのものです。

原因を探ってみますと、なんと「楽天証券でポイント投資していない」ことが原因でした。

2019年12月12日、楽天証券での「つみたてNISA」から「一般NISA」への変更が完了し、2020年から日本株と米国株ETF「VOO」で儲けようと計画していました。

ところが思わぬ落とし穴、というか「つみたてNISA」の影響があることに気づきます。

なんと「つみたてNISA」設定していた投資信託の積立設定内容が自動的に変わっていたのです。

具体的には、投資信託の積立設定はそのままに引き落としが「クレジットカード決済」から「証券口座」からに変更されていたのです。

クレジットカード決済は、楽天証券だけの特権です。楽天カードを決済カードに指定すれば、100円あたり1ポイント、1万円なら100円戻ってくるお得な仕組みです。

私も当然、年会費無料の「楽天カード」を作成し、楽天証券の「つみたてNISA」での決済方法として指定していました。

つまり、楽天証券で投資信託を積立するなら「楽天カード」決済しないと損ということです。特定口座でもNISA口座でも同じことです。

ところが、私の場合、つみたてNISAから一般NISAに切り替わった12月12日以降に「証券口座」からの引き落としになっていたことに気づいたのです。

気づいたのが12月25日だったため、大急ぎで新規積立設定を「楽天カード決済」に切り替えたものの時すでに遅し。

毎月1日のカード決済に間に合わず、2月からの引き落としになってしまいました。

しかも、証券口座での積立をいったん削除してからの新規積立設定になるため、ポイント投資も新たな設定となるのです。

そのため、1月分の楽天市場での楽天ポイント獲得確率がマイナス1倍の「4.5倍」になってしまったのでした。

いやあ失敗、失敗。
しかし、気づいて良かったです。

12月25日に気づかずにいても、ポイント投資は継続されていたでしょうが、決済が「証券口座」なら意味がないのです。

楽天カード決済だからこそ「投資信託の積立で毎月キャッシュバック」になるからです。

10,000円の積立で、100円戻ってきます。投資した段階で、1%のリターンが確約していることになります。

しかも、毎月1ポイント以上をポイント投資として使えば、楽天市場での買い物で獲得できる楽天ポイントがアップ。

こうなりますと、楽天カード決済によるキャッシュバックは「1%」どころの騒ぎではないのです。もっと得していることになります。

使わない手はありません。

楽天ポイントは、毎月1ポイントでも使えば良いです。私は「毎月1ポイントを投資信託の購入に使う」設定にしています。

今回、12月25日に設定した投資信託の積立を追加したので、その方法を紹介します。

最初のひとつの積立設定を紹介してくださっているサイトはたくさんありますが、2つ目の設定が紹介されているサイトは少ないと思います。

「同じことを繰り返せば良い」からです。

「そんなこと言われてもちょっと心配」な私のような方のためにメモ書きしておきます。


今回追加した投資信託の種類

今回、毎月積立に追加した投資信託の銘柄は、つみたてNISAでも特定口座でも投資したことがある「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」です。

楽天証券で積立設定されている投資信託No.1のみんなから愛され、期待されている商品です。

本体は、米国株ETFを数多く商品化しているバンガード社が手がける「VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)」に連動した投資信託です。

簡単に言うと、米国株式全体に分散投資できる投資信託です。

つい「VTI」と英文字3つで表されると胡散臭く感じてしまうのですが、

私もお世話になっているロボアドバイザーこと「WealthNavi(ウェルスナビ)」でも、一番資金を入れる投資対象として選ばれています。

IMG_9821


実は、2020年1月3日現在、やっとウェルスナビでも利益が出るようになりました。

2018年12月25日、私が日本株で「涙の損切りクリスマス」を迎えた日と2019年1月3日、「マイナス 9 万円」でした。

IMG_9818


いや〜1年間、我慢して良かったです。

長期投資の難しさはここにあると思います。どうしても短期で見ると「マイナス」になる日(もしくは年)があります。

「マイナス 9 万円」を見たときに「もうやめる」と思うか、「やった!追加投資で買いまくろう」と思えるか究極の選択です。

私の場合、追加投資する頭にはなりませんでした。なんせ「日本株で損切り」という自分でお金を捨てる行為をやってショックが大きかったからです。

つまり、考える余裕がなかった。

今となっては、次の「マイナス 9 万円」のときは、必ず追加投資することを決意していますが、実際はどうなりますことやら。

かなりメンタルが強くないと、というか、VTIの巻き返しを信じること、引いては米国株の強さを信じられないと追加投資なんてできません。

ところがそんな米国株ETFに疑いの目を向ける私に奇跡的な出会いがありました。

エグゼトラスト川田重信社長です。

とにかくこの動画をご覧ください。私がなぜ、勢いで米国株ETF「VOO」を購入してしまったか、その理由が分かります。


その後も、調子に乗って「VOO」を買い付けています。買付時期は、川田社長の「潮目ファインダー」によります。

「潮目ファインダー」は、統計から導き出される売買最適日を教えてくれる仕組みです。

「VOO」は「S&P500」に連動した米国株ETFのことです。アメリカにある上位500社に分散投資できる投資信託です。

先ほどのアメリカ全体に投資する「VTI」より、500社に絞り込まれていた投資信託ということです。

S&P500 “お告げ”チャート(12月30 日現在)(川田重信のありがとうアメリカ株式)

12月下旬の次は、3月上旬です。



一般NISAで投資信託の積立をする方法(2本目)

1. 楽天証券アプリ>右下「メニュー」>NISA口座申込・受付情報
IMG_9819
アプリ経由でログインするのが一番早いです。


2. WEBコンテンツ表示>はい
IMG_9820

3. 右上「メニュー」>投資信託>積立設定
FullSizeRender


4. 現在の積立状況を確認する
FullSizeRender

現在積立設定している銘柄が表示されます。
FullSizeRender


5.「積立設定」タブの左にある「探す・購入する」タップ>積立購入
FullSizeRender
8%の自慢!

FullSizeRender


6. これまで積立したことのある銘柄を改めて積立設定する場合、表示されている銘柄をタップ
(「保有商品から」選べるようになっている)
FullSizeRender

以前購入したことのある投資信託で、まだ売っていない銘柄のなかから選べます。
FullSizeRender
今回は「楽天・全米株式」を積立設定します。


7.「楽天カードクレジット決済」タップ
8.「次へ」タップ
FullSizeRender
絶対に楽天カードで積立設定します。


9. 積立金額を入力、「再投資型」を選択し、「次へ」タップ
FullSizeRender


10.「NISA」口座での積立にして「次へ」タップ
FullSizeRender


11.「同意して次へ」タップ
FullSizeRender


12. 注文内容を下までスクロールして確認する
FullSizeRender


13. 暗証番号を入力し「注文するタップ」
FullSizeRender


14. 注文が完了し、積立完了メールが届く
FullSizeRender

積立完了メール↓
FullSizeRender

実際に積立が追加できた様子↓
FullSizeRender


FullSizeRender


おつかれさまでした!

積立設定は、100円からできますので「のんびり気長」に投資してみませんか?

「やるかやらんか」の問題です。


<関連ページ>




このエントリーをはてなブックマークに追加

努力を継続する意思を持てるか?


更新日:2020年7月26日

サブタイトル「不条理な会社人生から自由になれる」とありますが、「一生学び続ける努力を継続できる人だけに限る」という但し書きが隠れていることに注意です。


10年後に本気出しても遅い

あと10年もすれば、サラリーマンは確実に絶滅することになるのです(p.190)
多様な働き方を可能にする

働き方改革の実現(総理官邸)最終更新日:令和元年5月30日
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html

橘さんは「はじめに」で安倍政権が、掲げる成果主義による評価を目指す「働き方革命」をすでに「時代遅れ」とぶった斬り、

世界はすでに「プロジェクト単位の仕事(3.0)」と「フリーエージェント(4.0)」に移行していることを指摘されています。

フリーエージェントといえば、ひと昔前にダニエル・ピンクさんで有名になりました。
出版は、2002年です。
その後、新装版が2014年に出てます。


「10年ひと昔」と言いますが、すでに20年前に話題になった働き方「フリーエージェント」。

世界はすで「フリーエージェント」実施に動いているのですが、日本は日本のやり方「年功序列」を守り続けています。

日本には日本のやり方がありますし、それが日本人の特性に合っている上、働いている側としてもそれを望んでいるならば問題ないですよね?

実際、私もパートのおばさんでありながら、その恩恵に預かっているので、文句は全く無いです。

しかし、日本に来られた外国の方からして見れば非常に奇異なことに思われるようでして、

我慢すること自体が良くない
嫌だったら、仕事を変えればいい

僕からすると、なんだか全部言い訳に聞こえてしまう

なぜ、もっと早く帰れるような働き方に変えようと努力しないんだろう?

厚切りジェイソンは語る 理想的な働き方の実現に必要なのは、意志と行動力(mon-ja.net)
https://mon-ja.net/190725-01_atsugiri-jason/

とお笑い芸人かつ現役のIT企業役員の厚切りジェイソンさんは考えるのでした。

お笑い芸人にフルベットせず、IT企業役員というお堅い職業の二足のわらじ、いやまだ他にもご活躍の場をお持ちかもしれない厚切りさん。

もちろん、ご自身の努力の結果ということです。

今回の「働き方2.0vs4.0」を読んで実感したのは「死ぬまで努力し続けなければ生きていけないこと」でした。

私はサラリーマンではないので、10年後にサラリーマンが絶滅するとしても取り立てて衝撃はないのですが、

橘さん的には、
勉強し続ける努力ができないと、
自動的に落ちこぼれるけど、
それ「自己責任」だから。
という話です。

「努力し続けることができるのが天才」と通じるような気がします。

天才の場合は「綺麗な蝶を追いかけていたら、富士山の頂上でした」になるのですが、一般人の場合はどうすれば良いのでしょうか?

2019年出版のこの本、2029年まであと9年残っています。

コロナ恐慌のテレワークという働き方で会社に行かなくても良いと分かり始めた会社人の方々と上層部は気づき始めています。

サラリーマンという会社に依存した働き方がなくなってしまったとき、個人間で仕事を奪い合う日常が訪れることを。

そのときに「選ばれる側」になれるのか、「指名されて選ばれる側」になれるのか、はたまた「選ぶ側」になれるのか、立場によって報酬に差が出ることは明らかです。

「選ばれる側」で必要なことは、「選ぶ側」になってみれば良く分かります。

自分がお金を出してやってもらうことがあるとして、
1. 東京大学博士課程卒、いくつかのスタートアップを経験
2. 一度も会社勤めをしたことがないパートのおばさん(私)
のどちらに頼みますかという話です。

とうてい今から東大に入学することはできませんので、別の方向から「自分の良さ」がアピールできないと無理ですし、

そもそも東大卒と競うような案件に手を出さなければ良いのですが、

このとき東大卒の考え方としては「特に働く必要はないけれど"報酬額は関係なく"、その案件に興味があるから応募してみた」という場合も大いに考えられます。

これが「FIRE」という働き方です。

FIREという働き方は、20代のうちに一生分のお金を稼いであとは悠々自適に暮らすというイメージがありますが、

橘さん的には、
会社や組織から自由になって好きな仕事をすること(p.260)
です。

お金の心配をする必要がないから、好きな仕事だけして生きていく生き方を指します。

その仕事が取れないと明日の生活もままならない逼迫した思いの応募と、これまで自分がやってきたことだからお手伝いできますよ!という応募、どちらにお願いしたいでしょうか。

東大卒でなくても、その道のプロがおられたら、同じ報酬を払うとしてわざわざ未経験のパートにお願いするかいうことです。

答えは明白。

私も含めて、お金を払う側というのはとてもシビアです。

Amazonや楽天市場で買い物します。

同じものを購入するなら、1円でも安く、かつ送料無料のもの、さらにレビュー評価が怪しくなく良いものを血眼で探しますよね。

そのときの「選ばれる側」に自分がさらされる未来が待っているということです。

それに対応できる唯一の方法が「努力による自己能力の向上」なのです。

さらに「働き方」もひとつではなく、能力によって階層化します。それぞれの階層では「個人対個人」ではなく競争する相手が変わってきます(p.187)。

この図、怖いです。


何でも無料で学べる世界なのに…

インターネットで世界と常時つながっている現在、知りたいことや学びたいことがあれば、いつでもどこでも調べることができます。

ということは、インターネットさえ繋がっていれば、いつでもどこでも働くことができます。それを日本人でいち早く取り入れておられたのが、高城 剛さんでした。

すでに2014年に「20年後」の未来を予見して行動する男、それが高城さんです。

FullSizeRender


高城さんには、かなりの影響を受けている私です。


未来を生きるために必要な最低限のモノとは何かを改めて考えさせてくれた上、
>>持ち物はスーツケース2個以内に収めること<<
というマイルールを作ってくれた恩人です。

これまで何も考えずに、
「何かを物理的に所有すること」
が私にとっては無意味だったことを知らしめてくれました。

こんまりさんバリの大処分の後、残った荷物だけあればどこでも移動できるというだけでなく、災害対策にもなりました。

デメリットとしては「いつでも買えるから、とりあえず捨てるクセ」がついたことです。捨ててみて、また欲しいと思ったものが自分にとって大切なものだからです。

生活は一定の基準ができましたが、働き方のマイルールがまだできていない私。

サラリーマンという安定した身分でないこと、そして独身というで、親戚または一般の方からバカにされてきた人生でした。

>>普通の人ができることができていない<<

というのは、日本では、特に地方では、非常に孤独です。

同じような生き方をしている方がいないので、自分自身の生き方が正しいのかどうか分からないけど走り続ける人生でした。

20年ひと区切りで、これまでやってきたことをスッパリやめた2020年。私のこれからは「老後のため」にあります。

橘さんの本により
勉強し続ける努力ができないと、
自動的に落ちこぼれるけど、
それ「自己責任」だから。
を肯定的にとらえれば、努力さえすれば報われる可能性が高まるということです。

ただし、努力の方向が「あさっての方向」にならないように目的地を間違わないようにしないといけません。

そのために、こうして読書をしているとも言えます。良かった〜勝間和代さん講師のときの「フォトリーディング講座(2日で10万円)」を受講して…。

ネットでも「カーンアカデミー」をはじめとする無料のオンラインコースが大学も含めて次々と公開されています。

カーンアカデミー
https://ja.khanacademy.org/

学ぶ手段はあふれているのに「なぜ学ばない?」という世界になっているのです。お菓子はあるのになぜ食べない?くらいの気軽さで。

だからこそ、自らを奮起させ、学ぶ努力をさせるよう仕向ける強い意思が必要となります。そうさせるためには、まずは「健康第一」。

健康第一の第一歩は「睡眠」です。

Zeppy投資チャンネルに彗星の如く現れた「高橋ダン」さん、毎日ブログとYoutube動画を更新されている努力のひと勝間和代さんも、

>>毎日9時間の睡眠<<
を推奨されています。

私も毎日9時間の睡眠を取りたいのですが、朝5時に目が覚める体質のため、入眠時間を20時にしないといけないのですが、どうしてもできずにいます(笑)


報われる努力と健康への投資を続けることができれば、未来は明るいことは分かった私が今日からできることは何でしょうか?

とりあえず、2月から始めている「簿記3級」の合格に向けて週末の勉強を続けることは当然のこととして、常に頭の中で「生き残るための、選ばれるための努力とは」を実際に行動に移します。

ちなみに冒頭にある「働き方5.0」ですが、ムーアの法則で人間が追いつく以上に性能が良くなった機械。あやつっていると思っていた人間が、実は…という未来が描かれています。

まるでSFなのですが、過去のSF小説が現実になっている現在を考えると不思議ではありません。怖くもあり楽しみでもあります。


<関連リンク>






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ