タグ:Airsim

Airsim使用期限が伸びている!

FullSizeRender

去年買ったAirsim

使用期限1年になりそう

また購入か…



<結論>
一度利用するとその日から2年延長される
1年1度の利用で永遠に使える。

更新日: 2019年4月27日

海外へ行くとき悩むのが、現地でのネット環境の構築です。日本でもネット中毒の私にとって、ネットに繋がっていないスマホはただの高級文鎮です。

だからこそ、ネット環境を消して絶やしてしまわないようにあれこれ努力しています。

まず、ネットは使い放題が基本ですので「SAKURAWiFi (月4,514円: 税・保険料込)」を2018年2月から愛用しています。

「データ利用量が無制限」と言っても何かしらの制限はかかるんでしょうね〜と思いながら使っていました。

事実、Twitterで100GBで制限がかかったので契約をやめられた方のツイートを拝見したことがあり、一応の目安は100GBかなと思っていました。

青春有你と创造营2019を見過ぎたせいで、月50GBに達しそうになった今月「もしかして制限かかるかも?」と不安になった私は念のためSAKURAWiFi さんに制限のかかる条件を伺ってみました。

その回答は、基本的にはデータ利用量は無制限となっているが、短時間に大量のデータ通信をした場合、回線提供しているソフトバンク側の判断で制限がかかるとのことでした。

その制限がかかる目安をさらに伺ったところ、「100-200GB」との回答を得ました。

「100-200GB」ってかなりの幅なのですが、こうなると「50GBで制限かかるかも」と心配していた私は何だったのかと呆気にとられてしまいます。

SAKURAWiFi を契約してから、次から次へと無制限を謳った使い放題wifiサービスが発表されてきたので、念のためその都度SAKURAWiFi と比較・検討しています。

ところがやはり「SAKURAWiFi は神」という結論は揺るぎませんでした。

また、使えなくなったときの押さえとして、従量制のポケットwifiも別に契約していますし、「海外chatsim」を入れて国内外でも現地の回線を使ってSNSができるようにしています。

「海外chatsim」は、日本国内はもちろん、海外でも電源を入れると自動的に現地の回線をつかんでくれます。日本と同じようにLINEできる訳です。

通話はドコモでサポートの切れたパカパカ携帯を月989円(税込)で契約しているので、スマホはsimフリーiPhoneにしています。

「海外chatsim」を導入するのに、初期費用こそ4,000円かかりましたが、その次の年から月100円でLINEをはじめとするSNSが世界中で使い放題というのは今考えても奇跡だと思います。


残念ながら、現在「海外chatsim」のAmzonでの販売が中止となってしまいました。

代わりに本家「ChatSim」から同様に購入して、利用できるのですが、本家の場合、月300円と値上がりします。

とはいえ月300円だけで、世界中どこでもLINEできるのはやっぱり奇跡だと思うのです。

本家「ChatSim」リンク
*もう1枚必要になった時に購入してみますね!


次は海外のマイベスト回線を確立したい

とこうなると、次に改善したくなるのが海外で使うスマホです。

これまでは、グローバルモバイルさんでポケットwifiを毎回レンタルして利用させていただいておりました。

このポケットwifiは、レンタルした後、現地でポケットwifiに電源を入れて、パスワードを入力すれば日本にいるのと同じようにインターネットができます。

韓国・中国・台湾でもこのレンタルポケットwifiをおすすめしてきましたが、このたび「AirSim(エアシム)」という素晴らしいsimカードを発見しました。

お値段ビックリの500円です!しかも送料込みでこの価格〜


海外で使うあてもないのに、Amazonから届いたその日に嬉しすぎてついアクチベーションしてしまい、1年間の利用期限が切れかけていましたが、ギリギリ期限内に韓国で利用できることになりました。

韓国(釜山、チェジュ島)の現地では、当初、Airsimのsimカードに変更してもSafariとメールが使えずに往生しました。

結局、それぞれのアプリのモバイル通信での許可をしていなかったので使えていなかったことが判明しました。即、ONにすると使えるようになりました。

<モバイル通信アプリ利用許可する方法>
設定>モバイル通信
下にスクロールしてAirsimのsimカード通信で利用するアプリのタグを緑色にしてください。
IMG_8293
*これホント大事ですから…


なお、ポケットwifiの仕方ない点として「本体の保険料」があります。

レンタルした端末を無くしたり壊したりする可能性はゼロではありません。なので、仕方なく加入するのですが、加入することでせっかくお安いレンタル料に保険料が上乗せされてしまうのです。

Airsimなら自分のスマホのなかに入れてしまっているので保険は必要ないわけです。単純に利用料金だけ支払うだけです。素晴らしい!


これで終わりかと思いきや

さて、「Airsim」も利用期限が近づきました。

利用期限ギリギリでやっと韓国で使えることが確認できただけでも充分だと思っていました。

「いました」と過去形なのは理由があります。

なんと、今回の韓国での利用のおかげで、Airsimの利用期限が延長されていたのです。

<Airsim利用期限の延長された経緯>
2019年5月6日まで
2019年4月27日韓国プラン購入
2020年4月26日までに利用期限が延長

年に一度の利用だけで1年延長するとは思いも寄りませんでした。使い捨てsimだと思っていたのです。

この1年の間で海外に行く機会がなければ、日本の一番安い1日プランを契約すれば良いではないですか!


日本の最も安い1プラン: 1.40ドル(156円)


新しくAirsimをAmazonで買い直す(500円)よりもお安いです。本当に素晴らしいsimカードです。

今後はグローバルモバイルさんでポケットwifiをレンタルせずに「Airsim」だけで海外に行こうと思っています。

いや〜ホントに良いものに出会いました。

取り扱いしてくださっている日本正規代理店のATLIKE株式会社様には感謝しきれません!


<関連ページ>









このエントリーをはてなブックマークに追加

AirSimもAirTalkも素晴らしい!

FullSizeRender

AirSIM国際電話「AirTalk」

無料通話30分がついてきた

本当にかけられるの?



<結論>

電話できるが、受けは無理。

*かけるとき韓国国内からの発信。
*着信番号は登録電話番号を表示。

更新日: 2019年5月1日

アクチベーションから一年ぶりに実際に利用できるようになった「AirSIM(エアシム)」。

アクチベーションには期限がありますが、アクチベーションした日から1年間、有効期限が延長されます。

つまり、この1年間にAirSIMを利用すれば、利用した日からさらに2年間の利用期限が延長されます。

AIRSIM ROAM
AIRSIM ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ

ということは、2年間のうちに1度は海外でAirSIMを使えば「無期限」で使えるsimカードということになります。

もちろん海外に行かなくても、日本のプランも1日1.40ドル(156円)で提供されていますので、期限が切れる前に日本の1日24時間プランを使えば良いだけです。

年156円で世界中で使えるsimカードが手に入ると思えば安すぎます。ちなみに日本ではドコモとソフトバンク回線が選べます。


韓国プランを購入、現地で使ってみた

今回、初めて「AirSIM」を海外で利用するということで、念のためいつものポケットwifiをグローバルモバイルさんでレンタルして行きました。

というより、正直に言えば、すっかり「AirSIM」の存在を忘れてしまっていたのが本当のところです。

韓国へ出発する直前になって「そういえば…」とAirSIMを思い出した次第です。

それが証拠に、AirSIMのプランを購入したのが博多駅に向かう新幹線の中という有様でした。

AirSIMのプラン購入は本当に簡単でして、専用のアプリで利用する国を選び、その国の通信会社や滞在日数やデータ容量に応じて選ぶだけです。

支払いは、Paypalを通してクレジットカードで済ませることができます。ただし、楽天銀行デビットカードでの支払いはできませんでした。

AirSIMのプラン購入なので、simカードをAirSIMに変更してから購入する必要はありません

私は、いつもの「海外ChatSim」のエストニア産simカードを入れたまま韓国プランを購入しました。

【40代の海外SIM】販売中止に!「海外ChatSim」購入したのでレビュー!1ヶ月100円で使い放題!


現在、いつものsimカードとAirSIMのどちらか入っているか分からないときは、AirSIMアプリの「Current SIM info」で確認できます。

<My AIRSIM>
Current SIM info : 現在スマホに入っているsimカード
APN Carrier : ネット通信するための設定一覧
*基本的には現地で電源を入れると自動で設定されます
Valid Package : 契約中もしくは利用中のプラン
Used Package : 利用履歴
How to use : 使い方
Contact CS 24/7 : サポート
*Facebook メッセンジャー、Eメール、WeChat(ID: AIRSIMROAM)から選べます
→画像

今回、購入したプランは「Korea KT 5 Days 5GB 4G Data US$ 17.99
AIRTALK 30 Minutes US$ 0.00」17.99ドル(2,006円)です。

24時間プラン、2日プランがありましたが、ちょうど5日間の滞在ですし、5GBもあれば1日1GBも使えます。

このプランなら少し動画を見ても大丈夫だろうと思っていましたが、スゲ調査が忙しく、動画なんて見る暇ありませんでした。

結局、集中的にスマホを使ったのが到着日と帰国日の乗り換え待ち時間だけでした。

一生懸命、画像をダウンロードしたり、保存したり、動画を見たり、と頑張りましたが1.8GB止まりでした。3GBもったいない!

とはいえ、使い過ぎないように念のため、ネット回線を使わないときは「機内モード」に切り替えていました。

「機内モード」をオフにすると、2秒で購入したプランのKTモバイルの電波を掴んでいました。電波が2本だけでも快適なネット環境を過ごせました。


AirSIMは素晴らしい!

今回の「AirSIMが現地で使えるか試してみる」という目的は充分に果たせた訳でして、私は充分満足しています。


グローバルモバイルさんでレンタルしたポケットwifiは、同行者が使っただけで私はほとんど使うことはありませんでした。

次の海外から私は、おそらく「AirSIM」しか使わないでしょう。

ただ、現地でパソコンを使って仕事をするなら、ポケットwifi一択ですが、スマホだけなら「AirSIM」が最高でした。

グローバルモバイルさんのポケットwifiは、現地で電源を入れ、いつものwifiのように電波を選択し、パスワードを入れるだけの手軽さがあることは事実です。

しかし、ポケットwifiという「端末をレンタル」するため、どうしても保険料を掛けざるを得ません。

せっかく割安のレンタル料も保険料で追加された実質のレンタル料で薄まります。しかも、レンタルは手軽ですが、返却の手間がかかります。

返却方法は、ポケットwifiと一緒に送付してくださるレターパックに入れ、発送シールを剥がし、ポストに入れるだけの簡単な返却方法です。

しかし、そのレターパックを旅行中も持ち歩く必要があります。

返却に1日の猶予期間はあるのですが、私の場合、帰国してすぐに返却するようにしないと忘れそうで怖いのです。

グローバルモバイルさんのレンタルポケットwifiは、1日の猶予期間を過ぎると延滞料金を支払います。というか、次に使う方が待たれていると思うと、いち早く返却したくなります。

AirSIMですと、当然、自分がすでに購入したsimカードですので、返却はしなくても良いです。

飛行機が日本に到着し、ターンテーブルから荷物が出てくるのを待つ間に日本で使っているsimカードを入れ替えるだけです。

しかも、AirSIMは購入すると、かなり素敵なsimカードケースが付いてきます。
IMG_9068

韓国にいる間、日本で使っているエストニア産simカードはここに保存しておきました。simカードを交換するときに必要な「ピン」もついています。

しかし、このsimカードケースと送料込みで500円とか本当にどうかしています。


韓国プランに無料通話がついてきた

プランを購入したときには、あまり気にしていなかったのですが、今回、お試しキャンペーンということで、無料通話が30分もおまけでついてきました。

韓国の方とは、ほぼ同じ場所にいつも一緒に行動するので電話する必要がないのですが、せっかくなので試しに電話してみました。

と言っても実際には「今回の新しいsimカードを試したいから」とAirSIMを入れた私のスマホを韓国の方に渡して、AirTalkアプリからご自分の電話番号を入力してもらいました。

AIRTALK ROAM
AIRTALK ROAM
開発元:Shinetown Telecommunication Ltd
無料
posted withアプリーチ

すると、きちんと電話ができるではないですか!

相手への着信番号は、私がAirSIMで登録している日本の電話番号です。その電話番号の先頭に「006」と日本の国番号がついていました。

つまり、自分の携帯電話番号が「090-1234-5678」ですと、AirTalkから発信して相手のスマホに「006 81 901234 5678」と表示されるということです。

<AirTalkによる電話call>
AirSimに登録した自分の電話番号
090-1234-5678
            ↓
相手のスマホの番号通知
006 81 901234 5678

さらに興味深いのは、発信が「韓国」となっているところです。韓国の回線を使って日本の電話番号でかかってきているという話になります。

不思議なのは、私はスマホをネット専用、通話は通話専用のドコモのガラケーを使っています。データ通信は、ドコモではなく、SAKURAWiFi のポケットwifiをデータ利用量が無制限で使っています。

*契約して1年以上経ちますが、未だにこれ以上のポケットwifiは無いです。

ドコモのガラケーの番号をAirSIMで登録したので、電話番号表示がドコモの番号になるのは当たり前と言えば当たり前なのですが、普段スマホで電話をしないので不思議な感覚でした。


AirTalk、電話の受けはできない

ところが、ドコモのガラケー番号が相手に表示されても、相手は折り返し電話ができません。相手が私の携帯電話にかけると、当然、ドコモのガラケーに着信が来ることになります。

そのため、AirSIMのおまけでついてきたAirTalkは電話するだけということになります。

実は電話の受けも事前の電話番号の登録で可能なのですが、対象は現在、香港とシンガポール地域の方のみです。

とはいえ、現在は電話が掛けられるだけで充分です。あとは、LINEなりKAKAOTALKを使えば良いだけです。


まとめ

「AirSIM」本当に凄いsimカードです。ポケットwifiでありがちな、本体を無くす心配、故障させてしまう問題がないだけでも快適なネット環境です。

ネットをするのはスマホだけなら間違いなく「AirSIM」がベストです。


<関連ページ>






このエントリーをはてなブックマークに追加

念願の「Airsim」ついに使う時が来た

FullSizeRender

去年の連休にAirsim購入

ポケットwifiとどっちが便利?

で、どうやって使うの?



<結論>
期間指定できて、Paypalで楽々支払い。
現地では「設定>モバイル通信」で使いたいアプリをONにする。
*楽天デビットカードは使えない

更新日: 2019年4月27日

去年の連休に購入し、ついアクチベーションまでしてしまった「Airsim(エアシム)」。ついに、実際に現地で使えるときが来ました。

「Airsim」は、Amazonで購入できるたった500円(しかも送料込)のsimカードです。

このsimカードさえあれば、事前にチャージしておくと、到着して電源を入れれば、世界中でその地域の通信ができるという奇跡の香港産simカードなのです。

これが500円なのだから買わない理由はありません。ダメならダメで良いのです。使ってみることに価値がある。


「Airsim」に出会う前までは、いつも海外へ行くときに「ポケットwifi」を日本で事前にレンタルしておくことをおすすめしてきました。

この「Airsim」がいい感じに使えるならば、今後、海外へ行くときは「ポケットwifiのレンタルはしない」つもりです。

強い決意を持って「Airsim」を最初に試すのは、韓国チェジュ島です。スゲ調査をするために行くのですが、私の目的は「Airsim」を試すことも入っておりワクワクです。

チェジュ島まては、岡山駅から博多駅まで新幹線、地下鉄で福岡空港へ行き、釜山空港で国内線に乗り換えてチェジュ島へ行きます。

4/27発の航空機チケットは、いつもの「Trip.com」で1月に予約しました。福岡空港ー釜山空港ーチェジュ島の往復がひとり32,660円でした。

Trip.comのここがすごい!とにかく安い!

北海道に行くより海外のチェジュ島に行く方が安いとはこれいかに。


ポケットwifiの安心感と面倒さ

これまで海外と言えば「ポケットwifi」と唱え、実際に自分も常にグローバルモバイルさんで各国のポケットwifiをレンタルしてきました。


現地で電源を入れるだけの簡単さ、断然早いネット回線、日本から事前にレンタルできる安心さは、現地でフリーwifiを探してウロウロしなくて良いという利点も含めておすすめできる理由です。

私は、それでも新たな通信、より使いやすい通信を求めて、中国では香港のsimカードを、台湾では空港で販売されていた現地のsimカードを購入して試していたのも事実です。

例えば、台湾の空港で購入したsimカードは、通話もついており、そのおかげで同行者の忘れ物をホテルの人に連絡できたという実績もあります。

そう「通話」。

ポケットwifiで唯一できないこと、それが現地の方との通話です。

LINEでも通話できるのですが、海外ですと、相手の方の使っておられるSNSをこちらが使っているわけでもなく、電話は電話としてお使いの場合が多々あります。

<海外のSNSの例>
韓国: Kakao talk
カカオトーク- KakaoTalk
カカオトーク- KakaoTalk
開発元:Kakao Corp.
無料
posted withアプリーチ
中国: wechat
WeChat
WeChat
開発元:WeChat
無料
posted withアプリーチ

台湾の忘れ物が戻ってきたのは、ホテルに直接電話できたからです。ここはポケットwifiを使っていて、気になっていたことです。

さらに、ポケットwifiが面倒なのは電源を入れることと、充電です。

スマホ本体は常に電源を入れておくとして、ポケットwifiの電源は使うときだけONにしていました。使うときだけONにしておかないと、常にネット通信に最適な回線を探し続けるからです。

つまり、使うときだけONにしないと、余計な電池を使ってしまうことになります。無意味。

もちろん、モバイルバッテリーは常備しています。


Airsimなら、スマホ本体の電源だけを気にすれば良いですし、専用のプランも追加すれば通話もできます。


「Airsim」渡航前のチャージ方法

まず、前提として現地で利用するスマホが「simフリー」であることが条件です。ドコモ、ソフトバンク、auで購入した本体は確実に「simフリーではない」のでご注意ください。

私は、自分のiPhoneをApple Storeから直接購入したため「Simフリー」です。simカードは、「スマホの脳みそ」で、これがないと通話も通信もできません。

私が通常、日本で使っているsimカードは「海外chatsim」の月100円でLINEなどのテキストSNSが使い放題のものです。


<「Airsim」渡航前のチャージ方法>
1. Airsimを購入
2. Airsimのアクチベーション
3. 渡航先の国を選ぶ
4. プランを選ぶ
5. 通話を追加するか選ぶ
6. Paypalかクレカで支払い

現地に到着したら、simカード「Airsim」に交換し、電源ONにするだけです。

1. Airsimを購入


2. Airsimのアクチベーション
スマホ本体の電源を切り、Airsimに交換します。


3. 渡航先の国を選ぶ
IMG_8264

4. プランを選ぶ
IMG_8265

韓国は日本で言うドコモとソフトバンクのように「SKテレコム」と「Koreaテレコム」があります。
IMG_8266

いつから利用するか聞かれるので入力する
IMG_8268

5. 通話を追加するか選ぶ
今回の韓国では、釜山からチェジュ島の利用が5日間ありましたので、「Korea KT 5 Days 5GB 4G Data US$ 17.99, AIRTALK 30 Minutes US$ 0.00」を選びました。

<韓国: 釜山空港ーチェジュ島>
Korea KT 5 Days 5GB 4G Data US$ 17.99
AIRTALK 30 Minutes US$ 0.00

*キャンペーンで音声通話が30分無料でしたので、契約プランに追加しました。
IMG_8267

6. Paypalかクレカで支払い
「checkout」で支払い画面に進みます。
IMG_8269


Paypal支払い方法(Airsim)

1. 支払い内容を確認して「Checkout」タップ
2. クーポンコードをお持ちなら入力
3. PaypalをAirsim支払いに指定するなら「Add Payment Method」タップ
4. Paypal登録のメルアドとパスワードでPaypalにログイン
5. PaypalでAirsimの支払いが完了すると、現地での使い方が表示される

1. 支払い内容を確認して「Checkout」タップ
IMG_8270
*17.99ドル=1,978円、1日396円。破格の安さ。

2. クーポンコードをお持ちなら入力
IMG_8271

3. PaypalをAirsim支払いに指定するなら「Add Payment Method」タップ
IMG_8272

Add…を選択した場合、「Paypal」をタップ
IMG_8273

4. Paypal登録のメルアドとパスワードでPaypalにログイン
IMG_8274

Paypalのパスワードを入力し、「Log in」タップ
IMG_8275

Paypalにログイン中
IMG_8276

Airsimへの支払いにPaypalを使う場合、Paypal にログインすると出る画面。
同意して続行」タップ。
IMG_8277

Airsimの代金をPaypalで支払いました。
「Complete Purchase」タップで支払い完了。
IMG_8278
5. PaypalでAirsimの支払いが完了すると、現地での使い方が表示される

「現地に到着する前に「Airsim」に替えて、キャリア選択は「自動(Auto)」にしておいてね。

現地で電源を入れて3分後からネットできるようになりますよ。」

「OK」タップ
IMG_8279
*3分後を忘れて焦ったのは私です。

支払いが完了し、Paypalに登録したメールアドレスに支払い案内が送られます。
IMG_8281

Airsimアプリ<My AIRSIM<Valid package
で購入したプランが確認できます。
IMG_8282

現地での設定

1. iPhoneの電源を切り、Airsimに交換
2. iPhoneの電源を入れ、3分待つ
3. 現地の回線(事前に購入した会社の回線)をつかんだことを確認する
4. 「設定>モバイル通信」でモバイル通信で利用するアプリをONにする

1. iPhoneの電源を切り、Airsimに交換
金浦空港に到着し、iPhoneの電源をOFFにし、海外chatsimからAirsimに交換しました。再度電源を入れると、アジア地域では自動的にAPN設定してくれるとのことでした。

2. iPhoneの電源を入れ、3分待つ
まず、電源を入れて3分待つように説明書には書いてあるのですが、それをすっかり忘れて「つながらない!」と焦りました。

3. 現地の回線(事前に購入した会社の回線)をつかんだことを確認する
おそらく3分後になったのでしょう「KT 3G」が表示され、その後「KT LTE」が現れてホッとしました。これで韓国での回線をつかんでいることが分かりました。

念のため、設定>モバイル通信>ネットワーク選択が「自動」になっていることを確認しました。
IMG_8283

「設定>モバイル通信>ネットワーク選択」の表示
IMG_8285

モバイルデータ通信のAPNが自動的に入力されています。
IMG_8284


4. 「設定>モバイル通信」でモバイル通信で利用するアプリをONにする

ところが、現在の状態のままですと、肝心のSafariとメールがいつも通り動いてくれないのです。

ネット出来ない」と焦りましたが、「Airsim」アプリはネット通信しているようなのです。

ネットできないので、その原因を探ることもできず「あ〜やっぱりポケットwifiレンタルが神なのか?」と傾きかける私。

念のためグローバルモバイルさんでレンタルしてきたポケットwifiを取り出そうとしましたが、往生際が悪い私は、今一度設定を確認することにしました。

それまでには、iPhoneの再起動、いつものDisconnect VPNの解除をしてもSafariとメールが使えないことを確認しています。アプリの説明にあったsim設定リセットの「00001」へ発信もしました。

「設定>モバイル通信」を見ると「モバイルデータ通信」「通信のオプション」「インターネット共有」などに続き、「wifi通話」青字の「キャリアサービス」以下、できればさわりたくない設定が表示されています。

IMG_8291
*現地の回線「KTテレコム」につながってはいるらしい

ここで、もっと下までスクロールしてみたのです。すると、「モバイル通信」として、モバイル通信で使うことのできるアプリ一覧が出てきました。
IMG_8293


最初は特に気にしていなかったのですが、実はこれが「ミソ」だったのです。

このアプリ一覧でONになっているアプリ、つまり、緑色になっているアプリが、Airsimで使えるアプリだったのです。

これに気がついた段階で、「AirSim」と「AirTalk」がきちんとONになっていることにも気づきました。と同時に、SafariとメールがOFFになっているではありませんか!

ウキウキしながらSafariとメール、Disconnect VPN、LINEをONにしたところ、これがビンゴ!さっきとは打って変わって、快適ないつものネット環境になったのでした。

「もう、早く言ってよ〜」

という話でした。その後のネットはサックサクで韓国でのネット回線を楽しみました。

ネットを使わないときは、こまめに「フライトモード」にして節約に努めた結果、使いまくったにも関わらず、2GBしか消費しませんでした。

契約プランは5GBでしたので、もったいなかったのですが、私は大変満足しました。


<関連ページ>







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ