タグ:画像

Stockily→ツイート→画像保存が早い

FullSizeRender

「Stockily」画像最高!

画像保存が超面倒

何とか楽したい…



<結論>

Stockily→ツイート→画像保存


更新日: 2019年4月14日

ブログの内容をより良くお伝えするために「アイキャッチ画像」も取り入れるようになりました。

アイキャッチ画像は、ブログの最初に出てくる画像のことで、アイキャッチ画像次第で記事を読んでいただけるかどうかにまで影響するそうです。

最初はアイキャッチ画像の作成に無料の画像を使わせていただいていたのですが「さすがに無料は申し訳ないな〜」という気がしてきていました。

無料画像もそのまま使うのではなく、文字を入れるなど私が何らかの手を加えてアイキャッチ画像の完成としていました。ここまで使わせていただいて無料とかあり得ないでしょうという話です。



そんな私に「Stock Unlimited」さんから、1回払いで「ベクター画像」を一生使い放題プランが発売されることを知り、即購入。

Stock Unlimited(日本語サイト、日本語検索可能)

ところが「ベクター画像」の意味を知らずに購入したため、写真も含まれていると勘違いしていました。「ベクター画像」は「イラスト画像」のことでした。



もちろん、センスあふれる「Stock Unlimited」さんのベクター画像は毎月新しい画像が追加されることもあり、かなり満足していました。

ベクター画像を使うのですが、いつもStock Unlimitedさんのサイトで目につくのが写真画像なのでした。

そして徐々に人物写真をアイキャッチ画像に使いたくなってきたのでした。そんなときに、ソースネクストさんから数回の写真パック販売のお知らせがメールで届きます。

それが「写真・イラスト・動画素材販売サイト【PIXTA(ピクスタ)】 」さんの写真10万点かそろったパック販売でした。

お値段は消費税込みで8,000円を超えます

「う〜む」お値段にひるむ私です。10万点もある写真パックですが、私が欲しいのはその中の人物写真だけ…

私にとっては余計なものとなる写真が含まれていても購入するか?無駄ではないだろうか?

そんな悩みもPIXTAさんのサイトであっさり解決しました。なんと、10万円パックに含まれている写真の画質(Sサイズ)ですと、通常価格1枚5ドル(550円)なのです。

購入ガイドーPIXTA

この1枚550円が10万点なので、普通に購入すると単純計算で
550 x 100,000 = 55,000,000円
になってしまう代物なのです。頭に「  ?  」がたくさん浮かびます。5,500万円です。

まあまあまあ「使わない画像もありますし」と半分以下は使わないと考えても
20,000,000円
2,000万円です。「は?どう考えても8,000円はお得じゃねえか」という話です。即購入しました。



ところが、また欲が出てきます。

もっと外国感あふれる画像も欲しい、いや本当は「世界の美人を見たい」「そしてその美人の笑顔をアイキャッチ画像として使いたい」という私のわがままです。

アンテナをビンビン張り巡らしていたところに届いたのが「Stockily」さんのローンチでした。2019年3月23日にサービス提供を開始した出来立てピチピチの会社です。

Stockily」は、これまであるサービスと同じく画像、動画、音楽、フォント、アイコンなどを提供する会社なのですが、ただ一点違うのが「一回払いで一生サービスを使い放題
というところです。

私はたった3,000円でその権利を買いました。



あまりに安すぎなのと、画像が気に入ったので「pro版」も5,250円で購入してしまいました。「pro版」は、通常版よりも多くの画像や動画が使えます。さらに、特典の1つとしてクローズドなFacebookグループにも入れます。

もちろん「Stockily」も毎月新しい画像が追加されますので、購入して終わりではありません。私が購入したのが「Stockily」ローンチ日の3日後の3月26日でした。


問題点1: 画像の検索が面倒くさい

さて、順調に「Stockily」を使っていたのですが、使っていくうちに面倒くさいことが分かってきました。画像の検索と保存です。

前提として、私はスマホでしかブログ編集作業をしません。パソコンを開くのが面倒くさいからです。

ところが「Stockily」をスマホで開くとそのモバイル版は、画像しか検索できないのです。「Stockily」は、画像にも静止画像とGif画像、動画など幅広く取り揃えてあります。

ところが、スマホ版ですと「静止画像」しか検索できないのです。

これはせっかく「Pro版」まで購入した私涙目ということで、サポートに相談してもパソコン版でのやり方を教えてくれるだけでした。

結局、アプリ「Puffin」を使うことで無事「Stockily」パソコン版を表示させることができ、Gif画像や動画も検索できるようになりました。

Puffin Web Browser
Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted withアプリーチ
*有料版(600円)を買うほど気に入りました


問題点2: 画像の保存が面倒くさい

やっとパソコン画面で「Stockily」を表示させ、快適な画像環境を構築しました。

ところが、アプリ「Puffin」特有の性質なのかどうか分かりませんが、画像の保存方法にクセがあったのです。

なんと、欲しい画像をいったん「Puffin」内で保存し、それをDropboxに保存し、Dropboxからカメラロールに保存するという「保存三大活用」をしなければならないのです。

<Puffinからカメラロールに画像を保存する方法>
1. Puffin内に保存
2. Dropboxに保存
3. Dropboxのエキスポートからカメラロールに保存

なぜPuffinから直接カメラロールに保存してくれないのか?
おばさんの叫びもむなしく響きます。

結局、そういう仕様なら仕方ないと諦めました。


簡単な保存が方法あった!

「そういう仕様なら」と半分諦めつつも往生際が悪いのもおばさんの性質です。面倒くさいと思いつつ、他の方法はできないか考えていました。

ふと検索結果の画像を見ると、FacebookとTwitterから画像を投稿できるアイコンが貼ってあります。
FullSizeRender

以前からこれらのアイコンがあるのは知っていましたが「自分はブログだけに画像を使うのだから」と無視していました。

そして今日気づく…

「Twitterで投稿して、それをダウンロードすれば良いのでは?」
この場合、画像をツイートし、その画像をカメラロールに直接保存することができます。

さらに保存回数としてはこれまでの「3回から1回」に劇的に回数を減らすことができます。
早速、試してみました!

<新しい画像保存の方法>
1. 画像検索
2. Twitterに投稿
3. ツイートから画像保存


1. 画像検索
検索窓に英単語を入れます。
美人を探すときは「work」「smile」「happy」「woman」がオススメです。

2. Twitterに投稿
FullSizeRender

FullSizeRender
初めてのTwitter投稿の際は、Twitterアカウントとパスワードが必要です。Stockilyと連携させます。

私の場合、今メインでお使いのTwitterアカウントに投稿するのはフォロワーさんに迷惑になる可能性があったため、Stockily画像ダウンロード専用の別アカウントを使っています。


3. ツイートから画像保存
ツイートのリンクをタップするか、表示されている画像を長押し、もしくは画像の下にある矢印をタップします。

この画面が出てくるので「画像を保存」をタップするだけで、カメラロールに画像が保存されます。
FullSizeRender

画像を無事に保存できたら、ツイートは消しておきましょう。もちろん、そのままツイートを残しておいて美人画像ツイートアカウントとしても運用できると思います。

「Stockily」からの画像保存がむちゃくちゃ時短で簡単になりました!やったね!


<関連ページ>









このエントリーをはてなブックマークに追加

「Puffin」から画像保存めんどくせ〜

FullSizeRender

「Stockily」購入完了!

「Puffin」でPC画面表示で快適〜

は?画像保存できない??



<結論>
Puffin→Dropbox→カメラロール
いちいち回り道が必要…

更新日: 2019年4月6日

ここ一年「ブログ」というインターフェースからアフィリエイト、ソースコード、画像販売サイト、海外サイトでの購入などなど今までの人生では一切ふれることのなかった世界が広がっています。

もちろん現在進行形でして「こうしたいな」という希望を実現するためにいろいろ自分なりに試してみて答えを見つける旅です。

「インターフェース」という言葉は、私の愛読書「カネ遣いという教養」にあります。

「インターフェース」とは、未知との出会いがその後の人生をも左右する出来事になる奇跡を指します。簡単に言うと「ハマれるものがあれば人生豊かになる」ということです。


本日終了する「青春有你」もそのひとつで、これさえあれば時間があっという間に過ぎます。見るだけでなく、音声、動画、中国のSNSに関する知識もアプリも増えていきました。


「青春有你」は、中国各地の事務所から送り込まれたアイドル訓練生たちがデビューを目指し、4ヶ月かけて選別されていくというある種残酷な番組です。

この番組は、中国のnetflix「iQiYi(アイチーイー)」が放送しており、課金すると無料放送にはない動画をみることができます。

爱奇艺极速版
爱奇艺极速版
開発元:iQiYi
無料
posted withアプリーチ

商売とはこういうもんだと言われているようなものです。
「もっと見たけりゃ金払え」と。

いいえ、もともとこの番組が無料なのが奇跡なのです。

訓練生たちはスマホも使えず、外部との連絡を遮断され、毎週出される課題をこなします。毎週、新しい曲と振付を覚えて発表するのです。

一方、スタッフの皆さんは、最初100人のエントリーでしたので、 100人分の食事、おそろいの服、靴、掃除、洗濯、撮影、ピンマイクの設定、毎朝のメイク、動画編集など考えればキリがない仕事が満載です。

さらにそれに関わる人件費、建物の維持費など考えると、なぜにこの規模の番組が無料なのが分かりません。動画編集も上手くて、すべて字幕があります。

その動画も訓練生ひとりひとりの個性を理解していないとできない編集ばかりなのです。

思わず「iQiYi」に課金したくなったのですが、無料放送分を見終わるまでは一旦停止しています。

<「iQiYi」課金システム>
  1ヶ月(   480円)
  3ヶ月(1,200円)1ヶ月あたり400円
  6ヶ月(2,500円)1ヶ月あたり416円
12ヶ月(4,600円)1ヶ月あたり383円

「iQiYi」課金システムは、6ヶ月契約より、3ヶ月契約の方が1ヶ月あたりの課金料が安いという謎システムです。

私恒例の「突然飽きる」というリスクを考えますと、3ヶ月契約を4回やって12ヶ月の方が良さそうですね。12ヶ月契約と200円しか違いません。

このような知識が何に役立つかは分かりませんが、たいていのものは同じような仕組みで動いているので、事前に練習できたと考えます。


ブログのアイキャッチ画像

私の「インターフェース」であるブログ、もともとはアフィリエイトでバンバン儲けるつもりで開設しました。

2018年2月のブログ開設から数ヶ月後には報酬が発生して喜んだのですが、2019年に入ってからは報酬「 0円 」です。

「こんなもんだろう」という気持ちと、長期投資のようにブログ記事を「コツコツ積み立てるのが大事だろう」という直感で続けています。


私のブログが
「使おうか、買おうか、契約しようか」
と迷っている方の判断材料のひとつになれば幸いです。

その前に「読んでみようか」と思わせるブログ記事にしないといけません。「読んでみようか」のきっかけになるのが「アイキャッチ画像」です。

ブログ記事の看板になるもので、内容の雰囲気を伝えることのできる手段のひとつです。当然、目を引くアイキャッチ画像にしたいですよね。

「目を引くアイキャッチ画像」とは何かを考えると、簡単なのは「美人」だろうと自分が選びやすい画像を探しているのが私になります。

これまで、無料サイトから有料パッケージの購入、海外サイトでの画素利用権利を購入してきました。

<私の画像への投資履歴>
無料サイト(いらすと屋さんなど)
自分で撮影
Stock Unlimitedベクター画像購入(3,880円)
PIXTA10万点写真パック購入(8,618円)
Stockily購入(3,030円)
Stockily Pro購入(5,250円)
---------------------------
合計  20,778円(税込)
*税(8%)
*ベクター画像=イラスト画像

今のところの結論は「Stockily」です。2019年3月23日にローンチしたばかりの新しい会社によるサービスです。


オープン記念価格ということで、3,000円で画像、動画、音楽、フォントが使い放題の上、ブログや初期購入ボーナスとしてマーケティングに使えるツールがついてきました。

毎月新しい動画や画像が追加されることを考えると安すぎでした。

ついでに「pro版(5,250円)」も購入しまして、Facebookの非公開グループ「Stockily VIP Members Exclusive Group」に認証され無事メンバー入りさせていただきました。

<日本人初?>
FullSizeRender

<注文番号を送って承認されました>
FullSizeRender


「Stockily」の問題

「Stockily」は、まだ新しい会社ですが、サービスの内容は既存の会社と同じものを提供しています。

それが静止画像、GIF画素、ビデオ動画、音楽、フォントです。私がベクター画像を契約している「Stock Unlimited」とほぼ同じです。

毎月新しい材料が追加されることも同じです。

ただ違うのは、一回払いで一生「静止画像、GIF画素、ビデオ動画、音楽、フォント
」が使い放題であること、サービス内容が需要に追いついていないことです。

これまでの会社ですと、写真1枚500円、しかも高画質になればなるほど同じ写真でもお値段が高くなるのが普通です。

Stockilyは、一度購入すると、Stockilyという会社が無くなるか私が亡くなるまで使い放題です。

ところが、サービス内容で残念なことがあります。

購入前にチェックしたサービス内容を説明する動画では、写真をダウンロードするときに画質を選ぶことができるようになっていました。

ところが、実際に写真を選んでダウンロードすると、高画質の写真しか選ぶことができません。高画質の写真は、私がこれまで使った範囲ですと、1枚5MB〜15MBの大きさです。

さすがに1枚15MBは、私のSAKURAWiFi でもダウンロードするのに3分は時間がかかりました。正直、待てません。

早速、サポートに問い合わせてみたところ、
「対応できるよう誠意努力中」とのことでした。まだ実現まで時間がかかりそうです。

FullSizeRender


デスクトップ版にできない

さらに「Stockily」の問題のひとつとして、スマホですとSafari、Firefoxなど一般的なブラウザでは「デスクトップ表示」ができません

なぜ「デスクトップ表示」が必要かと言いますと、スマホ版だと静止画像しか検索できないからです。

通常、デスクトップ版ですと、左側に静止画像、Gif画像、動画などの項目を選んでキーワード検索します。

ところが、スマホ版ですと「キーワード検索」窓しか出てこないのです。

これを解決するために見つけたのが「Puffin」でした。
Puffin Web Browser
Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted withアプリーチ

【40代の発見】スマホに「Stockily」のGif画像を保存する方法→「Puffin」で解決!

デスクトップ版表示できるだけでなく、Flashも表示できるのが売りだそうですが、私にとっては「Stockily」のデスクトップ表示ができたことが何より嬉しいことでした。

<StockilyのPuffinでのスマホ表示画面>
FullSizeRender
*完璧!

感動のあまり課金(600円)しました。
絶対ムリとか思っていたので、感謝の気持ちです。

ブラウザ「Puffin」の導入でテーマ項目を選ぶことができるようになり、静止画像だけでなくGif画像も楽々キーワード検索できます。

あるGif画像が好きすぎて「Stockily pro」を購入したようなものです。これでいつでも検索できます。


ブラウザ「Puffin」からカメラロールに直接保存できない

デスクトップ表示もできるようになって「やれやれ」となったところでまたしても問題勃発です。

「Puffin」でダウンロードした画像がカメラロールに直接保存できないのです。

頭が混乱するのですが「Puffin」のいう「ローカルストレージ保存」は「Puffin」の内部に保存されるだけで、iPhoneのカメラロールに保存される訳ではないのです。

「Puffin」での画像のダウンロードは、変わっていて、まずダウンロードを開始すると、ブラウザ「Puffin」の内部で保存されます。

次に、ブラウザ内部で保存された画像をタップするとカメラロールではなく、他のアプリにしか保存できない仕様になっています。

仕方ないので「青春有你専用Dropbox」にいったん保存し、DropboxでエキスポートしてiPhoneのカメラロールに保存することになります。

他のアプリに保存できるので、画像編集している「Skitch」に保存してみました。

ところが、編集までできたのですが、編集後の画像をカメラロールに保存したはずができてないという珍現象が起こりました。

「Skitch」からカメラロールをみると、きちんと編集された画像が入っているのが見えるにも関わらず…です。

意味が分からないことを追求するよりも、目の前の問題を解決する方が大切なので、仕方なく「Stockily」の画像をDropbox経由でiPhoneのカメラロールに保存しています。

<Puffinからカメラロールへ画像を保存する方法>
1. Puffinで画像を保存する
2. PuffinからDropboxに保存する
3. Dropboxからカメラロールへエキスポートする

1. Puffinで画像を保存する
ダウンロードする画像を選び、画像の右下にあるアイコンをタップする。
FullSizeRender

アイコンをタップした後、画面右上にある「三」をタップしてメニューを表示させる。下矢印アイコン(ダウンロードアイコン)をタップ。
FullSizeRender
これを「ローカルストレージに保存する」と言います。


2. PuffinからDropboxに保存する
ダウンロードできた画像には、時間が表示されます。その時間表示があることを確認し、画像ファイルをタップし、保存先をDropboxにします。

直接カメラロールに保存できないのがミソです。むしろそれかできれば苦労しなかったという話です。
FullSizeRender

保存先を確認して「保存」をタップ。
FullSizeRender


3. Dropboxからカメラロールへ保存する
Dropboxに保存された画像ファイルの右側にある「…」をタップし「エクスポート」を選択、「画像を保存」を選びます。

<「…」の位置>
IMG_7709


エクスポートをタップ。
FullSizeRender

「画像を保存」をタップ。これでやっとカメラロールに保存されました。
IMG_7708


まとめ

やれやれ一難去ってまた一難。やりたいことを素早くやるためには、その準備に倍以上の時間がかかることがよく分かりました。

しかし「この難題を越えると次から楽になる」と思えばこの解決作業も新しい発見として楽しめます。

<お手本>
<必読サイト>
勝間和代×堀正岳対談。今ほど「ライフハック」が楽しい時代はない(前編)

勝間和代は「コスパ」のためにヘッドフォンを5個買う。ライフハック的ガジェット論(後編)


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱピクトリー必要

IMG_7662

「Skitch」最高!

編集も画像圧縮もできる!

あれ?画像うごかないよ??



<結論>

「ピクトリー」残しておこう


プリ画投稿アプリ - ピクトリー
プリ画投稿アプリ - ピクトリー
開発元:nanameue, Inc.
無料
posted withアプリーチ

更新日: 2019年4月6日

ブログ更新1年を過ぎ、「ブログを書くこと」「ブログ編集」をいかに簡単に、しかも時短できるか日々改善中です。

といいますのも、せっかくブログ記事ができても「画像が多すぎてウザい」「画像が重くて開くのに時間がかかる」「データ容量を食う」などの要因で読まれない悲しさはありません。

基本的には、私が困ったことや解決方法、便利なものやことを中心にお伝えしているので自分のために書いているようなものです。

というのも「やり方を教えて欲しい」と言われた瞬間、すでに私の中では習慣になってしまっていて「最初から教える」のが難しいときがあるのです。

ならば、自分が初心者の段階でメモしておけば後々どのような設定をしたのかを簡単に振り返ることができます。

また、課金しているものについては、よりよい条件のものが見つかったら即比較・検討できます。

自分がどのような点を重視して課金するに至ったのかが分かるので、乗り換えるべきかの判断も楽になります。

<私が継続的に課金しているもの>
1. SAKURAWiFi       (月4,514円)保険料込
2. Docomo通話          (月989円)
3. カスペルスキー(3年11,040円: 月307円)
4. Dropbox plus (3年21,384円: 月594円)
5. Amazonプライム(年3,900円: 月325円)
6. Kindle Unlimited   (月980円)
7. 楽天マガジン         (年3,888円: 324円)
---------------------------------
合計 8,033円(1日268円)
*すべて税込(8%)

次回削減すべきは「Dropbox」を考えています。3年分をまとめてソースネクストさんで購入しました。

実際は、月9.99ドル(約1,100円)を月594円で利用しているので充分お得なのですが「有料で1TBは少なくないか?」と思うようになりました。

Pricing-Dropbox

最近は、クラウドにバックアップできるサービスが増えてきており、他のサービスも使ってみたいなという気持ちもあります。

<現在利用中のクラウドストレージサービス>
1. Dropbox(1TB)購入
2. Degoo(3TB)購入 7,261円(一生分一括払)
3. box(10GB)無料
4. Amazonドライブ(無制限)Amazonプライム特典


【40代の発見】「box」は10GBまで無料のクラウドストレージサービス
20190517更新

ただ、今のところお得に購入できるのはDropboxだけなので、よほどの好条件がそろったクラウドサービスでないと乗り換える理由がありません。

Dropbox1年版ーソースネクスト
*1年12,000円

ブログ「アイキャッチ画像」問題

ブログに関しての問題は内容もさることながら「アイキャッチ画像」です。読むか読まないかが「アイキャッチ画像」でも左右されることを知りました。

それまで「アイキャッチ画像」について何も知りませんでしたし、気にもとめてなかったなかった私です。

確かに「アイキャッチ画像」が最初にあると、華やかですし、ブログの文章の間に入っているも「話が変わる」ことを暗に示すこともできます。

ただ、画像ですので多すぎるとダウンロードして表示されるまでに時間がかかりますし、貴重なデータ容量を無駄にしてしまいます。

私のスマホのデータ容量は無制限(SAKURAWiFi)なので気になりませんが、家族で共有している場合は気にかかると思います。

また、使う画像に関しても私の気にいる写真を使いたいがために思い切って投資してきました。

<私の画像への投資履歴>
無料サイト(いらすと屋さんなど)
自分で撮影
Stock Unlimitedベクター画像購入(3,880円)
PIXTA10万点写真パック購入(8,618円)
Stockily購入(3,030円)
Stockily Pro購入(5,250円)
---------------------------
合計  20,778円(税込)
*税(8%)
*ベクター画像=イラスト画像


アフィリエイト目的のブログが初っ端から散財から始まるという…初期投資は大切ですので、「今後も続けないと損して終わるよ」という自分へのプレッシャーをかけたような気がします。

素材の選別

これだけ投資して見つけた素晴らしい写真とイラストを無駄にしてはいけません。

アイキャッチ画像なので、ブログをご覧いただく皆さんのためになるような、記事の内容がすぐ分かるようなものにすべきです。

が、それはやめて(笑)、私が気に入った写真やイラストを「アイキャッチ画像」として使うことにしました。

というのも、まだ購入して間もないので「どんな写真やイラストがあるのか分からない」のです。しかも、Stock UnlimitedもStockilyも毎月新しい写真とイラストが追加されます。

それぞれの雰囲気がありますので、まずは私が使い慣れるようにらならなければなりません。

というもっともらしい理由をつけて、私好みの可愛い女の子たちを選んでいます。イケメンも採用しますが、見て気持ちいいのは美人でしょう。

当分は私好みの人々が登場します。

「Skitch」が使えない画像がある

選ぶのに時間をかけているので、編集をすこぶる時短にする必要があります。そこで、私が選んだのはアプリ「Skitch」一択です。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
Skitch: 撮る。描き込む。共有する。
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

このアプリだけで、編集と画像圧縮を同時に済ませます。編集だけでなく画像圧縮にも使えることに気づいた瞬間から「Skitch」だけを使っています。

【40代の発見】画像編集・圧縮は「Skitch」だけでOK 

ところが、調子良く使っていた私に衝撃が…

「Skitch」が使えない画像があるのです。簡単に言うと、画像自体が重すぎてアプリ内での編集ができないのです。
FullSizeRender


それまではいくら重い画像でもスイスイ編集できていたのですっかり油断していました。私の推測によると1枚あたり15MBを越えると読み込めても編集できません。

もしくは、他のアプリを立ち上げすぎて「Skitch」を動かすメモリが足りなかったかのどちらかと思われます。

画像サイズについては事情がありまして「Stock Unlimited」ですと画像をダウンロードするときに画像サイズが選べます。
FullSizeRender


ところが、今回新たに購入した「Stockily」は、まだ画像サイズが選べないのです。

購入するときのプレビューでは、画像サイズが選べるプロモーションをしていたのですが、現状は無理です。
FullSizeRender


「私の使い方が間違っているのか?」と思い、サポートに問い合わせしてみました。すると、

FullSizeRender

「これからがんばります〜」とのことで、これから実装される可能性が高そうではありました。

しかし、現状は画像サイズが大きいものしかダウンロードできないことが分かりました。

「これは面倒くさいがアプリ「画素圧縮」をかましてから「Skitch」を使うしかないか〜」

と諦めかけた私が試したアプリ。それが「ピクトリー」でした。以前使っていましたが「Skitch」だけにしてからは使っていませんでした。

プリ画投稿アプリ - ピクトリー
プリ画投稿アプリ - ピクトリー
開発元:nanameue, Inc.
無料
posted withアプリーチ


利用者が中高生メインのこのアプリの最大の魅力、それは「使い方が簡単すぎる」ことです。このアプリで「写真を選んで文字を入れる」。やることはこれだけです。

しかも、アプリの指示にしたがうだけで、SNS投稿が楽にできる画像サイズになります。

惜しむらくは「文字フォント」でして、使えるフォントが限られている上、やはり中高生好みのものばかりなんですね。

最初は文字フォントを気にしなかった私でしたが「Skitch」のすっきりとした文字フォントの方が気に入ってしまいました。

「編集・圧縮・文字フォント」これで「Skitch」に統一しました。

ところが!「ピクトリー」の隠れた強みがあったのです。それが「いくら画像がでかくても読み込める」たったのです。

画像圧縮には、アプリ「画像圧縮」とpandaサイトを使っていました。

画像圧縮
画像圧縮
開発元:nanawork
無料
posted withアプリーチ
tynyping
FullSizeRender


この手間を省けたのが「Skitch」でしたが、今後は「ピクトリー」との両刀使いでアイキャッチ画像を作成したいと思います。

いや〜いろいろあるもんだ。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

「デスクトップ用サイトを表示」できた〜

FullSizeRender

「Stockily」パソコン画面にならない

Gif画像が検索できない!

どうにかパソコン版にならないか?



<結論>

アプリ「Puffin」ブラウザを導入

*ありがた過ぎて即、有料版を購入しました(600円)

<無料版>無料版で充分機能します。
Puffin Web Browser
Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted withアプリーチ

<有料版>600円
Puffin Browser Pro
Puffin Browser Pro
開発元:CloudMosa, Inc.
¥600
posted withアプリーチ

更新日: 2019年3月30日

格安のすべりこみでライセンス購入した動画・画像サイト「Stockily」。何のことはない次の日になると改めてカウントダウンが始まる仕組みであることを知って震えています。

とはいえ、私が兼ねてから希望していた人物写真をいつでもどこでも手に入れることができるので大満足しています。

私が「Stockily」で購入したのは、ノーマル版とPro Plan版です。今は「Pro Plan版」として画面表示されています。
FullSizeRender


<価格の比較>
ノーマル版(3,000円)
Pro Plan版(5,250円)


当初は画像だけで良いため、画像300万点以上のストックがある「ノーマル版」だけで充分だと思っていました。

ところが、Gif画像「Linda」のおかげで「こんなにおもろしいGif画像がまだあるなら見たいよ!」という気持ちが先立ってしまい、うっかり購入。

Gif画像「Linda」おもしろくて何回も見るやつですが、
「Gif画像以外、正直使わないのでは?」
というもうひとりの私がささやいていましたが、欲しいものは欲しいと押し切り購入しました。

<Pro Planで追加される項目>
1. Gif画像(10,000点→50,000点)
2. 動画(4Kを含む1,000点以上)
3. Power Point用動画(100点以上)
4. 動くアイコン(1,200点以上)
5. ベクターキャラクター(100点以上)
など

*「以上」なのは今後毎月追加されるからです。


「Lifetime Access」のライセンス購入

一回払いで一生利用できる「Lifetime Access」のライセンス購入であるのことを再度確認し購入した私です。

「Lifetime plan」や「Lifetime Access」は本当に素晴らしいです。本来なら毎月課金されるサービスを一括払いで済ませることができるからです。

<私が購入した「Lifetime Plan」>
1. Disconnect premium(VPN3台)49ドル
2. Degoo(クラウド3TB)64.99ドル
3. Stock Unlimited(ベクター画像プラン)34.99ドル
4. Animatron(アニメ作成)49.99ドル
5. Stockily(動画・画像・音楽・アイコン)
27.11ドル、Pro 47.00ドル


1. Disconnect premium(VPN3台)49ドル

Disconnect Premium VPN
Disconnect Premium VPN
開発元:Disconnect
無料
posted withアプリーチ

1年4,000円のVPNソフトが3台まで一生使えて49ドル(5,500円)とかどういうことでしょうか?

念のため、購入前にDisconnectさんに「本当にこのお値段で販売しているの?」と問い合わせしたくらいです。サポートさんから「ほんまです」と返信があったため即購入。
私の使用期限は「 2100年 」までです。
唯一の問題は、iOS寄りであることです。

iPhoneですと事前に設定しておけば、本体起動後ネット接続した瞬間に自動的にDisconnectが働き始めます。

ところが、AndroidとWindowsだと本体を起動し、Disconnectも起動しないといけません。すごく面倒くさい。サポートのCodiに改善をお願いしておきました。

2. Degoo(クラウド3TB)64.99ドル
当然、3TBのクラウドストレージに惹かれての購入です。アプリをインストールしておくと、勝手に写真をクラウドにバックアップしてくれます。

バックアップした後の写真は、一度設定すると自動的に最適化され軽くなり、本体のメモリを節約できます。

唯一の問題は、Android寄りであることです。
Androidなら、無料でストレージ容量が増やせる機能があるのにiOSだとそれがありません。

3TBがスマホ本体を起動しているだけ、もしくは広告動画を見るだけで増える仕様がiPhoneだとできないという。

iPhoneとAndroidの両方に優しいアプリはないのだろうか…と思わざるを得ませんが、開発の手間暇を考えると片方をとりあえず完璧に仕上げる方が効率が良いに決まっています。

開発してくださる方々の苦労を思えば、両方のアプリを用意してくださっただけでも感謝です。

3. Stock Unlimited(ベクター画像プラン)34.99ドル
最初に購入した海外の画像サイトのライセンスが「Stock Unlimited」です。ベクター画像とは、イラストのことです。

イラストだけでも、かなりセンスを感じるものが多くて購入して良かったと思います。イラストは毎月追加されるので、使う方が追いつかないレベルです。

4. Animatron(アニメ作成)49.99ドル
購入したものの活かしきれていないライセンス第1位です。

アニメの登場人物は事前に用意されているので、主役を選んで動きを設定するだけです。

使うのは簡単なのですが、きちんと事前に「こういう動きをつくる」という計画がないと無駄に時間を食ってしまう楽しくも恐ろしいサービスです。

サポートもバッチリなので、要は私がやるかやらないかだけです。

5. Stockily(動画・画像・音楽・アイコン)
27.11ドル、Pro 47.00ドル

今回新たに購入した「Lifetime plan」です。
名作「Linda」をはじめ、センスある写真ばかりで大満足の私が唯一歯ぎしりした問題点、それは
「スマホでGif画像の検索ができない」
でした。


スマホでGif画像の検索ができない

なんやなんや単に「デスクトップ用サイトを表示する」にすれば良いではないかと思われるでしょうが、「Stockily」はデスクトップ用サイトに切り替えても「モバイル版」でしか表示してくれない頑固者なのです。

Safariダメ、Firefoxダメ、Chrome使ってない…

Chromeはメールアカウントと関連づけられるので使ってません。便利なようで私にとっては便利ではないブラウザなのです。

こうなったら「デスクトップ画面」いわゆる「パソコン版」の表示ができるブラウザを探すしかなかろう…

これまで、Aloha、ドルフィン、Operaと試してきた私です。ひとつ増えても大した問題ではありません。

現在は、Safari、Firefox、楽天ウェブ検索を使い分けています。

楽天ウェブ検索
楽天ウェブ検索
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
*1日1回開くだけで、楽天ポイント1ポイントもらえる!


そこで目をつけたのが「Puffin」です。

Puffin Web Browser
Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted withアプリーチ

「ちびめかねアンテナさん」のサイトでおすすめされていたブラウザです。

iPhoneのSafariでPC(デスクトップ)表示できない時はPuffinがおすすめ!
https://chibimegane.com/puffin/

隠れ鳥好きな私の目を引くアイコン、無料版と有料版があるのも好印象です。提供元のホームページも問題なし。

cloudmosa(Puffin提供元)
https://www.cloudmosa.com

利用者の声も評価が高い
https://www.cloudmosa.com/news/#news-media

利用者の声のなかに韓国の方が「Safariで開けないサイトが開けた」など喜びのコメントがあり、日本の方でも「PCゲームができた」「フラッシュも開ける」とありました。


PuffinでStockilyのパソコン版が開けた!

「なるほどこれは良さそうだ」と、即インストールして試してみました。

<StockilyからGif画像をダウンロードする方法>
1. アプリをインストール
2.「デスクトップ表示」をタップ
3. ローカルストレージに保存
4.「GIF Viewer」に保存
5. カメラロールに保存



1. アプリをインストール

Puffin Web Browser
Puffin Web Browser
開発元:CloudMosa, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2.「デスクトップ表示」をタップ
「早い」の後に「デスクトップ表示」を選択できます。後から「設定」でも「デスクトップ表示」を選べますので、間違っても大丈夫です。

新規ページで「Stockily」を開き、ログインします。するといきなりパソコン版が表示されます。感動。

当然、モバイル版では表示されなかったオプション「Gif image」も見えます。
「Linda」を検索しました。

3. ローカルストレージに保存
保存先は「ローカルストレージ」です。

DropboxやGoogle Driveに保存しなくても良いです。欲しいときは「Stockily」からダウンロードすれば良いだけの話です。

困ったのが「ローカルストレージ」の位置でした。

ローカルストレージなので、てっきり「カメラロール」に保存されるものとばかり思って確認したらダウンロードしてもカメラロールに無いのです。

ならば標準アプリかつ未だに有効利用できていない「ファイル」にあるのかと確認しても無いのです。

2回も「ローカルストレージ」に保存した「Linda」はどこへ行ったのでしょうか?

そこで、ネットで「ローカルストレージ」を検索したところ、ブラウザ本体に保存することも「ローカルストレージ」と呼ぶことが分かりました。

なるほど、それならばアプリの中にそれなりのアイコンがあるはずと「Puffin」を見ると、ありました「↓」が。このアイコンをタップすると、保存したはずの「Linda」がありました。

4.「GIF Viewer」に保存
よしよしスマホ本体に「Linda」があることが分かりました。最終的に「カメラロール」に移動したいわけです。

ところが「Linda」を保存しようと長押ししても「カメラロール」は出てきません。仕方ないので最近導入した「GIF Viewer」経由で「カメラロール」に保存することにしました。

GIF Viewer
GIF Viewer
開発元:ImgBase, Inc.
無料
posted withアプリーチ


<Stockilyからカメラロールへの導線>Gif画像の場合
Stockilyサイト

Puffinブラウザ

GIF Viewerアプリ

カメラロール


実に手間がかかります。

アプリ「GIF Viewer」は、ホームページやSNSにあるGif画像を簡単にダウンロードできるアプリです。

インストールすると、保存先に「GIF Viewer」が出てくるのでアイコンをタップするだけで保存できます。
FullSizeRender

GIF Viewerに保存されたGif画像は、カメラロールへ簡単に移動できます。カメラロールへの移動は「写真アプリの保存」と表現されています。
FullSizeRender


まとめ

ちびめがねさんとPuffin利用者の皆さんの声に助けられて、可及的速やかに対応したかった問題が解決しました。集合知の力を改めて感じた次第です。

これで「Stockily」が思い通りに使うことができます。
皆さまありがとうございます!


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

つい、うっかりがここでも。。
FullSizeRender

画像動画サイト「Stockily」購入

「Pro Plan」も安売り中~

追加で購入した、が使わない?



<結論>
購入するときは、
必要かどうかを見極めてからでも遅くない


更新日:2019年3月30日

ブログ投稿をより見栄えを良くするためにできることとして「アイキャッチ画像を入れる」という方法があります。

文章だけよりもアイキャッチ画像で続けて内容を読んでいただける可能性が高まるそうです。

「なるほど、確かに他のブログでも必ずアイキャッチ画像が入っている」

納得した私が最初に購入したのが「StockUnlimited」のベクター画像の永久利用アカウントでした。


永久利用アカウントは「Lifetime Plan」と呼ばれ、一度支払いすると一生「Stock Unlimited」のサイトにあるベクター画像を使うことができる権利です。

ベクター画像は、いわゆる「イラスト」のことです。しかも、毎月更新され、使うことのできるイラストが増えていきます。

実は、最初購入したとき、勘違いして写真も使えると考えていました。

さっそくサポートに相談したところ、
あなたが購入したプランは写真は含まれていないの
とすぐに返信が来ました。うっかりも大概にしないと。

イラストが無料で使えるサイトも国内外で多々あるのですが、どうせ使うならきちんと使う画像なり動画にお礼としてのお金を払って使いたいという気持ちです。

画像ひとつ拝見すると、どう考えても私が1日かけても作れるイラストではないので、むしろ有料の方が気持ち的に使いやすいという訳です。


やっぱり写真が欲しいな~

Stock Unlimited」で次々とベクター画像(イラスト)を選んで、アイキャッチ画像をつくっては貼り付けていたのですが、やっぱり写真を入れてみたいという気になってきました。

「なんかないかな~」と思っていたところに、ソースネクストさんから会員宛の特別価格案内がありました。

<ソースネクスト>優待価格で90%オフ!
たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版
https://www.sourcenext.com/product/pixta/
通常販売価格:
購入金額:¥8,618(本体¥7,980+税¥638)

一度は、買うのをためらったのですが、やはり目に付くのです。

またソースネクストさんも商売が上手で、忘れかけた頃に再度の優待価格案内をメールしてくれるのです。しかも、パックされた写真は、私の望む人物写真が含まれています。

「もう、これ買うしかないな!」

で勢いで購入したのが真相です。

購入後、サポートさんに「ブログで使っても良いかどうか」を確認したところ、大丈夫でしたので、これも次々とアイキャッチ画像として利用していきました。

「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版」に含まれた人物写真に写っているのは、ほとんど日本の方のような感じです。

「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版」の使い方は簡単でして、ログインした後、ネット上でキーワード検索し、欲しい画像をダウンロードして使います。

事前に画像をすべてダウンロードすることもできるのですが、せっかくクラウド保存されているので必要な写真だけを探して保存する方が楽です。

キーワード検索が結構難しいのですが、これも慣れるまで我慢です。

写真の下にその写真に関するキーワードがズラリと出てくるので、もっとより良い写真を探そうとすれば、他のキーワードをクリックすれば別の写真が出てきます。

ところが、日本の方の写真だけでは物足りなくなってくるのです・・・


スタートアップ「Stockily」登場

Stock Unlimited」を購入したときに登録した販売サイトからも次々と広告メールが届きます。購読を中止すればよいのですが、まれにキラリと光る逸品も含まれているのです。
それが「Stockily」でした。


一度は削除した広告メールでしたが、気になってもう一度見たら「Stockily」がありました。

まったく知らない会社のサービスでしたが、私の大好きな「一回払いで一生使える」Lifetime Planだったのです。

どれどれと広告メールを見ると、私の目を引くGifファイルがありました。

何回見ても笑えるので「これが手に入るなら買うわ~」という気持ちと、一回払いで一生使える安心感、そして3,000円という安さ。

そして、タイPリミットがある焦燥感。数回迷いましたが、購入に至りました。

<購入の決め手>
1. Lifetime Plan
2. 安い(3,000円)
3. 制限時間(あと5時間)



「Pro Plan」登場

「やれやれこれでかっこいい写真や動画が手に入ったぞ」
と安心したのもつかの間、Paypalで支払いを済ませたその後すぐに「Stockily Pro Plan」のお知らせが出てきました。
FullSizeRender
FullSizeRender

いろいろ追加されてお値段5,250円。

<追加される項目>
1. Gif画像(10,000点→50,000点)
2. 動画(4Kを含む1,000点以上)
3. Power Point用動画(100点以上)
4. 動くアイコン(1,200点以上)
5. ベクターキャラクター(100点以上)
など

*「以上」なのは今後毎月追加されるからです。

最初は「3,000円だから買ったんだよ!」という気持ちが強かったのですが、おもしろGifファイルが10,000点から50,000点に大幅アップすることが気にかかり、欲しくなってしまいました。
Lindaの影響力すごいな。

そこでまたしてもタイムリミットがあるという焦燥感。1秒単位で安売り価格で買えなくなっていくのが分かります。

たいして確認もせず「購入」。

これで一生、画像、動画、音楽ファイルには困らない状況になりました。かなりの安心感です。問題は使いこなせるかどうかです。

今の段階で問題になっているのは、検索方法です。


「Stockily」の問題点

そんな安心感をもたらしてくれた「Stockily」ですが、やはり問題があります。あくまで私が使っている上の問題です。

<私にとっての問題>
1. 単語検索が英語
2. 一覧できない
3. モバイル画面が使えない
4. モバイル検索で画質が選べない


1. 単語検索が英語 
Stock Unlimited」ですと、日本語でも検索できます。ホームページも日本で表示できるので、使いやすさは格段に「Stock Unlimited」が上です。

ただし、「Stock Unlimited」での私の契約は「ベクター画像(イラスト)」だけなので、写真は使えません。

だから今回、写真も使い放題「Stockily」のLifetime Plan(Lifetime Access)を購入したのです。

2. 一覧できない
ソースネクスト「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版」は、事前にテーマごとに項目が分かれており、それを選択してからキーワード入力して画像を探します。

すでに「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版」側でテーマごとに振り分けられており、テーマごとに写真が一覧できます。

しかし、この並び方で問題になってくるのがすべてのテーマを通した「一括検索ができない」ことです。

「一括検索できない」ため、同じ単語をテーマごとに検索するというかなり効率の悪い作業をしなければなりません。

あまりの面倒くささに利用から1ヶ月後にくるソースネクストさんのアンケートに「一括検索」の要望を出しておきました。

ただし、ソースネクストさんの「たっぷり素材 PIXTA ダウンロード版」は人物写真がふんだんにあります。

結局、私が人物写真を選ぶときは「ビジネス」と「学校」のテーマでしか探さなくなりました。

「Stockily」はテーマごとに分けられていないので、一括検索できるのですが、いかんせん検索ワードが「英単語のみ」です。

しかも、クセがあり「mobile phone」では検索できません。単語をつなげて「mobilephone」とします。

最初「mobile phone」で検索して何も画像が出てこないのでビックリしました。

だって、検索ワードを入力するところに「Enter Keyword」と半角スペース空けていますからね。同じようにやって検索できない理由が分からんという話です。

3. モバイル画面が使えない
スマホでブログ記事の作成から編集、投稿まですべて済ませたい私です。そうすることで、いつでもどこでもブログ活動ができます。

当然「Stockily」もスマホからログインして画像検索し、ダウンロードして使っています。

ところが「Stocikly」、モバイル版では画像しか検索できないのです。サポートに問い合わせましたが、相手はパソコン画面の場合でしか回答してくれませんでした。

<サポートの回答>
パソコン版の画面の左にあるオプションから「Gif」を選んで検索してください(画像付き)

「いや、パソコン画面でなくて、モバイル版でGif画面も検索したいんだけど…
と送ったら、返信が途絶えました。

Safariで「デスクトップ用サイトを表示」にしてパソコン版にしましたが、モバイル版でしか表示されませんでした。切り替わらないのです。

私の熱望した「Linda」もパソコンを開いて検索し、ダウンロードしました。すごく面倒くさいです。

せっかく5,250円も追加して「Pro Plan」を購入したので、最大限に「Stockily」を活かすためにも可及的速やかに解決したい問題です。

4. モバイル検索で画質が選べない
Gif画像は検索できなくても、静止画像は検索してダウンロードできます。

ところが、パソコン版だと画像をダウンロードするときに「画質が選べる」ようなのです。購入前に見た紹介画面にありました。

Gif画像「Linda」をダウンロードするときのついでに画像検索してみたら、何のことはない、画質を選んでダウンロードできることが分かりました。

Stock Unlimited」だとダウンロードするときに画像の横に選択画面が出てきて、そこからダウンロードする画像の画質を選ぶことができます。

「Stockily」のモバイル版ですと、ダウンロードボタンをタップするといきなりダウンロードが始まります。

つまり、画質を選ぶオプションが出ないため、画像のダウンロードに時間がかかっています。
これも何とかできればと思います。

まとめ: 最大の問題

購入リミットが延長されていた!
私が「Stockily」を購入した理由のひとつに「安く購入できる期間にリミットがあった」があります。

ところが、この記事を書くときに改めて「Stockily」のサイトを確認したところ、購入リミットが延長されていました!
FullSizeRender

「あと40分」とかありますが、昨日見たときも「あと1時間」になってました。ツライ。
「何だよ〜いきなりの騙しだったのかよ!」

プンスカしましたが、結局はお得に購入できたので良しとしました。


<関連ページ>  
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ