タグ:格安sim

最強LINEモバイルに強敵あらわる!

FullSizeRender

スマホをとにかく安く

電話は受けがメイン

SNSばかりでネットあんまりしない



<結論>
通話だけに割り切るなら、
「LINEモバイル 」LINEフリープランより、
LIBMOも視野に入れるべし


<料金比較>
LINEモバイル: 1ヶ月1,296円(税込)LINE使い放題、データ3GBまで
LIBMO : 1ヶ月1,275円(税込)低速でデータ通信無制限
*別途ユニバーサルサービス料金が発生します(たいてい2円とか10円以内)

更新日: 2019年3月15日

ご契約の際は、必ず詳細をホームページでご確認ください。

通話専用として使っているドコモのケータイですが、先日、ドコモさんから「スマホ便利だから機種変更どうでしょう」というお知らせが届きました。
IMG_4618


私が未だドコモの二つ折りケータイ(パカパカのやつ)しか契約していないからです。
しかも月989円(税込)。
FullSizeRender


このお知らせには、二つ折りケータイは修理対象から外れていく機種が増えるから今のうちにスマホにしようという流れでした。私の利用している機種は、すでに修理保証対象外でした…

FullSizeRender


ところが、ドコモさんのホームページで確認したところ、二つ折りケータイは2019年2月8日にAQUOSから新機種が発売されていました。

IMG_5791


まだまだ二つ折りケータイを使うことができるとホッとしたものです。

二つ折りケータイの良いところは、

1. 通話専用
2. 電池消費が少ない
3. 軽い


の3点です。

私個人の使い方によるのですが、私は「自分が使うときしか電源を入れない」のです。

二つ折りケータイは、主に野外調査のときに使います。そのためスマホの大画面は必要なく、野外調査で大切なのは本体が無駄な電池を消費しないことになります。

すると、自然に野外調査での通話は二つ折りケータイが一番良いということになります。

しかも、ドコモさんでしたら日本で一番通信網が整備されているので安心です。長野県赤岳からの通話もできました。

データ通信は、SIMフリーiPhoneに「海外ChatSim」を入れ、ポケットwifi「SAKURAWiFi 」月4,514円(税・保険込)で無制限容量で使いまくっています。
*現在国内販売中止になりましたが、海外取り寄せができます


SAKURAWiFi 」は、ポケットwifiなので、パソコンのデータ通信にも使えます。そのため、家でのネット回線は契約していません。全部SAKURAWiFi でまかなっています。

とはいえ、いずれは「二つ折りケータイ」が淘汰されてなくなってしまう可能性は高いので、その「もしも」のときに備えて通話専用のスマホを探すようにしています。

今のところ、国内だけで使うのであれば「LINEモバイル 」が私的に最強です。「LINEモバイル 」のLINEフリープランなら1ヶ月1,296円(税込)。


20秒30円で通話でき、LINEが使い放題。1GBデータ容量付。デザリングすればパソコンでもSNS使い放題という話です。

しかも安心のドコモ回線です。野外調査を考えるとドコモ回線にこだわりたいですね。

そこで「LINEモバイル」に勝るとも劣らない素晴らしいサービスを提供されている「LIBMO(リブモ)」を発見したのでした。




「LIBMO(リブモ)」とは?

TOKAIコミュニケーションズさんが提供する通信サービスです。

TOKAIコミュニケーションズさんは、静岡県静岡市葵区に拠点を置き、個人・法人問わず情報通信サービスを提供されています。

TOKAIコミュニケーションズ
http://www.tokai-com.co.jp

個人向けサービスとして以下のサービスを展開しています。

1. 通信サービス「@T COM」アットティーコム」
https://service.t-com.ne.jp
インターネット回線開設のための接続サービス
2. 通信サービス「TOKAIネットワーククラブ」
https://www.tnc.ne.jp
インターネット回線開設のための接続サービス
3. TOKAIモバイル
http://mb.tokai.jp
静岡県と埼玉県に店舗を置くソフトバンク専門店
*通信サービス「@T COM」アットティーコム」と「TOKAIネットワーククラブ」の違いがよく分かりませんでした…(汗)

すでにソフトバンク専門店を展開され、インターネット回線も手がける専門会社さんによる新たな通信サービスが「LIBMO(リブモ)」です。

しかも、回線は山中でも安心の「ドコモのLTE回線」です。通信エリアはドコモのホームページにリンクしてあります。



選定基準(ドコモ月989円)よりお得感があるか?

今回の選定基準は、私が使っている通話専用ドコモ(パカパカのガラケー)に代わるスマホやプランがあるか?です。

<現在のドコモ通話専用>
月989円(税込、保証なし)
*私的にベストプランです


「LIBMO」は、データ通信かデータ通信+通話から選びます。通話専用サービスはありません。そのため、通話だけを望む私は必然的に「データ通信+通話SIM」を選ぶことになります。

<LIBMOの基本サービス>
1. データ通信
2. データ通信+通話


基本サービスに希望する容量やオプションを追加していきます。
ただし、条件があります。

スマホは、「SIMフリースマホ」が基本です。

だたし、ドコモ回線なので、ドコモで購入したスマホならMNPしてそのまま使えます。MNP(Mobile Number Portability) : 電話番号を別の会社に乗り換えて使うことです。

例)ドコモで使っていた電話番号をMNPし、ソフトバンクに乗り換えて同じ電話番号を使う

そのため、au、ソフトバンクで購入したスマホですと、MNPと必ず「SIMロック解除」が必要です。「SIMロック解除」の料金は大体3,000円かかります。

ただし、MNPできてもドコモのキャリアメールは引き継げないし、LIBMO自体のキャリアメールはありません。これはLINEモバイルも同じです。

端末はSIMフリー端末を持っていない場合に購入することになります。

つまり、LIBMOで提供されるのがドコモ回線ですので、今まで使っていたのがドコモ端末なら新たに本体を購入する必要はありません。

本体購入するかどうかでまたしても私にうれしいお知らせがありました。

端末本体を新たに購入する場合、その対象の端末の中に「Prioriシリーズ」が入っていたのです。

取り扱い端末一覧ーLIBMO
https://www.libmo.jp/device/lineup/


「Priori5」と「Priori4」です。もともと今はなきFreetelで提供されていた端末です。私はFreetelでPriori2とルーターを購入したことがあります。

Priori5(16,800円)分割 700円 x 24回
Priori4(  7,800円)分割 325円 x 24回


Priori4に至っては割引キャンペーン中で、14,400円がほぼ半額になっています。売り切れ御免状態です。一括購入し、保険に入らなくて良いやつです。

しかし、安いからといって本体に抜かりはありません。

Priori5
https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori5/
Priori4
https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori4/
*Priori4は、デュアルSIMではないのでご注意ください

私のPriori2は未だに現役です。

「海外Chatsim」を差して母がLINE専用機として使っています。初期費用4,000円、1ヶ月100円で使い放題の素晴らしさ…

【40代の発見】海外ChatsimでLINEアカウント作成できる

とにかく安くて使いやすい。SIMカードも2枚同時に差すことができ、状況によってアプリで使い分けできるのです。

ただし、安売り中の「Priori4」は2枚同時差し(デュアルSIM)はできませんのでご注意ください。

そして、「ZenFone」と「Huawei P20 lite」まで取り扱いされているのです。歓喜!私的には最高のラインナップです。

正直、通話さえできれば良いので本体は自分が使いやすくて安ければなおさら良いではありませんか!


通信料金に工夫あり

通信料金について、私なら通話専用にするためには最安のデータ通信量を選びますが、ここにLIBMOさんの気づかいがありました。

データ通信量が最大30GBまで選ぶことができるのですが、最小最安ライトプランは480円で低速度ながらデータ通信無制限なのです。

私のデータ通信は、無制限LTE回線「SAKURAWiFi 」でまかなっているので、ライトプラン一択です。

ライトプランすら私にとってほぼ不要なサービスなのですが、「SMSサービス」を使うためには必ず契約が必要です。

「SMSサービス」は、アプリなどアカウント作成するときに本人確認で使われることがありますので外せません。

これで私専用のプランを作成してみました。

料金シュミレーターLIBMO
https://www.libmo.jp/simulator/


用途: データ通信、音声通話、SMS
音声通話オプション: 選択なし
データ通信量: ライトプラン
---------------------------
合計 月1,180円(1,275円: 税込)安い!


*最初の6ヶ月は600円割引(合計3,600円割引)あり。事務手数料3,240円(税込)なので、キャンペーン中は実質的に事務手数料が無料ということになります。

ライトプランは通信容量無制限!
ですが、最大通信速度200kbpsで超遅いです。
最大で200kbpsですので、通常はその半分くらいの速度と考えるべきでしょう。たいてい128kbpsですね。

LINEやTwitterなどのSNSですと、テキストだけなら無理なく使えます。画像や動画はダウンロードにかなり時間がかかります。

月々の支払いについて、新たに端末を購入する場合は、上記の月々の支払いに代金が上乗せされます。

私ならPriori5ですね。安いし、もともとPrioriが好きなこと、そしてデュアルSIMができるからです。

デュアルSIMができる端末ですと、海外でスマホを使うときに同時にSIMが2枚差せます。つまり、国内と海外で切り替えて通信できます。


契約18歳以上で支払いはクレカのみ

18歳以上なら誰でも契約できます

支払いはクレジットカードのみで、口座振替はできません。そのとき、契約者とクレカ登録者名は同じにしてください。

例)家族の場合
契約者 : お父さん
支払い : お父さんのクレジットカードを登録
契約者 : 家族全員(別々のSIMカードを契約)

*契約者と使用者の関係を証明する証明書(発行から3カ月以内の住民票の原本)が必要

<契約に必要なもの>
1. 運転免許証
2. メールアドレス
3. クレジットカード

*運転免許証がなければマイナンバーカード
*パスポートなら公共料金領収書か住民票が必要

<初期費用>SIMフリースマホありの場合
事務手数料      3,240円(税込)
月使用料          1,275円(税込)
ユニバーサル料       2円
—————————————
合     計            4,517円(税込)


LINEモバイル(初期費用合計 4,968円税込)で必要だったSIMカード発行手数料がないようです。

さらに「LIBMO音声サポートプログラム」キャンペーン中は最初の6ヶ月は600円割引があります。

先ほどの初期費用の合計から600円分さらに割引きして、最終的に合計3,915円(税込)になります。


<初期費用>税込
LINEモバイル(4,517円)
LIBMO(3,915円)
-------------------
差額             602円
(LIBMOはさらに5ヶ月600円引きあり)

*日割り計算がないので、なるべく月初めに契約しましょう
*音声通話付SIMなら緊急電話可能
*国内への通話料金は、20円/30秒(税抜)

LIBMOお客様センター
0120-27-1146(10: 00-18: 00)



 

縛りはあるか?

気になる縛り。
LIBMOは、「電話通信」関連のSIMのみ縛りがあります。

電話通信SIMのみ : 最低利用期間12ヶ月
このSIMを途中解約すると10,260円(9,500円+税込)の違約金が発生します。

<最低利用期間以内の途中解約違約金>
LINEモバイル: 10,584円(9,800円+税込)
LIBMO : 10,260円(9,500円+税込)
-------------------
差額               324円(300円+税込)

*データSIMとデータSIM(SMS付き) : 契約月から次の月から解約手数料はかかりません。


SIMカードのサイズも気をつけて


標準SIM : 25mm x 15mm
(金色部分の2倍ある)
マイクロSIM : 15mm x 12mm
(金色部分ひとまわりある)
ナノSIM : 12.3mm x 8.8mm
(金色部分のギリギリ)


それぞれのスマホでサイズが異なりますので、手持ちの端末をお使いの際は、メーカーのサイトで確認しておきましょう。

なお、手持ちの端末でLIBMOで使えるのは、SIMフリー端末かドコモで購入した端末だけです。

SIMカードを間違って注文したときの交換もお金かかりますよ〜


どこで契約するか?

1. 実店舗で契約・開通
2. ネットから申し込み


1. 実店舗で契約・開通
契約その日からスマホが使えるようになります。
早くて一番楽です。ただし、静岡県民限定です…うらやましいな〜

<TOKAIモバイルショップ>静岡県内8店舗あり
https://www.libmo.jp/support/libmo_shop/

TOKAIモバイルショップ 静岡中吉田店
TOKAIモバイルショップ 唐瀬街道店
TOKAIモバイルショップ 袋井田町店
TOKAIモバイルショップ 磐田駅南店
TOKAIモバイルショップ 浜松名塚店
TOKAIモバイルショップ 富士瓜島町店
TOKAIモバイルショップ 沼津店
TOKAIモバイルショップ 沼津大岡店


<手続き>
・即日店頭開通受付
・当日MNPの手続き可能


2. ネットから申し込み 
こちらからお申し込みできます。
TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】  

商品到着後、端末にSIMカードを差し、MNP切替手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を自分でやります。

設定が面倒な方や自信がない方は、端末本体も一緒に購入しましょう。本体が届いたらすぐ使える状態で発送してくださいます。 

私はFreetelで端末本体とSIMカードを同時に購入したとき、全て設定済みの本体であることに感動しました。本体を同時購入すると、とにかく楽です。


データ通信するための「APN設定」

*APN(Access Point Name): ネット通信を受けるための設定

<iOS(iPhone)>
*専用URLから設定をダウンロードする
1. iPhoneの電源を切る
2. SIMカードを入れ替える
3. wifiをつないで設定をダウンロード
こちらから構成プロファイルをダウンロードします
https://www.libmo.jp/ios/
4. インストール→完了



<Android>
1. 本体の電源を切る
2. SIMカードを入れ替える
3. APN設定(スマホによって設定場所が異なる)



<APN設定>
名前: LIBMO
APN: libmo.jp
ユーザー名: user@libmo
パスワード: libmo
認証タイプ: PAPまたはCHAP(自動設定にしない)
*保存ボタンを押し、APNの選択を行う



ウイルス対策ソフトのオプション

ウイルス対策 : TOKAI SAFE

1ライセンス6台までインストール可能 : 最大3ヶ月無料、次月から400円(432円税込)。1年4,800円(5,184円税込)。

マルチデバイス型なので、スマホだけでなく、パソコンにもインストールできます。

でも、6台ではご家庭にあるすべての機器に対応できませんよね?私自身、自分の端末だけで5台はあります。パソコン、スマホ、タブレット…減ることはないでしょう。

なので私は、カスペルスキー台数無制限版を使っています。「TOKAI SAFE」だと6台400円(432円税込)ですが、カスペルスキーなら無制限台月393円です。

サポートセンター

<LIBMOお客様センター(通話無料)>
・電話  0120‐27‐1146
・受付時間 10:00〜18:00(年数日休日あり)
・メール(お問い合わせフォームから
https://www.libmo.jp/support/inquiry/form/


LIBMO解約方法

まずLIBMOお客様センター(通話無料)に連絡します。その際、契約に関する確認がありますので、お客様情報が分かる登録通知などを用意しておきます。

LIBMOお客様センター(通話無料)
電話 0120‐27‐1146


解約手続き後、SIMカードを送料自己負担で返却します。

*必ず電話0120‐27‐1146で解約手続きを行なった後に返却。
SIMカードの返却だけでは解約にはなりません。

<SIMカード返送先住所>
〒420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8
TOKAIビル9F
(株)TOKAIコミュニケーションズ
LIBMO SIM返却係行

*必ず電話0120‐27‐1146で解約手続きを行なった後に返却


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

海外chatsimの電話番号でLINEが使える

海外Chatsimって何?

何に使えるの?

結局、お得なの?


<結論>

初期費用4,000円、1ヶ月100円、

テキストアプリ使い放題の

「海外chatsim」で、

LINEアカウントが作成できました!


「格安SIM(シム)」、SIMフリー、最近ちまたで話題です。どこを選べば安いのか?はスマホをどのように利用しているかによります。


例えば、通話がメインの方、メール・ネットがメインの方、とにかく安けりゃ最高の方…万人に受け入れられる「格安SIM」など存在しません。


メール・ネットの方がドコモを使っており、格安SIMに変え、「ネットが遅すぎる!」とプンスカされる例は少なくありません。


だからこそ、ご自分がスマホに何を求めているかがカギとなります。

私の場合

私はドコモのパカパカ携帯を通話専用、SIMフリーのiPhoneに「海外chatsim」のSIMカードを入れ、ネット通信に「SAKURAWiFi 」を使っています。


海外chatsimとは?

注文する(Amazon)

チャージする


通話をドコモにこだわるのは、山でつながるからです。遭難したらドコモが命綱です。パカパカ携帯(フューチャーフォン)だと、開かない限り電池が減りません。最近の充電は、1ヶ月に1回程度です。


理由は、通常の生活に電話を使わないからです。山ではないので、電話するよりメールでお願いしています。何より内容がメールで記録されるのが良いのです。


海外chatsim」は、テキストアプリが使い放題の素晴らしいSIMカードです。エストニアから輸入されたものです。「SAKURAWiFi」が使えなくなったときに活躍します。


メールはできませんが、LINE, Facebookメッセンジャー, Wechat, What’s up, Viberが使い放題です。写真は送受信できません。電波は3GなのでLTEより遅いです。


Twitterが使えないのが痛いですが、LINEとFacebookメッセンジャーさえあれば何とかなります。


海外chatsim」の特徴

また、「海外chatsim」の特徴として、電話番号がエストニア(外国)番号になります。電話は受信のみできますので、国際電話として受けることになります。


私に電話をかけていただくには、国際電話になることを承知の上でお願いすることになります。


という訳にはいかないので、ドコモのパカパカ携帯を念のため持っているのです。


海外chatsim」の有効利用を実際に確認

今回、この「海外chatsim 」を使い、エストニア番号でLINEアカウントができましたのでご報告します。


海外chatsimとは?

注文する(Amazon)

チャージする


LINEアカウントができるまで(海外chatsimを購入してからの手順)

1. スマホの電源を切る

2. 海外chatsimのSIMカードを入れる

注文する(Amazon) 

3. 20ドルをチャージする(クレジットカードのみ)

チャージする 

4. 「*146*961#」宛に電話をかけ、SMSが届くのを確認する

5. LINEアプリをインストール

6. アカウント新規作成する

7. 電話番号を確認し、SMSメッセージを受信する

8. 年齢制限の文言にチェックを入れる

9. アカウント作成できました!


ここに注意

・SIMカードを入れ、電源を入れてもSIMカードを認識しない!

→SIMカードの向きが違う


・チャージしても使えない!

→チャージ金額は20ドルです。最初のチャージ注文は2個です。

   チャージ額が10ドルですと、Oops!からはじまるテキストが表示されます。


上記2点、いずれも実は私のミステイクです。あいまいな記憶で使おうとするなという良い教訓です。


しかも、自分のブログを見ながらやったのに…です。すぐに修正しました。見たいところしか見ていなかったようです。


SIMカードの向きを確認して入れたのに、裏表が逆だったときの衝撃はお笑いのひとことです。取り出すとき、SIMカードが傷つかなくて良かったです。

FullSizeRender


海外chatsim」は名前どおり、チャット(テキストの会話)ができるSIMカードです。SIMフリースマホでないと使えません。

SIMフリースマホを購入する


3G回線なので、通信速度は遅いです。ですが、初期投資4,000円で1年間LINEとFacebookメッセンジャーが使い放題なのは魅力です。


月300円ちょっとですよ!


外国エストニアのSIMカードなので、電話をかけてくださる方は国際電話になります。国内より割高の電話料金がかかります。電話の受信は無料です。


とはいえ、お家でwifiを使えば、ネットもメールもできます。あんまりスマホで電話を使わない私のような方には大変良い選択肢のひとつになります。もちろん私は満足しています。すでに2つ買いました(笑)


<関連ページ>

海外chatsimとは?

注文する(Amazon)

チャージする

SAKURAWiFi(私愛用中)

SIMフリースマホを購入する 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0184
シニアの先輩にLINEを!

ドコモはいつも混んでいる

スマホと先輩方の出会い

スマホの使い方を伝える工夫


<結論>

・ドコモをはじめとする携帯端末販売会社は、使い方を有料で教えるべき

・出会いは簡単、使うの難しい

・とにかくシンプルさが命


更新日: 2018年7月5日


訳あってLINEの使い方を親世代に教えて差し上げることになりました。パソコンも携帯電話も使ったことのない御仁です。

 

今時珍しいかもしれませんが、そのような状態にしておられる方々は潜在的に確実においでです。そのような方々と出会うことができたのは、ある意味、幸運と言えます。


私はすでに使い方を「知っている」のです。つまり、「知らない」状態にはもう戻れません。何が難しくて、何につまづくのかサッパリ分からなくなっています。


ブログを書く上でも、自分の視点ではなく、使う方の立場になって解説しないと意味がないものになってしまいます。今回、自分がいかに調子に乗っていたかを知る良いチャンスです。

休日の携帯会社

休日にドコモをのぞくと、大行列です。たまに入ると(電話は未だパカパカ携帯です)、たくさんの先輩方がお待ちです。


スマホの使い方を学んでおられるのです。


「音が小さくなった」知らぬ間に押されたため

「ネットができない」契約容量を超えたため

「電話ができない」画面が出せない


笑ってなどいられません。私が同じ世代になって、新たな技術に出会い、挑戦することができるでしょうか?


挑戦されたことは賞賛すべきです。


ただし「初心者と経験者が同じ列に並ぶのは無理がある」ということです。使い方が分かっている方は、それなりにご自分で苦労されて来られているのです。


ならば、有料で「スマホ教室」を別の部屋で開くことが考えられます。パソコンだって、パソコン教室があります。パソコン販売店は使い方まで教えていません。教えるとしたら有料ですよね。


とこう考えるようになったのは、やはり今回、自分で先輩方にスマホの使い方を教えた経験からです。これは有料でないと辛抱たまらんです。


しかも携帯会社さんは、各種プラン、あの複雑に複雑を重ねたプランを説明しないといけないのです。本来ならこのプランの説明だけで成り立つ商売のはずです。


 

先輩方の願いを伺う

教えるにあたり、まず「どのようにスマホを使いたいか?」をお伺いします。


電話はこれまで使われてこられた方法でかけることができます。ジーコロ、ジーコロの電話からプッシュ電話になり、子機が携帯電話になり、スマホになりました。そのため、すんなり使いこなされます。

問題はLINE→実はテキスト入力が難関

子や孫がLINEを使いこなしているのを見て、ご自分も使いたいと思われています。文字入力ができるとネットも簡単です。これ実は、テキスト入力が難しいのです。


文字の配列ではなく、押さえ方です。

長押し、タップ、スワイプ、フリックの違いを丁寧に教えて差し上げましょう。教えるのは結構難しいですよ。


私は、手のひらに指で書いて、上記の4つの違いをお伝えしました。スワイプとフリックの違いが伝わりにくいようです。


「指が大きいから文字入力ができない」と言われましたので、

「お相撲さんもスマホを使っているので大丈夫!」と気楽にお返事しました。実はここにも深い問題がひとつ隠れていることに気づきました。


「文字が小さすぎて見えていない」

のではと考えたのです。


たとえ、メガネをかけていても…です。おりしも「ハズキルーペ」さんのCMが流れていたときです。

 


「ここを押してください」


*クリック・タップは「押す」で統一しました

この後、タップされたところはズレているのです。割り箸の先を細く削って赤色の矢印を作るべきです。つまようじでも良さそうです。


正しい位置をお教えしたら、後は慣れるだけです。

スマホを立ち上げるところから

パソコンも携帯電話も使ったことのない御仁ですと、スマホの電源の入れ方を教えることからはじまります。


「長押し」→すぐ理解

「長押し=電源入切」→すぐ理解

「LINEアプリを探して開く」→すぐ理解

「見たいグループか相手のトークを開く」→難しい

「トークを開く」→難しい

「返信する」→入力する場所がわからない

「フリック入力」→特に難しいが練習次第

「テキスト送信」→送信アイコンが送信するためのマークとわからない

「トーク一覧に戻る」→難しい(<が見えてない?)


「難しい」と示した項目は、特に丁寧に教えて差し上げてください。フリック入力は、特に難関です。


私たちには無意識でできているのですが、それを言語化して伝えるのは本当に難問です。何でもそうですよね。


8,990円からの格安スマホ

教える時間は短く

スマホを教える時間は、1回5-10分にしてください。新しいことを覚えるのは若い人でも大変です。シニアの先輩方には、5-10分ですぐ終わるのが良いです。


簡単な課題を出してみました。


毎日の夕食です。

夕食のメニューを送っていただくことにしました。


「焼きピーマン」は、漢字・ひらがな・カタカナ(特にーとン)が混じっているので練習には持ってこいです。

LINEだけ、文字最大、通知を音で

マサキのスマホ教室が終わる前に、スマホの文字の大きさを最大にし、一面をLINEアプリだけにしました。


それしか選べないようにしておけば、アプリ選択の誤タップの確率は減ります。現在の段階では、LINEだけ使いたいのですがら有効です。


文字を最大にするのは盲点でした。最初の設定のまま使っていたのです。文字が小さいことに気づきませんでした。


文字を入力して、送った後は、返信が待ち遠しくなります。そのため、LINEの通知をオンにして音が鳴るようにしました。試しに私からお送りしたら、すごく喜ばれて私もうれしくなりました。


最初にできるようになった自分を思い浮かべてもらうのはかなり有効な方法でした。シニアの先輩方は、目標が定まれば、ものすごく努力されます。


続けていただくためにも、1回10分以内で効果的なレッスンにしています。


将来は、マンツーマンのスマホ教室でも開こうかな〜?さびついた教員免許が光ります。


<関連ページ>



All the illustration are copyright to StockUnlimited.

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ